[漫画]This Man その顔を見た者には死を


でぃすまん そのかおをみたもにはしを / This Man sono Kao wo Mita Mono Niha shi wo
RSS
漫画総合点=平均点x評価数7,667位8,917作品中総合点-2 / 偏差値47.98
2018年漫画総合点102位125作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
原作:花林ソラ
作画:恵広史
出版社:講談社
日本 開始日:2018/04/25(水) 週刊少年マガジン 21・22合併号
52522
最近の閲覧数
12021417360
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/09/15 / 最終変更者:十傑集 / 提案者:かぷ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/10/14 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:1(100%)] / プロバイダ: 2278 ホスト:2423 ブラウザ: 8800
【良い点】
絵柄は綺麗、this manのおぞましさが良い。

【悪い点】
・主人公がチャラい(髪型が悪い)やさ男で全く警官に見えない。というより成人男性に見えない。
・ロリコン的なお色気シーンが不要。気持ちが悪い。
・ご都合主義。内輪揉め。

冒頭は面白かったが、一巻後半から既に失速。残念。

2019/09/15 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2263(50%) 普通:1136(25%) 悪い:1137(25%)] / プロバイダ: 428 ホスト:78 ブラウザ: 9181
「BLOODY MONDAY」や「ACMA:GAME」といったヒット作を手掛けてきた恵広史氏の新作。
(毎回、異なる原作者と組んでいるので本人がどの程度、ストーリーに関与しているかは不明だが)
過去作品の主人公が知性主体だったのに対して本作の天野斗は武道に優れた行動派の主人公となり
都市伝説的な怪事件に巻き込まれ行く、キャラよりもストーリーを重視した新たな方向性を模索していた事はうかがえました。

しかし過去作品に比べて短命に終わった上、黒幕であったKODAMAが序盤には最初の犠牲者である兄を本気で悼んでいる描写、
KODAMAに対抗するスキルを持った内山なる助っ人が終盤になって都合よく参加してくる等、
全体の構成をどの程度、練っていたのかは疑問。
死んだと思われていた主人公の双子の兄などは最初からストーリーに組み込むつもりであったのだろうが、
主人公の恋人であった三上は扱いが中途半端だったり
(作者は過去作品から見てもヒロインの星子や菊池のような黒髪キャラが好きなんだろうなぁ…)
キャラ中心に設定をある程度まで決めて、インパクトの強い事件を連発しつつ多分に見切り発車だった感がある。

追い詰められたKODAMAが真相を語るシーンは作品自体に対する言い訳がましく
小物化していく彼のキャラが悪役として全く魅力的ではない事は作者も自覚しているのか筆のノリが悪い。
中盤まで人間離れした身体能力を発揮していたディスマンとのタイマンバトルも生き別れの兄弟対決を強調した事で無理があり
そもそもディスマンの正体を知るKODAMAが双子の弟である主人公をモブと侮っている等、
後に行く程に全体のチグハグ感も目立っていきました。

評価は「悪い」で。

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ