[漫画]ポプテピピック


Pop Team Epic
  • 可笑しく笑える
  • びっくり
  • 面白い
  • 楽しい
RSS
注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:ポプテピピック
漫画総合点=平均点x評価数520位8,708作品中総合点22 / 偏差値55.03
漫画平均点193位1,329作品中平均点1.83=とても良い/12評価
2014年漫画総合点1位254作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.38(良い)13
画力0.69(良い)13
ストーリー0.38(普通)13
可笑しく笑える85%11人/13人中
びっくり62%8人/13人中
面白い62%8人/13人中
楽しい46%6人/13人中
道徳心&モラル38%5人/13人中
もっと見る
属性投票する
著者:大川ぶくぶ
出版社:竹書房
日本 開始日:2014/08/29(金) まんがライフWIN / 終了日:2015/11/07
公式サイト
1. ポプテピピック / 大川ぶくぶ / まんがライフWIN
7,1521212
最近の閲覧数
3231621223
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/05/08 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/07/02 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:16(59%) 普通:0(0%) 悪い:11(41%)] / プロバイダ: 4470 ホスト:4415 ブラウザ: 8277
【良い点】
ポプ子とピピ美の両目は宝石に似ていて可愛い。特に口だけ猫口は変わらない事が可愛い。
ポプ子とピピ美のコンビは無くてはならない。最終回の泥水顔のポプ子はこちらが虜になる。
ポプ子のボブツインテールはチャイナっ子、ピピ美のぱっつんスーパーロングはかぐや姫に似ていて大好き。

【総合評価】
大川ぶくぶ先生の『ポプテピピック』は物語構造のためになる。
[共感]
2019/07/03 >目。バットマンのマーク by ジョニーナンマイダー

[推薦数:1] 2019/05/10 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:21(95%) 普通:0(0%) 悪い:1(5%)] / プロバイダ: 2525 ホスト:2704 ブラウザ: 7960
何かで目にして、けろけろけろっぴいとかグデたまみたいな「キャラクター」かと思ってた。
一応は4コマ漫画のキャラなのね。

で、4コマ漫画としての出来はというと、ぶっ飛び過ぎていたり、その時のその時の漫画やゲーム、アニメのパロディなので、少し時間がたつと全く分からなかったりする。

しかし、そんなことはどうでもいい。このキャラは強力だ。かわいらしくもあり、強烈な毒を秘めている(ミツクチじゃね?)。

ポプ子(短身、ツインテールの方)が、突然意味不明にキレたりするが、固定した微笑で見ているだけで、あらゆる事象の愚かさを浮かび上がらせる、不思議な力がある。

努力すれば面白い四コマ漫画は描けるだろうが、きっとこの作者も他の漫画家もいくら努力してもこれだけのキャラは中々作れないだろうなと思う。

2019/01/05 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:113(81%) 普通:2(1%) 悪い:25(18%)] / プロバイダ: 12351 ホスト:12287 ブラウザ: 10317
もはやどっから突っ込んでいいのか分かんねえ!
真面目に見るんじゃなくてネタとして見ても面白いしクソな所にブーブ言って見るのもいいでしょうし暇つぶしに見るのもいいと思います、ストーリーを求める人には合わないだろうが、ストーリーよりクソさとシュールさを求める人にはオススメする!
特定の人しか知らないコアなネタは作者どっから仕入れて来とんねん!って突っ込みたくなった、話題になったネタもありますが(笑)

【総合評価】
アニメ化して話題になりクソさを広げた迷作でもあるでしょう

[推薦数:2] 2018/05/03 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:93(64%) 普通:15(10%) 悪い:38(26%)] / プロバイダ: 17075 ホスト:17086 ブラウザ: 10176
私は未だかつてこのような4コマ漫画を読んだ事が
ありません。

【良い点】
独特な絵柄、雰囲気。

ポプ子とピピ美のキャラクター性は勿論、煽りとしてもネタとしても有効で、非常に印象に残るセリフや
コマ
(私は、先ずここの部分でこの漫画に引き込まれました。)

他作品の漫画、アニメ、ドラマ、ゲーム、映画、CM、バンド、お笑い芸人のネタなど、まだ私が生まれてもいない頃から最近のものまで、これでもかというほどに詰め込まれてる様々なパロディ
(勿論オリジナルのネタもありますが。)

他にも、時事ネタやコピペの繰り返し、
ブラックユーモアなど、一つ一つ挙げていったら切りがありません。

挙句、「こんな事やっても許されるのか?」と思う程のネタまでやってのけました。

4コマの基礎である起承転結も、ネタのタブーも
へったくれもこの作品にはありません。

これ程までのインパクトがある独特な作品は、すっかり私の頭の中に染み付いてしまい、今や私も信者の中の1人かもしれません。(笑)

私は先にアニメを観てから、この漫画を買って読み
ました。

「とびっきりのクソ!」
常識を打ち壊すこの姿勢は私に刺激を齎せました。
これは私が、アニメや漫画を見て思った事です。

【悪い点】
個人的には無いのですが、強いて言うなら、

パロディに関しては、元ネタが分からない人にとっては理解に苦しむと思う。

内容が内容なので、万人受けする作品では無いと思う。

これくらいですね。

【総合評価】
私は、これくらい振り切ってて、特に不快感を感じる事もないくらいの作品は好きなタイプです。話題になって当然なくらい、この作品は有名になりました。
評価は「最高」とします!

2018/04/04 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:551(54%) 普通:214(21%) 悪い:257(25%)] / プロバイダ: 1417 ホスト:1294 ブラウザ: 5173
ここいらでとびっきりのクソ評価でも投稿してみますか。

基本は不条理ギャグマンガのを成した、内容に統一性も起承転結も何もなく、アニメになってない部分にはぶくぶ先生の趣味なのかマニアックなネタやヤバイネタもある。ハハッ!
そんなやりたい放題の無法地帯だが読めるのはポプ子とピピ美のクレイジーな空気感によるところが大きい。

指定暴力団1stClass→「もしも〜しポリスメ〜ン」
「カツ丼喰えよおおおおおおおお!!」
「ビビってんのかオエーイ」
たしかに煽りに使えるセリフは多い。しかし読んでても、全く頭に内容が入ってこない。
ただただネタの垂れ流しでしかないのがこれがクソたる所以。おかげで頭を使わなくとも読めるが、面白いなんて言わないぞ。

【総合評価】
人類には10年くらい早い。くそ漫画としての宿命をもってして生まれ、その咎を背負う4コマ界の救い主。
その圧倒的クソさは個性であり作家性。時間をドブに捨てたいときに便利。

この漫画の事どれくらい好きかおしえて?

・・・いっぱいちゅき。

2018/02/01 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(20%) 普通:0(0%) 悪い:4(80%)] / プロバイダ: 4293 ホスト:4550 ブラウザ: 5213
【良い点】
はっきりいってKUSO漫画(誉め言葉)それしかない

【悪い点】
他のアニメが迷惑被ってる とくに封神やおそ松

【総合評価】
最高のKUSOだなコレ

[推薦数:1] 2018/01/31 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:81(58%) 普通:16(12%) 悪い:42(30%)] / プロバイダ: 1188 ホスト:1170 ブラウザ: 10229
【良い点】

●強烈なネタコマの数々

●真面目にクソにしている作風


【悪い点】

●時間と共につまらなく(分からなく)なるネタが多目


【総合評価】

フミンバインこと大川ぶくぶ先生が『まんがライフWIN』で連載されていたシュールギャグ漫画です。

基本的に2人の中学生…背が低くツインテールのポプ子と、リボンを付けた顎の長いピピ美によるボケ&ツッコミが繰り広げられますが
根強い人気からシリーズ化し、アニメ版は早速(良くも悪くも)話題を掻っ攫っています。


やはり読んでいてまず惹かれる?のは一コマ毎の破壊力。

一応の可愛げはある二頭身デフォルメと、そこから放たれるキレ芸(顔芸)&カオスな迷言とのギャップが強烈です。
「さてはアンチだなオメー」「お前がやったんだろ!!」「いっぱいちゅき」「意味がわかんねーよ バーカ!」etc
……どれも汎用性が高い為「漫画を読んだ事は無いがその画像は知っている」という方も少なくありません。これらは本作が知名度を上げていく上で確かな一助となっていたでしょう。


そして一番の見所は、ちゃんと「とびっきりのクソ4コマ!」に仕立てている所です。

不条理ナンセンスさを土台にしつつ 全編で時期を問わず娯楽作品のパロディが込められており、他社の連載漫画からネットやTVにおける流行までネタの振り幅も限りを知りません。
果ては出版元の竹書房を作中で指定暴力団呼ばわりしたり 破壊したりとやりたい放題…『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』等のギャグ漫画がそうですが、読者を笑わせる為に何でも取り組んでいる所に真摯さを感じました。

ちょっと残念なのは時事ネタが多く、その時その時の面白さを頼りにしている所でしょう。
時間を経て元ネタが分からなくなった途端 面白さが半減してしまうので、リアルタイムで読んでいくか複数人でゲラゲラ読むのが向いているのかもしれません。
(事実アニメ版でもベ◯マックス等の流行ネタを削り、ノロ◯様やチキ◯キマシン等 有名所のパロディを加えていたりする)


大川先生の更なる活躍に期待しつつ【総合評価】を【良い】と致します。
拙文読んで戴き有難うございました。
[共感]
2018/06/03 私も、一コマ一コマがネットのどこかしこで見た事があると思い、それがこの漫画を知った始まりでした。 by れいんぼーきんぐ

2018/01/09 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:65(41%) 普通:37(23%) 悪い:56(35%)] / プロバイダ: 12243 ホスト:12616 ブラウザ: 8281
【良い点】
パロディネタが全編にわたって散りばめられているが、パロディネタがわからなくてもクスっとできるポイントがそこそこある
時事のネットネタが挟まっていたりするのでそこは同じ時代に読んでいるとわかりやすいし楽しい

【悪い点】
パロディネタがほとんどなので(4コマごとに使われる元ネタがほぼすべて異なる上に、同じ4コマ内でも複数の元ネタを組み合わせている場合が多い)、わからないと大半のネタについて理解不能 すべてのパロディの元ネタを調べずに読み取れる読者は作者本人だけなのではというくらい広範なので、これは意図的にそう作られているのだが
後から思い出して良い漫画だったと思えたり、読み返したくなったりする漫画では全くない

【総合評価】
パロディだとわからなくても雰囲気でそこそこ笑わせてくれるのはいいと思う
決して面白い漫画ではない

2017/12/30 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:698(59%) 普通:230(20%) 悪い:248(21%)] / プロバイダ: 17222 ホスト:17319 ブラウザ: 8279
kindle版を買いました。
私のXperiaが呪われました。

2017/03/19 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:212(93%) 普通:17(7%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 13808 ホスト:13818 ブラウザ: 5819
(3/26:レビューを少し加筆修正しました。)
【良い点】
・ある意味クセの強い特徴的な絵柄。
・時事ネタ、流行ものだけでなく90年代を中心としたアニメ、ゲーム、漫画、ドラマ等を元ネタにしたパロディが面白い点。
・↑で挙げたパロディの元ネタを調べたり予想したりする楽しさ。
・出版元の竹書房を指定暴力団扱いしたり破壊したり等といったあまりにも過激すぎるネタ。
・Twitterをはじめとした色々な所で頻繁に見かける位独創的すぎる台詞回しが面白い点。

【悪い点】
・【良い点】で挙げたようにある意味独創的過ぎる作風であるがゆえに完全に人を選ぶ点。

【総合評価】
かつてまんがライフWINで連載されていた主にポプ子(背が低くツインテールな方)とピピ美(背が高くアゴの長いロングヘアの方)の掛け合いを中心とした四コマ漫画ですが、この漫画はこれだけではなく時事ネタ、流行ものの他に90年代を中心としたアニメ、ゲーム、漫画、ドラマ等を元ネタにしたパロディ、四コマ漫画の基本である起承転結を完全に無視している所、出版元の竹書房を指定暴力団扱い(余談ですが同社のクール教信者先生の「おじょじょじょ」でこれを元にしたパロディがありました)して警察に通報したり竹書房のビル自体を破壊したりといったどう考えても竹書房をディスっているとしか思えないようなあまりにも過激すぎるネタ、Twitterをはじめとした色々な場所で頻繁に見かけるようなあまりにも独創的すぎる台詞回し等がかなり目立っていましたね(また余談ですがあまりにも過激すぎるがゆえに単行本に収録されなかった話もありました)。
↑で挙げた中であまりにも独創的過ぎる台詞回しが特に面白いので無料公開されている1〜3話の中から挙げてみると
「ビーフオアチキン?」「あ"あ"?」「ビーフ」「命びろいしたな」
「いっぱいちゅき(ハートマーク)」
「あー一面のクソミドリ」
「お前がやったんだろ!!」「カツ丼くえよ!!」
「ッダロガケカスゥ―――」
「私が最初に言いだした事になんねーかな」
「あっちもこっちもどっちもサイコパス」
といったように1〜3話の中だけを挙げてみても独創的すぎる事が判ると思います。他の話にも独創的な台詞回しが多いのですが、特に最終回である15話に出てくる台詞回しは色々な意味で凄いので是非自分の目で確かめてみて下さい。
この漫画は打ち切られてしまったもののファンからのラブコールが強かったのか現在ではセカンドシーズンと称して再び連載を継続しています。セカンドシーズンの方はファーストシーズンの時と比べて色々な意味で更に酷くなっています(勿論褒め言葉です)。

2016/07/05 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:544(62%) 普通:137(16%) 悪い:193(22%)] / プロバイダ: 46011 ホスト:45846 ブラウザ: 9081
あくまで褒め言葉ですが、今作はめちゃくちゃ酷い漫画です。
4コマ漫画なのに起承転結が無かったり、そもそも内容自体は皆無な話もあったり。漫画作品として真面目に評価するならあきらかにナンセンスですが、竹書房に喧嘩を売って指定暴力団扱いにして警察に通報するといったぶっとんだシュールさが成立するのも今作だからこそ。

2016/05/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2204(58%) 普通:769(20%) 悪い:858(22%)] / プロバイダ: 18562 ホスト:18555 ブラウザ: 9081
色んな意味ですごいっす。
評価は「とても良い」。

この評価板に投稿する


2019/07/09 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 6108 ホスト:6284 ブラウザ: 7953
時間がたって、多少評価が変わりました。同じ「最高」ですが、自分の中ではビミョ〜に違います。

前の「最高」は、ねじり鉢巻きでええい、持ってけドロボー! と気合で最後のタネ銭を叩きつけた様な、勢い先行でしたが、今は、ソファーで葉巻をふかして、シャム猫を撫でながら(わしは007のスペクターか)、「ベスト・オブ・ベストだよ、フフフ…」という感じです。

やっぱりこの漫画というか、この2人のキャラは凄いですね。ネタ以前です。何もしなくてもどんな場面でもあの猫口の笑いを浮かべているだけで、おかしいです。

「その時その時の時事ネタやパロディネタが多くて、時間がたったり知らない人には何のことかまるでわからない」

ノープロブレムっス。「寄生獣」ネタはわかったけど、別にわかってもそう面白くもない(爆)。

いや、この漫画、腹を抱えてゲラゲラ笑うタイプじゃないっス。

「ジワる」って言い方がありますが、意味が分かろうがわかるまいが、この2人がいるだけで、いつまでもいつまでもおかしく、ジワります。

もっと読む

「…あっし、女子プロ(レス)も好きなんですけど、「東京女子プロレス」って団体がありまして、そこの伊藤麻希...」 by ジョニーナンマイダー


次のページを読む
2019/04/22 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 20943 ホスト:21143 ブラウザ: 8323 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事面白い/考えさせられた 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)

もっと見る
1. 12/10漫画レビュー(タフ外伝、星の王子さま、ポプテピピック) by ゴーグル侍
... 10名のパトロンが主役の返礼漫画です。画太郎先生の描いた10名のパトロンはそれぞれ個性が出ていますがそれにしてもコピーを多用し過ぎだろー 次回配信日は12月24日ですがどうやら次回もこの返礼漫画の続きが配信されるそうです。一体どんな展開になるのか全く予想できない(笑) まんがライフWIN 2018年12月10日更新分 ポプテピピック シーズン3( ...
記事日時:2018/12/10 [表示省略記事有(読む)]
2. オタクの世代格差 by bit
... 社会現象になるようなアニメがないまま次々と人気が移ろいでいく…といった感じがある。 まどマギのネット発の人気っぷりも後の動画サイトでのネット配信が主流になった事と符合している。地上波で放送されないアニメであってもネットで評判になれば全国的な人気が得られる証左となった感さえある。一方でそれを狙った「ポプテピピック」のような ...
記事日時:2018/11/29
3. 2018年アニメベスト10候補。 by S・N
... 入り、残り4カ月を切りましたが、今年視聴したアニメで 「最高!」を付けた作品が未だに「のんのんびよりの映画」しかない事に驚いています。 冬アニメは割と豊作で「ゆるキャン△」「ラーメン大好き小泉さん」「citrus」「ポプテピピック」など 中々に楽しめた作品は多かったものの、最高に至る作品はなく。 春アニメは個人的に ...
記事日時:2018/09/10 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:ポプテピピック
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ