[漫画]危険がウォーキング


きけんがうぉーきんぐ / Kikengawaiking
RSS
漫画総合点=平均点x評価数4,610位9,158作品中総合点1 / 偏差値48.92
1986年漫画総合点77位116作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
著者:星里もちる
出版社:徳間書店
※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:1986 プチアップル・パイ 月刊少年キャプテン / 終了日:1989
4011
最近の閲覧数
10021023724
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2020/11/21 / 最終変更者:TCC / 提案者:TCC (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2020/11/21 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:869(42%) 普通:494(24%) 悪い:711(34%)] / プロバイダ: 24818 ホスト:24980 ブラウザ: 9243
みそらが丘中女子、岡原佳枝は汗や涙がニトログリセリンで爆発を起こす特異体質。
その体質が災いし、ボーイフレンドの牧野いくろうと共に、毎度事件に巻き込まれるが、
二人はそれらを愛と能天気で乗り越えていくのだった、という青春ラブコメディ。

【良い点】
・作者独特の持ち味、牧歌的な雰囲気と荒唐無稽なストーリー中にさり気ない
青春の機微、爽やかな読後感が良く出ている。なかなか得難い感触の作品で
連載時はかなり注目したのを覚えている。
作者は芸能やテレビドラマに非常に傾倒しており、後の作品は少年向けな?
良い意味での軽さ、馬鹿々々しさが薄れてリアル寄りの描写が作品雰囲気を暗く、
あるいは深刻にしている物が少なく無いが(と言うか明確にテレビドラマ志向の
青年誌作品にシフトしてしまった)、本作は作者の少年商業誌初連載にして、
もっとも「独自」の魅力を放っている。

【悪い点】
・良い面での裏返しでもあるが、荒唐無稽な設定やストーリー展開は一種の
ファンタジーであり、そこを突っ込みだすと読んでいられないレベル。

【総合評価】
「良い+」。少女漫画的?と言ったらいいのだろうか?特異体質な彼女が一風
変わったボーイフレンド(お笑い求道者)の頑張り過ぎない頑張り?や周囲の理解
に助けられて甘酸っぱい青春する話。恋敵?の特異体質赤面症(周囲の外気温が
危険なレベルにまで上がる)の園部その子や、性根の悪い芸人、神坂公平などの
登場でドロドロしそうな物語が「寸止め」でダークサイドに行かないバランス感覚は
稀有な物。作品のノリが独特過ぎて合わない読者も居るのでは、と心配には
なるが、ちょっと他に無い感覚の作品としてお奨めしたい。

この評価板に投稿する




1. 友情実話伝説-Part2〓陣兵の専学生活編〓-第793話(1443話)「表現技法Ⅲ〜その3…〓各自打ち合わせ〓〜」 by 陣兵
... ☆人気漫画家の作品特集〜SEASONⅩ〜Ⅹ☆ 1628.【星逢ひろ先生】 「猫と月ラブチェイス」、「恋人に見えたらいいのに」他。 1629.【星崎真紀先生】 「黄昏シティグラフィティ」、「ライオンは起きている」、「Drクージョ危機一髪!!」、 「ステージママの分際で!」他。 1630.【星里もちる先生】 「危険ウォーキング」、「い ...
記事日時:2011/09/17
2. 漫画 いきばた主夫ランブル ー仕事と家事と世間体ー by ut
... 人物を活かしながら作品の持つテーマを描きっている。人間関係の距離感について描くの巧く、作中に登場する主人公とヒロイン、お隣の夫婦のそれぞれの魅力とプラス、マイナスの部分を短い連載で表現している。日常中編物の傑作としてオススメしたい。 また、この作品は星里もちるを語る上で外すことのできないターニングポイントともいえる作品である。危険ウォーキングでコメディの独自 ...
記事日時:2008/11/19

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ