[漫画]キン肉マン


きんにくまん / Kinnikuman
  • 熱血
  • 友情
  • 面白い
  • 楽しい
  • 感動
  • 可笑しく笑える
  • 勇気貰った
  • 格好良い
RSS
注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:キン肉マン
漫画総合点=平均点x評価数69位8,821作品中総合点117 / 偏差値83.22
漫画平均点345位1,329作品中平均点1.54=とても良い/76評価
1979年漫画総合点1位62作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.92(とても良い)13
ストーリー1.31(良い)13
画力0.62(良い)13
熱血100%13人/13人中
友情92%12人/13人中
面白い69%9人/13人中
楽しい62%8人/13人中
感動62%8人/13人中
もっと見る
属性投票する
著者:ゆでたまご
出版社:集英社
単行本:全36巻(ジャンプコミックス)、全26巻(ジャンプコミックスセレクション)、全18巻(文庫版)
日本 開始日:1979 週刊少年ジャンプ 22号 / 終了日:1987 21号
121,46316276
最近の閲覧数
154710568793
1人の方がこの作品が漫画として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/01/15 / 最終変更者:永田 / その他更新者: 管理人さん / 羽幌炭鉱 / 宇宙刑事ジャンギャバン / myu / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/07/09 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:267(61%) 普通:90(21%) 悪い:82(19%)] / プロバイダ: 9690 ホスト:9712 ブラウザ: 11309
ジャンプ第一期黄金時代の立役者だが…
【良い点】
1・勝利、友情、努力の編集方針を体現した
2・親しみ易いキャラクター
3・個性的な対戦相手
4・子供が読むにはそこそこ最適
【遣り切れない点】
・ジャンプ集団抗争インフレバトルのフォーマットを作ってしまい、他作品に悪影響を与えた
【悪い点】
1・拉麺男がブロッケンマンを倒すシーンは最早トラウマ
2・超人レオパルドンの咬ませ犬ぶりで、東映版スパイダーマンとは逆の意味だった
3・ジャンプ連載後半のインフレバトルのマンネリ化
【その後遣り切れない点】
1・キン肉マンが売れ過ぎた為、作者は闘将!拉麺男以外はヒット作に恵まれなかった
2・平成末期の続編製作
【総合評価】
Dr.スランプと並ぶ80年代のジャンプ黄金時代の立役者で、黄金のマスク編までがピークでした。しかし、集団抗争インフレバトルのフォーマットを作り、後々の作品に悪影響を及ぼしたのと、人気が出過ぎ止めるに止められない状況となったのが作者の不幸でした。
キン肉マンと闘将!拉麺男以外のヒット作に恵まれなかった事は同情しますが、集団抗争インフレバトルのフォーマットを作った元凶なのと、キン肉マンから抜け切れず、平成末期の続編執筆を減点し、評価は【最悪】とします。
[共感]
2019/07/18 初期はウルトラマン風の怪獣退治ストーリーで、最初の読み切り(単行本未収録)では、キン肉マンはウルトラ兄弟の「いじめられっ子」が、本編では「キン肉星の王子」に変更されました。また、後期の怪獣や侵略宇宙人や、テリーマンを除く超人は、当時の読者から応募されたデザインでした(「おぼっちゃま君」の茶魔語も同じ)。しかし後期のストーリーでは、長過ぎる台詞の連発に、着いて行けなくなってしまいました…。 by ベータプロ

2018/07/19 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:42(58%) 普通:14(19%) 悪い:16(22%)] / プロバイダ: 2341 ホスト:2506 ブラウザ: 8293
【良い点】
親しみのあるキャラクター
バトルにしてもアイディア豊富で
細かいことにこだわらない大胆さというか素朴さが
絵でも話でも発揮されていて少年向けとしてとても健康的
あと感動的な展開も臭くなくて良い

【悪い点】
一話一話の引きが強いせいもあって
通しで読むと疲れる
やや読みづらい

【総合評価】
その後の少年漫画の礎になった原典的存在
そういう意味じゃメジャーにおけるデビルマンと言ってもいい

2018/05/06 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 2118 ホスト:1865 ブラウザ: 8292
『キン肉マン』というタイトルによる発売としては、36巻までの旧作品と、37巻以降のII世以後にリリースされた作品で大きく分かれるのだが、あえてタイトルを分けずに連続した巻数でのリリースという作者の意向を考慮すると、随分と難しい評価になると思う。

・ギャグ漫画時代
正直評価に値しない時代と考えている。後世に残る技や設定はほぼ無く、1巻無料系の読み物としても損しているように感じる。
・超人オリンピック〜遠征〜オリンピックV2
この頃から少しずつ後世へ続く技とストーリーが出てくる。絵は非常に荒削りだが理解しやすい技と展開が助けてくれる。
・悪魔超人〜六騎士
ひとつの大きなストーリーと、それに付随する複数の試合という形式が始まる。絵はまだ安定しない。
・超人タッグトーナメント
今から読み始めるならここからだろう。安定した作画と想像を超える大技、読み進めるごとに次が気になるストーリー展開。
・王位争奪編
前半最後の山場。ストーリーに友情が色濃く表れると同時に、感動すら覚える展開が待つ。
超人タッグから王位争奪編までが本作品を一躍有名にしたと言っても過言ではない。
・完璧超人オリジン
37巻以降。ここからは作画が大きく変わる。年月を経た作風には違和感すら覚えるが、
一方で過去作を読んだ読者にはこのシリーズでの悪魔超人の活躍に感動するだろう。

2018/04/07 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:31(86%) 普通:2(6%) 悪い:3(8%)] / プロバイダ: 7167 ホスト:6890 ブラウザ: 9894
【良い点】
斬新なアイデア 独自の世界をつらぬいた
●と天才は紙一重

【悪い点】
今読むとやはり絵が古い
内容がぶっとんでるので読み手を選ぶ

2018/02/27 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:58(77%) 普通:6(8%) 悪い:11(15%)] / プロバイダ: 1403 ホスト:1388 ブラウザ: 10262
【良い点】
「努力・勝利・友情」といったジャンプの漫画らしさがにじみ出ている。

ストーリーは初期はヒーローものとして怪獣やキン骨マンといったライバルを倒していくという単純明快な話が中心ですが、それ以降は超人レスリングを中心としたプロレスものとして話を上手く展開させていた所が印象に残った。

ギャグやコメディの要素が強くて笑わせる所も多々ありましたが、他者への思いやりや優しさ、そして友情の大切さなどをまんべんなく描かれていた。これはギャグ要素がかなりつよかった初期も含まれています。

キャラクターについて
主人公のキン肉マンが本当に素晴らしいキャラクターです。
読者なら誰もが共感しやすい等身大のキャラクターとして終始一貫に描かれていた所が見事の一言。

ドジで間抜けで手のかかる子供のような一面を持ちつつ、他者への思いやりをもつ優しさを持ち、泥臭くても決める時はカッコよく決めてくれるギャップがたまらない。

仲間となる正義超人のメンツもキン肉マンと出会うまではやさぐれていた印象が強いですが、キン肉マンとの闘いや触れ合いを通じて改心し、好感が持てて頼り甲斐のあるキャラクターに変わった所が良かったです。
キン肉マンの影響力を上手く表してましたね。
王位争奪戦でも完璧超人として敵対していたネプチューンマンがキン肉マンに対して「他の超人にはない魅力を持ち合わせている」とのセリフが全てを物語ってましたね。

読者とともにキャラクターを作り上げてストーリーを展開させていくと行った構成がおもしろいですね。
読者との距離感を近づけていくスタンスが人気の秘訣だと思います。

正義超人や悪魔超人、完璧超人やフェニックスチームなどとの対立が目立つ中、闘いが終われば和解して超人の垣根を超えて友情を深めていく構成が目立ってましたね。

【悪い点】
話の流れや勢いを頼りにストーリーを作り上げているところがこの作品のウリですが、それが仇となって矛盾する所がチラホラあったところ。

【総合評価】
バトル漫画の金字塔とも言える作品。路線変更になってから面白くなったのも、作品の構成やキン肉マンのキャラが良かったからだと思います。

2017/05/06 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 27109 ホスト:27065 ブラウザ: 5716
キン肉マンと言えばやはり魅力的な超人と思わず真似したくなるかっこいい数々の技。
王位争奪編の序盤までは間違いなく面白かった。
初期のギャグ漫画時代より、超人オリンピック編→悪魔超人編→タッグ編→王位争奪編と行くわけですが、本来なら一番盛り上がるべきであろう
ラスト辺りがしょぼい
フェニックスが思ったより弱かったこと。それに何といっても、魅力的な超人が、全くいない訳ではないが少なくなったこと。
ゆでたまご先生もネタがつきたのか、ロボットのような超人ばかりで、これでは感情移入もできない。
確かに、中盤にもチエノワマンのようなギャグとしか言えないような超人がちらほらいたが、最も大事な終盤の敵にバッファローマンのような王道の超人を多く生み出せなかった。

さらにキン肉マンの面白さを挙げるとすれば、キン肉マンのマスク剥ぎであろう。ウオーズマンとの戦いから登場したキン肉マンのマスクはぎは、ストーリーに緊張感を持たせ、マスク剥ぎだけを狙ってくるネプチューマン戦は子供心にドキドキしながら、毎週読んでいたもんです。
(王位争奪編ではなぜか、キン肉マンのマスクを剥ぐという概念はなってしまった)

あと定番ではあるが、キン肉マンと言えば、ウオーズマン、バッファローマン、アシュラマンなど、かつての敵が友情に目覚め、味方になるストーリーは感動もので、演出も最高であった。
もちろん王位争奪編にも所々にお涙ちょうだいと言わんばかりの感動っぽい話は登場したが、私は何も感じなかった。

タッグ編までは文字通り、生死をかけた戦いであったが、王位争奪編は王位をかけた戦い。
その辺りに熱さが異なった。

2016/04/16 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:40(67%) 普通:6(10%) 悪い:14(23%)] / プロバイダ: 21687 ホスト:21561 ブラウザ: 4737
【良い点】
スグルと仲間の友情と成長
個性ある正悪の超人や単純に読めるストーリー
作品の矛盾も許せるレベル
【悪い点】
主人公がかっこ悪い
何故か死んだはずのキャラが蘇る

【総合評価】
確かキン消しや牛丼ブームが当時流行り、戦闘力が元祖の漫画だったと思う。
主人公が苦戦しながら仲間と共にぎりぎりで敵を倒すのが魅力的だった。
フェニックス編まで見た感想です。

2015/07/22 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1569(52%) 普通:771(26%) 悪い:676(22%)] / プロバイダ: 3188 ホスト:3248 ブラウザ: 8624
過去に名作と呼ばれた作品は今読んでも楽しめるし、実際に好きなものも多いですが
これは正直合わなかった。ギャグもバトルも嘲笑としての笑いしかおきません

大ヒットというのはどんな作品でも漫画そのものの面白さにプラス時代性による偶発的な
運の要素も大きいですが、コレが爆発的大ヒット作品になりえた要因が自分には理解できませんでした。
まさしくリアルタイムで読んでこそ盛り上がって楽しめるものであり、時代のムーブメントに乗っかったからこその
作品ではないでしょうか、大人になってからまとめて読んだ私には真価を見出すことができませんでした

それでも「ゆでだから」で許されてしまう風潮は感じることはできたし
熱いシーンは本当に熱かったので評価は【悪い】に留めさせてもらいます。
子供心を掴むのって本当に難しくて果てしないんだな〜、と実感しました

2015/06/01 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:81(80%) 普通:1(1%) 悪い:19(19%)] / プロバイダ: 19029 ホスト:18944 ブラウザ: 10071
【良い点】
バトル漫画の王道の王道とも言えるこの作品の凄い所はキン肉マンのキャラクターにあると思う。

主人公のキン肉マンがダメ超人からNo.1の正義超人へと成長していくストーリーが面白い。

初期の怪獣退治をメインとしたコメディ路線から命を懸けた超人レスリングでの悪行超人との戦いを描いたシリアスな路線に変更した所に違和感を感じるだろうが、不思議とこのマンガにはない。

それはキン肉マンのキャラクターがブレないからだと思う。

王位争奪戦では、逞しいくらい成長した部分があるも、正義の味方としてのファクターが全編通じてキン肉マンにあったとヒシヒシと感じる。

怪獣退治でのコメディ丸出しのシーンの中でも、子供の要求を乱暴に無にするテリーマンの態度に激昂して殴ったり、ナチグロンをいじめていた住民に「ウルトラマンのようなヒーローがカッコいいわけではない!」と説教したりするなど、キン肉マンにはヒーローになれる器が備わっていたシーンが随所に描かれていた。

話の急展開が随所に描かれており、不自然に見えるシーンも多々あるが、不思議とこのマンガなら許される。
やっぱり理屈抜きで楽しめるからだろう。

戦いを通じてライバル達と友情や絆を深めたり、かつて敵対していた超人とタッグを組むなど当時のファンにはたまらないほどの熱い展開がおおかった。

読者と共にストーリーを作っていくといったスタンスも面白いです。
夢が詰まっているみたいなので。
【悪い点】
セリフに特徴があることの裏返しになるが、難しい言葉を使い過ぎている感じがする。
登場する超人が人間よりも知能が優れているという設定上、難語がスラスラと出てくることは不自然ではないがそれを乱用している為かセリフのお茶を濁している感が強いと思う。

ブロッケンジュニアが自分の代わりに人間であるレフェリーをガイコツにさせるなど、酷すぎるシーンもあった。アニメではキン骨マンが代わりになったから良かったものの人間を犠牲にしてスカした態度を取ることに対して超人としては風上に置けない印象が強く残った。
【総合評価】
格闘マンガの金字塔とも言える名作。
とても良いです。

2015/04/02 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 6517 ホスト:6525 ブラウザ: 10285
【良い点】
大量に色々なタイプの超人が出てくるのでおそらくお気に入りの超人が2、3人ができるでしょう
そのお気に入りの超人の戦ってる姿のかっこよさがたまらない漫画
人気のウォーズマンやブラックホールやペンタゴンも好きだがなんといってもフェニックスが大のお気に入りになってしまった
物語のラスボスで唯一好きなキャラである
好きなように振る舞う性格・独特な格好のルックス(素顔がブサイクでなくカッコいいのがまた良し)・超絶天才でありながら不幸な生い立ち
今現在出てきていないがどうしているのか気になるところ
詳しい説明は省くがはっきり言ってキン肉マンの世界の政治は腐ってて天才だろうがマッスルインフェルノが使えようが貧乏に生まれた時点で負け組という空気
他の貧乏出身の4王子も成り上がろうとしていて感情移入してしまった王位争奪編が至高
現在連載しているシリーズも大変面白い
そのシリーズではフェニックスと似つつ異なる良さを持った謎多きネメシスに注目している
【悪い点】
ストーリーは頭がおかしくなりそうなほど半端ないご都合主義や矛盾だらけなのでそれを許容できなければ読むことはできない
例えば王位争奪編でも主人公も敵も隠すことなく反則を堂々とやってのけるが誰もお咎めなしなので気が狂いそうになってくる
キャラも思考や言ってることがブレブレでおそらく誰一人として一貫していない
同じ作中でまたこの設定かこの話前も見たと言うことも起こる
詳しくは省くが先発作品からのパクリも目立つ
ストーリー性が優れているわけではないので興味のない超人同士の戦いはすっとばしてしまった
【総合評価】
悪い点もかなり酷いがそれに目をつけれるほど魅力的な超人が出てくる
ぱっと読んでつまんねと思っても一応全体的に目を通せば気に入りの超人が見つかると思う
滅茶苦茶な漫画だがそれが漫画の展開の予想を裏切ったりする意味ではいいのかもしれない

2014/11/02 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:481(64%) 普通:108(14%) 悪い:159(21%)] / プロバイダ: 4275 ホスト:4027 ブラウザ: 5171
【良い点】
普段は情けないキン肉マンが
スーパーヒーローへと成長する展開が爽快。
見た目はハッキリいって不細工なのに、
神谷明補正もあるが
だんだんカッコ良く見えてくる。

脇役も世界各国のイメージを元にしたキャラクターで
分かりやすい。
一番のお気に入りはラーメンマン。

数え切れない矛盾点を考察することでも
笑えるが、作者が『あくまでギャグ漫画である』と
公言してくれているところも良い。
キン肉マンの本名がキン肉・スグル
という小ネタや、
子供を助ける為にキン肉マンソルジャーが牧師に変装する場面など、
ジワジワと変な笑いが込み上げてくるバカバカしさが
大好きです。

【悪い点】
数え切れないほどの矛盾点には敢えて突っ込みません。
自分が許せないのは王位争奪戦の敵、スーパーフェニックスの小物っぷりです。
初めの方こそは『敵は大きい方が倒しがいがある』とキン肉マンチームを援護し、
器の大きさを示していたものの、対ソルジャーチーム辺りからどんどんメッキが
剥がれていきます。
邪悪の神の助力が無ければ、明らかにキン肉アタルに負けていたことや
決勝戦でのギミックリングとトラップの多用など、
策を弄してばかりで作品の最後を飾るに相応しいボスキャラとは
到底思えませんでした。

【総合評価】
人気漫画は数多くあれど、良くも悪くも現在に渡り、ここまで愛されている漫画は無いと
思います。

2014/04/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:29(81%) 普通:5(14%) 悪い:2(6%)] / プロバイダ: 25682 ホスト:25677 ブラウザ: 5171
【良い点】
・ヒーローが強くなっていく、わかりやすいストーリー。
・キャラクターが豊富。

【悪い点】
・格闘漫画では当然のことだが、強さのインフレ。

【総合評価】
・格闘漫画の原点。
・深く考えずに楽しめる。

2014/04/05 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:20(59%) 普通:3(9%) 悪い:11(32%)] / プロバイダ: 19875 ホスト:19774 ブラウザ: 7459
【良い点】
絵は荒っぽいのだが、ストーリーが超人同士の友情、心の動きで進めていくところ。
気持ちの熱さがひしひしと伝わってくる。少年マンガの代表作のひとつだと思う。

【悪い点】
後半になるにつれ、友情友情と言い過ぎたところ。
展開が読みやすく思ったとおりの結果になりがち。強さというよりは理屈で勝敗が決まるところ。
いつまでたってもラーメンマンが金網デスマッチにたたされ、お決まりの「ここからだしてくれーー」ってなるところ 笑

追記
キン肉マンの王位争奪戦終了後なぜかジャンプコミックの続きで発売されている続編。
二世を終えて続編として出ているが、初代キン肉マンのあとに出さないでほしかった。

いつまでも同じ超人を使いまわして、なんとか凄みを出そうとしているが駄作以外のなんでもない。
悪魔将軍と最初からわかってるのに「あのお方」っていう無駄な書き方にもハラがたつ
ファンをなめてるとしか思えない。
読むなら王位争奪まででいいと言える。

【総合評価】

話に矛盾するところが多い。
が、そんなことはどうでもよく(笑)重要なことはキン肉マンという漫画の見せ場がいかに偉大であるか!に、つきると思う。

ネタバレになりそうで、たくさん書けないが
初期で再起不能になったラーメンマンの無意識の応援や超人タッグシリーズの阿修羅マンとサンシャインの友情のくだりなどは何回読んでも泣ける。

個人的にはテリーマンの熱い感じが大好きです。
解説超人と言われてしまうけど 笑

2013/04/18 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:305(51%) 普通:87(14%) 悪い:209(35%)] / プロバイダ: 2585 ホスト:2616 ブラウザ: 4180
【総合評価】
一言で言うとノリと勢いだけで進んでる漫画
昔の漫画にはよくあることだが、矛盾だらけ 絵と台詞が一致してないこともよくある
だが、そこだけ目を瞑るもしくはネタとして受け入れてしまえば絶対にハマる作品

初期と後半で大分雰囲気の違う漫画になりましたが、そここそがこの作品の成功したポイントと言っても過言では無いと思う
最初は劣化ラッキーマン(ラッキーマンのほうが後出しだけどギャグは品の無いものばかりだったので)のような印象を受けたがそのせいで、中編からラストにかけてのシリアスが一層輝くものとなった どんなにくだらない事でシリアスな雰囲気をかもしだされても読んでる瞬間だけは、読者側も熱くなってしまう。あのシーンおかしいなと気が付くのは読んだ後思い返してからになってしまう
それは前述で述べたギャグとシリアスのギャップのおかげというのもあるが、もう一つ理由がある

流れが自然という事だ
展開は不自然だが流れは自然 少し矛盾しているようだが文字だと上手く言い表せない
例えば、悪魔将軍のときは…「筋肉バスター封じられる」→「封じる策や技を覚える」→「何とか勝つ」という流れ とても理にかなっている流れだと言える
不自然なのは筋肉バスター封じ 逆にすれば封じれるというがその逆にするのが難しいのではないか?でもこれも全然読んでる最中は気にならなかった

他にも穴がところどころあるが、不思議とこの作品は穴があるからしっかりと出来てないという印象は受けない 贔屓目に見てるという事なのかも知れないが個人的には穴があるからこそこの作品の馬鹿馬鹿しい雰囲気が出来ているのだと思う

ストーリー以外だとキャラクターは非情に魅力的だ
敵キャラのほとんどは読者投稿で募集したものであるという点も読者が参加しているかのような錯覚を受ける(自分は連載中、読んでないので関係無いけど)特にバッファローマンを考えた子供は天才だと思う 彼のキャラクターや性格はゆでたまご先生独自の物だが、デザインが逸脱です

私が一番好きなのは「夢の超人タッグ編」と「悪魔超人編」の二つだ
この話は敵キャラも魅力的なので話よりもキャラクターに魅力を見出す人は一見の価値ありです
暇があったら二世のほうも読みたいです

2013/02/28 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:363(71%) 普通:78(15%) 悪い:73(14%)] / プロバイダ: 17361 ホスト:17537 ブラウザ: 5387
【良い点】
☆ウォーズマン、ブロッケンJr、ラーメンマンあたりがカッコいい。
☆真似したくなるような技の数々。
☆ドラゴンボールより先にやってた強さの数値化。
☆矛盾点だらけだがそれをふっとばすかのような吸引力。
全国の子供が熱狂した。
☆死、ではなく歴史から消えるのを賭けたデスマッチ。凄まじいな。
☆普段戦わないミートが戦い、勝つ。

【悪い点】
★あの目はあの時のなんたらと同じ目だ!
・・そ、そうなの?
★ウォーズマンのベアクローで普段の倍のジャンプと回転で
1200万パワーのくだりはもう苦笑。

【総合評価】
この漫画自体が火事場のクソ力みたいな漫画でしたね。
つっこみどころはたくさんあるが
それを吹っ飛ばすほどの勢いはとてつもなかった。

最近の漫画よ、小さくまとまるな! と言いたくなりますね。

もっと読む

「ジャンプ漫画の三本柱の理念「友情・努力・勝利」に非常に忠実な漫画の一つであり、特に「友情」を物語の基...」 by ランボー


次のページを読む

この評価板に投稿する



2016/08/30 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 3696 ホスト:3704 ブラウザ: 10602 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/友情/可笑しく笑える/面白い/格好良い 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像良い(+1 pnt)

もっと見る
1. Dr.STONE、次週(51号)から、新章突入!! by はんぶらび
... 。作者自身が戦争編の終わらせ方に困っているのが伝わってきて、露骨な後付を感じました。メタな理由を意識させる展開は、萎えます。 後、氷月が身も蓋もない正論を口にしたのも、無粋に感じて萎えました。『凄い科学で解決します』が、あの漫画のテーマです。それにツッコミを入れるのは、キン肉マンで全宇宙の ...
記事日時:2018/11/13 [表示省略記事有(読む)]
2. 2018年ジャンプ45号感想(読切『SMART DEBU』『プリンプリン吉田の華麗なる人生』『マタギと学生』掲載号) by エスパー
... よね。 その証拠のひとつが「私は突き押しだって上手いんだよぉ!!」と刃皇さんを子供のようにムキにさせていた、 いやそれもまたこの人らしいのだけれど感情を揺さぶったのは確定的に明らかではないでしょうか。 「まるで兄弟二人分を相手にしてる様でな」は何故かキン肉マンっぽいなあと思いました。 キン肉マンって二人で ...
記事日時:2018/10/06 [表示省略記事有(読む)]
video video video video
3. 10/1漫画レビュー(花むすび、神日々、アシガール、タフ、王子) by ゴーグル侍
... でクラウドファンディングが終了しましたが最終的に集まった支援総額はなんと 9,343,800円 と当初の目標金額の3.7倍の支援総額になったとの事でめでたく打ち切りを回避する事が出来たという事で今回はお礼参りとして41Pにもわたる描き下ろし漫画が配信されました! このお礼参りの漫画でまさかのサン☆テグジュペリ先生だけでなくあの「キン肉マン」のゆでたま ...
記事日時:2018/10/01
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:キン肉マン
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ