[漫画]でろでろ


Derodero
  • 可笑しく笑える
  • びっくり
  • 可愛い
  • 友情
  • 楽しい
  • 面白い
RSS
漫画総合点=平均点x評価数862位8,778作品中総合点13 / 偏差値52.41
漫画平均点532位1,332作品中平均点1.18=良い/11評価
2003年漫画総合点43位290作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.80(とても良い)5
ストーリー0.80(良い)5
画力0.40(普通)5
可笑しく笑える100%5人/5人中
びっくり80%4人/5人中
可愛い40%2人/5人中
友情40%2人/5人中
楽しい40%2人/5人中
もっと見る
属性投票する
著者:押切蓮介
出版社:講談社
日本 開始日:2003 週刊ヤングマガジン / 終了日:2009
14,1491111
最近の閲覧数
1101032012
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/01/11 / 最終変更者:永田 / その他更新者: DONP / 提案者:無線機 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/07/08 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:791(41%) 普通:459(24%) 悪い:667(35%)] / プロバイダ: 27431 ホスト:27521 ブラウザ: 4693
ハイスコアガール再開記念

幼少時から、やたら霊に絡まれ不幸に襲われる中学三年生、日野耳雄は、ハンデを
跳ね除ける根性と頑健さで、霊を殴り蹴り罵倒し退治する毎日。そんな霊感ダンスィ耳雄と
シスコン対象の美貌の妹、留渦。彼らと友人が巻き込まれる妖怪だらけ、不思議一杯な
霊現象ワールド・・・というオカルトギャグ漫画。

【良い点】
・幽霊をぶん殴り、ジャーマンを決める、という無茶苦茶でパワフルな主人公の存在感。
・シュールなギャグ、個性的な登場人物、オリジナル妖怪、と色んな意味でインパクト充分。
・ギャグ(多)、ちょっといい話(少なめ)、純粋ホラー(極小)、と様々な方向性混在もいい感じ。

【悪い点】
・ヘタウマ系の絵柄なため、受け付けない人がいるかも。
・大作ではなく、主に馬鹿な主人公が大暴れ、いきなりシュールオチ、という展開がほとんど。
小話集のような佳作感。かな〜り緩い作品だ。ま、そこが味とも言える。
・下ネタが若干気になる部分もあるが、主人公の年代「中学生」っぽい、とも言える。

【総合評価】
「とても良い-」。読者のセンスが合えばかなり気に入るであろう(て事はダメな人も
結構居そうって事だが・・・)作品世界。自分は大いに楽しんだので、未読な方は挑戦を
お奨め。新装版は随分サービス書き下ろしがあるので、初版などに拘りなければ新装版が
良いのでは。

2015/09/15 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:365(55%) 普通:0(0%) 悪い:295(45%)] / プロバイダ: 22951 ホスト:22929 ブラウザ: 5171
【良い点】
絵と作品の内容の相性がピッタリ。
出てくる妖怪のバリエーションが豊富。
キャラクター(登場人物)達も良い。

【悪い点】
見方によっては画風そのものが多少粗っぽく見えなくもない。
ホラーや妖怪の類が苦手な人にはちょっと厳しい作品かも?

【総合評価】
この漫画は普通では考えにくいであろう妖怪等の「ホラー」と「ギャグ」を掛け合わせた「ホラーギャグ」という、
ある意味斬新な切り口を持った作品ですね。

だからと言って単に斬新なだけではなく、内容も良いです。

出てくる妖怪も一話一話で個性があり、時には地味な嫌がらせをする妖怪だったり、また時には困っている相手を助けたり、一緒に行動したりする良い妖怪も現れたりとそのバリエーションが豊かです。

又、登場人物達も、主人公である耳雄は妖怪が現れて自身や周囲が危なくなっても力でねじ伏せる勢いのある男なので爽快ですし、好感が持てます。ただ多少シスコンの気がある部分もありますがかつて評価した京都が舞台のラブコメ作品「いなり、こんこん、恋いろは」のトシ様ほどではありません。
耳雄の妹の留渦は常にクールであまり感情を表に出さないタイプですが、心根では兄の事を気遣っている部分も感じられるので、やはり好感が持てます。
他にも耳雄の友人の委員長や相原、ちょっと気弱な部分もある飼い犬のサイトーさんといったキャラも良いキャラだと思います。

そして何と言っても、この作品は絵と作品の相性そのものが非常に良いです。これは下手に画力だけが高い作品よりもはるかに優れた本作の武器になっていると思います。
他の論客様が「この絵でなければ・・・」と仰っているだけに、妖怪等を扱うある意味「おどろおどろした世界観」にこの漫画の絵が良く合っていますので、綺麗なだけの絵だと逆に相性が悪くなっていた可能性が大きいです。

最後に、この漫画の作者を投手に置き換えれば、「球威こそ無いものの針の穴を通すようなコントロールを武器に丁寧に投げて凡打の山を築く投手」かな、と私的には思っています。

それだけに同じ人の絵、作品であればこういった感じのショートコメディーで見たいです。

2014/10/11 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:972(58%) 普通:375(22%) 悪い:325(19%)] / プロバイダ: 17199 ホスト:17000 ブラウザ: 5171
ブックオフの108円コーナーにてどっかで見たことある絵だなーって思って目についた作品。
それで絵を見る限り怖い感じじゃない感じの妖怪ものかな?って思って買ってみました。

1、2巻をとりあえず買って読んだ結果としてはすごく惜しい作品だと思ってしまいました。

人間のキャラクター・・・これはなかなかいいと思います。
変わった名前の主人公の耳雄くんは不良ですが友情に熱く、不幸な少女や動物の虐待を見過ごさないなかなかいい人で
こうゆう不良同士とか上から目線で言ってくるような人には喧嘩ふっかけるけど弱きものには優しいっていう
不良キャラは嫌いじゃないですね。
主人公の妹の留渦ちゃんは変わった子で兄に対して一見冷たいようにも見えるけど優しい感じでいいですね。

そして妖怪のほうも・・・クスリと笑えるようなのもいましたね。

んで、個人的に不満だったのは登場する妖怪の一部とかキャラの言動が無駄に下品なところですねー。
この感じならこうゆうのに頼らなくてもいいと思うんだけどなーって思ってしまったのでした。

ということで評価は「普通」でっ。

2009/12/10 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 14471 ホスト:14555 ブラウザ: 8687
【良い点】
切り込む視点が独創的。細かいところまでその考え方が行き届いている。

2009/02/01 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:186(65%) 普通:13(5%) 悪い:85(30%)] / プロバイダ: 26889 ホスト:26636 ブラウザ: 6342
絵柄は汚い、引き込まれず、何のサプライズもない、普遍的なストーリー。
何の目的もなく、ひたすら作者の考えた創作妖怪との出会いと生活を淡々と描いている。
絶対に急展開があり、妖怪と人間の熱い展開になるだろう、と自分に言い聞かせてひたすらページをめくった。

結果、見事に時間の浪費をした。
読み進めると評価が変わる?とんでもない、これは第一印象が全ての漫画だ。
最初の一話、いや数ページを見て「あ、これはダメだな」と思ったら、悪い事は言わない、見切りをつけたほうが良い。

評価は「最悪」。久々に悪い意味でスゴい漫画を見た。
私の周囲ではかなり評価されていたのだが、一体なぜだろうか。全く「?」の連続である。

2008/06/03 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:19(56%) 普通:5(15%) 悪い:10(29%)] / プロバイダ: 12661 ホスト:12699 ブラウザ: 2852(携帯)
数々のホラーマンガ・映画の定石を打ち破るホラー「ギャグ」マンガ。

霊感体質のヤンキー主人公・耳雄の行動が毎回ホント笑える
今だかつて、わざわざ霊に因縁つけて(肩がぶつかった、ガンつけた等々)素手でフルボッコにする主人公がいただろうか
そんな耳雄が、妹の留渦に対しては超シスコン。そのギャップがまた面白い。

出てくる霊や妖怪もなんか憎めない奴ばっか。

作者のネタが切れるまで、ずっと続けてほしいね

2007/10/22 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:21(42%) 普通:9(18%) 悪い:20(40%)] / プロバイダ: 8983 ホスト:8822 ブラウザ: 6342
絵が下手だしストーリーも全く面白くないし1巻読むのが苦痛に感じた。

2007/07/20 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:14(54%) 普通:4(15%) 悪い:8(31%)] / プロバイダ: 5705 ホスト:5632 ブラウザ: 6287
久々に「すげぇすげぇ」とうなりながら読めた作品。
ストーリーは主人公の耳雄が、身近過ぎて気付けないような怪奇現象の元凶である幽霊達をどついて懲らしめるという恐怖とは程遠い爽快モノ。

画風、テンション、雰囲気は全体的に古い感じがするけど、それでもこんな作品は見たことなく、扱うジャンルは多彩で娯楽漫画と呼ぶにふさわしい作品です。

なによりキャラとそれを取り巻く幽霊達が魅力的で作者のセンスを感じた。

ギャグは並だけど読者を引き込む演出と切り替えがうまく、気付いたら耳雄を取り巻く環境が非日常に変化していたり、感動させられていたりする。
この作者は、過ぎてしまった昔の賑やかさを遠くから眺めるような切なさの演出を話全体に吹き込むことに長けていて、決して安っぽい感動で終わらせたりはしない。

欠点はギャグ、特にツッコミが弱いこと。委員長の毒舌なツッコミは結構好きだけど。

あとストーリー性はあまり期待できない、「でろでろ」はほぼ一話完結なので1コマ目から耳雄の妹の留過が不治の病で死にそうということもしばしば。

全体的にこれはかなりの良作だと思う。
読んでいるとなんか癒されます。

2007/07/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:21(34%) 普通:10(16%) 悪い:30(49%)] / プロバイダ: 15655 ホスト:15356 ブラウザ: 4184
この作品の作者は画が汚い。しかし、それを逆手にとり、カントクなどのキャラをたたせていると思う。
ストーリーも時事ネタや男心に訴えかけるものなど、社会性がとても強く感じられる。
今までに登場しキャラ人気投票で上位にランクインした妖怪など再登場させてくれると嬉しい。
これからも期待できる漫画だと思う。

2006/09/07 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(71%) 普通:1(14%) 悪い:1(14%)] / プロバイダ: 36497 ホスト:36434 ブラウザ: 5234
笑えます。
妖怪のコンセプトが毎回独創的でいいですね。
絵は上手ではないですが、ホラー漫画に合った迫力ある絵柄です。女の子が可愛いと思います。
耳雄のパワフルさとシスコンっぷりもよしです。

2005/12/31 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:273(36%) 普通:254(34%) 悪い:229(30%)] / プロバイダ: 2276 ホスト:2182 ブラウザ: 4487
何のつながりもなく、なんとなく気になったから
本棚から手にとってみた。当たりだった。
いきなり変な話、シモネタと続いたのは
ちょっと嫌だったが、読んでいておもしろい。
次々と変わった妖怪が出てきて楽しめた。
好きなキャラはサイトーさん(犬)。

この評価板に投稿する



2018/02/17 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 6752 ホスト:6935 ブラウザ: 10218 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/可笑しく笑える/楽しい/びっくり 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像普通(+0 pnt)

もっと見る
1. 久々の評価+作品追加登録 by KAMIKAZE
... 「セブンシスターズ」 ↓ https://sakuhindb.com/jmanga/7_Sebun_20sisutaazu/2017-08-31T01_04_54.html 「魔王の秘書」 ↓ https://sakuhindb.com/jmanga/7_Maou_20no_20hisho/2017-08-31T01_50_15.html このうち、「妖怪マッサージ」はかつて評価した「でろ」、かつてまい ...
記事日時:2017/09/02 [表示省略記事有(読む)]
2. 今日は1日、大須へお出かけしてきました by 墨汁一滴
... 先代のドラえもんよく話の冒頭スネ夫が自慢していたときとかに使われていたBGMが流れ「うお、懐かしいなー」と思っていたら、店内アナウンスの声がもろゆっくり霊夢「ドウモミナサン」や「ユックリシテイッテネ」はなんとか聞き取れたものの、いかんせんBGMの音がでかすぎ肝心のアナウンスの内容を聞き取れなかったのは残念でしたね。 結局、「でろ」の15巻 ...
記事日時:2014/08/23 [表示省略記事有(読む)]
3. "祝!任天堂64周年" by 陣兵
... 」 「ぬし釣り64」 「マリオのふぉとぴー」 「ゲッターラブ!! ちょー恋愛パーティゲーム」 「バンジョーとカズーイの大冒険」 「ファイティングカップ」 「ドラえもん2 のび太と光の神殿」 「ピカチュウげんきちゅう」 「AI将棋3」 「キングヒル64 エクストリームスノーボーディング」 「マリオパーティ」 「バックバンブル」 「がんばれゴエモン〜でろ道中 オバケ ...
記事日時:2011/11/20 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ