[漫画]鎧光赫赫


がいこうかっかく / Gaikoukakkaku
RSS
漫画総合点=平均点x評価数3,249位8,760作品中総合点2 / 偏差値49.17
2010年漫画総合点106位305作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
画力0.00(普通)1
悲しい100%1人/1人中
怖い100%1人/1人中
びっくり100%1人/1人中
格好良い100%1人/1人中
感動100%1人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

『狼の口 ヴォルフスムント』久慈光久の情熱を一冊に!

戦場で槍を振るう大柄の敵武者。
味方がことごとくなぎ倒されるなかで、すらりと現れたのは小柄な覆面武者。
著者:久慈光久
出版:エンターブレイン
日本 開始日:2010/04/15(木) 単行本発売日
[開始日詳細]
『夢侍』 ヤングアニマル嵐 2005年No.5
『戦国銃兵孫一』 2004年7月未発表
『雷電特攻』 2004年12月未発表
『弾丸餓鬼』 ヤングアニマル2005年No.19、21
公式サイト
1. 英國戀物語エマ 第二幕公式サイト
1,61822
最近の閲覧数
5011102020
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2017/03/12 / 最終変更者:伏魔の剣 / 提案者:シューゴ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/01/22 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1653(52%) 普通:820(26%) 悪い:715(22%)] / プロバイダ: 31359 ホスト:31358 ブラウザ: 8626
「狼の口」の久慈光久さんの短編集ということで手に取りました。
いくつもの物語に共通していたのは日本の戦国を舞台にしていること、そして侍や火縄銃というものを
欠かさず登場させていたので、この舞台が好きなのか、それとも刀や銃や侍を描くのが好きなのか。いずれに
しろどちらかなのでしょう

特徴のある作画は侍たちの気骨ある心構え。みたいなものを表現するのにも栄えていて作画との相性は極めて
高くなっていましたが、というかこの人は時代への反骨精神、みたいなものを表現するのが本当に上手いなぁ。
それだけに突然ぶちこまれた「舞子の部屋」には吃驚しました。どうやら雑誌企画で「エマ」への寄稿漫画
らしいのだけど、作風が違いすぎるから別の単行本に収録したほうがよかったんじゃないの?ってくらいです

そうそう、作者さんは歴史モノが好きみたいなので、もしかしたら次の連載も重厚さのある歴史漫画になるのかもしれません

2017/05/31 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:82(59%) 普通:16(11%) 悪い:42(30%)] / プロバイダ: 16289 ホスト:16404 ブラウザ: 10229
【良い点】

●迫力の劇画

●人物描写


【悪い点】

●短編にしては纏まりを欠く


【総合評価】

スイス独立を描いた『狼の口 ヴォルフスムント』で知られる久慈光久先生の短編集です。
デビュー前の作品・ボツ作品も収録されていますが『狼の口』同様、硬派かつシリアスな作品が殆どです。


やはり読んで目に付くのは圧巻の劇画でしょう。

森薫先生の影響を受けているのか火縄銃の木目から具足の装飾まで描き込みが多く、それでいて効果線を多用している為 躍動感も出ています。
また作者が銃器マニアである為 鉄砲打ちの作品が多く、見ているだけで今にも血と火薬の匂いが漂ってきそうな勢いです。


中でも秀逸だったのはキャラクター描写です。

どの作品もその時代における社会的弱者・敗者が主人公に据えられており、虐げられる者の視点から物語が組み立てられています。

貧農の小倅が夢を叶える覚悟を決める『夢侍』
雑賀孫一が織田の部隊相手に暴れる『戦国銃兵孫一』
天狗の娘が葛藤しながら人助けする『雷電特攻』
義足の女銃士の活躍を描いた『弾丸餓鬼』シリーズ
杉谷善住坊が一世一代の勝負に出る『千草峠の風』
ラティーノの女性が拳銃と出会いトラウマを克服してゆく『ラビットファイア』
そしてとある武者の一騎打ちを丹念に描いた表題作『鎧光赫赫』…

どの作品でも過酷な環境にめげず立ち上がる情念や、己の矜持を貫き通す執念が一貫して描かれており、連載作である『狼の口』の源流を見る事が出来ます。


反面ストーリーは荒削りなものが目立ちました。

キャラクター描写に力点を置き過ぎた結果 内面的な変化や成長があってもマクロでは状況が変わってない…という締めが多く、決して明るい内容とは言えません。
他にも連載を想定しながらボツになったであろう未発表作品もあり、まるで長編作品の冒頭を読んでいたようなもどかしさを覚えます。
その為安定して読めたのは、アニメ『エマ』のレポ漫画である『舞子の部屋』シリーズと、表題作であり作中で物語をキッチリ完結させた『鎧光赫赫』でした(後者は単行本表紙でオチを付けてるのも良い)。


過渡期故の半端さはありますが、その熱量も考慮し【総合評価】は【良い】とさせて頂きます。
拙文読んで頂き有難うございました。

この評価板に投稿する



2016/03/23 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 8948 ホスト:8868 ブラウザ: 10172 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/面白い/格好良い/悲しい/怖い/びっくり 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像普通(+0 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ