[漫画]闘将!拉麺男(たたかえ!ラーメンマン)


たたかえ らーめんまん / Tatakae Ramenman
RSS
注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:闘将!!拉麺男
漫画総合点=平均点x評価数899位8,758作品中総合点12 / 偏差値52.13
漫画平均点749位1,323作品中平均点0.71=良い/17評価
1982年漫画総合点11位72作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.00(良い)2
ストーリー0.50(良い)2
画力0.00(普通)2
悲しい50%1人/2人中
道徳心&モラル50%1人/2人中
怖い50%1人/2人中
びっくり50%1人/2人中
格好良い50%1人/2人中
もっと見る
属性投票する
作者:ゆでたまご
掲載誌:フレッシュジャンプ
発売元:集英社
単行本:全12巻(ジャンプコミックス)、全9巻(ジャンプコミックスセレクション)、全8巻(文庫版)
日本 開始日:1982/07/23(金) 1982年08月号
18,2122517
最近の閲覧数
4202350542
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2010/05/02 / 最終変更者:kunku / その他更新者: 孔明 / 提案者:羽幌炭鉱 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2012/03/28 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 34218 ホスト:34327 ブラウザ: 5345
あのキン肉マンが誇る元残虐超人、ラーメンマンのスピンオフ作品
【良い点】
魅力的なキャラクター(敵味方問わず)
必殺技
【悪い点】
いいところで中度半端に終わったこと
【総合評価】
ゆで先生、続き描いてくんねーかな〜

とても良いで

2011/12/22 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:478(64%) 普通:108(15%) 悪い:158(21%)] / プロバイダ: 10746 ホスト:10779 ブラウザ: 8348
【良い点】
・闘龍極意書、超人102芸というネーミング、設定が秀逸です。
『烈火太陽脚』『命奪崩壊拳』など、技の名前も好きで毎回どんな技が出るのか
楽しみでした。

・味方キャラはチューチャイ以外、一発ネタみたいな技しか持っていないヤツばかりであんまり
魅力無かったですね。
敵キャラでは暗器五点星が印象に残っています。ベタでも団体戦はやはり燃えました。

【悪い点】
・落とし穴を掘ったり、地面に埋まって隠れたり、意外とせこいラーメンマン。

・無駄に人が良く死ぬ、残酷描写が多い。

・何度死んでも甦る砲岩。

・バンボロ(ザーサイ)の背中についていた葉っぱの話、幼かった当時でも
『んな訳ねーだろ!』と思いました。

・打ち切り。

【総合評価】
アニメから入ったので、多すぎる矛盾点などに『?』となることもありましたが、
キャラと設定の魅力で充分相殺はできていました。
この作品のおかげで他の漫画や映画のおかしな点を笑って許せる寛大な心が手に入ったような
気がします。

2010/12/31 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:24(57%) 普通:7(17%) 悪い:11(26%)] / プロバイダ: 4679 ホスト:4466 ブラウザ: 11756
【良い点】
『キン肉マン』の登場人物・ラーメンマンのスピンオフで、団体抗争戦やトーナメント試合などの要素もあるにはありますが、同作とはその趣がかなり違っていることに気づかされます。基本的にこちらのラーメンマンは、弟子の子ども(シューマイ)を一人連れただけの、単独に近い状態で修業の旅に努めているスタイルで、作風の新境地を開拓しようとする試みが作品から窺えます。本作の連載は、ゆで先生にとっても「引き出しの総量」を拡張する修業の旅だったといえるかもしれません。

【悪い点】
掲載誌廃刊によって、連載が尻切れ蜻蛉に終わってしまったのが残念でした。

【総合評価】
こうして修業の場を失ったゆで先生は、例の「努力・友情・勝利」なる単調コンセプトの中で、作風の幅を拡げるチャンスを持てなくなったように思えます。ですからもし、掲載先出版社の掛け持ちが許されていた(それが叶わぬような制約は「○○先生の作品が読めるのはジャンプだけ!」という謳い文句に象徴されます)なら、もっと作家として成長できたかとも思われます。

2009/12/24 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1053(75%) 普通:239(17%) 悪い:106(8%)] / プロバイダ: 12232 ホスト:12154 ブラウザ: 10007
82〜88年にフレッシュジャンプで連載されたゆでたまご先生の超人拳法バトル漫画。幼い頃馬賊`毒蛇党'に父を殺された`ラーメンマン'は、超人拳法の`陳師範'に助けられて弟子入りする。12年間の修行の後、本格的に超人拳法となったラーメンマンは、秘伝書`闘龍極意書'を授かり“美来斗利偉・拉麺男"の名のる。`毒蛇党'を討ち、父の仇を晴らした拉麺男は、弟子の`シューマイ'と共に悪の蔓延る中国全土へ旅立つ。

本作品は「キン肉マン」のゲストキャラ`ラーメンマン'を主人公にして、動乱の中国を舞台に中国拳法によるカンフーアクション的なスタイルで描かれています。当時週刊少年ジャンプで行われていた愛読者賞で高い支持を得た本作は、姉妹誌`フレッシュジャンプ'で掲載されることになり、「キン肉マン」と併用して描くこととなったそうです。元々「キン肉マン」のキャラとして読者から募集された超人ですが、まさか主役として使われることとなるとは募集者も予想しなかったんじゃないかと思いますね。本作はどちらかというと「ジャッキー・チェン」より「ブルース・リー」のほうの影響が強いと思われます。

本作の主人公“拉麺男"はスタイルこそ「キン肉マン」に登場したラーメンマンと同じですが、「キン肉マン」では当初残虐超人でブロッケンマンを殺害したし、ウォーズマンにベアークローで頭を打ちぬかれて、その四並びの傷があって廃人化してしまった時期もあります。ですが本作に登場するラーメンマンは最初から正義の超人ですから、同一キャラではなくてパラレルワールド化しているかもしれません。(ですが`闘'の字のついた肩掛けは「キン肉マン」のものと同じですが) 弟子の“シューマイ"はよくある少年連れ添いキャラですが、活躍はするけども拉麺男ほど目立たないからかわいい感じのイメージしかありません。拉麺男の師匠の`陳師範'もあまり活躍の場がないせいか、キャラ的にはそれほど目立ちません。実力では拉麺男より上なんですが。
敵キャラとしては`蛾蛇虫'・`砲岩'・`芙蓉蟹'・`武狼帝'・`咀怒謀'・`蜈喪鑼'等は印象に残ってますが、「キン肉マン」の超人ほどのインパクトはなかったです。

ストーリーは父を殺されて孤児となった幼いラーメンマンが超人拳法を習い、本格的な拳法伝承の戦士とし、悪党たちと闘っていくという、本格カンフーアクション型の闘争ドラマとして仕上がっています。でも本作はストーリーよりも拉麺男と悪党の拳法の技を駆使した闘いのほうが主流で、話等はそれを行うための繋げ役でしかないため、ほとんど知りません。拉麺男の妹`拉娘'が出てきたのは覚えてますが、当初は孤児のラーメンマンだったはずなのに、かなり強引じゃないかと思いましたね。
本作品の醍醐味は中国拳法を魅せたカンフーアクションであって、超人一○二芸の`命奪崩壊拳'・`破裏拳'・`百歩神拳'・`烈火太陽脚'・`千手孔雀拳'・`飛燕旋風脚'・`頭骨錐揉脚'・`猛虎百歩拳'・`五獣百歩拳'・`雷燕物体移動術'等はすごいという印象がありましたね。

本作品は超人を主体としたカンフーアクションという「キン肉マン」のバトルとは違った魅力があったと思いますし、内容的に充実していると感じましたね。ストーリーは悪くはないですけれども「キン肉マン」ほどの白熱するほど盛り上がるには至らなかった気がしますので、評価は【とても良い】。でも`キン肉マン'以外で超人の活躍をみせた唯一の作品であり、正義や試練を教えていることとしては傑作だと思いますが。
本作品の連載していた`フレッシュジャンプ'が休刊になったために、打ち切りを見舞ってしまったのは残念でした。ゆでたまご先生はまたいつか描きたいとコメントしていますから、また拉麺男の新たな活躍が描かれることを期待したいですね。

2009/06/16 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(44%) 普通:378(33%) 悪い:254(22%)] / プロバイダ: 12032 ホスト:11811 ブラウザ: 9125
【良い点】
・ラーメンマンを主役に選んだこと。

【悪い点】
・敵キャラクターが魅力的でない。
・バトルシーンが面白くない。

【総合評価】
途中までしか読んでいないのですが、これはキン肉マンに比べるとけっこうちゃんとした漫画でしたね。
主役がラーメンマンだったから、こういった違った感じの漫画に出来たんでしょう。
ラーメンマン以外のキャラクターがあまり魅力的ではなかったんですが、内容はそこそこ面白かったです。

2009/05/10 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:430(56%) 普通:224(29%) 悪い:111(15%)] / プロバイダ: 25881 ホスト:26185 ブラウザ: 8456
う〜ん・・・・ゆでたまご作品も連続で評価すると厭きてくるなあ(汗)。

【良い点】

ジャンプ読み切りが1話でしたね。まさかラーメンマンが主役に成るとは。この回は結構面白かったです。

スグルの様に三枚目要素が少ないのでシリアスな作品に成ってますね・・・・・「ラーメンマン」なんて冗談の様な名前なのに(汗)。

【悪い点】

何で奥義で虎が飛び出して来るのか・・・・後半のグダグダ感は目を覆いたく成ります。

最終回・・・・『王位編』のコスチュームに成って、おしまい・・・これでいいのか???

【総合評価】

まあ、キン肉マンと並列しての連載だったので本作連載時はモンゴルマンを登場させたそうです。

スピンオフ作品は短編の方が良いですね(汗)。+-0で「普通」。

2008/10/26 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:293(72%) 普通:54(13%) 悪い:59(15%)] / プロバイダ: 17345 ホスト:17522 ブラウザ: 6520
これは昔よく見てましたねえ。なかなか面白かったと思います。
キン肉マンで人気のあったラーメンマンを主人公にした、スピンオフ作品…といった所でしょうか?確かラーメンマンは読者の考えたキャラだったと思うんですが…。
それがキン肉マンでは人気キャラとして大活躍して今回は主人公に抜擢されて…この辺は読者からのアイデアを大事にする作者の心意気ではないのでしょうか?ラーメンマンを考えた人には嬉しいかぎりですね。この辺はラッ○ーマンの作者にも見習って欲しいです。
キン肉マンのような超人プロレス路線ではなくて、中国拳法をベースにした超人バトル路線といった差別化を図ることで、キン肉マンの二番煎じを免れてると思います。
なんか最近見てみたんですが、すごい中途半端なところで終ってますね。ドラゴンボールでいえばフリーザが最終段階までいった所で終了…という感じでしょうか?載っていた雑誌が終わってしまったんでこういう終わり方みたいなんですが…、作者にはどこかで続きを書いてほしいです。
こういった消化不良感のする作品には評価は中立という意味で良いとも悪いとも言えないという意味で今のところは「普通」で…。正式な続編が出たらまた評価したいと思います。

2008/08/13 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2029(50%) 普通:785(19%) 悪い:1253(31%)] / プロバイダ: 11268 ホスト:11524 ブラウザ: 6342
『キン肉マン』の超人の中では人気のあったラーメンマン主人公ですが、完全に独立しており、キン肉マンのキャラクターは殆ど登場していません。アクションシーンではキン肉マンよりもリアルだったり、迫力があったりするシーンもあるのですが、ラーメンマンがシュウマイと一緒に旅をし、行き先で悪人退治をするという水戸黄門的ストーリーも出しましたが、それで終始いくのかと思いきや、やはり、ジャンプお得意の集団抗争バトル作品の足かせがはめられてしまったようです。

そういう事と、キン肉マンよりも単純明快で判りやすさがあったのに、そういったものを廃したり、最後も消化不良で終わったりという具合に、キン肉マンよりも良くなる要素を持ちながらも、それを活かせなかった感じです。まあ、作者のヒット作はキン肉マンを除けば、この作品だけなので、そういった作者の限界のようなものが、この時点であったのかも知れませんが。

途中の集団抗争バトルに突入してからはあまり見なくなったし、作者の『キン肉マンⅡ世』の悪影響は、本家キン肉マンよりは、むしろこの作品から受け継いでいるように思えます。ダラダラ続けたり、人間としてやってはいけないことをやっても許される・・・なんてシーンがあったのは、この漫画からありました。

テニスラケットで人をミンチにしてしまうという残忍な処刑方法を使うのには一発でこの作品のもつイメージを壊してしまったし、前半が良かっただけに、上手く終了できなかった部分と、このラケットの悪さから、どうしてもマイナス点を付けざるを得ません。

2007/12/23 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:166(67%) 普通:38(15%) 悪い:43(17%)] / プロバイダ: 12203 ホスト:12313 ブラウザ: 5234
面白い。本家「キン肉マン」より好きですね。

砲岩が何回も死んだり、蛾蛇虫の腕があったりなかったり。本家より不可思議ですね。

一番好きなのは、砲岩の「散弾流星脚」ですね。中盤以降は当然のように破られるようになった技だけど(笑

怒雷拳士あたりまでは読んでたけど、その後(無攻撃拳詠春)は読みませんでした。

一番好きな話は、VS暗器五点星編ですね。かなり長い話だった。

あと、アニメは1回も見たことないです。

2007/10/18 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:25(60%) 普通:4(10%) 悪い:13(31%)] / プロバイダ: 8732 ホスト:8523 ブラウザ: 4483
なかなか面白い。本家(といっても作者は同じだけど)キン肉マンより好き。

砲岩が何回も死んでたり、蛾蛇虫の腕があったりなかったり、いろいろ不可思議な漫画だけど、それはそれでいいと思う。

拳聖五歌仙の拉麺男以外のメンバーでは、チューチャイが好き(唯一、最初から善人だった仲間)ただ、彼は、最初は「さん」付けだとか丁寧な口調だったが、暗器五点星編あたりから拉麺男を呼び捨てにしてましたね。ちょっぴり残念。

あと、面白かったんですが、似た展開に飽きてきて、怒雷拳士編以降は読まなくなりました。

2007/08/13 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:85(61%) 普通:11(8%) 悪い:43(31%)] / プロバイダ: 1942 ホスト:1857 ブラウザ: 3875
結構はまった漫画の一つです。相変わらずとってつけたような設定がでてきますが、何

故か読むのをやめられない、むしろどんどん夢中になってしまう不思議な漫画です。

昔の漫画って今の漫画と比べると理論的に穴だらけなんだけど普通に読めちゃうのは何

故なんでしょうね。

2006/12/09 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:128(48%) 普通:41(15%) 悪い:98(37%)] / プロバイダ: 46334 ホスト:46463 ブラウザ: 4184
確かゆでたまご氏の代表作「キン肉マン」に出てくるラーメンマンが主役の漫画でしたよね?
ストーリーは明らかにオリジナルであり、「キン肉マン」に登場するラーメンマンとは違うのが残念。
話は別に悪くはなかったのですが、連載していた雑誌が休刊(?)したため話は途中で終了したそうですが作者はどこかでまた描きたいそうです。

2006/12/07 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:131(81%) 普通:17(11%) 悪い:13(8%)] / プロバイダ: 21613 ホスト:21691 ブラウザ: 4184
この作品、「キン肉マン」の人気キャラだったラーメンマンを主役にして作者が嵌っていたブルース・リーに代表される香港カンフー映画のテイストを取り入れています。世界観は中国史で言えば清朝時代辺りだと思いますが、アバウトな作風で知られるゆでたまごらしくクローン人間とか出てくるしその辺は適当。作者は何を書いてもキン肉マンのノリなのでこの作品も当然ああいうノリで整合性とか考えず頭を空っぽにして楽しむのが一番良いかと。個人的には頂上拳の三悪人辺りで世界観が崩壊したと思います。アクションシーンはカンフー映画っぽいのでその辺の映画が好きな人にはそこそこ楽しめると思います。

2006/06/02 悪いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 33223 ホスト:33285 ブラウザ: 4314
この漫画も「キン肉マン」同様登場人物のかませ犬化が多いが、中でも酷かったのが主人公であるラーメンマンのクローンであった拉麺男・乱坊ですね。最終エピソードとなった皇帝の武術指南役だか何だかを決定する大会に参戦したはいいが、ラーメンマンの胴着をこっそり着たばかりに敵の一人に闇討ちされ、敢え無く出場不能に。死ななかっただけマシとも言えますが、あの扱いにはガッカリしました。

2006/05/28 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2218(50%) 普通:1112(25%) 悪い:1113(25%)] / プロバイダ: 5474 ホスト:5348 ブラウザ: 4483
元々は「キン肉マン」で人気キャラになったラーメンマンのアナザーストーリーの読み切りを出したのが切欠だったような。
ストーリー的な粗は「キン肉マン」で慣れていたので、それなりに楽しめたのですが脇キャラの扱いがな…。
「キン肉マン」でもザ・ニンジャやブラックホールがいつの間にか生き返って〜というのがあって
結局、やられキャラで終わりましたが、こちらほどは酷くは無かった気がしますね。
評価はそこそこ「良い」でしょうか。

もっと読む

「ジャンプリミックスだか集英社リミックスにてこの漫画が出ていたりするのだが、無理矢理【キン肉マン】での...」 by 羽幌炭鉱


次のページを読む

この評価板に投稿する



2016/04/09 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 44658 ホスト:44474 ブラウザ: 10128 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事格好良い 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)

もっと見る
1. 今日は森功至さんのお誕生日です by Mr.KN
... 役といった役などで70年代に活躍されていました。 その後は「機動戦士ガンダム」のガルマ・ザビ、「銀河旋風ブライガー」のスティーブン・ボゥイー(飛ばし屋ボゥイー)、「北斗の拳」の南斗白鷺拳のシュウ、 「聖闘士星矢」の御者座のカペラ、双子座ジェミニ(幻影)、「魁!!塾」の赤石剛次、「闘将!!」のラーメンマン ...
記事日時:2014/07/10 [表示省略記事有(読む)]
2. キン肉マンと by 羽幌炭鉱
... たまごの全盛期は何時なのかと思ったが、「『キン肉マン』と『闘将!』を同時に連載、中断に至るより前辺り」だと思う。 若く勢いある漫画家青年2名の最も脂が乗っていた時期であるこの当時は、かたや「いざという時は友情に厚く熱血な正義感だが普段は弱くてダメ人間な主人公」が織りなす「なんだかんだ言いながらルール前提で戦っ ...
記事日時:2012/01/12
3. "渡辺菜生子さんについて(声優紹介)" by 陣兵
... サリ、ミウ。 19.【エスパー魔美】…カオリ。 20.【仮面の忍者 赤影】…かえで。 21.【シティーハンター】…片岡優子。 22.【ついでにとんちんかん】…呂里子。 23.【ビックリマン】…柔助。 24.【キテレツ大百科】…サチコ、信ちゃん、かおり、ハナ、豆コロ、マミ。 25.【闘将!!】…メンマ、 ...
記事日時:2011/11/06 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:闘将!!拉麺男
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ