[漫画]銀装騎攻オーディアンORO


ぎんそうきこうおーでぃあんおろ / Platinumhugen Ordian Oro
RSS
漫画総合点=平均点x評価数7,196位8,710作品中総合点-1 / 偏差値48.29
1999年漫画総合点195位232作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定-1.00(悪い)1
ストーリー-1.00(悪い)1
画力-2.00(とても悪い)1
悲しい100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
原作・原案:浅井健吾大張正己
作画:中野ツカサ
出版社:角川書店
※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:1999 月刊エースネクスト 4,5,8月号 / 終了日:1999 12月号
1,85211
最近の閲覧数
1000200200
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/05/24 / 最終変更者:TCC / 提案者:TCC (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2014/07/20 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3416(33%) 普通:3576(35%) 悪い:3332(32%)] / プロバイダ: 1096 ホスト:859 ブラウザ: 7465
元々は大張正巳監督のSFロボットアニメだったようで、本漫画版は
その外伝的だったらしいですが、結論から言えば「微妙」でした。

主人公のオロ、その大張氏もアニメ版総作画監督等を担当された「餓狼伝説」
シリーズの某キャラ風に言えば「いっぺん死んだ」が、友人の肉体に再生された
設定は意表を突いたアイディアで、その友人・ルーファスとの関係により説得力
を与えていたと言えたでしょう。しかし、それ以外の面は凡庸でした。

オロのかっての幼馴染や、ルーファスを好いていた姉ちゃんが実は敵対していた
テロ組織に所属していて「心のすれ違い」もあって対立し、彼らを倒さざる
を得なかった宿命等手垢がついていて、どうなるかもう先が読めましたね。
全く。実際その先に待っていたのはいくらかは救いも感じられないでもなかった
悲劇でした。

そのテロ組織連中との戦闘シーンでは擬音語も効果的に使っていて、バトルの
迫力感とか臨場感とかは伝わりはしましたが、その一方で人物のデッサンは
ゴチャゴチャしていて見づらかったです。ミョーにクセが強かったなあとも
言うか、これもちょっと減点要素でした。

最後は別に彼女はそういう家に望んで生まれたわけではなかったのに、
両親を殺されてしまった某財閥の娘だった女の子に大して便宜を図っていて、
前向きさとかは感じられはしました。しかし、アニメ版もぜひ見てみたいと思えた
程の魅力は見いだせなかったです。評価はこれではまあ「悪い」です。甘く
見ても。

この評価板に投稿する



2014/07/20 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 1096 ホスト:859 ブラウザ: 7465 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事悲しい 
ストーリー悪い(-1 pnt)
キャラ・設定悪い(-1 pnt)
映像とても悪い(-2 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ