[漫画]ドラゴンクエスト-ダイの大冒険


どらごんくえすとだいのだいぼうけん / The Adventure of Dai Dragon Quest
  • 友情
  • 感動
  • 熱血
  • 勇気貰った
  • 格好良い
  • 面白い
  • 涙流した
RSS
注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:ドラゴンクエスト ダイの大冒険(映画版)
漫画総合点=平均点x評価数29位8,621作品中総合点244 / 偏差値120.29
漫画平均点243位1,317作品中平均点1.73=とても良い/141評価
1989年漫画総合点2位130作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.90(とても良い)21
ストーリー1.90(とても良い)21
画力1.10(良い)21
友情90%19人/21人中
感動76%16人/21人中
熱血71%15人/21人中
勇気貰った57%12人/21人中
格好良い57%12人/21人中
もっと見る
属性投票する
原作:三条陸
監修:堀井雄二
漫画:稲田浩司
掲載:週刊少年ジャンプ1989年45号より1996年52号まで連載。
日本 開始日:1989 / 終了日:1996
144,268176141
最近の閲覧数
19559927712
7人の方がこの作品が漫画として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/01/09 / 最終変更者:永田 / その他更新者: coffeemilk / 羽幌炭鉱 / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/10/14 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(75%) 普通:0(0%) 悪い:1(25%)] / プロバイダ: 14333 ホスト:14345 ブラウザ: 10218
【良い点】
とにかく面白い、子供の頃に読んではまり、大人になって買い直ししましたが、やはり面白い、面白いとこありすぎて書ききれないと思います

【悪い点】
ちと強さのバランスが難しいのかなと思います

【総合評価】最高っす!!!!一度わ読んで欲しい作品です

2018/08/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:42(58%) 普通:14(19%) 悪い:16(22%)] / プロバイダ: 2341 ホスト:2506 ブラウザ: 8321
【良い点】
絵が上手い
魅力あるキャラたち

【悪い点】
ポップを生かしたいのはわかるけど
その分ダイのドラマが大雑把になってる

全体的に何をどうしたのかがよくブレる

【総合評価】
ドラクエのコミカライズだろうと思って読むと
けっこう変な漫画

結局は人間と魔族の生存競争らしい
よく言われる悪の側にも正義があるというものの代表例かなと
勧善懲悪もののアンチテーゼ的な面がある意欲作だが
提言するだけでたぶん作者の側に答えはなかったように見える

2018/06/29 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:631(69%) 普通:108(12%) 悪い:171(19%)] / プロバイダ: 31789 ホスト:31776 ブラウザ: 5507
【良い点】
・ゲームのドラゴンクエストを知らなくても読める間口。基にしてるけど一般的RPG世界観の王道バトル漫画に構成している
・ある意味ドラクエらしくない泥臭いとも言える演出。熱い、名言、感動シーンが多数
絵が綺麗で見やすい。バトルにも迫力
・印象に残るキャラ多数。ポップは素晴らしい異例なほどの出世名脇役だが、ダイがちゃんと主人公をしていることはあえて言いたい。本当に「ポップが真の主人公」と一部で言われていることが事実ならこれほど名作にはなってないはず。ダイを巡ってただ綺麗事じゃない人種差別や大魔王を倒し終わった後の不安にしっかり触れてるのは単なる王道ではない奥行があった。バーンの言い分を否定出来ないでも「倒してから地上を去る」と返したのには感動
・大魔王バーン。若バーンに少し怪しい所はあったものの、劣勢まで含めて整然とした風格を保ち続けたのは凄い。理想のラスボス
【悪い点】
・アバン先生の実は生きていた。あれだけ故人として皆で偲ぶ演出が度々だっただけに腰を折るような格好に。死んだ詐欺と言われても文句は言えない
【総合評価】
この作品がエースというより支える一角辺りの位置だったのにジャンプ黄金期の厚みには改めて驚き。その中でも引き伸ばし感が乏しく(大魔王を倒して世界を救うという当初の目的通り)、綺麗に終わった(ダイのその後は余韻の範疇だと思う。生存は明確だし)のには特別感がある。
評価は「とても良い」か少し迷ったが「最高」。

2017/10/09 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:36(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 28433 ホスト:28569 ブラウザ: 5213
【良い点】
キャラクターの成長を見せてくれるところが素晴らしい。ポップの成長ぶりには驚いた。人気投票でも主人公を差し置いて1位を取るだけある。

【悪い点】
ラストでキルバーンの正体が明かされるところ。人形だったのはショック。

【総合評価】
ドラクエの世界観を生かしてオリジナルなキャラとストーリーを作ることに、見事に成功した作品。

2017/06/09 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:46(69%) 普通:6(9%) 悪い:15(22%)] / プロバイダ: 7677 ホスト:7763 ブラウザ: 5213
【良い点】
勧善懲悪。努力・友情・勝利。各キャラクターがそれぞれのストーリーを持っていて、キャラクター同士の相関関係もよく練られており、ジャンプの黄金期を語るのに外せない超名作。

【悪い点】
竜の紋章というチート性能を、しかも最終的に2つも持っちゃって、それでもなお『ちょー強い』以外の魅力は感じなかった主人公。漫画タイトルが『竜の騎士とポップの大冒険』とかで、ダイはあくまで強さの象徴的な扱いならまだ良かったかなあ。あと女性キャラをイマイチ立たせきれなかったのもやや残念。チウはいなくてもよかった。

【総合評価】
序盤のややギャグ寄りな展開からいきなりアバン死去。その後も事あるごとにアバン先生の回想がちょいちょい入るのはちょっとウザかったけど、アバン復活後の『反逆児、ヒュンケル』の回でヒュンケルがアバン先生を見事にこき下ろしてくれてスッキリ。スカした感じでいけ好かなかったヒュンケルもこの回で好きになり、最終的に嫌いなキャラクターは誰一人いなくなった。どころか最初は小悪党だったハドラーがいぶし銀のライバル役にまで成長し、その遺志をヒムが引き継ぎ味方として協力していく展開は、脇役でしかも敵役だったキャラさえ作者が愛していたのだと感じられた。DQというゲームの世界観が大前提としてあるため、成長スピードはとてつもないが(1巻から最終巻まで作中では1年もたっていない)そんな野暮は言わず純粋に素晴らしい漫画として評価したい。

2017/04/09 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:41(59%) 普通:7(10%) 悪い:22(31%)] / プロバイダ: 21687 ホスト:21561 ブラウザ: 4691
【良い点】
主人公も良いのだが、ハドラーとポップの成長が凄くこの2人は漫画の影の主役だと思う。
主人公ダイが正義の勇者ならハドラーは悪の勇者でこの2人の最終対決は見応えがあり、それと悪役のミストバーンも魅力がある。
【悪い点】
ダイとハドラーの最終対決の後にキャラクターを増やしすぎたせいかストーリーがまとめきらなくなり、各キャラの株も急降下して行く感じ。

【総合評価】
この漫画で特に面白かったのは小物の悪役であるハドラーが急成長する事で、彼なしではこの漫画の魅力はありえませんよ。
書いてある様に主人公と彼の最終対決が終わると作品と各キャラの魅力が急落してくるので、キャラを増やしすぎずストーリーをもっとまとめてくれたら最高だったのですが、それでも面白い部分も強いので評価は良いです。

2016/12/10 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:9(47%) 普通:8(42%) 悪い:2(11%)] / プロバイダ: 31568 ホスト:31417 ブラウザ: 5171
【良い点】
とても良かったです。
ゲームのドラゴンクエストも好きで読み始めた記憶があります。
キャラクター、ストーリー、お色気、友情努力勝利、伏線の回収。
感動のラスト。黄金時代の全てが揃っています。

若く強い少年漫画の代表選手のような勇者ダイ。物語の中で大きな成長を見せる親友ポップ。は当然として
脇役にも、それぞれ物語がありそれが後から読み返せば読み返す程良くできていると感動します。

最後に読んだのはもう何年も前だと思いますが、
未だに作中の名セリフがいくつもポンポン出てきます。

1話で出てきた敵の偽勇者が、話が進むにつれ人気の無い場所に逃げて、
それをラストバトルに絡めるなど伏線の回収も見事でした。
リアルタイムで読んで燃えました。

【悪い点】
贅沢な話かもしれませんが
作中時間の異常な短さが、少し違和感がありました。
修行など、もう少し時間をかけても良かったと思います。

【総合評価】
とても良いです。
ゲームのドラゴンクエストのシリーズが続く限り、
読む人が増えていってほしいと思う作品だと思います。

2016/06/26 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(75%) 普通:0(0%) 悪い:1(25%)] / プロバイダ: 46545 ホスト:46426 ブラウザ: 10185
【良い点】
・クロコダインが男前
・ポップが男前
・ハドラーも男前
・親衛隊も男前
・北の勇者も男前

【悪い点】
・肝心の勇者がパッとしない。
・勇者の本名がダサい。
・カンフーねずみの空回り感。

【総合評価】
勇者のキャラ立ちの悪さで最高からワンランクダウンもストーリー、キャラ設定は秀逸。無駄のない展開と成長していく過程が◎!

2016/05/05 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 4751 ホスト:4792 ブラウザ: 7953
【良い点】
友情・努力・勝利の三本柱を掲げる週刊少年ジャンプにおいてこの三要素を兼ね備えた作品は意外と少ないものです。
その中でこの漫画はこれらの要素を兼ね備えた数少ない漫画といえるでしょう。
主人公の力は先天的なものであり単なる血統主義の漫画との揶揄もときには聞こえますが、最後の力の入手のカギとなった父との和解や、最後に世界が起こした奇跡は人々との友情がなければおこりませんでした。主人公が持っている力だけでは「勝利」はつかめませんでした。

上記はこの作品の「友情」という一つのファクターにすぎません。ほかにも人の成長や勇気、正義とはなにか、更には差別による悲劇など、多くの普遍的なメッセージを持つ素晴らしい作品です。

【悪い点】
主人公のピンチを助っ人が助けてくれる展開が多いです。個人的には謎覚醒で切り抜けるよりはいいとは思いますが、少々タイミングが良すぎるように見え、人によってはご都合主義という批判もあると思います。
あとはひとつ前の世代に活躍していた人たち(武術の神と大魔導士)が強すぎるという点も悪い点に挙げられるでしょう。決して強いこと自体が悪いわけではないのですが、その二人なら前世代の魔王は楽々倒せてしまうという矛盾が生じてしまっています。
これらははっきりとしたこの作品の弱点といえるでしょう。

【総合評価】
悪い点も挙げましたが、週刊連載で毎週物語を紡いでいくという都合を斟酌すれば目を潰れる範囲だと僕は思います。それに良い点で挙げた数々の熱いメッセージを帳消しにするほど致命的な破たんであるとは僕には思えません。
したがって、弱点の無い作品とまでは言いませんが、それを差し引いても大変素晴らしい作品であると思います。

2015/10/12 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2183(58%) 普通:756(20%) 悪い:847(22%)] / プロバイダ: 16755 ホスト:16882 ブラウザ: 5173
本家「ドラゴンクエスト」はあんまり手を付けていませんが、とりあえず「ダイの大冒険」だけ読みました。あんまりドラクエやる意味ないですもんね。
まあ、連載当時はジャンプ黄金期ゆえに一位にもならず、権利関係のせいで「ジャンプスーパースターズ」などのジャンプ系のお祭りゲーには絶対出られないという不遇と言ってよさそうなポジションですね。

結論から言うと、ライブ感重視の週刊少年ジャンプの中では、ある程度纏まった部類の一作です。
ほぼ脇役としか思えなかった人物なども終始存在感があり、当時大人気だった「ドラゴンボール」、「ジョジョの奇妙な冒険」などと比しても、メインキャラが消えたり脇に追いやられたりする事もなく、徹頭徹尾「大魔王バーン」という目標に向けて話を進めているのもなかなか良かったかと思います。
まあ、ほとんどドラゴンボールみたいな巻数をバーンだけ目標に…というのも長く感じてテンポが悪く思う部分がありますが、ジャンプの中では珍しい試みであったかと(「デスノート」とかも宿敵変更はありますしね)。
そういう事で、「キャラへの思い入れは強いものの、巻数は多く感じる」という所ですね。

まあ、まず良かったのは、やはり各キャラの事でしょうね。
敵キャラは、武人肌なタイプも多いし卑劣な奴も一定数いるしで、なかなか個性的でした。クロコダインやヒュンケルのように性格や背景から仲間になる者もいたり、ミストバーンやバランのように物語の核心部に触れる重要キャラもいたり、ザボエラやフレイザードのように外道がいたりとバランスの良かった六大軍団からして結構良かったんですが、そのほかにもハドラーやバーンなど上位キャラも個性的でした。
これ以外でも、ヒムとかラーハルトとか色々いましたけど、印象的なのは上記八名とキルバーンとかでしょうか。やっぱり初期からのキャラは擦りこまれやすいですね。
主人公側では、能力の高いダイと、元々の能力は絶望的に低いながら最終的に成長して主人公格になるポップの二人が主で、他にはポップ同様精神力や成長値で大物になるチウなんかも割と印象に残ってます(ポップと違って戦力としてはそこまでじゃないですが、そこが良いですね)。
ていうか、ダイをはじめ色々と武人らしい血を引いている者が多い中、普通の人間であんな短期間で魔王軍の幹部連中超えレベルまで行ったポップって超天才なんじゃ…(ていうか、そもそもポップと比べてもずっと修行してたヒュンケルがあのレベルとかあいつ何やってたんだ…)。
女性キャラも他のキャラ同様たまに目立つんですが、「誰が誰だっけ?」ってなっちゃう場面が後半に多かったです。ヒロインはそこまで書き分けられていなかった印象ですね。
アバン先生あたりは、別に生存展開いらなかったなぁ…と思います。もっと前に、「アバン先生が生きていたらもう一緒に戦っているはずだから、それは死んでいるって事なんだ…」っていう扱いで乗り越えるエピソードとかあっただけに、その後にアバン先生が生きていた時は「!?」でしたね。ああいうところに週刊漫画っぽさが…。

まあ、三条陸の作品って、後の特撮の脚本とかになると、かなり唐突にキャラが善良になったり微かな心を最後にだけ見せたりするシーンが変に多いんですけど、今作に関してはそれがなくて良かったなぁと思います。
特撮よりも長いスパンで描けたお陰もあるんでしょうけど、特撮の方では、最初からその辺りを決めてキャラを描く事とかできなかったんでしょうかね…。特に「W」とか「キョウリュウ」あたりはそれが下手だった印象。
今だとフレイザードとかも最後に唐突に良い所が見えてきちゃう感じになっちゃうんでしょうか。
あとは、ウザいゲストキャラみたいなのはダイ大の時代にはほぼいなくて、これも驚きました。

終盤ごろは、真の力を取り戻したバーンとの決戦でしたが、ダイが主に戦うとはいえポップも存在感があって、結構熱いラストバトルという感じです。
そこで、空から降りてきたダイをポップが「この役だけは誰にも譲らねえ」って言ってキャッチするシーンとかは、凄く良かったんですけど、その後ですね。
キルバーンが実は生きていて、今度またダイと一緒に自爆して、「ダイを探し続ける、帰りを待つ」って言って終わるわけですが、ここが個人的に一番マイナスだったかなという気もします。
おそらく、作者的には「ダイは死んだのか!?いや、生きてた。俺がキャッチする!と駆け出すポップ」と、「ダイは死んだのか!?いや、死んでなんていない。俺たちは勇者を探し続ける」のどちらのエンドにするか迷って、強引にラストで両方やったような印象でした。
しかし、ぶっちゃけると前者だけで良かったです。
「ダイは死んだのか!?」みたいなシーンを最終巻で二度も見なければならなかったのはなんか変な感じでしたね。
なんでキルバーンがあそこで突然出てきたの?とかも思っちゃいましたし。

評価は「とても良い」。
ジャンプ漫画にありそうな内容ながら、ここまで初志貫徹的に「ラスボスがバーンのまま」は珍しいです。
それに、初期の脇役とかも初期の台詞を活かして最後に出てくる(ニセ勇者)というのもなかなか見事でしたし、あんまり存在感なかったけどずっと一緒にいたゴメちゃんとかがギミックの一つになっていたのも良かったと思います。
あんまり捨てキャラや、極端についてこられないキャラがいなかったというのはジャンプの枠の中でよく出来たなぁという感じです。

2015/09/26 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:31(86%) 普通:2(6%) 悪い:3(8%)] / プロバイダ: 2034 ホスト:1906 ブラウザ: 10121
【良い点】
所々で何気に良いセリフがある
ポップ
ダメ男が成長していくかんじが○
マアム
巨乳 エロい

【悪い点】
主人公が小さくてかっこ悪い
悟空のように大人になって大きくなってればー

2015/07/01 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 10466 ホスト:10366 ブラウザ: 5149
【良い点】
最初から最後まで読んでみたが、話を後に続けるための伏線の貼り方にほぼ隙がない。
ラストバトルもそうだが、個人的には竜親子の闘いが一番興奮した。
ポップ最高。

【悪い点】
ピンチになって救援に登場するキャラが多くてわざとらしい。まあ、盛り上がるといえば盛り上がるが。
最終話はいらなかった。キルバーンが人形→黒の核爆発は蛇足以外のなにものでもない。
最後にダイが犠牲になるという演出なら、その前のくだりで〆ればよかったのに。
マァムとレオナの見分けがつかない。

【総合評価】
学生の頃にジャンプでリアルに読んで以来だったのでとても懐かしかった。じっくり読み返してみると上述のように伏線の貼り方がうまく、読んでいて「おや?」という点があまりない。大人買いして一気に読んでしまった。おススメ。

2014/05/21 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:465(64%) 普通:108(15%) 悪い:155(21%)] / プロバイダ: 5483 ホスト:5143 ブラウザ: 5171
【良い点】
・大地斬、海波斬、空裂斬などを初めとするオリジナル技。
厨二っぽいですが、横文字じゃなくて、漢字が多いのがツボです。

・ポップの成長。初期の頃はダイを置いて逃げたりして、大嫌いだったんですが、
最後まで読んだら一番好きなキャラになりました。
強くなってからも、マァムへの想いで悩んだり、ビビッて逃げ出したくても、
勇気を出して踏みとどまるなど、あくまで普通の少年として描かれているのが良かったです。

【悪い点】
・オリジナル要素が強すぎてドラクエを下敷きにする必要があったのか疑問。

・敵が味方になり過ぎ。

・アバンが生きていたのは白けた。

・ヒュンケル死ななさ過ぎ。後、鎧脱いだら強くなるって、どこのセ○ントだ。
(アニメの声優さんは某兄さんと同じ)

・最終巻までの期間が3ヶ月というのはいくらなんでも無理がある。

・ダイが帰還しないままのエンド。

【総合評価】
初期の頃は雑誌でちゃんと読んでいて、中盤辺りであまり読まなくなり、
後に古本屋で読破。
最終決戦の盛り上げ方は巧いと思うが、どうしても、典型的なジャンプ展開が
好きになれないので、評価は普通とします。

[推薦数:1] 2014/05/20 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:434(69%) 普通:68(11%) 悪い:125(20%)] / プロバイダ: 7817 ホスト:7782 ブラウザ: 5666
これも初期のころは面白かったけど連載が長く続くにつれ
段々面白くなくなった作品ですね。それだけが汚点
アニメ版は原作の途中で終わって残念だなとは思ったけど
完結して結果的にはやらなくてもいいかなとは感じました。

さて本作は初期のころは主人公ダイの師匠であるアバンの死から始まり
死んだアバンのためにも大魔王打倒を志す展開は少年誌らしくて好きでした。
ダイは初期のころは紋章の力に頼っていた戦いが多かったが
修行により普通の状態でも徐々に力をつけていって成長していく展開で
強くなる過程は面白かったです。
ポップも最初臆病者で戦闘での仲間見捨てての逃走や
スケベなキャラで人間味はあったがあんまり役にたってた印象はありませんでしたが
マトリフに鍛えられたりして呪文を覚えたり、精神を鍛えられて成長して
段々戦闘で戦えるようになり、初期のころはただのお荷物キャラだと思ってたのに
その変化には驚かされました。
後半になるとダイのために己を犠牲にしてまで敵を倒そうとする姿は
心に来るものはありました。多分読者視点での主人公はポップ
ダイは言い方は悪いがチートな部分があるので感情移入はしずらい。

敵キャラは仲間になるキャラが多いのでその過程でのキャラの掘り出しや
改心して仲間になる展開はジャンプアニメにありがちなんですが
王道なんで意外に違和感なく受け入れることが出来ました。
ハドラーも敵の大幹部ながら中間管理職的な立場なんで失敗をかさねる内に
アバン倒したという威光も徐々になくなり段々追い詰められて
焦っていく姿は敵ながら意外に人間ぽくて好きでした。(ハドラーは人間ではないですが)

悪かった所はネタバレで悪いですがアバンが生存していたこと
あのタイミングで生存判明はいくらなんでも遅すぎるし、展開的にも無理があると感じました。
後半オリジナル技の増加でドラゴンクエストらしくなくなったりあんまり面白くなかった。
バーンのメラの威力は普通の術者のメラゾーマ級などの過剰なパワーインフレは萎える。
味方はキャラはやたら増加するのにたいして見せ場がないなど
長期連載作品の悪い伝統をやってしまったのは自分には駄目でした。

評価は「良い」初期のころは面白く成長ものとしては良かったが
次第にドラゴンクエストらしくなくなったのとパワーインフレを起こし過ぎて
後半はあんまり好きじゃなかったですね。

2014/03/09 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1482(52%) 普通:723(25%) 悪い:640(22%)] / プロバイダ: 15084 ホスト:15090 ブラウザ: 5944
【良い点】
・キャラクターの成長による魅力
特にポップ、ハドラーの両名ですが、味方PTだけでなく敵側の成長までも描くのは熱いです

・大魔王バーンの貫禄
ラスボスにちゃんと強さや威厳があり最終バトルが一番盛り上がるようにできています

【悪い点】
・序盤はちょっとタルい
・作中の経過期間
全37巻の大冒頭がたった3ヶ月の話だったと知ったときにはさすがに驚きました
キャラクターの成長が熱いだけに、この加速度的成長はちょっと醒める
(ダイとハドラーはともかくポップは人間ですし)

【総合評価】
メラやホイミなどお馴染みの魔法やスライムなどのモンスターが登場する世界観はそれだけで安心感があり
マァムの転職、ダイの勇者の剣などお決まりのイベントに、大魔王からは逃げられない、ボスの複数回行動等の
あるあるネタが随所に散りばめられいています。最終決戦を前に「余の部下にならんか?」とかお約束すぎる

オマケページでの各キャラのステータス表記など随所でらしさを演出していて
グランドクルス、メドローアなどのオリジナル魔法はゲーム本編に逆輸入されるほど影響力をみせてくれました

ポップについてはいまさら語ることではないんでしょうが、ヘタレの彼ががよくもここまで成長したものです
その活躍は主人公と同格かそれ以上で、師匠がいて想い人がいてと人間関係も豊富だし、なによりも見せ場が多く
なんなら作者もポップを主人公として扱っていた節があります

これはダイが竜魔人という人間を超越した存在であるがために、それとは別に人間代表のキャラに注目して
描く必要性があったからだと思いますが、作者としても予想以上に良い方向に働いてれたのではないでしょうか。
ヘタレで弱虫なポップが勇気を出して行動する姿は人間臭くて、だからこそ格好良かった

国民的な知名度を誇るドラゴンクエストの大看板を掲げての連載でしたが
そのハードルに負けないだけの内容になっています。評価は【とても良い】とさせていただきます

もっと読む

「人気の高い作品なので言いにくい事ですが、私はダイの大冒険に悪いをつけようかと思った事がしばしばありま...」 by SWAN


次のページを読む

この評価板に投稿する


2009/05/09 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 10008 ホスト:10200 ブラウザ: 8939
この作品のモデルとなっている、ドラクエは持っていただけにポップが使う『ペダン』ゲーム中には存在しない呪文などが登場した時には面食らいました。

2018/10/14 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 14333 ホスト:14345 ブラウザ: 10218 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/涙流した/熱血/友情/楽しい/面白い/格好良い/セクシー/美しい/勉強になった/勇気貰った/道徳心&モラル 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
画力良い(+1 pnt)

もっと見る
1. 好きなアニメ・漫画ライバルキャラ by Mr.KN
... ピッコロやフリーザ、セルなどもこのポジションに該当するかもしれないもののやはり一番はベジータがそのイメージに当てはまると、当初はかなり悪党ぶりを見せていたもの後にブルマと結婚して息子トランクスが産まれてからはイメージが大きく変わり、最終的にはライバル視していた悟空を認めたシーンが印象深かったですね。 ・ヒュンケル(ドラゴンクエスト ダイ冒険) 魔王軍 ...
記事日時:2016/12/18 [表示省略記事有(読む)]
2. スクデイ、ニセコイ、ダイ冒険!「これはダメだろ・・・!」と言いたくなる最終回(KAMIKAZEさんに続いて私も)プラスアルファ by カイネル・ドゥ・ラファティ
... ませんでした。 バラン編途中で終わり、打ち切りとなってしまったからです。 (しかもその理由が、あの『ムーヴ』番組枠確保ためとこと・・・) 改めてアニメ「ダイ冒険フルリメイクを自分は希望します。 OPは「勇者よいそげ!!」ままで(笑)。 【ニコニコ動画】ドラゴンクエスト-ダイ冒険- OP& ...
記事日時:2016/10/26 [表示省略記事有(読む)]
3. ジャンプお祭りゲーで参戦してほしいキャラ by mosukuwa
... がするけど、そうすると髪パンチとか色々できなくなる クリード・ディスケンス ・イマジンブレードって、最初見えない剣がどう考えても一番強いよね? ・最初から提示されてたラスボスが最後までラスボスであり続けたという意味で、なんか結構印象的なキャラでもある 【マジンガーZ】 マジンガーZ ・強敵すぎる? 【ドラゴンクエスト ダイ冒険ダイ ...
記事日時:2015/06/29
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:ドラゴンクエスト ダイの大冒険(映画版)
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ