[漫画]いちご100%: 2006/10/29 抹茶


いちごひゃくぱーせんと / Ichigo 100%
  • 可愛い
  • セクシー
RSS
漫画総合点=平均点x評価数7,744位7,748作品中総合点-305 / 偏差値-37.81
漫画平均点1,144位1,284作品中平均点-1.06=悪い/288評価
2002年漫画総合点272位272作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2006/10/29 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(67%) 普通:0(0%) 悪い:1(33%)] / プロバイダ: 779 ホスト:652 ブラウザ: 6287
コメントの前に・・・ネタバレな記述もあるのでまだ全部読んでいない方は注意してください。

けっこう辛口な評価をされてる方が多いですね。たしかにたいして格好良くない主人公が
ハーレム状態になったり、必要以上にサービスカットが多かったり、ストーリ性に乏しい
内容だったと思います。しかし、最終巻巻末の作者コメントで「連載を始めるにあたって当時の
担当から『とにかく恋愛!恋愛中心で!』と強く言われて・・・」という風に書いてありました。
あくまで推測ですが、おそらくいろんなタイプの女の子を登場させたり、(少年誌であるがゆえに)
サービスカットの使用を多くしたりというのも出版社側からいろいろな注文があったからじゃない
かなという気がします。漫画は出版社がないと作品を連載できません。そして出版社は雑誌を
多く売りたいという思惑があるはずです。作者がこうしたいと思っても、出版社は雑誌の売り上げ
のために様々な注文をするでしょう。当時のジャンプ連載陣に似たような作品がなかったことなどから
「主人公ハーレム状態」や「サービスカットの多用」という注文が出され、その結果があのようなストーリー
展開になったのではと推測しています(間違ってたらごめんなさい)。
もし、作者の発想だけでああいう展開が生まれたとしたらちょっと残念ですが・・・。
駄作と評価するのは簡単ですが、作者自身の構想、出版社側からの思惑(=大人の事情)をうまくまとめて
一つの作品にするのは非常に難しいことだと思います。

毎回ベタな展開でしたが、良いなと思う描写もありました。下でどなたかが書いているので既出で
申し訳ないですが、最終巻で雪の日に東城と真中が話していたシーンと空港でつかさと別れるシーンは
けっこう印象深かったです。泣いてはいたが最後まで振り返らなかった東城と一度は振り返らないと
言っていたが涙をためながら振り返ったつかさの対比の描写はその後のエンディングに結びつく重要な
シーンだったのではと思います。私は連載当初から最後は登場とくっつくと思ってましたし、つかさより
東城の方が好きなキャラだったのでベタでもいいから最後は東城とのハッピーエンドが見たかったですけどね。そういう意味で自分的には予想外のエンディングだったのも印象的でした。あと、絵は好きでしたね。

最後に、皆さんが書かれてる通りハーレム状態や必要以上のサービスカットに対する不快感、乏しいストーリー性などは私もその通りだと思います。それだけを考えると私の評価は「悪い」です。ただ、そういった展開になった背景=大人の事情を考えると致し方ない面もあるかなというのが私の考えです(あくまで推測ですが)。なので、みなさんより甘口かもしれませんが、総合的に判断して「普通に近い良い」ということに
しておきます。長々と駄文失礼しました。


論客名: パスワード:




この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声