[漫画]境界のRINNE


きょうかいのりんね / Kyokai no Rinne
  • 面白い
  • 可愛い
  • 可笑しく笑える
  • 楽しい
RSS
注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:境界のRINNE
漫画総合点=平均点x評価数7,579位8,857作品中総合点-2 / 偏差値48.03
漫画平均点995位1,332作品中平均点-0.05=普通/37評価
2009年漫画総合点279位323作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.47(良い)15
画力1.07(良い)15
ストーリー1.00(良い)15
面白い67%10人/15人中
可愛い60%9人/15人中
可笑しく笑える60%9人/15人中
楽しい53%8人/15人中
友情27%4人/15人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

幼い頃、ある出来事に遭遇して以来、幽霊が見えるようになってしまった少女・桜。
そんな彼女にある日訪れる不思議な出会い…!?
著者:高橋留美子 出版:小学館
日本 開始日:2009/04/22(水) 週刊少年サンデー 週刊少年サンデー2009年Vol.21.22〜連載
59,9204437
最近の閲覧数
527118518775
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2009/04/23 / 最終変更者:DONP / 提案者:DONP (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/07/29 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 2456 ホスト:2531 ブラウザ: 10206
【良い点】
全部

【悪い点】

ない
【総合評価】

最高

2019/06/07 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2280(50%) 普通:1143(25%) 悪い:1143(25%)] / プロバイダ: 17585 ホスト:17853 ブラウザ: 5173
姪っ子が本作単行本を読んでいるのを見かけたが連載一年目ぐらいで、終盤の内容と何も変わらず
正にどこから切っても全く同じの金太郎飴的。
ただ、そういったルーチンワークが安定志向に繋がる世代も多い。
自分も幼少期には、熱中していた娯楽が永遠に続くと何の根拠もなく思いこんでいた気がする…。

終わらせる時に終わらせられないのが、むしろ不幸と今なら思う訳ですが
その意味で前作「犬夜叉」が連載&アニメ共に無理な引き延ばし等、大人の事情に振り回された不幸な作品だったのに対して
本作はアニメ化もシーズンを分けてNHKで定期的に放映と無理が無く幸福な作品とも言えます。
もっとも過去作品のように劇場化に漕ぎ着ける程のムーブメントも起こさなかったようですが。

未だに新連載を続ける高橋先生。
今度は「犬夜叉」と本作のハイブリット的ですが、どうなるやら…。

2019/05/06 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:780(41%) 普通:452(24%) 悪い:654(35%)] / プロバイダ: 16488 ホスト:16502 ブラウザ: 4701
【良い点】
・「明確に」登場キャラの大部分が「クズ」という、作者にしては随分攻めた
設定。

【悪い点】
・「クズだらけ」の攻めた設定のバランス取り?主人公とヒロインが常識的過ぎ、
やられ役に甘んじる事が多くストレス元に。攻め設定の割には、全体的に
笑いどころの少ない平凡な印象に留まってしまった。
・長すぎる。中身が凡作なのに延々引っ張ったため、より間延び感が強烈に。

【総合評価】
「普通-」。作者は「うる星やつら(中盤のみ)」「めぞん一刻(中盤まで)」の人、
という認識なので全く期待しないで読めば、「らんま」と「犬夜叉」よりは「マシ」
だった、というのが端的な感想。登場キャラは主人公とヒロイン以外は基本クズ。
そこをギャグの根幹にしているため、エグい描写をやり過ぎると下品に傾くし、
軽く書きすぎるとギャグとして機能しない、というなかなかバランス取りの難しい
作品になってしまった。大丈夫かいな、と思ってたが、予想通り主人公サイドが
嬲られ〜たまに反撃〜相手ちゃっかり逃亡、というパターンギャグを繰り返す
低空飛行漫画に。登場キャラのほぼ全員がクズ、という設定は高橋留美子としては
新しい挑戦だったと思うが(「らんま」では明確ではなかったが、ギャグに同様の
テイストがあり、それを純化した結果で、作者はそれなりにギャグを研究試行錯誤
したのではないかと思う)、そのエグさと笑いのバランス取りは至難の業で、
やはり御歳を召した作者には荷が重かったのではないかと思う。「クズばっかり」で
連想したのは「ヒナまつり」。あちらは攻めの姿勢がガチで、エグい不快描写も
ガンガン突っ込んでくる過激さが感じられたが、本作は掲載誌ゆえか作者の御大としての
良識ゆえか、実に無難なツッコミに終わっている。「うる星やつら」が連載された
当時は主人公が度を越した浮気者でヒロインを振り回す、という構図と非日常と
非常識なキャラが闊歩する世界観が斬新だったが、今の漫画は既にそれでは
飽き足らなくなっている。「ヒナまつり」と同じ2009年に始まっている事を見ても、
作者は歳を取った、かつ時代に取り残されつつあるのでは、と寂しい感覚を覚える。
サンデーでは難しいかと思うが、作品に新しい方向性と熱いパッションを注がねば、
最前線で一流の活躍は難しいだろう。既に述べたが「らんま」と「犬夜叉」よりは
まだマシなので、暇でテイストが合う読者なら読んでもいい作品とは思う。
自分は長すぎて飽きがくるが・・・

2019/05/05 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1618(52%) 普通:809(26%) 悪い:703(22%)] / プロバイダ: 25017 ホスト:25320 ブラウザ: 8634
【良い点】
・シンプルな留美子ワールド

【悪い点】
・40冊は長すぎる

【総合評価】
犬夜叉では高橋留美子の総決算が失敗したと書きましたが、今回は良くも悪くもず〜と普通。
原点回帰というか昔のシンプルさを取り戻した漫画になっていたとかんじました。大雑把には
「うる星」や「らんま」を、さらにラフにしたかんじかな

死神と人間のハーフのりんねと霊視体質の桜が、霊の悩みを聞き入れ成仏させてアチラ側に
まつわる事件を解決していきます。エピソードは1話完結。長くとも3話でコンパクトに纏めて
週刊のわずか19Pで事件を起こして解決するテンポの良さと安定感はさすが

とはいえ内容はしょーもないし展開もハッキリと雑です。ダニ虫の父親を筆頭にクズしか登場せず
貧乏ネタと貧乏オチのオンパレード。キャラもどんどんと増えていくのに、その関係性は登場時で
固定され一切の関係が進展せずに留美子ワールドの茶番劇が延々と続けられます

40冊もあるのに、軽いノリが40冊も続いて、完結時に進展したストーリーはヒロインの気持ちの
確認だけという体たらくっぷり。。。なんですけど、でもコレって昔からの作者の特徴なんです。
そのためこれを否定すると、これまでのキャリアを否定することになりかねないだけに私はしたく
ないなぁ。それどころか犬夜叉で呆れていた私からすると、これだけの力がまだ高橋先生に残って
いたことに驚かされたくらいです

[推薦数:2] 2017/12/18 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:12(52%) 普通:7(30%) 悪い:4(17%)] / プロバイダ: 12308 ホスト:12566 ブラウザ: 7421
とうとうこの作品も最終回を迎えた様だが、以前書いた時と印象は殆ど変わらない。ルーティンワークを繰り返した挙句
とってつけた様な些細なすれ違いによる「別離」と誤解が解けての「関係修復」という「うる星」の劣化コピー的展開。
というか最後の最後に「自分の気持ちに気がついたヒロイン」で風呂敷を畳もうとしてるけど、
それまでの展開に関係の深化イベントというのが殆どなかったので唐突にしか見えない。
うる星的「恋愛関係の結実」で締めようとするならば、それなりのプロセスは必要だと思う。
今迄がグダグダだったのにいきなり最終章のクライマックスだけ盛り上げようとしても無理。
で他のキャラたちも生煮えのまま終わるという、やはり高橋氏は競馬でいう所の「早熟馬」だったのだろうか?

[推薦数:1] 2017/05/10 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:12(80%) 普通:0(0%) 悪い:3(20%)] / プロバイダ: 23860 ホスト:23732 ブラウザ: 9311
【良い点】
・特に無し

【悪い点】
・インパクトが無い
・うる星とらんまを足して2で割ってつまらなくマンネリ化させた感じ
・ギャグのセンスが古い
【総合評価】
・評価は最悪で これ以上つまらない高橋留実子作品は読んだこと無い

2017/03/01 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 27470 ホスト:27467 ブラウザ: 11351
【良い点】
犬夜叉の延長のようで面白い。
【悪い点】
インパクトが薄い。もっとがっつりでもよかったかな。
【総合評価】
とても安定している。

2016/05/28 悪いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:12(52%) 普通:7(30%) 悪い:4(17%)] / プロバイダ: 6640 ホスト:6542 ブラウザ: 7906
元来の高橋留美子作品というのはキャラのアクの強さというのを売り物にしていたのだが
年数を重ねるごとにそれが影を潜め、ついにこの作品ではどういうキャラ設定なのか掴みにくい
ヒロインとその周辺を取り巻くこれまた取ってつけた様な薄い性格付けをされたイケメンキャラ達の
「ハ-レム」的な質の悪い少女漫画の様な世界になってる様な気がする。
尚且つ超常現象を題材に持ってきてるのに素人である私の様な読み手にもあっさり途中でオチが見えてしまう
展開がやたら多い。後、主人公はヒロインが好きだという事らしいがそれが一目ぼれなのか
(それを匂わせる描写皆無だが)途中で何らかの関係の進展に繋がるエピがあったのか(これもそれらしい物なし)不透明。
この間「愛してしまったのか、いつ?」とかいうゲストキャラにまつわるエピでそういうセリフを
使ってたけども、それはこの主人公の事だろ?と思った笑 これを意識した「セルフツッコミ」として
やったなら高橋氏もまだ完全に衰えた訳じゃないんだろうけど如何かなあ?

[推薦数:1] 2015/10/18 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 37589 ホスト:37560 ブラウザ: 10250
【良い点】
いちいち萌えるシーンや可愛いシーンがたくさんあって、毎回楽しめます。
りんねも桜も他の人に揺れないのがいい。絵が上手いですね。いつもあの絵を参考に人間を書いています。

【悪い点】
特に無いけど、早く付き合ってほしいキャラ多いです。

【総合評価】
特に悪い点も無いので、自分的には99点です。

2015/10/16 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 6958 ホスト:6955 ブラウザ: 10879
【良い点】
犬夜叉の中盤がダレてしまったタイミングで忙しかったのもあり離れてしまったのですが、最近になって最終回まで読んで面白かった勢いで本作も読み始めました。
素直に面白いです。
テンポが良いのと、主人公とヒロインが低燃費でかわいいのがくせになる。ドタバタでハチャメチャな展開の過去作も好きだけど、今の子たちには昭和ノリに感じるかも。りんねくらいがちょうどいい。
まとめサイトとかでもアニメ化してから読んだら面白いって意見多数だし、叩かれてるのはこの評価サイトだけではないでしょうか。

【悪い点】
とくになし。
強いて言うのであれば、タイトルからゆるいギャグ漫画である要素が感じ取れず勘違いを招いてる感がある事ですかね。

【総合評価】
ギャグも進化してますし、時代に合わせた作品を描ける作者に脱帽です。
絶対読んだ方が良いとまでは言いませんが、疲れててもつい読んでしまう独特の味があります。過度の期待をされずゆるく読んでればくせになるって感じるです。

2015/10/11 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:19(76%) 普通:3(12%) 悪い:3(12%)] / プロバイダ: 36926 ホスト:37003 ブラウザ: 7907
【良い点】
高橋留美子の作品
女の子の絵が可愛い
作者の世界観が出たサンデーのラブコメ。。。
一話完結型で立ち読みしやすいwww

【悪い点】
ズバリ言うと、高橋留美子のヒットした作品は全て見ましたが、今回は少し期待はずれでした。
でも、ちょっとした一発ギャグがあるので良いとして、内容がかなり面白いというわけで無く極めてフツー・・・
せっかく、うる星やつら:らんま1/2:めぞん一刻:犬夜叉といい数々の大ヒットそして少年サンデーを今まで引っ張ってきたのに。。。という感じです。
もう一ついうと、キャラクターの性格にも問題があるのではないかと思います。
今まで上記の作品はいずれも主人公やヒロインが活発でその周りのキャラクターも明るく、何より話がめちゃくちゃなのにしっかり完結する、読者が気持ちよく読める形の作品ばかりでした。
今回は、りんねや桜はいくら何でも大人し過ぎます!!!

【総合評価】
総合的には、良いとも悪いともつけられない作品です。
この高橋留美子が描いた作品が、好きだという人も多いですし、現にアニメ化もしてます。
私自身は、つい最近までこの漫画を持っていました。当時持っていたころの私は、この作品がまあまあ好きだったので・・・
しかし、今見ると、あまりにも大人し過ぎると思います。。。

2015/09/06 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:1(100%)] / プロバイダ: 27863 ホスト:27791 ブラウザ: 10265
【良い点】

なし
【悪い点】

絵が好きでなく、内容がくだらない
【総合評価】

言うまでもない

2015/08/16 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(50%) 普通:0(0%) 悪い:1(50%)] / プロバイダ: 6386 ホスト:6365 ブラウザ: 10415
【良い点】
絵もすっきりしているので小学校低学年くらいの子供にむいているかもしれない

【悪い点】
総合評価に書きます

【総合評価】
とにかく全然「面白くない」
「うる星」や「らんま」の焼き直しをただ、だらだら続けているだけ
高橋留美子の場合「男なんかアホでスケベで変態で」といった「女の恨み、怒り」が創作の原点なのだろうが、それが枯れてしまっているのでは?
「めぞん」の響子さんや「らんま」のあかねも「あまりに自己中」「あまりにヒステリック」と嫌っている読者も多いようだが、彼女達がヒステリーを起こして喚き散らしてこそ漫画が躍動すると思うのだが、この漫画のヒロインはただボ〜ッとしているだけ
漫画の中に「作者の心」がこもっていないように思う
あとはただ数十年書き続けた慣れた手法でだらだら続いているだけ
私はまんが喫茶で時間を過ごすのが好きなのでこの漫画もいくらでも読めるのだが5巻あたりまで読んでそこで切った
せめて最終巻が出たら読もうと思うが多分「うる星」や「らんま」と同じような感じになるのだろうし楽しみにもならない
評価は最悪で

2015/06/17 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:42(33%) 普通:1(1%) 悪い:83(66%)] / プロバイダ: 381 ホスト:446 ブラウザ: 5407
なるべく頑張って読んでみましたが、20話行くか行かないかで挫折しました。
話全体が地味というか、盛り上がりに欠けるというか、ギャグも面白くないし、いいところなしです。

デビュー当時から、躍動感に欠け、キャラの表情に乏しい絵が気になって仕方ないのですが、それに拍車がかかったような気がします。
これまでは、らんま×あかね、犬夜叉×かごめのような騒がしいカップルだと、比較的マシですが、今回の作品は主人公とヒロインだと、静止画のマネキンを見ているような感じです。
そのため、余計に読むのが辛くなります。

今までの高橋留美子作品の主人公たちとは一線を画す今回の主人公の設定はまだいいとしても、ヒロインも大人しめで、単なる傍観者なので、地味で静かなんですよね。

主人公のライバル(名前は忘れた)や主人公の親父などの周りのキャラクターもナンセンスというか、しょうもないというか、魅力がありません。やっぱり、この作者はドタバタうるさいキャラクターたちを中心にしたラブコメの方が、作画の欠点も補えていいと思います。

評価は「最悪で」。

2015/02/28 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 29628 ホスト:29883 ブラウザ: 10325
【良い点】
主人公の娘が可愛い。

【悪い点】
特にない。

【総合評価】
全般的に、高橋留美子さんの作品は好きである。

もっと読む

「もし、読み手がこの作品で初めて高橋留美子に出会うのなら、面白いのかもしれないっていう漫画です。流石に...」 by caster


次のページを読む

この評価板に投稿する


2009/05/25 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 7480 ホスト:7324 ブラウザ: 8090
読んでいただけるんでしょうか・・・。
高橋留美子先生へ
初めまして。本当は「さくら」です。この、さくらという名前は、私が1年前から書いていた漫画の、主人公の名前からとっています。ですので、高橋留美子先生の作品がCMで紹介されていて、「サンデーで境界のRINNEが連載される」ということを知って、サンデーを買わせていただいて、境界のRINNEを読ませていただいて・・・
。・・・・・・・・・・・・驚きでした。
私が書いていた漫画の主人公と、高橋留美子先生がお書きになった漫画の準主人公の名前が、一緒なんです。
感激です。
もしかして、心が通じ合っているのかなぁ・・・なんて思わせていただきました。

境界のRINNE 今回も、アニメ化目指して頑張っていただけたら・・・と思います。いつも、いつまでも、応援させていただきます。

最後に、アニメ化しましたら、是非、六道君役は「山口 勝平」様にやっていただきたいです。

・・・無理を言ってしまって申し訳ありませんでした。

2019/05/25 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 32597 ホスト:32788 ブラウザ: 10174 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/涙流した/可笑しく笑える/楽しい/面白い/格好良い/可愛い/勇気貰った 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像普通(+0 pnt)

もっと見る
1. 高橋留美子連載はついに少年サンデーから消えるか? by ミルナ-
... RINNE」が終了してもう半年は経過してる筈だが、今だサンデー新連載という話がないというは 今まで高橋氏にはなかった事だが、というか他誌でも彼女連載作品を見なくなった。 「うる星やつら」や「めぞん一刻」輝きが褪せてしまった「老大家」女史はこのままフェイドアウトして いってしまうかな? ...
記事日時:2018/06/17
2. コミック&アニメを振り返る。20年、25年、30年… by 十傑集
... 、数時間。年が変わらない内に私的に思い入れあるコミック&アニメ系作品について書いてみます。 ラブコメ 先日、 ミルナ-さん境界RINNE」評価に推薦させていただきましたが、これはミルナ-さんに推薦いただいた私「うる星やつら」評価と 丁度、対になる形です。「RINNE」も8年間も連載したか1年程度で終わら ...
記事日時:2017/12/31
3. 2017年に完結した長期連載漫画。 by かぷ
... 少年マガジン 2006年35号 - 2017年34号) ・ベイビーステップ 全47巻(週刊少年マガジン 2007年46号 - 2017年48号) ・君に届け 全30巻(別冊マーガレット 2005年12月13日 - 2017年11月13日) ・へうげもの 全25巻(モーニング 2005年38号 - 2017年53号) ・境界RINNE 全40巻 ...
記事日時:2017/12/22
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:境界のRINNE
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ