[漫画]MASTERキートン


ますたーきーとん / Master Keaton
  • 面白い
  • 楽しい
  • ロマンチックな気分
  • 格好良い
  • 勉強になった
  • 感動
RSS
注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:MASTERキートン
漫画総合点=平均点x評価数152位8,757作品中総合点71 / 偏差値69.48
漫画平均点51位1,332作品中平均点2.29=とても良い/31評価
1988年漫画総合点5位123作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.83(とても良い)6
画力1.83(とても良い)6
ストーリー1.67(とても良い)6
面白い100%6人/6人中
楽しい83%5人/6人中
ロマンチックな気分67%4人/6人中
格好良い67%4人/6人中
勉強になった67%4人/6人中
もっと見る
属性投票する
原作:勝鹿北星
作画:浦沢直樹
出版:小学館
掲載誌:ビッグコミックオリジナル
日本 開始日:1988 / 終了日:1994
37,5583231
最近の閲覧数
43221122125
2人の方がこの作品が漫画として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/01/12 / 最終変更者:永田 / その他更新者: 暁に吠え猛る獅子 / SHUNIA / 孔明 / SS / 提案者:TCC (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/07/31 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:780(64%) 普通:170(14%) 悪い:263(22%)] / プロバイダ: 31789 ホスト:31776 ブラウザ: 5507
【良い点】
・キートンの魅力。経歴の凄まじさを感じさない普通のオジさんかと見せかけて、プロフェッショナルな顔を覗かせる時の格好良さとのギャップ
・考古学ウンチクや世界的時事を絡めて安定したスパイアクションありの一話完結型
・後述の飽きはあったがラストは綺麗に締めた
【悪い点】
安定して面白くないことはないのだけど、後半は飽きを感じる部分も(大まかには似た話だったり、娘とか出て来てたがキャラクターはキートン頼みだったのは否めない)。等身大に寄り過ぎてキートンがそこらの不良達にボコられた弱々しいシーンはショックだった
【総合評価】
一話完結型の良作だと思いつつも全18巻は長かったかなというのが正直な感想。評価は「良い」

2018/02/22 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(83%) 普通:0(0%) 悪い:1(17%)] / プロバイダ: 12259 ホスト:12323 ブラウザ: 10266
【良い点】
1話1話のクオリティが凄まじく、1つの短編映画を見ているような感覚。作画も見やすく、人物の描き分けも上手い。特に表情の描き分けは天才的。
特筆すべきは話の締め方だと思う。情緒的で、余韻を残しつつスッキリとした絶妙な話の締め方に、時には鳥肌が立つ事もある程。数十ページ程の少ないページのはずなのに、壮大な長編物語を読んだような感覚。歴史的な知識や、雑学的な知識を学べる教養漫画としても優れた作品。

【悪い点】
特に無し。

【総合評価】
漫画として非常に完成度の高い作品であり、未読の方は是非一読して欲しい作品。

2016/02/28 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7(58%) 普通:3(25%) 悪い:2(17%)] / プロバイダ: 10004 ホスト:10289 ブラウザ: 10879
とにかくキートンの人柄に引き込まれる。
1話完結が多いながらも次を読みたくなるマンガだった。これを読んで紳士に憧れたり、世界を旅したいと思ったり、英語を勉強したりしました笑

まだ5巻までしか読んでないがとても面白いと言える。一コマ一コマかみしめて読める作品であると思う。

最高!

2015/12/29 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1652(52%) 普通:819(26%) 悪い:714(22%)] / プロバイダ: 40996 ホスト:40755 ブラウザ: 8589
この作品を支えている魅力の一つとして、キートン太一が様々な顔を持っているということがあります。
保険屋を生業としていながらも、考古学者の夢をあきらめず、元SASの教官という経歴を持ち
またひとりの父親でもある。その顔の数だけ話にパターンがありました

そして、そんな中に決まりというか、作者が共通して思い描いているコンセンプトがあって
それは「正しい心を持って、勇敢に行動すれば成し遂げられないことはない!」ということではないでしょうか

このキャラクターの芯の部分がしっかりとしているということが作品としては重要な点になっていて
動物学者の放蕩じいさん、しっかり者の娘、お調子者のダニエル、ライバル探偵で幼馴染でもあるチャーリーなど
周りのキャラが良い味を出しているのを忘れているわけではありませんが、お話のパターンが様々でも、そのすべてを受け止め
包容してしるのは、キートン太一の魅力的な人間力があってこそであり、だからこそ「MASTERキートン」として成立しているのです

どの話も、印象に残るというのとは少し違うんですが、どれも胸にすっと落ち着くように締めくくられるものだから
すぐ次を読みたくなってしまい、1話完結なのだからどこから読んでも良いはずなのに、本を置くタイミングが掴めないくらい
熱中してしまい、その1話1話を飽きずに読むことができるのです

仮に各エピソードに点数をつけなら、どれも70〜95点あたりで、100点はひとつもないかもしれません。
それでも1話完結を基本としながら、これだけの話数をクオリティを落とさずに書ききったことは脅威的であり
高水準を維持しつつも最後までプロの仕事を貫き通した作品に対して、私は【最高】という評価をします

2011/10/22 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:225(78%) 普通:25(9%) 悪い:40(14%)] / プロバイダ: 26798 ホスト:27131 ブラウザ: 10806
【良い点】
このマスターキートンのように短編がどれも平均以上の作品は、なかなか無い。同じレベルといえば私は他にギャラリーフェイクを思い浮かべた。
久しぶりに読み返してみた。
浦沢先生の外人キャラクターはこの作品で完成されている。親しみやすく、表情豊かで簡単に見分けがつくように特徴をそれぞれうまくデフォルメしている。これはモンスターにも十二分に生かされている。
チンピラ、頼りない青年、人のいい老人、美人、気の強い老婆、どれも浦沢氏のキャラクターは表情に性格が表れておりそれをうまくパターン化し、アレンジを加えて描き分けられている。キャラで性格がわかる。

キートンの幅広いキャラ設定もさまざまなストーリー設定の中でどれもうまく生かされている。ストーリーが面白くなければ失敗だろうが、どの話も過不足なくまとめられており、余韻を感じる余裕すらあり、成功していると言えると思う。

悪い点は無いが、この物語はキートンという非凡だが、世界を変える力、巨悪を倒す力などは無い平凡な男の物語であるので、自分が生き延びることに関しては抜群の能力を誇るが敵を倒すことに関しては爪が甘い。ストーリーの中でサッチャーに開戦を決意させた3人は結局わからないままだったし、最後の首に傷がある男もキートンは何も手が出せなかった。
しかし、だからいいのだろうとも思う。だから大自然の中で自分を見つめるラストのシーンにも味が有るのだろう。しかし物足りないような気もするのはたぶん野暮なのだろう。

【総合評価】欠点がないのだが、最高をつけるには、ほんの少し物足りない。短編があまりに多くまたうまいのだが、長編でも短編以上の感動はなかった。とても良い。

2011/02/13 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 823 ホスト:861 ブラウザ: 6425
アニメも最高でした原作も最高ですね(原作なんだから当たり前だ!)キートンの活躍がとにかく渋くてカッコいいです。
日常の物語にも興味深いものがおおく、キートンがサマープティングをつくりお父さんがおそばをつくる話があるのですが、そこで何で母親が離婚を決めてしまったのかの理由が分かるのですがギリシア神話に例えて話を進めていくので面白みがかなりありました、ただ「お国柄の違い」が乗り越えられないという現実もあって、国際結婚の難しさを浮き彫りにしてしまったのも事実ですね。
内容は本当にハードボイルドあり日常の情景あり、過去にまつわるアイテムがありなど飽きることがありません。
この方の漫画はこれが一番好きですね。

2011/02/13 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:221(58%) 普通:66(17%) 悪い:91(24%)] / プロバイダ: 7013 ホスト:6757 ブラウザ: 12340
1話完結ものが中心ですが時折入る長編物も面白かったです。
内容は・・・とりあえず読んでください。絶対面白いです。個人的にそれ以上はいらないと思います。
評価は最高です。

2010/09/19 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:279(39%) 普通:189(26%) 悪い:247(35%)] / プロバイダ: 1290 ホスト:1214 ブラウザ: 7469
浦沢直樹の中ではモンスターと並ぶ傑作ですね。
一話一話、よくネタが続くものだと思うようないいエピソードが詰められてます。
個人的にはワインの話とかラザニアの話とかが好きだったかな。

ラストエピソードだけはちょっとスケールを大きくしすぎた感があり、それが残念でした。
エンディングのシーンは好きですけどね。

[推薦数:1] 2010/09/19 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:670(88%) 普通:60(8%) 悪い:33(4%)] / プロバイダ: 1914 ホスト:1908 ブラウザ: 3876
浦沢スタイルの完成形。この作品があるからその後の作品がある。私は浦沢氏の上手さは、読者を引き込む序盤のストーリー展開と、その先に何があるか想像もつかない予想外のストーリにある。

しかし、浦沢作品を本当の意味で支えているのは豊かな人間ドラマにある。さあ泣いて下さい的涙ぼろぼろな激情な感じの話の運び方じゃなくて、じわっと染みるような話の作り方になっている。これが本当に良い。浦沢作品を見てしまうと、大概の実写ドラマは、さえわざとらしい薄っぺらいドラマに見えて見られなくなってしまう。アニメならなおさらである。

はっきり言って長編おいては展開の遅さが気になる事がある。でも面白い。マスターキートンで培った1話完結の小さな人間模様が話しが進むまで間を満たしている。モンスターにおいては随所にマスターキートンぽさがある。

新人とかが1話完結物で始めたりする事が多々ある。キャラがしっかりしていると1話完結物は作りやすい。しかし、1話完結物で、軽く笑える話はあっても。心に残るような気持ちになる作品は少ない。これだけ外れの少ない質の高い1話完結物は、ブラックジャックぐらいしか思い出せない。

全体の事はおいておいて、1つだけ特に印象深かった作品の話をすると私はドックディと呼ばれる熱い日作品が好きだった。じりじりした暑さが漫画から伝わってくる。これだけ短い話で、お話の筋だけじゃなくて、作品の中の雰囲気で引き込む話を作ってしまったのはあんまり見た事が無い。
[共感]
2011/01/19 『読者を引き込む序盤のストーリー展開』『外れの少ない質の高い〜』に共感。個人的なお気に入りエピソードは屋根裏部屋(ユーリ先生)の話ですが、読み手それぞれが心に響く話を見つけられるのも全体的な質の高さに要因があるのでしょうね。 by プー長

2009/12/02 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:177(76%) 普通:23(10%) 悪い:34(15%)] / プロバイダ: 5331 ホスト:5100 ブラウザ: 8817
著作権騒動で現在は絶版の状況に置かれている不運な名作。

『MONSTER』『二十世紀少年』『PULTO』とこれに続く浦沢先生の一連の連載作品においてもサスペンス調の中に氏の強い「人間賛歌」、「生きること」に対する熱い思いを感じることができるのだが、基本一話完結の本作の中でそれはより簡素で明快な形となって表現されているように思われます。

また上に挙げた作品群がシリアスな展開を基調としているに対し、この作品では日常的な小休止的・牧歌的エピソードを多く取り上げているのも特徴的である。シリアスでハードな日々の中、刹那的に燃える一瞬も生き方として非常に美しいものではあるが、少しずつ時間を積み上げていく生き方もまた素晴らしいものだということをこの漫画は教えてくれます。特に私がそれを強く感じたのは、大学での教鞭職を探すも上手くいかず落ち込む太一を父太平が何気なく過ごす時間も掛替えのない人生だと諭すエピソードです。日常に追われ、自分の可能性すら信じられなくなってくる中で、強く背中を後押ししてくれるエピソードとして深く印象に残りました。慌しい現代社会に生きる人々に是非とも読んでもらいたい作品です。

オプとしてのキートンが巻き込まれる事件のサスペンスや謎に楽しむのも良し、控えめながらに綴られたメッセージを受け取るのも良し。そんな様々な楽しみ方のできる漫画です。評価は勿論「最高」で。

2009/09/21 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:328(45%) 普通:169(23%) 悪い:226(31%)] / プロバイダ: 22871 ホスト:22714 ブラウザ: 9986
浦沢作品では最も好き。

今まで読んできた漫画を含めてもかなり上位に入る程好きな作品で、改めて言うようなことは殆どない。

ただ一つ敢えて言うのならば版権の問題で復刊されないみたいな話を聞いていると何だかなぁ・・・

2009/05/03 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(44%) 普通:378(33%) 悪い:254(22%)] / プロバイダ: 26251 ホスト:26365 ブラウザ: 9125
【良い点】
・キートンのキャラクターが良い。
・よく調べて描いている。

【悪い点】
・特になし。

【総合評価】
現実ではありえないようなすごい経歴のキートン。
でも穏やかで少し抜けている感がありどこか寂しげな人柄のため感情移入することが出来ます。
また、専門家でもないのに本当によく調べて描いていると思います。
この作者には毎度感心させられます。
今作は短編なのでストーリー性はあまりないですが、伏線を張りすぎて失敗の多い作者なので、こういった作品の方が向いていると思います。

2009/05/01 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:51(47%) 普通:32(30%) 悪い:25(23%)] / プロバイダ: 2289 ホスト:2107 ブラウザ: 8090
考古学の講師兼保険関連の調査員、そして元SASというトンデモない経歴をもつ主人公平賀=キートン・太一。彼がマヌケにもしぶとくぶつかっていく事件の数々。
経歴の凄さは名前のブランドでキャラクターをゴリ押しできた時代を感じさせる。今では少々鼻に付くと思う事が多くなり、経歴だけでは素直に凄いと思えなくなってしまった。もちろん、本人が出自に恥じない能力を作中で示し続けている場合は除くし、キートンはそれに成功している人物だが、その彼をして一大学の貧乏講師に落ち着いている状況は空しく同時に親しみを感じさせもする。そしてオックスフォード大やSASといえども嫁さんを捕まえておく方法は教えてくれないらしいな。あるいは嫁さんを逃がす方法を学んでしまったのかもしれないが…。それにしても彼はいったい何ヶ国語が喋れるのやら……所属していたのはフランス外人部隊じゃないのかと疑ってしまう。尤も要点を絞って効果的に使えば、初等的な言い回しかできなくてもかなり役立つはず。それはそれで頭のいいことだ。

考古学のような全ての証拠が完全に発見される事がありえない学問を修めている事は現実の事件を解決していくにも非常に役に立っている。彼の歴史に対する真摯な態度そのものが人間の過去への尊敬となって現れている点も興味深い。
現地のウイグル族に大学教授達と共にタクラマカン砂漠に置き去りにされる話では、サバイバル知識を駆使して生き残り、歴史の探究者どころか歴史の体現者になってみせてしまうことすらあった。
一般にどうにも役に立たず金にならない学問と見られがちな考古学に人間を創る教育的面での価値を見出して示してくれた心強い作品だ。とはいえ、平賀=キートン・太一のように生きるのは相当難しいことだろう。

キートン博士が出会う人物は犯罪の被害者もいれば、加害者もいて、その背景も様々だ。しかし、彼の人柄が良くでたコミュニケーションで心の氷壁をとかされていく人々の様子をみていると単純な善悪で区別するより、もっと確かなものがあるのではないかと思わせてくれる。
必ずしも良い結末だけがまっているとは限らない物語で、主役があくまでも個人の歴史といってよい人生経験に裏打ちされた人間であると確信できることは、それだけでもひとつの希望を思わせる。愛憎は複雑で不安定だがそれだけに信ずるにたる陰をもっている。

過去だけでなく当時の社会問題を深くとりあげて、ストーリーに組み込んでいるのもためになる印象を高めていて良かった。

2009/01/24 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:141(82%) 普通:0(0%) 悪い:32(18%)] / プロバイダ: 29910 ホスト:29856 ブラウザ: 8090
MONSTERが自分には難解すぎたので、この漫画は安心して読むことができました。
1話完結の話がほとんどで、その1話だけにしか出てこないキャラにも、ちゃんとした設定などもあり、とても奥が深かったと感じました。

主人公はかなり色んな知識、才能を持っているので、ご都合主義かといえばそうなりますが、そんなこといってては話自体が始らないので置いておきます。
しかしこの主人公のおかげで、自分の知らなかった知識も学べて、かなり役に立ちました。
投石を使う機会はないとは思いますが、身近にあんなにもすごいも武器があるんだなと思いました。
この漫画での一番の収穫でした。

MONSTERと違って全体的には明るい話が多いと思いました。
ラストの方は単行本1冊使うくらいの長編でしたが、キートンの最後の大仕事みたいな感じがして、面白かったです。

全体的に読むサバイバル演習って感じがしました。
実際使う場面は、この生涯ないとは思っていますが、もしものために勉強にはなりました(笑)
考古学の所はもう少しあっても良かったんじゃないかと思いました。

2008/10/01 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:114(72%) 普通:0(0%) 悪い:45(28%)] / プロバイダ: 34710 ホスト:34608 ブラウザ: 2983(携帯)
[良い点]
・一話一話、外国の歴史、地理、文化、社会問題などテーマが豊富で様々。
・キートンの様々な知識・経験を活かしたアクション。
・いつか役に立ちそうな、立たなそうな知識が身につく。

[総合評価]
保険調査員、元SAS、考古学、歴史、雑学などなど
キートンのパーソナリティにはこれでもかと言うほど多くの能力の肉付けがなされている。
それは多様なジャンルの物語を描くことを可能にし、その一つ一つに人間ドラマが詰まっている。
基本一話完結であるから人物の掘り下げがなかなか難しい、
下地には物語ごとのテーマがあるからなおさらであるが
それを際どいバランスで両立させている。
これこそこの作品の大きな魅力に繋がっていると思う。

またキートンの人間的魅力もこの作品には欠かせない。
信念をもつプロっぽい顔を見せることもあれば、家庭面ではだらしなかったり、お人好しだったり
長所と短所を合わせもつ大人の人間として描かれている。

長いものには巻かれたくない精神がキートンの人生に紆余曲折をもたらす。
だが最後にはその信念が彼の道を開くことになるのだ。

もっと読む

「友人に薦められて読みました。そして、あまりの面白さに一気に読み終えてしまいました。この物語は、基本的...」 by かなめ


次のページを読む

この評価板に投稿する



2019/05/06 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 20576 ホスト:20533 ブラウザ: 5517 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事面白い/勉強になった 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. 3/15漫画レビュー(マギ、マギ外伝、ZIGジグ(新連載)、高台家(最終回)) by ゴーグル侍
... うとしています。ファーラン来訪から数日後にセレンディーネやジュダル達が失踪した事と何か関わっている事には間違いないでしょうね。 次回更新日は3月22日です。 グランドジャンプ 2017年8号 ZIGジグ(原作:長崎尚志 漫画:猿渡哲也)新連載表紙&巻頭カラー巨弾48P 今回の連載は長崎尚志先生原作(代表作「MASTERキートン」「BILLY ...
記事日時:2017/03/15
2. 冬アニメ by おかわり君
... もある。育てた家畜をまだ慣れていない内に食せばただ美味いという感情だけではないだろうし、景色にそもそも感動などしていなくて早くやりたいことがあったのかもしれない)。 個人的に特にこういった演技で感心したのは、『ちびまる子ちゃん』の給食のメニューを考える回で富山敬演じるおじいちゃんがすき焼きを勧めるシーンと、『MASTERキートン』で何話 ...
記事日時:2015/02/19
3. 同じく今日は桑島法子さんのお誕生日でした by Mr.KN
... さんといえば初主役作品である「機動戦艦ナデシコ」のミスマル・ユリカ役で人気を獲得してから現在に至るまで数多くの作品で活躍されている実力派女性声優の一人ですが、その他にも「スレイヤーズTRY」のフィリア、「どっきりドクター」の小泉みゆき、「Bマンビーダマン爆外伝」のしろボン、「神風怪盗ジャンヌ」の日下部まろん/怪盗ジャンヌ、「MASTERキートン」の平賀百合子 ...
記事日時:2013/12/12 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:MASTERキートン
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ