[漫画]第九の波濤


だいくのはとう / The Ninth Wave
RSS
漫画総合点=平均点x評価数5,002位8,755作品中総合点1 / 偏差値48.86
2017年漫画総合点44位191作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.00(とても良い)1
画力1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
友情100%1人/1人中
びっくり100%1人/1人中
勉強になった100%1人/1人中
感動100%1人/1人中
面白い100%1人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

海に佇む少女との出会いが、運命を変えた。無限の海に拡がる夢を追いかけて…大学の「水産学部」を舞台に、若者達の青春が始まる!!
都会っ子、長崎へ。海洋浪漫キャンパス・デイズ!
著者:草場道輝
出版社:小学館
日本 開始日:2017/04/19(水) 週刊少年サンデー 2017年21号
公式サイト
1. http://websunday.net/rensai/dai9nohato/
1,13011
最近の閲覧数
633342001000
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2017/05/11 / 最終変更者:伏魔の剣 / 提案者:かぷ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/06/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2217(50%) 普通:1112(25%) 悪い:1113(25%)] / プロバイダ: 17585 ホスト:17853 ブラウザ: 5173
【良い点】
水産系大学のマニアックな学科やクラブ活動の描写。
綿密な取材に基づいた内容をコミック媒体として説教臭くならないように描く安定感はベテラン漫画家の手腕で
勉強になる上に面白く、それらを通じての主人公・湊の成長や友人達の個性の描き方も好感が持てる。

【悪い点】
湊が一年で水産学部に順応出来たのは父親の血筋という設定を持ちだし譲歩せざるを得ない部分でリアリティに弱い面はある。

ヒロインである凪子パートの比重が少ない。

【総合評価】
連載開始から既に二年、安定した内容ながら誰も評価していない(笑)ので書いてみます。
実際、掲載されている少年サンデーにおいて中堅ポジションを担ってはいるものの
主人公がメインターゲット層から離れた大学生、それも少年漫画的タッチの「あおざくら」に比べると地味。
作者の草場道輝氏は20世紀に同誌でヒットした後に一時期、青年誌に移っていた所を
編集部側の事情で呼び戻された感がある(実際、本作は青年誌掲載の方が違和感が無い)。
ただ似たような境遇の他の漫画家作品が諸々の事情で打ち切りや休載という中での健闘は大いに評価出来ます。

健闘の最大の要因は主人公の等身大キャラとそこからの成長の描き方。
「スマホを手放せない」「憧れの女の子にお近づきになりたいという、しょうもない(一応、褒め言葉)動機の進学」
という部分に読者は親近感が抱けただろうし、成長してもスマホの活用や凪子への好意という部分はブレが無い。
逆にヒロインの凪子は喧嘩した同級生のスマホを海に投げ捨てる等、男勝りが昔堅気な描き方ですが
我が強く協調性に欠けた性格から東京のキャンパスライフで行き詰り気味。
大学一年目終了時に再会した時には両者の関係が大きくしている様と読者層の価値観を否定するような描き方でないのが上手い。

と言っても即、凪子が湊を追いかける逆展開になる訳では無く四年間の大学生活で
主役やヒロインの成長と関係の変化をじっくり描いていく構想らしく今後も期待できる内容。
現時点評価は「とても良い」よりの「良い」で。

この評価板に投稿する



2019/06/13 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 16213 ホスト:16147 ブラウザ: 10414 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/友情/面白い/びっくり/勉強になった 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像良い(+1 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ