[漫画]世にも奇妙な漫☆画太郎


よにもきみょうなまんえふがたろう / Yo nimo Kimyou na Man F Gataro
  • 怖い
  • びっくり
  • 楽しい
  • 面白い
  • 可笑しく笑える
RSS
注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:世にも奇妙な漫☆画太郎
漫画総合点=平均点x評価数8,807位9,305作品中総合点-5 / 偏差値47.10
漫画平均点1,066位1,330作品中平均点-0.42=普通/12評価
2006年漫画総合点364位398作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
ストーリー0.33(普通)3
キャラ・設定0.00(普通)3
画力-1.00(悪い)3
怖い67%2人/3人中
びっくり67%2人/3人中
楽しい67%2人/3人中
面白い67%2人/3人中
可笑しく笑える67%2人/3人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

先行き不明、予測不能、暴走漫画兵器!!奇天烈オムニバスコミック!!
著者:漫☆画太郎
掲載:ビジネスジャンプ2007年1号より連載。
版元:集英社
日本 開始日:2006/12/01(金) ビジネスジャンプ 2007年1月号 / 終了日:2009
公式サイト
1. http://bj.shueisha.co.jp/manga/y_gatarou/index.html
20,3021212
最近の閲覧数
221102150000
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/01/18 / 最終変更者:みゆきちいいいいい / その他更新者: 宇宙刑事ジャンギャバン / 提案者:羽幌炭鉱 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/03/20 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(50%) 普通:1(25%) 悪い:1(25%)] / プロバイダ: 20999 ホスト:20801 ブラウザ: 12538
本作『夜にも奇妙な漫☆画太郎』は『地獄甲子園』でもお馴染みの画太郎(以下:画太郎氏)が描く短編集である。
俺は十代半ばの頃に作者(画太郎氏)の代表作というべき『地獄甲子園』を読んで、作者の十八番である下品+あまりにもバカバカしいギャグに大笑いをし、気付けば「画太郎の他の作品も読んでみたい」と、思った。
そして、この短編集を読んだ訳であるが(短編集を)読んだ当初は『地獄甲子園』を初めて読んだ時の様に大笑いをした。
しかし、最近になって(短編集を)読み返してみると以前の様に笑えなかった。
(読み返したのが、俺自身が十代の小僧でなく大人になってからということまたも関係しているのかも知れないが)画太郎氏のギャグに対して、
「この人は何でこんな品のないギャグを描き続けるのか?」
と、軽蔑的な感情を抱いてしまった。
画太郎氏が読者に見せるギャグというのは、読者によっては一発で拒絶されても異存がないほど下品なのだ。
短編集の本編に登場するキャラは男女は(意味もなく)全裸だったり、汚物及びわいせつな表現も多く、物語の終盤でキャラを大型トラックで轢いて肉体破壊という形の殺人表現も多く載っている。
画太郎氏のギャグは(作者のギャグのスタイルに対して)苦手意識や軽蔑意識を抱いていない読者であれば笑えるのであろうが、上記に上げた表現に対して苦手意識を抱いている読者であったら(作者のギャグは)笑えず、画太郎氏に対して軽蔑的な感情を抱いてしまうだろう。
とどのつまり、画太郎氏の作品というのは読み手次第では受ける・受けないの
差は大きく、そして(これはあくまで俺個人の意見及び見方に過ぎないが)万人受けはしないだろう。
とはいえ、画太郎氏の描く読み手に対して百パーセント軽蔑的な感情を抱かれるか、と言えばその答えはノーだ。
画太郎氏のギャグは確かに品がない。これは否めない。
しかし、画太郎氏のギャグというのは違う角度から見ると(あくまで俺個人の意見になるが)画太郎氏のギャグには理屈等の小難しいものは一切ないのだ。
画太郎氏のギャグのスタイルは下品ながらも、(良くも悪くも)とにかくバカバカしいギャグなのである。
これはあくまで俺個人の意見及び見方に過ぎないことだか、(タイトル名は挙げないが)過剰なほど暴力的で度の越えたグロテスク表現を売りにした漫画を読むのであれば、画太郎氏の作品を読んだ方がいい。
ただ、人から「何か面白い漫画はある?」と聞かれても、画太郎氏の作品を挙げるのは止した方がいい。
仮に(誤って)画太郎氏の作品を挙げてしまったら軽蔑される可能性は高い。
しかし、画太郎氏の作品は『地獄甲子園』やこの短編集を含めて何の理屈を抜きにして楽しめる作品であることは良い点である。

2018/01/07 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:286(94%) 普通:19(6%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 4414 ホスト:4446 ブラウザ: 5819
【良い点】
・コピー、ババア、ウ○コ、バイオレンス、グロ、下ネタ、例のモブキャラ、たまに登場する美少女キャラ、トラックオチ等の画太郎先生ならではのテンプレ全開の基本一話完結型のオムニバスストーリーである点(今はなきビジネスジャンプという青年誌で連載されていただけあってババア、ウ○コ、下ネタ分が強めです)。
・↑で挙げた画太郎先生ならではのテンプレがこれでもかという程出ているだけあって画太郎先生の一つの集大成というべき漫画である点。
・基本一話完結型のオムニバスストーリーだけあってグダグダになる事なく読める事が出来た点。
・短編集「画太郎先生ありがとう」に収録されている短編「ババアゾーン」がこの漫画で再登場した点。

【悪い点】
・【良い点】で挙げたように画太郎先生のテンプレ全開(特にババア、ウ○コ、下ネタ分が強め)なだけあって人によっては好き嫌いが分かれると思われる点。
・ビジネスジャンプ掲載時と単行本収録時でオチが異なっていたり(というかビジネスジャンプ掲載時のオチに例のトラックオチを付け足しただけのパターンが多い)単行本収録時には登場人物の顔が何故か例のモブキャラに差し替えられていたりしていた所が賛否両論に思えました。
・単行本に収録されていない話が何話かあった点(その単行本に収録されていない話全ては秋田書店にて発売された短編集「画太郎先生だぁ〜い好き」に収録されたのですが、そんな手間のかかる事をしなくてもよかったのにと思いました)。

【総合評価】
この漫画は画太郎先生の連載では珍しいといって良い程基本的に一話完結型(たまに2〜4話完結のパターンもある)というオムニバスストーリーになっていて、いつもは途中でグダグダして最後は打ち切りという形で終わってしまうというパターンが多かった画太郎先生の連載でしたが今回の一話完結型のオムニバスストーリーのお陰で最後までグダグダになる事無く読める事が出来たのが良かったです。
今回もコピー、ババア、ウ○コ、バイオレンス、グロ、下ネタ、例のモブキャラ、たまに登場する美少女キャラ、トラックオチ等といった画太郎先生ならではのテンプレが光っていましたが、今までのテンプレが総出動している所からして画太郎先生の集大成ともいえる連載でもありましたね。
画太郎先生のファンなら絶対必読と言ってもいい位にこの漫画は非常に読み応えがあるのですが、ビジネスジャンプ掲載時と単行本収録時のオチが異なっていたり単行本収録時に登場人物の顔が何故か例のモブキャラに差し替えられていたり(単行本の表紙の背景に貼り付けられているこの漫画のイラストの中で差し替えられる前の顔が含まれています)といったところが賛否両論に思えましたので評価は「とても良い」です。

2016/02/08 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:89(59%) 普通:29(19%) 悪い:32(21%)] / プロバイダ: 5637 ホスト:5768 ブラウザ: 5710
蛇蝎のように忌み嫌う人が多い一方、この作者の存在なくして日本の漫画界を語ることはできない、と言う人もいるであろう鬼才、漫画太郎氏(以下敬称略)の作品

長編になると途中で投げ出すことが多いので短編向きとは本人の弁だが、本作は一話読みきり方式で持ち味の短編を活かしながら、割と長めに続いた。

といっても画太郎の作品なので、他の多くの作品と同じような、勢いだけはあるが、支離滅裂、ナンセンス、下品、タブー無視という、普通の感覚からはすべてマイナス評価になるもののオンパレード。そして、それこそが画太郎作品を評価たらしめている、という他の漫画家にはとても真似できないポジションに繋がっている。

最初に記したように、好き嫌いが極端に分かれるので、嫌いな人はまず読まないし、面白いと思う人は、あまりのくだらなさに「これはひどい」と思いつつ笑ってしまう。本作も同様だが、10回くらいに渡って、全ての回で同じオチを連続して使った(階段から転げ落ちてトラックに轢かれる、という通称トラックオチ)のにはさすがに度肝を抜かれる。

毎回同じ主人公が、毎回のように最後、何の脈絡もなく階段を転げ落ちて、そこにやってきた大型トラックに轢かれて死亡する、などというオチはまずこの人くらいしか思いつかないが、思いついたのと実行するのでは天と地の違いがあり、それを実行する画太郎も画太郎だが、すべて通してしまう編集も大したものである。

大きな声で「この作品は凄い」と言えるのは間違いないが、だから万人にお勧めする、とはとても言えない、読みたい人だけが読んで笑えばいい、そんな作品である。

2012/01/29 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:213(89%) 普通:2(1%) 悪い:23(10%)] / プロバイダ: 29382 ホスト:29414 ブラウザ: 6652(携帯)
この漫画は、グロテスクギャグコメディーの1つ、だが、「世にも奇妙な」って言ったらテレビの「世〇も〇妙な〇語」しか浮かばないモノでしたね。

2010/07/11 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:161(55%) 普通:11(4%) 悪い:121(41%)] / プロバイダ: 3196 ホスト:3180 ブラウザ: 9224
【良い点】
まぁ,入力した番号にタイムスリップできるケータイといった発想がよかったぐらいですね・・・

【悪い点】
①絵が非常に汚い。というか今までと比べて全く上達してない。

②汚物ネタが多すぎ

③残酷描写が最悪
>>鈍器で人を殴ったり,刃物で人を襲ったりといった描写が受け付けられませんでした。
ここではいえないくらいのグロい描写もありましたし・・・
汚い絵のおかげで余計酷く感じられました。
こういう犯罪が多発しているこの時代にギャグとして描くのはどうかと・・・

④無意味な裸描写

⑤最後の挨拶のコメントが不愉快

【総合評価】
「珍遊記」や「地獄甲子園」も読める代物ではなかったが,これも受け付けられませんでした。
評価は「最悪」とします・・・はい。

2010/05/20 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 26803 ホスト:26919 ブラウザ: 7350
【良い点】
・笑えるギャグもそれなりにある。
・あんな汚い画風で突き通しているところ。ここまで来ると凄い。

【悪い点】
・やっぱり絵が・・・汚すぎる!自分的にあまり受け付けられる物じゃない。
・汚物や残酷描写など、食事前や食後に読んだら吐き気がしそうなネタ。
・そもそもこの作品そのものが読む人を選ぶ。

【総合評価】
世の中にはこういう漫画もあるんだな、と実感させられた作品。
どうも自分的に受け付けない画風やネタが目立っていますが、少しながらも面白さはあったので「とても悪い」に留めておきます。

[推薦数:1] 2010/05/19 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:365(55%) 普通:0(0%) 悪い:295(45%)] / プロバイダ: 53383 ホスト:53342 ブラウザ: 6770
【良い点】
一話完結で「品の無い作風」を全てに貫き通している事はある意味お見事かもしれません。
良くも悪くも。

【悪い点】
無意味な裸の描写、残酷な描写、汚い表現は正直な所、私にとっては致命的にダメでした。
画力の低さが更に追い討ちをかけていましたね。

【総合評価】

この漫画は、基本的に一話完結の内容でした。

それでも、私はどの内容も全く好きになれませんでしたね。

登場人物達が無意味に裸で登場して暴れまわったり、
ハンマー等の鈍器で人を殴ったり刃物で人を襲ったりする等の残酷な描写があり、
人が無残に死んだりする等の描写があったり、と・・・・

この作中ではそれがギャグなのでしょうが、私としては何一つ楽しむ事が出来ませんでした。単に「汚い」「品性が無さ過ぎる」というイメージが終始ついて回っていたように思えます。

又、列車の脱線事故をネタにした話は、本当に気分が悪くなりました。かつてこういった感じの悲惨な事故があったにも関わらず、それをこういう事に使うというのは何事だ。と思い、怒りを感じました。

そして何よりも、極めつけは、最後の挨拶(?)で、「つまらなかった?もう二度と・・・」といった感じの読者への「暴言」とも思える発言。あれは一番悪いと思います。
読者への敬意が全く感じられません。これも不愉快でしたね。相当。

よって評価は、文句無し、問答無用で、「最悪」にします。

2010/03/11 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 8625 ホスト:8737 ブラウザ: 6405
漫☆画太郎がビジネスジャンプで連載したギャグ漫画ですね。今までの連載とは異なり基本的に一話完結になってます。まあ、ストーリーものをやろうとするといつもグダグダになってしまうので賢明であったと言えますが。

しかし、「地獄甲子園」の外道高校の伽羅を使いまわしたり、イケメンの顔を使いまわしたり、挙句には「笑ウせぇるすまん」の真似をしたり、相変わらずやる気のない作品作りで微塵も楽しめませんでした。

2010/03/11 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:111(50%) 普通:0(0%) 悪い:113(50%)] / プロバイダ: 1777 ホスト:1559 ブラウザ: 5873
所々、画太郎らしくも面白いと思える話もあり、全てが全て駄目だとは言いません。
しかし、老若男女を問わない無意味な露出シーン、コピーの多用と連発、
無理矢理虐殺で締めくくるオチ、安易な強姦のシーン等を連発するだけの
ワンパターンさには呆れてしまい、漫☆画太郎の作風を知っている私でさえも
「それしか出来ないの?」としか思えないようになりました。
これらの要素は連載が進めば進む程悪化するようになっており、
最初の内は入力した年代にタイムスリップできる携帯電話の話や、
ある学校の歴代いじめられっ子達がいじめの無い星に行く為にUFOを呼び出そうとする話、
老夫婦の家に植わっている柿の木が原因して隣人と騒動になるものの
実はそれらは柿の木が老夫婦を助けようとして起こした騒動だった話等、
画太郎らしさこそあるものの、話そのものは面白かったのですが、
次第に脈略の無い露出やあざとい強姦が目立つようになり、挙句の果てには
事実上、それらの要素でしか構成されていない話もありました。

初期の良さを評価して、総合評価は「とても悪い」とさせていただきます。

2009/02/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:70(66%) 普通:17(16%) 悪い:19(18%)] / プロバイダ: 24786 ホスト:25035 ブラウザ: 4926
【良い点】グロいが、なぜか笑える内容です。意味のない全裸や白ブリーフ姿はウケます。

【悪い点】好き嫌いがはっきりでる画風。

【総合評価】こういう1話完結ものの方が画太郎先生には合っていると思います。

2008/05/17 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:382(35%) 普通:210(19%) 悪い:500(46%)] / プロバイダ: 12956 ホスト:12860 ブラウザ: 7312(携帯)
不細工極まりないキャラ絵、内容はエロ、グロ、下ネタの三拍子。
だが余りにもそれを突き抜けて通しているため逆にとても清々しい。故に全く嫌悪感は感じない。これ程までの異端な才能(無論褒め言葉)を持つ漫画家が他に存在するのだろうか?答えは恐らく「NO」だろう…
キャラクターはそこに存在しているだけで笑える。可愛い女の子も出て来るが美男子キャラは量産型のコンパチ(笑)パクリは嫌う人も多い様だが、画太郎作品に限った事ではないがパクられるという事はその作品がそれだけインパクトや人気が高い、という事でもあると思うので悪い点ばかりではないと思う。自分は好きなアニメのパロディとか見つけたら嬉し笑いしてしまうくらいだから(苦笑)
脱線してしまったが作品の感想を…引っ越しババアをパクったクソババアとクリスマスのホテルでダンスを披露する四人の男の話がくだらなさすぎて爆笑した(笑)あのVサインの呪いの話は「地獄少女 二籠」第13話のパクリですか?

2007/11/20 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4022(33%) 普通:4348(35%) 悪い:3884(32%)] / プロバイダ: 9083 ホスト:9162 ブラウザ: 4184
画太郎先生は個人的に嫌いではないけど、これも思ったより面白いです。

【良い点】

①とにかく「汚い」絵!!

一見「絵が汚いのが何で長所なんだ?」と突っ込まれるかもしれませんが、
いやいや、彼にとって、「絵が汚い」というのは、マサル・ハマグチェwや
若槻千夏ちゃんの「バカ」同様、立派な褒め言葉だと思います。ここまで
汚いとある意味清清しさが感じられるというか、あのモンキー・パンチ大先生の
傑作、「MUSASHIGUN道」の作画同様、一種の芸術だと思うのです。

②風刺の効いたストーリー

例えば、今週の話はゲームに夢中になるあまり、プレイヤーキャラの死亡と同時に
主人公も仮死状態に陥り、そうした病気を防ぐ為に実在の人間がいつの間に
ゲームのドットの姿になってしまったという話でしたが、ファミコンへの熱中と
いう事自体は少々古臭いながらも、その全盛期をリアルタイムで経験してきた
画太郎先生だからこそ描けた話というべきか、凄いシュールで普通に笑えましたな。
ストーリー運びとか安定していると思います。

【悪い点】

・惜しいタイトル名

ジャンギャバンさんが仰られたように「世にも奇妙な」ではなく、
もう少し捻ったタイトル名を考えていただきたかったですね。
ソコン所が惜しいです。

【総合評価】

画太郎先生の最近の作品も、流石に「珍入社員金太郎」は悪ふざけすぎ
だろうと思いましたが、良くも悪くも(?)、彼は絵画ではゴッホやピカソ、
文学ではランボーや太宰治等に相当する、異形の天才作家では
ないかと思います。何よりも絵をただ、「汚い」と思わせるのではなく、
「これも一種の芸術なんだ!!」と読者に割り切らせるパワーは素晴らしいですな。
それだけにこれは、タイトル名だけが惜しい点です。それがなければ、
「最高!」評価でも良かったのですが・・・・・・・・・・・・・
まあ、1ランクダウンの「とても良い」で。

この評価板に投稿する


2018/02/09 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 40837 ホスト:40684 ブラウザ: 10902
もう何年連載続けてるんでしょうねこの作者……

もっと読む

「画太郎先生の今までのテンプレが勢ぞろいの画太郎先生の集大成ともいえる基本一話完結型のオムニバスストー...」 by ゴーグル侍


次のページを読む
2018/01/07 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 4414 ホスト:4446 ブラウザ: 5819 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事可笑しく笑える/楽しい/面白い/可愛い/怖い/びっくり/考えさせられた/道徳心&モラル 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. 5/28漫画レビュー(らいか、まるた、タフ外伝、王子、アシガール) by ゴーグル侍
... なんてコメントしたらいいのか分からん(笑)つーか、確かに太郎先生にとって深い繋がりはあるのですがだからと言って堂々とTENGAの新商品を宣伝すん(爆笑) 次回配信日は6月11日で、待望となる単行本2巻は来週6月4日発売です!今回も紙のコミックス限定で特製レインボー☆言霊シールが付いてきます! 「世にも奇妙太郎」 ...
記事日時:2018/05/28 [表示省略記事有(読む)]
2. 太郎先生だぁ〜い好き(※本のタイトル) by エスパー
... そいつぶっ殺したらホルマリン漬け状態にされていた少女を見かけたよ。 「なんだ…てめえの仕業だったのか…」 これもホラーだ。ていうかお隣さんが犯人だったとか十分恐ろしかったんじゃなかろうか。 しかしヒロインの最後の反応がなんていうか、まさに外道だよこれ。 平成浦島太郎 これ既視感があると思ったら世にも奇妙太郎の ...
記事日時:2009/10/21 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:世にも奇妙な漫☆画太郎
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ