[漫画]ウルトラファイト番外地


うるとらふぁいとばんがいち / ULTRA FIGHT BANGAICHI
RSS
漫画総合点=平均点x評価数3,043位8,708作品中総合点2 / 偏差値49.17
2004年漫画総合点110位318作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.00(良い)1
画力1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
可愛い100%1人/1人中
楽しい100%1人/1人中
面白い100%1人/1人中
可笑しく笑える100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

怪獣ブーム全盛期に現れた、ストーリーもなく使い古しの着ぐるみで撮影された奇跡の作品「ウルトラファイト」。
初のコミック化に挑むのは、「犬ガンダム」の唐沢なをき。

シュールで愉快でクセになる不条理ギャグ!!
監修:円谷プロダクション
著者:唐沢なをき
出版社:角川書店
日本 開始日:2004/08/01(日) 特撮エース No.004(2004年8月号) / 終了日:2006/01/01 No.016
4,24433
最近の閲覧数
1000012022
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/11/01 / 最終変更者:伏魔の剣 / その他更新者: TCC / 提案者:宇宙刑事ジャンギャバン (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/11/30 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:81(58%) 普通:16(12%) 悪い:42(30%)] / プロバイダ: 16289 ホスト:16404 ブラウザ: 10229
【良い点】

●「ウルトラファイト」を適度に再現


【悪い点】

●丸々再現とはいかないので人によっては満足いかないかも…

【総合評価】

第二次怪獣ブームの火付け役となった超低予算特撮『ウルトラファイト』を、唐沢なをき先生がコミカライズした作品です。


最大の特徴は既存の映像にプロレス風を解説を備えた「焼き抜き編」…ではなく、ウルトラセブンと怪獣達が泥塗れで殴り合う「新撮影編」を再現している事でしょう。

そのこだわりは着ぐるみの描写にすら及んでおり、塗装がなく首が黒いセブンから経年劣化の著しいテレスドンまで、そのクタクタ具合が入念な描き込みもあって分かりやすく表されていました。
当然着ぐるみなので表情が乏しい訳ですが、ナレーションの多彩な表現力も再現されている為 怪獣達の喜怒哀楽が分かり易く伝わって来ました。

筋立てはどれもオリジナルですが、拾い物の奪い合いや些細なすれ違いで喧嘩が始まっていく等「ウルトラファイト」っぽい行き当たりばったり感が良く出ていました。
流石に本家の不条理さ(ストーリーやオチすら存在しないレベル)を漫画で表現するのは難しかったそうで、気象や世情といった時事ネタも絡めていましたが それが逆に独特のユルさと世界観を醸し出していました。
その他本家では掛け合う事の無かった怪獣が寸劇を繰り広げる回もあるので、本家と見比べて見ると面白いでしょう。


以上の通りある程度取捨選択の上でウルトラファイトの世界が再現されており、ファイトらしさを感じない方もいるでしょうが
作者の愛情は間違いなく伝わって来るし、緩々と読み和やかになる事も出来るでしょう。

【総合評価】は【良い】と致します。
拙文読んでいただき有難うございました。

2007/09/22 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:361(59%) 普通:100(16%) 悪い:148(24%)] / プロバイダ: 40763 ホスト:40597 ブラウザ: 5234
着ぐるみのくたびれ具合、ナレーションの無責任ぶり、ストーリーすら存在しない不条理加減など、
あの『ウルトラファイト』の世界が完全に再現されているのは凄い。
それに漫画という事もあるのでしょうか実際の映像よりも大幅に見易くなっているのも嬉しい。

現代的なペーソスも効いており、頭が痛くなる事も無くそこそこ楽しめました。

2007/09/22 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 40811 ホスト:40676 ブラウザ: 6213
第二次ウルトラブームの下地を作った伝説の低予算番組「ウルトラファイト」の漫画版ですな。

ウルトラセブンを中心に、アギラ、イカルス星人、エレキングと言った怪獣達が和気藹々と激闘を繰り広げております。

それにつけても・・・アギラのセブンに対する忠誠心の厚さは感涙物ですな実際問題として。何故ああも犬のように忠実に尽くせるのだ。

「ウルトラセブン」本編ではウィンダムやミクラスの陰に隠れいまいち地味な存在だった彼が、こうも目立つ存在になるとはねえ。

あと、バルタンの姑息さも印象的でした。いやいや、にんともかんとも。

この評価板に投稿する



2016/11/07 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 44658 ホスト:44513 ブラウザ: 10229 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事可笑しく笑える/楽しい/面白い/可愛い 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ