[漫画]虹色とうがらし


にじいろとうがらし / Nijiirotougarashi
  • 楽しい
  • 面白い
RSS
漫画総合点=平均点x評価数301位8,758作品中総合点38 / 偏差値59.79
漫画平均点203位1,323作品中平均点1.81=とても良い/21評価
1990年漫画総合点10位143作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
ストーリー1.33(良い)3
キャラ・設定0.67(良い)3
画力0.00(普通)3
楽しい100%3人/3人中
面白い100%3人/3人中
考えさせられた33%1人/3人中
格好良い33%1人/3人中
勉強になった33%1人/3人中
もっと見る
属性投票する
著者:あだち充
掲載:週刊少年サンデー
出版:小学館
日本 開始日:1990 / 終了日:1992
25,7592321
最近の閲覧数
43203112114
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/01/12 / 最終変更者:永田 / その他更新者: 羽幌炭鉱 / 提案者:tcc (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/02/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:255(62%) 普通:81(20%) 悪い:78(19%)] / プロバイダ: 19667 ホスト:19744 ブラウザ: 11311
あだち氏自らマンネリを打破する
【良い点】
・学園特に高校野球から脱却した
・過去の江戸時代の様な未来の様な不思議な世界が舞台
・7人兄弟姉妹の人間模様と旅
【悪い点】
・7人兄弟姉妹の個性が強かった
・敵キャラの意外な最期
【総合評価】
やはり、長年学園青春モノばかり書いていたので、こう言う作品を作って欲しいと思っていました。
私の旧友達はアンチあだちが多かったので、学園野球のワンパターンには辟易していました。
肩腹張らず楽しめたので評価は【良い】にします。

2013/05/12 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1544(52%) 普通:747(25%) 悪い:661(22%)] / プロバイダ: 16452 ホスト:16518 ブラウザ: 6173
あだち充にしては珍しい時代ファンタジー作品でした

あきらからに江戸の町並み、時代なのに「これは未来の話です」というナレーションや
「時代考証に口出し無用」と作品内で自分でツッコミ入れることで時代マンガというハードルを下げ
軽くてゆるい世界観で話を進めることに成功しています

珍しくもアクションシーンを豊富に使いスリリングな要素も含んだストーリーですが
盛り上げておいてから落とし、外すといった毎度お馴染みの演出は健在でしたが
ただ設定がいつもと違う分、笑えるし新鮮さもありました

七人の異母兄弟の墓参りを目的とした旅はやけにあっさりと完結してしまいましたが
そもそも話を大々的にするつもりもなかったのでしょう。貴光とバン艦長の野望などのはあっさりすぎる形でオチを付けてしまいました
(決して放り投げてはいないとおもいたい)
最初から話に彩りを飾る程度のつもりで設定していたのでしょうが、どんなマンガを描こうが結局はあだち充の世界になるんすよね

2011/01/31 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:225(78%) 普通:25(9%) 悪い:40(14%)] / プロバイダ: 43743 ホスト:43798 ブラウザ: 10806
久しぶりに読み返しましたが非常によくできた設定だと思う。時代考証無用の時代劇で、父親探しという明確な目的にいろんな伏線が絡み合う。
【良い点】
菜種のキャラはあだちワールドの典型的魅力キャラで、今回も好感が持てる。素直でなく、可愛くてプロポーション抜群で、物思う顔が魅力的。菜種と七味の絡みの多い話がやはり1番面白い。他の兄弟たちと別れてからが一番面白かった。
やっぱりあだち先生はラブコメだなあ。

【悪い点】
7人の設定は面白かったけど7人全員がしゃべり、動き回るとちょっと魅力に欠ける感じがします。山椒だけはいいけど。だから長男、三男の墓参りの所とかは割愛してもよかったんじゃないかなあ。そのせいかいろんなもりあげ役(敵役)が増えて収集がつかなくなっていった感じがします。

最後は叩き込みの結末でしたね。ふろん(ガス?)とバンだけで良かったんじゃないかなという気がします。貴光にいたっては蜂に刺されて死ぬという、いくら人の命のはかなさといってもちょっと都合つけすぎましたね。
宇宙からきた未来人が科学力で失う自然の大切さを訴えるというテーマをもう少しストーリーに強く出して芯を太くし(でも陳皮の故郷の所では逆に強く出すぎて嫌味に感じますから難しいところです)、巻数自体を短くした方が私にとっては面白かったと思う。
「われわれ(未来人)にとって便利なものは一つもない。なのに子供が育つのに必要なものはすべてそろっている」という言葉は希望に満ちた未来を感じさせる名言だと思いました。

【総合評価】
途中の7人旅はあまりうまくなかったが、設定は非常に好感が持てました。結構名作だと思うがやはりあだち先生はラブコメだと実感してしまったし、その意味では少し物足りないので評価は、良い。

2010/10/21 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 823 ホスト:861 ブラウザ: 6425
主人公の兄弟たちの名前が全員タイトルどおりに七味唐辛子の材料からきているのが面白い発想ですね、ただしヒロインだけは本当の兄弟じゃありません(しかも彼女の兄はかなりヤバイ奴だったし)本当の女の兄弟がカウボーイみたいな格好をしていたり、ミサイルが出てきたり「これ本当に江戸時代か?」と思っていたのですが世界観は「ああ、そういうことなのね」と納得させられました。
しかし一番の悪党がよりにもよって「ハチ」にさされて死ぬという・・・・。
結局子供たちは自分たちの道を行くためお父さん(実は凄い人)の元には誰も行かないというのも叉好感が持てる終わり方でしたね。
個人的にはあだち作品の中では一番大好きな漫画でしたがこういった内容ほどアニメ化されないのが寂しいです。

2010/09/28 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:137(74%) 普通:28(15%) 悪い:20(11%)] / プロバイダ: 14631 ホスト:14707 ブラウザ: 7459
【総合評価】
氏の作品はこれとH2しか読破してないがなかなか面白かった。
兎に角キャラクターがよく動く。展開が速く、最後まで飽きさせない展開が続く。故郷を訪ねての旅道中の中何度も何度も七味一行は旅先などで追っ手に狙われるわけだが、そのほのぼのとした江戸の雰囲気とは対照的に敵が近代兵器などぶっ飛んだ手口で襲い掛かってくるのがなかなか良い味を出していた。
そういえばこの作品あだち先生の作品の中でも珍しいことにイヤな悪役が出ていた。最後あっけなく死ぬわけだがなかなかどす黒い雰囲気をかもし出していた。むしろ、かのような悪人には鉢に刺されてあっけなく死ぬという死に方が一番ふさわしかったのかもしれない。彼と結託していた艦長も只者ではないな、と思っていたら案の定「○○人」だったとは・・・・・・。

農薬の辺りの話などやや江戸賛美が強すぎるのと琴姫のキャラがあまり好きではないことから評価は最高に近い「とても良い」としていただく。

2007/06/06 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:52(72%) 普通:12(17%) 悪い:8(11%)] / プロバイダ: 37108 ホスト:37160 ブラウザ: 5234
【ちょうど良い長さ】

マイナーっぽいけど案外面白い。
あだち充作品で唯一購入した作品(ま、古本だけど)

なんか打ち切り感が否めない展開だったけど
長さ的にちょうど良かったとも思った。

2007/04/09 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1535(64%) 普通:456(19%) 悪い:397(17%)] / プロバイダ: 8516 ホスト:8589 ブラウザ: 4928
あだち先生が時代物っぽいの書くとどんな感じかなぁ・・・と思ってサンデーのサイトの題1話で読んだら結構面白かったです。

2007/03/07 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:171(65%) 普通:29(11%) 悪い:62(24%)] / プロバイダ: 5336 ホスト:5463 ブラウザ: 6287
とても良いと思います。
野球からはなれた感じの表紙を見たときはそんなに読みたいとは思わなかったのですがだんだん読むにつれて面白くなっていきました。個人的には山椒が一番好きです。
ただ、「お加世」ちゃんの出番が終盤に少なくなったのと、伏線が微妙なまま終わってしまったのは残念です。迷いましたが「とても良い」で。

2006/08/18 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:28(67%) 普通:1(2%) 悪い:13(31%)] / プロバイダ: 29615 ホスト:29732 ブラウザ: 6287
あだち充の野球以外での作品ではコレとラフが好きですね。
コメディもあだち充らしい感じで最後まで楽しめましたね。

ただ麻兄ちゃんらと別れるのが少し早い気がしました。
半蔵の死に方もあっさり過ぎだし。
貴光があっさり死んだのはやはりこの作品を続けるのが嫌になったからですかね。

出来ればアニメ化して欲しかったな。

2006/05/23 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 8578 ホスト:8319 ブラウザ: 5234
最初サンデーの公式HPで第一話を見た時、「意味不明のつまらん漫画だ」と思いました。でも、アマゾンとかで結構評価が高かったので友達に借りて読んでみました。最高でした!!

一番良かったのは浮論の最期。今までのあだち漫画は、だいたいがソフトコメディの雰囲気で読めて、あまりハラハラドキドキてのは無かったんですが、あれにはとてもドキドキししました。また、その部分以外はコメディ的な要素が多く、山椒・半蔵・あたりが大好きです。

ぜひアニメ化してもらいたいんですがねえ・・・H2やタッチと同じくらいすきです

2006/04/23 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:81(90%) 普通:3(3%) 悪い:6(7%)] / プロバイダ: 40409 ホスト:40424 ブラウザ: 3874
>打ち切りだったんですか?
打ち切りだったんですか?(まったく同じ感想)
コミックでしか見てないので(サンデー買ったことも立ち読みすらしたことがない)、確かに唐突に終わったという気はしましたが。みなさんおっしゃるとおり、伏線をすべて消化しているとも思えないし。私は、作者が野球マンガを描きたくなったから放り投げたんじゃないかと思っていました(笑)。

新鮮さはありましたね。また登場人物やその設定もめずらしく秀逸(失礼)だったと思います。
兄妹設定も、菜種が兄妹ではなく、浮論と兄妹だったのも、あとから考えればそれしかないという感じですが、当初はなるほどと思ったものです。
また半蔵のライバルである、赤丸たちのお馬鹿ぶりには笑いました。あと琴姫も笑ったなぁ。

また時代劇の設定のためか、悪役が最後まで悪役でいられたのも◎。貴光とその息子省吾(だっけ?)のように、悪役が純粋な悪役でいてくれると、感情移入もしやすいですね。氏の作品は途中悪役(というかライバル)でも、途中からいい人になったりすることが多いので。

消化しきれなかった伏線があったとはいえ、逆にダラダラ感はなく良かったのかもしれません。
個人的にはもうちょっと「お加世」ちゃんが登場して欲しかったけど、まあいいか。

2006/04/18 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2218(50%) 普通:1112(25%) 悪い:1113(25%)] / プロバイダ: 11009 ホスト:11078 ブラウザ: 5234
えー、アレ打ち切りだったんですか?
確かに文明に対する警鐘みたいなテーマとか未消化だったし悪役のあっけない退場とか改心とかありましたが、
あだち漫画ではいつものことだろうと、さして気にも留めてませんでした(笑)。
むしろラストの主人公の七味、ヒロインの菜種、二人と片親づつ違うの剣士(浮論だっけ?)の三人に
キャラ描写を集約させて帰結させたという点では他作品に比べても際立ってよかったです。
最強、麻次郎をラスバトに絡めなかったのも好判断でしょうか。
パワーバランス崩してツマらなくなっていた事、請け合いですし。

2005/07/21 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:160(56%) 普通:36(13%) 悪い:88(31%)] / プロバイダ: 37856 ホスト:37921 ブラウザ: 3874
打ち切りっぽいんだけどちょうどイイ長さになったので逆に良かったのでは(苦笑)。
タッチやH2よりは万人が楽しめるのではないかと思われる。雰囲気の関係上で。
ま、確かに伏線の未回収は惜しいけど、隠れた良作かな。

2005/07/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 22581 ホスト:22456 ブラウザ: 4184
半蔵がすきです!
あのキャラクターが面白くて、何度も読み返しています。
菜種を助けようとして死んでしまうシーンは、泣いてしまいました。
あだちさんの作品はすべて読むつもりです。
これからもがんばってください。

2004/12/24 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:267(75%) 普通:26(7%) 悪い:64(18%)] / プロバイダ: 12203 ホスト:12219 ブラウザ: 3646
本来はシリアスでありながらもコメディとしてふと笑える時代劇漫画。アニメ化して欲しかったな。

もっと読む

「化ける要素は多くあったが、作品の完結には失敗した惜しむべき力作といったところか。ギャグに爆笑性は薄い...」 by カトル


次のページを読む

この評価板に投稿する



2018/04/08 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 19667 ホスト:19744 ブラウザ: 11311 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事楽しい/面白い/考えさせられた/勉強になった 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像悪い(-1 pnt)

もっと見る
1. "『週刊少年サンデー 連載作品』史Ⅳ" by 陣兵
... た作品を振り返る。 「ないとバード」(里見桂先生著) 「ナイトラヴァーズ」(文月剣太郎・清水洋三先生著) 「流れ星サブ」(高山よしさと先生著) 「なぎさMe公認」(北崎拓先生著) 「なんか妖かい!?」(きむらはじめ・里見桂先生著) 「〓1リンナ」(石田まさよし先生著) 「とうがら」(あだ ...
記事日時:2010/12/30

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ