[漫画]るろうに剣心〜明治剣客浪漫譚〜: 2010/05/05 ザビー


るろうにけんしん めいじけんかくろまんたん / Rurouni Kenshin
  • 面白い
  • 格好良い
  • 熱血
  • 友情
  • 考えさせられた
RSS
漫画総合点=平均点x評価数23位8,764作品中総合点273 / 偏差値129.01
漫画平均点509位1,332作品中平均点1.23=良い/222評価
1994年漫画総合点1位193作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2010/05/05 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:46(68%) 普通:5(7%) 悪い:17(25%)] / プロバイダ: 4907 ホスト:5006 ブラウザ: 9207
【良い点】
・ストーリー・キャラクター・画力等は秀逸。
・史実との絡ませ方の上手さ。
・何と言っても斎藤編と京都編は最高に面白い。

【悪い点】
・人誅編はストーリー・キャラクター共にあまり好きではありません。ただ剣心の回想である追憶編は好きです。
・京都編後半辺りからの絵の変化。どちらかとう言うと斎藤編辺りの絵が好きなので。

【総合評価】
一番好きな漫画ですね。この漫画から幕末に興味を持って調べ始めました。ジャンプで歴史モノはウケないと言われそのうえ時代背景の難しい明治時代を扱って、ここまで人気を得たことは凄いことだと思いますし、海外でも「サムライX」として人気があるというのは本当に凄いです。
あえて幕末ではなく明治初年を扱ったというところに作者の眼力の鋭さを感じますね。幕末物はいくらでもありますが意外とこの時期を扱った作品というのは少なく、しかも西南戦争終結後というある意味本当の幕末の終焉期ですから、描くのは難しかったと思います。剣心同様登場人物の多くが幕末を引きずっているところからこの時代の背景を察することができます。それを上手く表現した作者は凄いと思いますね。
また実在の人物である斎藤一や大久保利通らが登場していますが、いい味出してますね。特に大久保は一番好きな歴史上の人物なので(この作品で知ったんですが)、よくある冷徹なイメージではなく日本を将来を思う大政治家として描いてくれたのは嬉しい限りです。なんでも作者が大久保好きだそうですのでその影響でしょう。
よくよく考えてみると私と作者の和月氏の好みが似ていることが、この作品に惹かれる一番の理由かもしれません。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ