[漫画]よろこびのうた


Yorokobi no Uta
RSS
漫画総合点=平均点x評価数4,593位8,762作品中総合点1 / 偏差値48.88
2016年漫画総合点54位197作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

田園地帯の火葬場から老夫婦の白骨化した焼死体が発見された。警察は「介護の末の心中」と結論付ける。
半年後、取材のために訪れた1人の雑誌記者が事件の闇に踏み込んでしまう――限界集落、虐待、認知症、老老介護……。

白日に晒すでなく、闇に葬るでなく、この国の現在を月が照らすように優しく映す、ウチヤマユージのリアル×フィクション
著者:ウチヤマユージ
出版社:講談社
日本 開始日:2016/02/23(火) イブニング 2016年6号 / 終了日:2016/07/12 2016年15号
公式サイト
1. http://evening.moae.jp/lineup/599
93711
最近の閲覧数
2000200001
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/12/12 / 最終変更者:かぷ / 提案者:かぷ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/01/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1654(52%) 普通:820(26%) 悪い:716(22%)] / プロバイダ: 11532 ホスト:11426 ブラウザ: 8595
老老介護、自殺、虐待、限界集落。どれもこの国の現実となっている社会問題ですが
そんな目を背けたくなる"イヤな要素"をかき集めることで起こってしまった一つの事件が語られていました

事件模様としては、やるせない事件だった。という表現が的確だとおもうけど、それを過剰に演出するのではなく
じわじわと不気味さが伝わってくるように構成されていて、ある記者が、悲劇だとおもわれていた事件を追っている内に
その真実を知っていく。という形が読者を漫画へと引き込むための手法として、とても優れていると感じました

あとはこれらのテーマに対しての作者の答えや考えみたいなものを含めることができれば
より良くなったかもしれません。評価は【良い】とさせていただきましょう

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ