[漫画]ARIA (アリア)


ありあ / ARIA
  • 美しい
  • ロマンチックな気分
  • 可愛い
  • 感動
  • 楽しい
  • 面白い
RSS
注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:ARIA(アニメシリーズ)
関連作品
漫画総合点=平均点x評価数27位8,711作品中総合点258 / 偏差値124.43
漫画平均点29位1,329作品中平均点2.39=とても良い/108評価
2002年漫画総合点2位284作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
画力2.75(最高)28
キャラ・設定2.57(最高)28
ストーリー2.21(とても良い)28
美しい89%25人/28人中
ロマンチックな気分89%25人/28人中
可愛い75%21人/28人中
感動75%21人/28人中
楽しい71%20人/28人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

地球(マンホーム)出身の水無灯里(みずなし あかり)は一人前の水先案内人(ウンディーネ)になることを目指し、AQUA(アクア)へやってきた。現在は先輩のアリシア・フローレンスと猫のアリア・ポコテン社長のいるARIAカンパニーで、半人前としてゴンドラ漕ぎと観光案内の練習をする日々を送っている。

ネオ・ヴェネツィアの優しい風景の中、成長していく灯里とその周りの人々の四季折々の生活を描く。

※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
作者:天野こずえ
掲載誌:月刊コミックブレイド2002年4月創刊号〜2008年4月号まで連載。
出版社:マッグガーデン
日本 開始日:2002/02/28(木) 月刊コミックブレイド 2002年4月号 / 終了日:2008/02/29 2008年4月号
174,604119108
最近の閲覧数
1241213131499511
15人の方がこの作品が漫画として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/01/12 / 最終変更者:永田 / その他更新者: みゆきちいいいいい / kunku / 管理人さん / ふぁい / 暁に吠え猛る獅子 / DONP / 孔明 / altema / SS / 提案者:ディンゴベイビー (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/05/20 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(80%) 普通:0(0%) 悪い:1(20%)] / プロバイダ: 4691 ホスト:4537 ブラウザ: 10319
【良い点】
絵が綺麗で引き込まれる、そして世界観が素晴らしい
キャラクターもとても良く何度見ても楽しめる

【悪い点】
一切無し

【総合評価】
とても素晴らしい作品

2018/05/24 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:766(65%) 普通:166(14%) 悪い:246(21%)] / プロバイダ: 17052 ホスト:17144 ブラウザ: 5505
【良い点】
・絵の綺麗さ。キメで出てくる一枚目は圧巻(後世にも影響与えてそうな代表作だと思う)
話が進むほど絵柄がカッチリして来る感じ
・緩やかながら季節や人間関係の移り変わりがあったり、少しSFな世界観を使ったイベント
を消化すると、綺麗事じゃない部分にも多少は突っ込んだりしている工夫
・積み重ねたものが効いて終盤には感動があって綺麗に終わる
【悪い点】
・合わない人にはただ退屈な作品という部分は否定出来ない
【総合評価】
癒し作品としても有名だがただ楽しい作品というよりは情緒を描いて読み終えると疲れ
が抜けてるという感覚。前作AQUAが合う人には名作でしかないってほどクオリティがどんどん
高まって行くので、前作を試し読みして合う人には是非推奨したい作品
評価は「最高」寄りの「とても良い」

2016/09/09 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:25(74%) 普通:1(3%) 悪い:8(24%)] / プロバイダ: 15145 ホスト:15149 ブラウザ: 10025
【良い点】
世界観



SF要素

【悪い点】
やはり退屈
話にひねりやワクワク感が無い

メッセージ性もあまり大したことない。

あいかとアリスの台詞が一々しつこい

作品への評価ではないが、単行本が固くめくりにくい。これじゃあ中々リラックスしながら読めません。。

【総合評価】
絵柄が華麗なだけで中身はほぼ空っぽな作品

2015/11/08 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:544(62%) 普通:137(16%) 悪い:193(22%)] / プロバイダ: 47101 ホスト:46879 ブラウザ: 5779
天野こずえさんの代表作「ARIA」。今年はテレビアニメ10周年ということで新エピソードを交えて映画化されてましたね。
テラフォーミングされ水の惑星になった火星「アクア」。
その観光都市であるネオヴェネツィアで一人前の水先案内人になろうとする水無灯里の物語です。

灯里が移ろいゆく四季の中、そして日常の中にある"素敵"を探していく内容でいわゆる癒し系漫画。
癒し系というと最近は可愛い女の子が百合百合してるみたいなのを指すみたいで(ごちうさとか?)ちょっと癒し系というと語弊があるかもしれないですね。
そういった話では無く、その素敵な世界観に浸るって感じでしょうか。
具体的に言うとこの漫画には嫌味な人物がまず登場せず、人間のドロドロした感じもほぼゼロ。
描かれている話も言いたいことが小難しいことがなく、なんてことないことですが、
忙しい日常のなかですっかり忘れてしまった大切なことを思い出させてくれるようなもので本当の意味での癒し系の作品だと思います。唐突なホラー回はいつもながら驚かされるんですけどね(笑)
SFテイストもありながら設定がしっかりしているため(というか物語の舞台ネオヴェネツィアは地球のヴェネツィアから建築物や風習を移転したものなので)実際にこういう世界があるんじゃないかと思わせるリアリティもあります。
ネオヴェネツィアを描いた風景の絵も綺麗でカラーになると作品の世界観が現れたような素敵な雰囲気を漂わせる色遣いです。
またサザエさん方式では無く、キチンと時間の流れは進んでおり、それに伴う変化や別れについても描いており灯里が一人前の水先案内人になるまでの物語としても成立していますね。

この作品の批判点としては「綺麗すぎる」という部分が挙げられます。
でもこの作品は基本的に灯里目線。彼女は嫌な部分よりも遥かに多くの素敵を見つけてしまうのでそういう作風になるのは仕方ないでしょうね。
でも灯里の友達・藍華目線の話になると割と人間のちょっと嫌な部分だったり、才能の限界だったりと割と暗い現実的な部分も描かれており、
そういった側面があることもキチンと描いてるからこそ素敵な出来事がより映えるんだろうなと思います。

いろいろ書きましたが、この作品はとても素晴らしい作品だと思います。
まぁ綺麗すぎて眩しすぎる世界観ではありますが、なんてことないお話でもこういう見方をすれば世界は素敵に見えることを灯里が教えてくれた気がします。

2015/03/15 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 36960 ホスト:36749 ブラウザ: 10122
【良い点】
何度でも読める
その度に新しい発見がある
【悪い点】
特に見当たらない
【総合評価】
文句無しの最高です

2015/01/05 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 45203 ホスト:45038 ブラウザ: 10902
【良い点】
まずは、やはり画力
作者さんの出している画集を買うとさらに感じるのですが、天野さんの描く水の描写、季節感の描写は本当に素晴らしいです。背景主役の人物画、みたいな感じでしょうか
さらにそれぞれのキャラの個性
どの登場人物もいい人ばかりで優しいのですが、その中でもそれぞれに個性がしっかりあって、それが織り成す物語は見ていてとても癒されます。
【悪い点】
私的にはないです。が、ゆったりとした本作の雰囲気に合わない方もいるとは思います。

【総合評価】
読み終えたとき、胸の中が温かいものでいっぱいになるような優しい漫画です。特に終盤はジーンとくるシーンの連続でした。是非、AQUAの方からお読みください

2013/02/02 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1622(52%) 普通:810(26%) 悪い:704(22%)] / プロバイダ: 14400 ホスト:14312 ブラウザ: 6172
水の惑星となった火星での日常を描いたファンタジー作品
美しい世界観、ゆったりとした生活模様、可愛らしいキャラクターなど
癒し系という言葉がピッタリとハマります

主人公が人との繋がりを通じて成長し、時にはちょっと不思議で幻想的な体験をしたり
喜びいっぱいの日常はファンタジーなのにわくわくするようなノスタルジーに溢れていました。
透明感のある美しさが最大限に引き出されている題材といえるでしょう

楽しい時間は過ぎ去っていくもので、だからこそ今を大切にしよう、という表現が物語を通じて出来ており
移り変わっていく儚さがあるからこそ、より美しい作品として私たちの心に残り続けるのだと思います

AQUAの続編という位置にあるマンガなので是非AQUAから読んで頂きたい
そうすることで最終話のあるシーンがより素晴らしいシーンとして受け止められます

2012/12/17 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:82(56%) 普通:10(7%) 悪い:54(37%)] / プロバイダ: 44111 ホスト:43948 ブラウザ: 11698
【良い点】
綺麗な風景などの絵
個性的なキャラクターたち
作品全体の雰囲気
キャラクターのセリフ
【悪い点】
ないです
【総合評価】
テラフォーミングした火星のネオヴェネチアという町で主人公が町のウィンディーネという観光ガイドになるために練習しながら、様々な人物と関わっていきます。
名前の通りイタリアのヴェネチアを真似て作っている町が舞台ですが、ジャガバターがあったり神社があったり、日本的な所もあります。

火星は地球のように四季があり、季節独特のイベントや季節の移り変わりを感じられ風景もがらっと変わります。
天野さんの風景の絵はとても綺麗で隅々まで見たいと思わせるほどです。

また、綺麗な絵だけでなく個性的なキャラクターたちも魅力です。
誰一人嫌なキャラクターはいません。動物のキャラは猫が多く、ウィンディーネの各会社の社長たちはみんな可愛いです。

また、キャラクターたちの日常を描いた作品なのであまりストーリーに起伏がなく、ハラハラドキトギはありませんが、一話完結で話の最後に美しい風景やオチがありすっきりしています。
日々の練習を通じて段々と成長していく主人公たちが一人前のウィンディーネになったときは感動しました。特にアリスの昇格試験は気に入っています。

成長の過程や季節ごとのイベントでのキャラクターたちのセリフにも注目してほしいと思います。キャラクターたちのセリフで、元気づけられたりしますし、普段は鼻につくようなセリフもアリアでは不思議と受け入れられましたね。

評価は勿論最高です。是非一度読んでほしい作品です。

2012/07/21 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(80%) 普通:0(0%) 悪い:1(20%)] / プロバイダ: 20814 ホスト:20626 ブラウザ: 10763
【良い点】
ストーリー、画力、キャラ、世界観すべて。

【悪い点】
特になし

【総合評価】
ほのぼのとした雰囲気で読むだけで和んでしまうような作品です。
画力は素晴らしく特に背景はすごく綺麗でした。
キャラは非常に個性が強く楽しませてくれました。
ただ、すごくほのぼのしているので読む人によっては退屈するかもしれない作品だと思います。
今までに出会ったほのぼの系漫画の中では一番良かったです。

[推薦数:2] 2012/07/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 27699 ホスト:27763 ブラウザ: 3458(携帯)
今でこそよく見かけるほのぼの系の漫画ですが、この作品はその中でもトップなんじゃないかと、個人的にはそう思っています。
本作について、あまり言及することはありませんし、必要ないかもしれません。多分、本作を読んだほとんどの方は、共通の思いを抱くでしょう。

一言で本作を表すと、優しい漫画です。

主人公の灯里を一としたキャラクターはメインもサブも含めて個性的で、とても優しい。背景の醸し出す幻想的な雰囲気、優しいエピソード。月並みな表現ですが、この漫画を読むと癒されます。
何故こんなにも癒されるのかというと、多分、この作品には僕達が羨み、望んでいる世界がそのまま映されているからではないでしょうか。

毎日仕事に励み、仲の良い同僚と切磋琢磨したり、他愛ない話に花を咲かせたり、出来た大人の先輩に導いてもらったり、感謝されたり、街に思い入れをもったり、なんてことはない他人ともすぐに仲良くなれる。

こういうのって、現代人の僕達がほとんど無くしてしまったものなんですよね。だから、この漫画を通してそういう、無くしてしまったものを思い出して、いいなって思えるんです。

一貫して起伏のないお話ばかりだし、キャラクターは綺麗事ともとれる科白をぽんぽん口にする。普段はそういうタイプの作品は受け付けないのですが、この作品に関してだけは例外でした。だから、一息つきたい、心にゆとりを持ちたいという方にお勧めします。
[共感]
2013/03/02 書いてあることのほとんど、とくに一言で表すと、の部分に共感しました by quiet

2012/04/24 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:120(59%) 普通:38(19%) 悪い:46(23%)] / プロバイダ: 45946 ホスト:46137 ブラウザ: 9461
【良い点】
灯里だけでなく藍華とアリスにも先輩にあたるキャラを配置した事、その先輩キャラが良き伴侶のような存在となりそれぞれの成長を描いた事、背景、ジブリのトトロを彷彿とさせるケットシーの存在、四季の季節感を巧みに織り交ぜたストーリー、現実世界のイタリアにあるヴェネチアをモデルとした舞台設定、アリア社長の被り物における数々のバリエーション、背景を置物ではなく舞台装置として活かした発想、エピソード22・26・33・37・42・44・47・48・50・51・53・55、カバー下、

【悪い点】
戦闘系が好きな人達には癒しやのんびりほのぼのが極端すぎて万人受けしずらい事、アリシアの引退(結婚ではなく)、3大妖精の年齢設定が若すぎる事あと2・3歳くらい年上の方がよかった気がします、

【総合評価】
まずARIAの1巻はAQUAの3巻です、そしてARIA12巻はAQUAの14巻なのです。エニックスお家騒動のせいで掲載雑誌が変わったからなのですが必ずAQUA1巻から見始めるべきだと思います。
そのくらいAQUAの1巻には非常に重要なエピ―ソードがあります(2巻は暁の初登場くらい)、ARIA12巻の最終話「エピソード60水の妖精」に繋がるAQUA「エピソード2水の惑星」・ARIAで後のケットシー関連へと繋がるケットシー初登場のAQUA「エピソード4猫の王国」・ARIA11巻「エピソード55黄昏時」へと繋がるAQUA「エピソード5希望の丘」などなどです。(←希望の丘は小説2弾の秋にも繋がっていきます。)
AQUA1巻を知っているか?知っていないか?で全然違ってしまうので、ARIA12巻を見ただけでは作品を把握しきったとは言えません。ですので必ずAQUAを先に見てからARIAを見るべきだと思います。

私は終盤などの現実的な話(エピソード26・41・44・48・51・小説2弾の秋)などは、私は描かれた方が良かったと思っています。何故なら4巻エピソード16でアリシアが「灯里ちゃんが素敵だから、この世界がみーんな素敵なのよ。」とか12巻エピソード58で「あなたが火星に来てくれてから私の世界は一変した、当たり前だった日常が世界の表情が素敵に輝いていった。」などの台詞を言っています。現実的な話を描く事によってそれらの台詞は、灯里が唯の合理化された地球出身の者だからではなく灯里自身の人間力だったという事が証明されていったからです。

この作品は2006年当時、秋葉原の某店にて紐でぶら下がっていた試し読みの本で初めて拝見したのですが、それがアリス初登場のエピソード11春一番でした。
当たり前の事なんですが漫画はアニメと違い音楽や声がありません。ですので私は今まで漫画で泣いた事はなかったのですが、 11巻のエピソード55黄昏時を見た時はアリスの人間的成長に感動で涙が出たものです。 個人的に好きな扉絵はエピソード22舟歌の時です。

あとエピソード60最終話でのあの台詞「ちょっと嬉しいだけだよ」、この台詞によってAQUAのエピソード2水先案内人にあるあのシーンとオーバーラップし、「灯里の物語」ではなく未来に永遠に続く「灯里達の物語」に変えた功績。終わる事で終わらない物語になった作品はかつてあったでしょうか。

2012/02/17 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:32(67%) 普通:0(0%) 悪い:16(33%)] / プロバイダ: 116 ホスト:250 ブラウザ: 10154
自分はアニメ見てから漫画の方を読みましたが、全然違和感なく楽しんで読めました。
画力、ストーリー、キャラ、どれもハイレベルで素晴らしかったです。
もっともっと見たくて、12巻では物足りないぐらいでした。
ARIAはアニメと漫画どちらの方が良いかと言われても選べないですね。

2012/02/16 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:129(82%) 普通:17(11%) 悪い:11(7%)] / プロバイダ: 2622 ホスト:2324 ブラウザ: 11787
いろんな意味で癒し系漫画。
肯定してくれたり、そっと足元を照らしてくれたり、優しさで包んでくれたり、
心の近くにきてくれる、親しみを持てる漫画。

【良い点】
上で書いたこと以外だと・・
単純に絵が見やすくてデフォルメキャラの描き方が上手い。
四季の描写とストーリーとの絡みが良く、心にも彩りを付けてくれるような作風が良い。
いろんな意味でキャラが可愛い。

【悪い点】
特になし。
粗捜しをする気にさせない何かもあると思う。

【総合評価】
キャラだったり、風景だったり、サブキャラだったり、ハートフルだったり、
癒し要素が多い、いろんな意味で癒し系漫画と言えると思う。
好きという感情も含めて、「最高」で。




良い子・良い話が多すぎてダメな人もいるかもしれません。
自分も、この世界には住めないかも・・・とは思います。
でも、一話完結なので世界に入り込める。とても読みやすい漫画だと思いましたね。
どちらかと言うとダークサイドな自分も、この作品を読むときは純粋な気持ちに染まっております。

2012/02/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2206(58%) 普通:772(20%) 悪い:858(22%)] / プロバイダ: 20089 ホスト:20180 ブラウザ: 7541
【良い点】
・まったりした雰囲気で、読んでいると凄く和む。
・アリア社長がかわいい。というか、みんな手抜き絵になるとかわいいですね。
・主人公の灯里が凄く優しいので、読んでいると優しい気持になる。
・世界観も、ベネチアの町の雰囲気を感じて凄く良い。SF設定にしたことで、なんだかキャラの服装とかも浮かない。

【悪い点】
・あまりない。

【総合評価】

読んでいると凄く和みます。
こういうのはまた萌え漫画とはまた違うんでしょうか。

2012/01/28 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:95(65%) 普通:13(9%) 悪い:38(26%)] / プロバイダ: 28512 ホスト:28640 ブラウザ: 10294
イヤー素晴らしい作品でしたね。
何が良いかってその独特で魅力的な世界観と、その中にいる個性的なキャラクター達ですね。

ネオヴェネチアという火星の水の都市が舞台なのですが、その舞台も現実的でありながらどこかファンタジーチックな世界であり、そこで起こる出来事は非常に幻想的でその世界に入って行きたくなってしまうほどでした。
天野先生の高い画力無しにこのような表現は出来なかったように感じます。
というか画力が凄まじいですね。
絵の安定具合に関しては漫画界でもトップクラスなのではないでしょうか。

キャラクターもお気楽で、全てを楽しんでいる主人公の灯里を初めとして、どんなことにも動じなくいつも笑顔でいるアリシアさん、強がっているものの弱いところも見える藍華など皆個性的で、毒の無いキャラなので安心して読めました。
デフォルメの目の描き方を一人一人変えているなど工夫も多くて面白かったですね。
ストーリーも平和な物で、ウンディーネを目指す主人公灯里達の日常、そして成長を上手く描いていると思いました。

最終回に関しても、日常という物は決して無くなる物ではなく次の世代でも繰り返されて行くということが描かれていて、つい涙が出てしまいそうでした。
幸せな事ってすぐ近くに転がっているんですね。
ロングパスな伏線の使い方も上手く、綺麗に終わっていて良かったですね。

つい何度も読み返してしまう作品です。

世界観、画力、キャラの全ての完成度が非常に高いので是非手に取ってもらいたいですね。

評価はもちろん最高で。

もっと読む

「【良い点】画力、キャラクターの誠実さ、嫌な部分が無い。【悪い点】ないです。【総合評価】水の都と言う設...」 by SWAN


次のページを読む

この評価板に投稿する



2019/05/20 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 4691 ホスト:4537 ブラウザ: 10319 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事ロマンチックな気分/可愛い/美しい 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 美少女キャラの(非)日常系アニメベスト5 by カイネル・ドゥ・ラファティ
... 1人と)大喧嘩や転校(予定)により、 一時は心底気まずくなりますが、それを発端に、 少女たちはひと夏のキセキを体験する・・そんなストーリーです。 OPは良かったですね。 下田へは、巡礼に訪れたことがございます。 参考までに6位〜10位をば。 6位:ラブライブシリーズ 7位:バンドリ 8位:ARIA 9位: ...
記事日時:2018/12/05
2. アニソン話(しっとり編) by rie-ru
... では以下紹介曲。 ●ウンディーネ/ 牧野由依【ARIA The ANIMATION OP】2005年 ●蜜の夜明け/新居昭乃【狼と香辛料II OP】2009年 ●Last regrets -acoustic version-/Lia【kanon OPカバー】2007年 おまけは説明通りアニソンのカバーです。 ではどうぞ。 ******** ●ウンディーネ/ 牧野由依 【ARIA The ANIMATION ...
記事日時:2018/09/30 [表示省略記事有(読む)]
3. 日常系アニメ私的ベスト15 by 竜巻回転
... この美術部には問題がある」に関しては宇佐美さんの可愛さが最高でした。 9位の「ご注文はうさぎですか?」から15位の「きんいろモザイク」まで一応順位は付けたが、 この辺りに関しては実際に付けた順位ほどは差が無くその時の気分にとって変わるって感じですかね。 それと今回のランクで「けいおん」「ひだまりスケッチ」「ARIA」辺りが ...
記事日時:2018/09/19
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:ARIA(アニメシリーズ)
関連作品
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ