[漫画]岡崎に捧ぐ


おかざきにささぐ / Okazaki ni sasagu
RSS
漫画総合点=平均点x評価数4,241位9,305作品中総合点1 / 偏差値48.92
2015年漫画総合点94位249作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
著者:山本さほ
出版社:小学館
日本 開始日:2015/01/09(金) ビッグコミックスペリオール 3号
90811
最近の閲覧数
16233100000
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/10/29 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/11/03 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1806(52%) 普通:906(26%) 悪い:781(22%)] / プロバイダ: 12297 ホスト:12030 ブラウザ: 8634
作者の小学生時代から現在までを綴った自叙伝的漫画。
親友の岡崎さんとの出会いから、共にゲームに熱狂する日々など基本はオタク気質ですが
部活にオシャレに恋もしてみたけど、それでも一番心地良いのは岡崎さんと一緒にいるときでした。
という作品

ノンフィクションとはいえ、どこまでが真実で、どれほどの誇張がされているのかは不明ですけど
出来事をコミカルに、そして等身大な苦悩を吐露することで作品を通じて作者に人間味を感じること
ができました

小・中・高とそれぞれを一冊でテンポよくまとめて(全5巻)それに私と年齢が近いのか当時のブームの
話がでてくるのを懐かしみながら読むこともできましたが、その辺りは「ピコピコ少年」などと通じる
ものがあり構成は近いです

悪く捉えると、友人を切り売りしている。とも捉えられかねないのですが、その真の意味は
タイトルの「岡崎に捧ぐ」からもわかるように親友に送る友情のラブレターということなのでしょう。
それは読めばわかりますし、描写はあくまで作者>岡崎さんのバランスです

しかし小学校からの友達と今でも交流があるなんて素直に羨ましいなぁ

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ