[漫画]鴉天狗カブト


からすてんぐかぶと / KABUTO
  • セクシー
  • 熱血
RSS
注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:カラス天狗カブト
漫画総合点=平均点x評価数2,767位9,039作品中総合点3 / 偏差値49.50
1988年漫画総合点53位126作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.00(良い)3
画力1.00(良い)3
ストーリー0.33(普通)3
セクシー67%2人/3人中
熱血67%2人/3人中
ロマンチックな気分33%1人/3人中
怖い33%1人/3人中
友情33%1人/3人中
もっと見る
属性投票する
著者:寺沢武一
出版:集英社
掲載:フレッシュジャンプ

単行本:全2巻
日本 開始日:1988/04/23(土) 1988年05月号
公式サイト
1. 寺沢武一公式サイト-buichi.com
11,46644
最近の閲覧数
2101221212
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2010/05/02 / 最終変更者:kunku / その他更新者: 羽幌炭鉱 / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:1] 2019/06/17 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2050(50%) 普通:798(19%) 悪い:1274(31%)] / プロバイダ: 10475 ホスト:10759 ブラウザ: 8295
アニメ原作ですが、ほぼ近いノリと作風で進んでいきます。

『コブラ』のアニメ版の『スペースコブラ』では、原作には無いアレンジや変更があったのですが、こちらはほぼアニメも原作も変わらずといった具合です。

【良い点】

妖刀飛竜を手ニしてから、運命の闘いに準じていくカブトと、四神達の役割と魅力に、敵である道鬼といった鬼の一団が、和風ファンタジーテイスト+ハードボイルド作風に、今でいう「無双」という具合にカブト達が道鬼の軍団を蹴散らしていく爽快感は、時代を先んじていた感じだし、作者は80年代からCGやパソコンを重視したものに取り組んだり、実在した、もしくは空想のものに様々なアレンジを施していく・・・というのが得意であり、また、それが魅力的だったので、そういう部分でも、現在を遥かに先んじていたと思えます。

【悪い点】

最後の圧倒的劣勢から、一気に逆転してしまうカブト達のチートっぷりにはちょっとご都合なものを感じてしまいます・・・。

まあ、そんな事をいったら、コブラなんてチートの塊のようなものなので、コブラと比べてみれば、カブトの方はまだ可愛いといえるかもしれませんが。

【総合評価】

コブラなどの他の作者作品とは違う色合いですが、作者の集団ヒーロー(?)もの作品では、『ブラックナイト・バット』がありますが、バットはややコミカル色が強いし、ハードな路線という点では、本作の方が上なのは間違いないと思えます。

和風テイストなものはコブラにもあったし(サイコガンだって、宇宙一の刀鍛冶不知火鉄心によって・・・だし)、それをこうした形で出して独自のコブラとは違う作風は、想像力の幅を拡げる指標という意味でも重要になるし、そういう原点もあるかと思うのですが、現在ではコブラも本作も影が薄れて、そういう重大な役割を果たしている事がぼやかされているような気もします。

2015/03/27 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3027(60%) 普通:854(17%) 悪い:1175(23%)] / プロバイダ: 42404 ホスト:42435 ブラウザ: 5171
作者のカラーが濃すぎる。
これは、この作品を読んだ時の第一印象です。

話は、道鬼の手下に追われるカブトが妖剣「飛龍」を手にする所から始まります。

若い娘に化ける等してカブトに近づく道鬼の刺客、宙に浮かぶ道鬼の城、雷迅風と打竜牙を持つ幻舟、道鬼に操られた朱雀、
勘介の城に潜入して鬼達と戦い四神の手で蘇る二代目カブト、月面を舞台にしたカブトと道鬼の一騎打ち等、手に汗握る冒険や対決の連続。

加えて、変身した姿を囮に二代目カブトが道鬼に勝利する最後の対決の様にバトルの迫力やカタルシスも、群を抜くほどのレベル。

作者のカラーに作品舞台が喰われ過ぎた為、評価は「良い」止まりです。

2007/08/01 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 33223 ホスト:33285 ブラウザ: 6287
和風のSFファンタジーですな。主人公のカブトは当初は自分さえ良ければ良いと言う、盗賊稼業でその日暮らしをしている無頼漢でしたが、永遠の宿敵・黒夜叉道鬼の出現と、それに伴う四神の力を受け継いだ事で己の使命に目覚め、人間世界を悪一色に染めようとする道鬼との果てしない戦いに身を投じるのでしたな。

道鬼は悪の権化と言う感じのキャラで、存在感のある敵役でした。「コブラ」のクリスタルボーイとはまた違った味わいで。

「人間は必ず何かの目的を持って生まれてくる」・・・そんな趣旨の言葉をカブトが述べてますが良い台詞ですな実際問題として。

2004/05/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1423(72%) 普通:258(13%) 悪い:300(15%)] / プロバイダ: 6034 ホスト:5978 ブラウザ: 3875
相変わらず絵が上手いですね〜
主人公の鴉天狗カブトの他
四武将の玄武・朱雀・青龍・白虎といったキャラクターが格好良かったし
敵の黒夜叉・道鬼といい、登場キャラが魅力的だったので好きでした。
ちょっと話が短かったのが残念でなりません。

この評価板に投稿する


2009/12/13 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 18003 ホスト:17804 ブラウザ: 2126(携帯)
ヒロインの朱雀があまりにも貧乳、絵がキモイ

2019/06/17 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 10475 ホスト:10759 ブラウザ: 8295 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/友情/ロマンチックな気分/楽しい/面白い/格好良い/セクシー/怖い/びっくり/考えさせられた 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像良い(+1 pnt)

もっと見る
1. "『串田アキラ(さん)』史" by 陣兵
... 【"86年】 「キン肉マン疾風(センセーション)」(〃) 【"87年】 「裂空!学園特捜ヒカルオン -テーマ オブ ヒカルオン-」(学園特捜ヒカルオン) 【"89年】 「蒼雷伝説」(朱鷺色怪魔)※鈴宮和由さんとのデュエット 「ENERGY」(〃)※ 【"90年】 「KA・BU・TO」(天狗カブト) 【" ...
記事日時:2011/05/30 [表示省略記事有(読む)]
video

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:カラス天狗カブト
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ