[漫画]ハクバノ王子サマ: 2010/08/11 みゆきちいいいいい


はくばのおうじさま / Hakuba no ouji sama
  • 考えさせられた
RSS
漫画総合点=平均点x評価数2,892位8,765作品中総合点3 / 偏差値49.47
2005年漫画総合点120位368作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2010/08/11 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:48(52%) 普通:24(26%) 悪い:21(23%)] / プロバイダ: 52245 ホスト:52194 ブラウザ: 7368
【良い点】
・男女別、年代別の恋愛観、結婚観が赤裸々に描かれている
・絵が前作よりだいぶ良くなった
・婚約者の顔を中々描かなかった演出

【悪い点】
・最終的に略奪愛に走ったという結末
(主人公とヒロインのハッピーエンドが、理不尽な形で裏切られてしまった人たちの不幸の上に成り立っているというのはやはり賛否両論あると思う)

【総合評価】
前作のつゆダクはどうも受け付けず途中で放棄してしまったんですが、これはちゃんと最後まで読めました。
バッドエンドのようなグッドエンドのような、読者によって賛否両論分かれそうな結末ですね。

とりあえず実生活でこんな事やったら確実に非難を浴びるでしょう。最低の行為であることは間違いない。
でも、そうせざるを得ない人間の性というのにもどこか共感をおぼえてしまいます。

途中まではぼんやりしていた婚約者・カオリの顔が、小津が原先生を好きだと自覚し、一線を踏み越えようとした晩の後に、ようやくはっきりと描かれるという演出が巧いようで少しずるい気もしました。

それまでは小津と原先生の禁断の愛を楽しめていたんですが、やはり現実に悲しむ人の顔をはっきり見てしまうとそこに多少の感情移入をしてしまい、罪悪感を持ってしまう。
読み手の方も、主人公の小津と同じく現実に引き戻される感覚を味わえるんじゃないでしょうか。
こういうのを計算して、あそこまで引っ張っていたんだとしたら朔先生は凄いなと思います。

今の世情を反映しての男女の結婚観なども面白かった。
結婚は1割のメリットと9割のデメリットだと言って倦厭する男の気持ち、30代を超えて妥協に妥協を重ねての結婚しか出来なくなった女の気持ち。
それぞれが正論でありはするんだけども、どこかもの寂しさを感じてしまう。
自由に結婚できるという時代になって本当にみんな幸せになったんだろうか、とか個人的に変な事をぐちゃぐちゃ考えさせられました。

婚約破棄という結果には至りましたが、小津は代償として色んな人からきちんとボコられてますし、裏切られた方のカオリもまた新たな道を進み始める事が出来ました。
原先生の彼氏が少し報われない気もするけど、まだ傷も浅いと思うし大丈夫でしょう。
二人はその後のけじめ(最後のシーンで光っていた指輪)も一応つけたみたいですし、投げっぱなしで後は読み手の想像にお任せしますという結末じゃなかったのだけは高評価したいです。

タイトルから軽い気持ちで手に取ったつもりが、終わるころには何とも言えない感じにさせられてしまった作品。
プラマイゼロということで評価は「普通」とさせていただきます。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ