[漫画]テラフォーマーズ


Terra formars
  • 面白い
  • 熱血
  • 怖い
  • 格好良い
  • びっくり
RSS
注意: これは漫画版。その他メディアのページ: 日本映画:テラフォーマーズ
漫画総合点=平均点x評価数1,047位8,708作品中総合点10 / 偏差値51.54
漫画平均点843位1,329作品中平均点0.48=普通/21評価
2011年漫画総合点17位324作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
画力2.15(とても良い)13
キャラ・設定1.62(とても良い)13
ストーリー1.38(良い)13
面白い69%9人/13人中
熱血62%8人/13人中
怖い62%8人/13人中
格好良い62%8人/13人中
びっくり54%7人/13人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

西暦2599年、火星の地球化計画(テラフォーミング)は大詰めを迎えていた。
あるミッションのため有人宇宙艦『バグズ2号』は、火星へ向かっていたのだが……!?
作:貴家悠
画:橘賢一
出版:集英社
日本 開始日:2011/01/13(木) ミラクルジャンプ N°01 / 終了日:2011/12/13 N°06(週刊ヤングジャンプに移籍)
日本 開始日:2012/04/26(木) 週刊ヤングジャンプ 22・23合併特大号
公式サイト
1. http://youngjump.jp/terraformars/index.html
55,1512221
最近の閲覧数
14321410362
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/04/15 / 最終変更者:管理人さん / その他更新者: 羽幌炭鉱 / 提案者:四面漢歌 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/04/07 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:780(41%) 普通:454(24%) 悪い:655(35%)] / プロバイダ: 17598 ホスト:17682 ブラウザ: 4697
【良い点】
・Gの擬人化がキモグロくて良くできている。こりゃ〜共存はムリ。
ツブし合うのは致し方ない、と納得の嫌悪感を醸し出している。
これだけは一見の価値がある。

【悪い点】
・第三話を読んだ時点で「まさか、ずっとこの調子じゃないだろな」
と懸念が(つーか一話の時点でつかみはOKだが、このまま進行するのでは、
という嫌な予感が既に)。どう足掻いても「単純必殺技炸裂&Gしぶとい」が
延々続く以外、作者には無理そうな予感・・・予想通り。色々背負ってる
設定のキャラが続々出てきては派手な必殺技・・・が延々。
1巻でまとめるべき話をひたすら尺稼ぎ。「くだらない」としか思えない。

【総合評価】
「とても悪い」。まさに「一発屋漫画」。一回だけなら見られる作劇
パターンを延々と繰り返す駄漫画。一人目の、命を懸けた必殺技で活路を
開くも大局は覆せず、というのはあくまで「ヒキ」に留め、ゴア、リョナ
シーンを描くより、きちんとドラマを構築する努力をすべきだが、むしろ
画面で誤魔化す方向に注力。延々と何の工夫も無く同じパターンを繰り返す
のを見て、早々に駄目漫画と判定。
一話から危なげな雰囲気だったが三話で見切った。その後もたまに目を
通したが相変わらず。苦し紛れに路線変更?なども模索したようだが、
作品の基本路線は同じなので、結局元通り。ドラマは在って無きが如く
テンプレで飽き飽き。まったくお奨めできない。

※そういう意味では「けれん」と「画面」だけで引っ張る「ワンパンマン」
なんかも同類だが、おそらくシリアスぶられる分、本作には違和感嫌悪感が
強いんだろう。ギャグに逃げることもできず、可愛気が無いんだよな。
シリアス風味で展開するなら、もう少し引き出しを用意してから開始すべき
だった。

2019/04/07 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 2723 ホスト:2792 ブラウザ: 11628
【良い点】
数多くのキャラクターの設定がしっかりしている
第二部は展開がなかなか面白かった
第一部は絶望感がすごくて良い
人類VSゴキブリという発想が斬新
ゴキブリの書き方が少し不気味

【悪い点】
第3部でダレる

【総合評価】
とても良い

2017/11/01 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:78(99%) 普通:1(1%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 878 ホスト:901 ブラウザ: 9175
1巻は神巻(!?)。

これは本当に驚いた。よくこんなこと思いつくなーと。

後は…まー、そんな悪いとは思わないけど、1巻の驚きが凄過ぎた。

結論。こりは21世紀の仮面ライダーである。

2017/03/19 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:46(69%) 普通:6(9%) 悪い:15(22%)] / プロバイダ: 15843 ホスト:15874 ブラウザ: 5213
【良い点】
ゴキブリを描き続けられる作者の精神力

【悪い点】
バトル漫画にありがちなストーリー展開の遅さ。テーマ。主人公が誰かわからない。

【総合評価】
『人間はゴキブリが大嫌い。ゴキブリも人間が大嫌い。』帯にあったこの文句がすべてを表しています。大嫌いなアイツをひたすら見続けるのはもはや拷問。テラフォーミングのために苔だけ放って1話完結でよかったと思います。

2016/09/16 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(50%) 普通:4(40%) 悪い:1(10%)] / プロバイダ: 983 ホスト:866 ブラウザ: 11672
【良い点】
設定が◎
対ゴキブリ、昆虫ベース、など
「もしこんな話があったら…」と妄想した事がある人も多いんじゃ?そんな人にはワクワクする設定だと思う。
よく妄想した自分はかなりワクワクした!
絵もとても綺麗。リアルそうでリアル過ぎないせいか虫が大の苦手な自分でも気にせず読める。
ゴキブリや色んな昆虫(&その他)の特徴を知るのは楽しかった。

【悪い点】
話のテンポが×
話の展開が×
説得力ゼロ
1巻はスピード、絶望、ストーリー、と面白く読めた。主要系キャラもばったばった倒されてくと聞いてたのでそこも面白く読めた。2巻からはそれが無い。
死んだ、みんな悲しむ、死んでない!の展開が良い例だけど、全てがパターン化しすぎてる様に感じてこれだけの面白そうな設定なのにインパクトがなく中身もどんどん減っていってる様に思う。
語りがぐだぐだ長くて疾走感のあるシーンも途中で萎えてしまう。
話の途中で別のシーンによく飛ぶせいかどちらのシーンも微妙な読み応え。
「今なんの話だっけ」と思う事が多々あった。
話の組み方が悪いのか詰め込み過ぎなのか相性かはわからないけど自分は付いていけなかった。
伏線とか沢山チラチラさせるんだけど、チラチラされ過ぎて冷めてしまう。
キャラそれぞれの説明も随所にあるんだけど、作者の都合で動いてる絵にしか見えなかった。

【総合評価】
「面白かった?」と言われれば「つまらなくはなかった」…。
続きが気になるから15巻まで読んだけど、後半は読むというより筋だけ舐めてった。
疲れはあるけど「面白かった!また読みたい!」とは思わなかった。あのシーンだけまた見たい!も無かった。
もっと地味な設定でも割と何度も読み返したくなる方なんだけど、この作品は満喫で読めば良かったかなー。ネタバレ見てたら読まなかったかも。
作者が透けて見えちゃう作品は苦手かも。
辛口してしまうと、素人投稿の小説と同じ感じがした。設定は面白いのに他で台無しっていう。なのに続けてどんどんつまらなさが目立っていってる印象。
絵は綺麗なんだけど。

2016/02/29 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:81(58%) 普通:16(12%) 悪い:42(30%)] / プロバイダ: 16289 ホスト:16404 ブラウザ: 10071
【良い点】

●荒唐無稽な発想

●画力

●見所の多いストーリー

【悪い点】

●強引な新編


【総合評価】

ヤングジャンプにて連載されている作品で、惑星地球化(テラフォーミング)というSFを織り交ぜた壮大な娯楽漫画です。
一時期は『このマンガがすごい! 2013』にてオトコ部門1位を受賞する程であり
第二部完結に伴い休載に入りましたので一先ずの評価をしたいと思います。

●荒唐無稽な発想…◎◎

やはり最初に挙げられるのはその発想力でしょう。本作を簡単に説明すれば

人類が火星の地球化(テラフォーミング)の過程で放ったゴキブリが異常進化を遂げ
彼らを駆除またはサンプルとして捕獲する為、他生物との改造人間となった宇宙飛行士達が戦う

というものですが、何をどうしたらそんな突飛な発想となっていくのか良い意味で素晴らしいです。
普段は人間がゴキブリを嫌い時には殺していますが、この作品では進化した火星のゴキブリが人間を嫌って殺しに来ます。
人とゴキブリの戦いを荒唐無稽に仕上げながらも、バグズ手術・MO手術・ラハブなど数々のSF設定が加わる事で妙に説得力を湛える娯楽作品へと昇華させています。
まさに設定の勝利と言えるでしょう。


●画力…◎

本作は分業制で作られていますが、作画担当・橘賢一先生の作画には眼を見張るものがあります。

人間キャラの描き分けは若干難がありますが、原作・貴家悠先生が練ったプロットを絵として巧く表現しており
臓器や人体欠損といったグロテスクな描写から26.7世紀のメカニック・科学技術など想像の難しいものまで描き、本作の殺伐とした雰囲気に一役買っています。

そして一番の魅力はそのデザイン力でしょう。

変態を遂げた人間達のデザインは、肥大化して手甲になった腕部や装飾を模したような触覚など、動物昆虫の特性を備えられた事を意識したものばかりで皆カッコ良くなっています。
特に本作を代表する人型ゴキブリ(テラフォーマー)はソフトマッチョな体格や顔といった原人っぽさと、触角や羽や黒光りといったゴキブリっぽさが上手い具合に合わさっており、敵として不気味さとキモかわいさが絶妙な造形となっています。

こんなヤツらがゴキブリらしく何処からでも大量に それでいて非常に統率の取れた軍勢として主人公達に迫る絵面は、シリアスな意味では勿論の事 ギャグ的な意味でも大変なインパクトがあり
今後も橘賢一先生の表現力に期待したい所です。


●見所の多いストーリー…◎◎

見所の多さも本作を人気作品に押し上げた要因でしょう。

「火星を舞台に人とゴキブリが戦う」のが醍醐味ですが、テラフォーマーは個々に強力で集団の統率も取れた勢力で、日々進化していく存在として描かれており
人間側はキャラを立てた者や実力者として描かれた者もアッサリと死んでしまう為、緊張感が常にあります。

しかし演出も巧みであり、ナレーション通りの特性を身に付けた主人公達がそれを活かしてテラフォーマーを打ち倒す様は爽快感があります。
(ナレーションは動物の薀蓄を始めとして造詣が深くアツくもあるので、そこも見所)


一方で「火星を舞台に人とゴキブリが戦う」までに、人材と装備を揃え 戦う為の新技術を利用するという過程も詳しく設定されており
作中では大金を求めてかき集められた人達の過去、地球各国を代表するチーム同士の交流、果ては新技術の利益を奪い合う地球各国の暗闘まで断続的に描かれています。

その他 登場人物の言行や変身用の薬の差異etcと初期の設定が非常に丁寧なので、バトル以外の見所も数多くあります。
特に後者の情報はキャラクターの出自や過去、更にどんな動物の力を得ているか推測出来るようになっており、考察をしては読み進めて答え合わせをしてみるという楽しみ方も出来ます。


●強引な新編…××××

…と、色々書いてきましたが逆に言えばかなり煩雑でもあり、ワクチン製作も裏切り者との戦いも決着を見ないなど設定の未消化も目立って来ました。

そして129話以降 ここ一年辺りの展開。

本作は「TERRAFORMERS(天体の地球化を行う者達)」をもじって「TERRA FOR MARS(地球から火星へ)」と題している訳で、地球を舞台とした新編は蛇足と言えるでしょう。
しかも流れをブツ切りにして新編を示唆した為に、どれだけ火星での戦いを描いても内ゲバを続ける人間側に萎えるになってしまったのは辛いです。

また展開上 主人公達(戦力)を地球に呼び戻す必要が出て来た為に
「専用武器は変身薬として使用できる」や「架空国家が脱出ロケットを提供」など、キャラクターを戦いに生き残らせる為の後付けや強引な設定が増え、序盤の丁寧な設定と矛盾を起こしてしまうようになりました。
(例えば主人公の武器は、自分に切りつければ変態できる機能&変態した状態でないとナマクラになる機能、互いに矛盾する性能があったり)

それだけならまだしも
裏切り行為を働いていたチームと戦っていた天才キャラが、いつの間にか計画自体を頓挫させるべく動いていた巨悪となっていたり(種明かしとなる説明も矛盾が生じる)
果ては「ワクチンさえあれば新技術の成功率は100%」という設定が出た事で今までの内ゲバが全て無駄になってしまうといった
地球編に向けた強引な設定・キャラの改変も見られ、上記で挙げてきた見所をここ一年でどんどん潰してしまいました。

一応「ラハブ」「AEウィルス」「主人公の出生」といった遠大な伏線が幾らか残ってはいますが、三部の地球編が従来の様に楽しめるかは未知数です。


現段階の【総合評価】は厳しめに【悪い】とさせて頂きます。
拙文読んで頂き有難うございました。

2016/02/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:20(57%) 普通:3(9%) 悪い:12(34%)] / プロバイダ: 11185 ホスト:11103 ブラウザ: 7962
【良い点】
いい意味で気持ち悪い。
あんな黒物体はいやだと思う。
なんだか似た人がいそうでもある。 笑

【悪い点】
せっかく引き込まれる設定を、他のどこでも見そうなバトル路線におちついてしまったため、インパクトがなくなった。

【総合評価】
黒物体と人類との闘い感から、能力ありきのバトルものになってしまったため、ちょっと飽きてしまった。
今後話をどう盛り上げるのが、注目していたいと思います。

2015/11/13 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(40%) 普通:1(20%) 悪い:2(40%)] / プロバイダ: 10081 ホスト:9966 ブラウザ: 10347
【良い点】最初は物珍しかった。

【悪い点】人と昆虫の対比の例えがいい加減。
昆虫のサイズでほにゃららが人の大きさになればサイズに比例してほにゃららw
などと質量を考えず倍数で説明する辺り子供騙し。

【総合評価】
橙丸編から敵も味方もなんでもありで、
結局何がしたいのかわからない。

2015/09/22 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(60%) 普通:1(20%) 悪い:1(20%)] / プロバイダ: 23600 ホスト:23509 ブラウザ: 11296
【良い点】
●絶望感を味わうにはもってこいの作品です
●虫に詳しくなれます
●設定は兎に角面白いです
【悪い点】
●キャラクターがあっという間にお亡くなりになるので覚える前にだいたいお亡くなりになる。
特にバグズ2号メンバーは「バッタの人」や艦長とか名前まで覚えられない。
●設定は面白いですが、キャラクターやストーリーにあまり深みを感じない。
●強いキャラが無双してたり、ゴキブリの強さに絶望を感じる部分は面白いですが、「続きがめっちゃ気になる」や「もう一度読みなおそう」という気持ちにまでは至らない(あくまで自分はですが)

【総合評価】
面白いとは思いますが、ドハマりするっていう作品ではなかったです。
圧倒的な力を持つ知的生命体と戦い、絶望感を味わえるというジャンルは大好物なんですが、ストーリーも単調的で魅力的なキャラクターも少ない印象でした。
主人公、アドルフ、ロシアの班長、エヴァ、ボクサーの人はまあ割と好きです。

2015/08/28 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 22749 ホスト:22822 ブラウザ: 10607
【良い点】

設定が最高にいかしていて、登場人物の能力や筋肉がかっこいい!無駄な長い死亡フラグなしでさくさく死ぬところもいい。虫や動物が好きなのでますます詳しくなれる。
【悪い点】
伏線が多くて、小難しいところがある。

【総合評価】
最高

2015/08/24 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7(88%) 普通:0(0%) 悪い:1(12%)] / プロバイダ: 6662 ホスト:6370 ブラウザ: 10265
【良い点】
設定
作画

【悪い点】
7巻以降の中国が絡んできた辺りからの失速
思ってたより設定を壊しがち(紅式手術の存在や、専用武器などのポッと出感、爆の能力など)

【総合評価】
動物の生態の不思議などが大好きなので大好きなんですけどアドルフとか慶次の戦闘辺りがピークでしたね。一巻は綺麗にまとまってます。中国が絡んで国内情勢とか言われてもピンと来ない部分があります。ただところどころの展開は面白いので読めるレベルではあります。ヤンジャンで毎週読んでますが、やっと終わりそうですね。(展開的には微妙ですが)

2015/01/06 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 1272 ホスト:1176 ブラウザ: 9629
【良い点】
・進化後のゴキブリの見た目
・キャラに対する容赦なさ

【悪い点】
・絵に面白みがない
・設定やストーリーに無理がある
・そもそも、人間の身勝手さや適当さで生んだ状況なのに
ゴキブリを害虫として駆除するとか違和感がある

【総合評価】
この話のあらすじを聞いて、は?ってなりました
いや、先の事よく考えず自分達が失敗しただけなのに
ゴキブリの方が悪ですか、そうですかって感じです

これゴキブリの方から見たら、絶対に人間の方が悪ですよ
この話に違和感ない人ってゴキブリ=殺していいものとしか
考えてないですよね。 ゴキブリさんだってあっちで生活して
るのだから、割り込んで来たら怒りますよ

マンガとしても、ストーリーは蘊蓄の垂れ流し
絵は暗くて見辛い、全体的にデザインいまいち
青年誌らしいとは思うけど、面白いとは思えませんでした

追記…どんどん、僕の中でこの作品の評価は落ちて
きましたので、素直に最低評価で…

2014/04/17 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(50%) 普通:0(0%) 悪い:1(50%)] / プロバイダ: 53780 ホスト:53880 ブラウザ: 4721
【良い点】昆虫物という王道とSFが融和した作品である。昆虫の特性や能力を解説してくれるとともに、敵(テラフォーマー)との熱いバトルなどが楽しめる。

【悪い点】設定の不備がところどころにある。

【総合評価】最高というわけではないが買う分には別にいいと思う

2014/03/27 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:225(78%) 普通:25(9%) 悪い:40(14%)] / プロバイダ: 9886 ホスト:9501 ブラウザ: 5726
【良い点】
設定の勝利。未来世界進化したゴキブリと他生物との混合改造人間との戦闘という設定だけで4巻くらいまでは面白かったが・・それ以降人類の多国籍軍の中で裏切る国が表れ、それが中国という設定。。
現実世界とリンクしており、意外性にかける。ここで日本が裏切った国だったら評価は激堕ちだろうが、どれだけ興味をそそられることか!そういう意味で戦闘以外にはあまり注目するとこない。

【悪い点】
大きな構図は進撃の巨人と似てます。人類対類似生物。残虐な描写。知能的な敵の登場などなど。人物が多すぎて人間関係が分からなくなってきたところまで似てきた(自分は1回しか読みませんので・・)

人類よりも進化した生物が人間を虫のように殺すというのは、自分はあんまり好きじゃないんですよね。種としての本能が嫌悪するという感じです。

基本的に浅い人間描写なので、うわっつらのところでバチャバチャやってる感じです。生に執着する美しさや自己犠牲のむなしさや人類という種としての感動的な使命感といった根源的な面白さは今のところ無い。キャラの生い立ちを描くのに必死になってるが、そこばっかり。

女を残虐に殺すのは嫌い。

【総合評価】

失速してきた。キャラの面白さ(ロシアチーム隊長、ファースト、くらいかな)でそこそこだが、世界情勢の確執まで描き切る力があるのか?最終着陸地点を見誤らないでほしい。

評価は、良い。

2014/03/15 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:22(45%) 普通:10(20%) 悪い:17(35%)] / プロバイダ: 7439 ホスト:7562 ブラウザ: 5930
【良い点】
・1巻。正直ここがピーク。これ以降は蛇足と言われてもしょうがない。

・初期の絶望感。主要と思われる登場人物がどんどん死んでいくのはなかなか見ごたえがあった。

・敵がゴキブリという斬新な設定。それも擬人化というのは初めて見た。

【悪い点】
・2巻以降。1巻が完成されているため、それ以降の蛇足感は否めない。

・ワンパターン。戦闘開始→やべえ→能力解説→反撃の繰り返し。そのたびにキャラが死んでいくが、こうも繰り返されると飽きる。

・ストーリーのペースが失速。長期連載を視野に入れているのかな。

【総合評価】
まずはアニメ化決定のようですね。おめでとうございます。ただ少しタイミングが遅かった気がします。何度も言っているように、序盤は面白かったのですがそれ以降が微妙。ワンパターンな展開は読者によっては飽きるところ。あくまで中高生向けの漫画という印象。あまりに高評価のレビューが多いので正直びっくりしました。

もっと読む

「漫画賞を取ったので読んでみたが話としては続きが気になるがやはり人間がどんどん死んでいくのがなんとも…...」 by はりぼて


次のページを読む

この評価板に投稿する



2019/04/07 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 2723 ホスト:2792 ブラウザ: 11628 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事面白い/格好良い/怖い/びっくり 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. 2018年ジャンプ20号感想(読切『鈍球!-DONKYU-』掲載&『BOZEBEATS』連載終了号) by エスパー
... 泣き顔の受け付け難さはなんなんすかね…。 (※あっ、おい待てい(江戸っ子) 勘違いされては困るがぼくは本家ワンピの泣き顔そのものも否定しているわけではないゾ。 熱が入った泣き顔ならば全然見苦しいと思うどころかより感情移入できる良い材料と化しているゾ。 だが逆に見苦しいと感じられてしまうケースもある諸刃の剣ゾ) テラフォーマーズよろしく動物の特性 ...
記事日時:2018/04/16 [表示省略記事有(読む)]
video video video video
2. 2018年冬アニメ雑感 by 伏魔の剣
... 覇穹 封神演義 「反復横跳び」「落丁」等酷い言われようですが、そもそも2クールでやれる訳がない+脚本が取捨選択仕切れないというどう足掻いても絶望状態ですからね…。 やる気が続く限り視聴はする予定。 キリングバイツ 愛称?「汚いけものフレンズ」。 まぁ実際は企業による代理闘争とか動物の能力を活かした戦士とか、『ケンガンアシュラ』や『テラフォーマーズ』に萌え要素 ...
記事日時:2018/02/27
3. 同じ共演者が3人以上いるアニメ 2016年10月期(3) by ウクレレ
... _スキピオ・アフリカヌス__カフェト ログ・ホライズン__ウィリアム__クラスティ__ロレイル__ネルレス__アインス DRIFTERS__ジャンヌ・ダルク__安倍晴明__源義経__紫__オルテ兵 暁のヨナ__ユン__カン・テジュン__アン・ジュンギ__先代青龍・アオ__役人 DRIFTERS__ブッチ・キャシディ__サン・ジェルミ__源義経__フラメ__ドワーフ テラフォーマーズ リベンジ__ ...
記事日時:2017/02/19 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは漫画版。その他メディアのページ: 日本映画:テラフォーマーズ
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ