[漫画]AKIRA(アキラ): 2005/06/01 傍観者


あきら / AKIRA
  • 格好良い
  • 友情
  • 面白い
RSS
漫画総合点=平均点x評価数268位8,943作品中総合点44 / 偏差値61.64
漫画平均点193位1,335作品中平均点1.83=とても良い/24評価
1982年漫画総合点3位73作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2005/06/01 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:42(58%) 普通:7(10%) 悪い:23(32%)] / プロバイダ: 23329 ホスト:23278 ブラウザ: 3875
日本漫画史に残る超大作。SF漫画ではこれを凌ぐ漫画は存在しないと言っても過言ではない。そしてこれからも。
宗教科学人間・・・・全てを題材にし、それを娯楽性の高いアクション漫画に仕立てた偉業はまさに奇蹟と言える。
絵の描写やキャラクターの心理描写が非常に緻密で『生きた人間生きた世界』が表現されている。
テンポも良く無駄なコマが無いので映画感覚で楽しむことができる。何度読んでも飽きない。
6巻の哲学色が濃くなり過ぎてややトーンダウンしてしまったことを除けば、欠点らしい欠点が見当たらない。
個人的に1〜5巻までが純粋にアクション漫画として楽しめる範囲。

この漫画の主人公の金田は典型的な熱血タイプの主人公でしたね。昔はこの金田の無鉄砲な性格に憧れたりしましたね。
子供の頃はグロイ描写がトラウマになってこの漫画は長い間読み返そうとはしませんでした。映画版も同様で、
鉄雄が肉塊になっていくシーンがトラウマになり本作は本当に苦手でした。
6巻の巻末に手塚治虫の名が紹介されていたのは驚きでしたね。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ