[漫画]かってに改蔵


かってにかいぞう / Katteni Kaizou
  • 可笑しく笑える
  • 面白い
  • 考えさせられた
  • 楽しい
  • 可愛い
RSS
注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:かってに改蔵
漫画総合点=平均点x評価数63位8,578作品中総合点122 / 偏差値84.38
漫画平均点546位1,316作品中平均点1.13=良い/108評価
1998年漫画総合点4位192作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.60(とても良い)10
ストーリー1.50(とても良い)10
画力0.90(良い)10
可笑しく笑える90%9人/10人中
面白い70%7人/10人中
考えさせられた50%5人/10人中
楽しい50%5人/10人中
可愛い40%4人/10人中
もっと見る
属性投票する
作者:久米田康治
出版:小学館
単行本:全26巻
日本 開始日:1998 週刊少年サンデー 1998年21・22号 / 終了日:2004 2004年34号
79,426127108
最近の閲覧数
2502542011
4人の方がこの作品が漫画として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/01/14 / 最終変更者:永田 / その他更新者: アセチルサリチル酸 / 雪霞 / 羽幌炭鉱 / 孔明 / 有線KKK / 提案者:スターシャイン (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/09/24 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 6517 ホスト:6624 ブラウザ: 9894
【良い点】
各話のテーマの着眼点と発想力。
ギャグのキレ。
よくもまぁ、毎回そんなことを考えるなと楽しく読んでます。
何回見ても同じ面白さが味わえ、コミックスは
寝室の手の届く場所に常に置いている。
絶望先生ほど女性登場人物が個性立ってないところ。
絶望先生は、むしろ盟友赤松先生のような設定となり
ディスれない立場になったのがイマイチ。
その点改造は程よい立ち位置をキープできた。

【悪い点】
最初が南国アイスに似た下ネタだったが、
南国アイスほどの下ネタのキレは感じられず中途半端。
天才塾の登場が少なくなりつつ面白味が増す。
面白さ最高潮の状態で連載終了となってしまった。

【総合評価】
絶対に手放さないコミックス。

2014/01/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 7232 ホスト:7068 ブラウザ: 5386
【良い点】
改造人間である事
独特のノリ
改蔵のギャグが面白い。女の子が可愛い
表情がしょっちゅう崩れる事。
1話が短い
パロディを独特のオリジナリティに仕上げている。
ボケと突っ込みが抜群。変なキャラの登場。
露骨できわどいネタ
眼鏡の少年の味、悲惨な目に会いすぎですが
パロディ以外のギャグも面白くオリジナリティがある。
突拍子もない会話劇。
イベントが増え、改蔵のイケメンさやアイデアマンな所も前面に出て女の子も増える。
その回ごとのテーマ。ムチャクチャな発想や着眼点から話が始まる。また最初だけでなく繋がっていくおかしなセリフ
常識を打ち破る展開や爆発。
表情。
【悪い点】
あまりないです。
【総合評価】

パロディに嫌みがない、突っ込みも面白いです。ワイド版2巻まで読みました。

2012/10/04 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:23(29%) 普通:13(16%) 悪い:43(54%)] / プロバイダ: 32723 ホスト:32521 ブラウザ: 9466
とりあえず「太陽の戦士ポカポカ」より面白かったのはたしか・・・なのですが話が進むほど駄目人間になっていく地丹つ羽美ちゃんが見ていて痛々しくてみてられなくなったです。
特に序盤の地丹くんはメガネを外せば実は男前、実はスポーツ万能、実は鉄道マニア間と社交的だったりといいところもあるけど何かと災難な目にあう少年だったのに後半はもう笑えないレベルの虐待を受けていて目を覆いたくなるほどでした・・・。

2012/08/19 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:118(55%) 普通:38(18%) 悪い:60(28%)] / プロバイダ: 22034 ホスト:21785 ブラウザ: 14686
現在のところ読んだのはコミックス1、2巻までなのでコメントのみで。

【良い点】
・よく少年誌に載せたな、と思ってしまう下劣なネタ
・元天才塾メンバーの電波っぷり

【悪い点】
・ほぼ毎回、地丹がオチでひどい目に遭う
・冷静に考えると冷めてしまう、いわば「脆いネタ」が時々ある

【総合評価】
出来る限り全話読みたいですが、巻数多いから大変だな……。

2011/10/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:95(65%) 普通:13(9%) 悪い:38(26%)] / プロバイダ: 27461 ホスト:27383 ブラウザ: 11131
【良い点】
・シュールなギャグ。色々な物を皮肉っている様な毒のある作風が独特で面白かったと思う。
・改蔵や、宇美、チタン君など個性的過ぎるキャラが揃っている。特にチタンのキャラは素晴らしいと思う。
・具体例の列挙ネタ。ついここでいつも笑ってしまう。
・いちいち入れて来る自虐ネタ。
・個性は保ちつつも、安定しており読みやすい絵柄。
【悪い点】
・初期の設定が結構忘れられている。というか無かった事になっている。
・初期と絵柄が百八十度変わるので、初見さんは意味が分からなそう。
・中盤以降はたまに外れるネタが多くなった。
・最終回も個人的にはイマイチ。

【総合評価】
多分久米田先生の作品の中で一番好みですね。
ギャグにもキレがあり、尚且ついい具合にブラックで面白かったです。
良い意味でも悪い意味でも少年誌の他作品と差別化を図っていて深く印象に残りました。
絵も絶望先生より好みでしたし安定していたと思います。
個人的には絶望先生くらいのメディア化をして欲しかった作品ですね。
評価はとても良いで。

2010/10/28 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:238(54%) 普通:64(14%) 悪い:142(32%)] / プロバイダ: 6047 ホスト:5900 ブラウザ: 10415
再評価します。

【良い点】
まず一番に来るのが社会風刺ネタ。この作品の最大の持ち味と言えます。(後の絶望先生にも言えますが)
強烈な個性を持ったキャラクター達。
久米田先生の情報力。この頃から溢れてましたね。
絵の違い。これは意見が分かれるが、僕としては違った味を楽しめるので良い点に挙げます。
単行本だと表紙の裏まで楽しめる。
この作品独特の造語。(?)

【悪い点】
序盤。南国ほどではないものの強烈な下ネタが目立つ。
羽美の壊れ様。同じ久米田作品である絶望先生の千里以上の猟奇キャラとして描かれています。当初はまともなキャラだったが進んでいく事に凶悪化していました。
賞味期限切れの時事ネタも出てくる。(他の時事ネタ、社会風刺ネタを扱うマンガにも言える事ですが)

【総合評価】
久米田先生のサンデー時代の最後の作品。
この作風が現在連載中である絶望先生に引き継がれたのでしょう。
この作品が何故打ち切りになったのかが疑問に思います。

2009/09/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:274(39%) 普通:189(27%) 悪い:243(34%)] / プロバイダ: 22461 ホスト:22471 ブラウザ: 7351
個人的には、アイスホッケー部、絶望先生よりも好きですかね。
世界観は絶望先生の方が完成されていますが、こちらはより色々な面で冒険しています。
よくまぁこんな作品が一般雑誌での連載が許された物だ・・・。

2009/09/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:360(55%) 普通:0(0%) 悪い:290(45%)] / プロバイダ: 1957 ホスト:1629 ブラウザ: 6653
【良い点】
この作品でも、久米田氏のギャグセンスの良さが伝わってくる部分かな、と。

【悪い点】
下ネタはあるものの、「南国」同様嫌味が無い。
ただ、それにケチを敢えてつけるなら、前作に比べパンチが多少足りなくも感じた。

【総合評価】

主人公の勝改蔵(おそらく元ネタは勝海舟かと)が、人体模型に頭から当たって意識不明になって改造(?)らしきものを受けて、蘇る感じのお話でしたが・・・
一巻を見た際、前作ほどでないものの随所に下ネタがありましたが、そのバリエーションも豊富で、ギャグのテンポも良くて嫌味もなかったので、いいかな、と思います。
「南国」や「絶望先生」よりも少し地味に感じますが、まあ良い作品だと思います。

2009/08/12 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:136(45%) 普通:22(7%) 悪い:143(48%)] / プロバイダ: 11229 ホスト:11450 ブラウザ: 8451
【良い点】
・画力が南国アイスの時よりも上がっています。
(それでも自分は南国アイスの時の絵が好きですが)

・ギャグも結構マニアックで、しかも、たくさん
あるのも良いです。

・強烈なキャラクターの個性。

・単行本のおまけのかなりの充実ぶり。カバーの
登場人物の紹介が非常に面白かったです。

【悪い点】
・羽美が猟奇的になることがある。絶望先生の木津
もそうなることがあるが羽美ほど酷くはなかった。

・地丹の扱いが酷い。

・序盤に下ネタが多い。

【総合評価】
「さよなら絶望先生」の原点ともいえる
良作。作者はこれだけたくさんのネタを
毎週用意できるとは、非常に素晴らしいです。

評価は「最高」にしたいけど、羽美と地丹
に不満があるので「とても良い」にとどめ
ておきます。

それにしてもこんな良作を公私混同で
打ち切った編集長には激しい怒りを
禁じえませんね。

2009/05/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:15(60%) 普通:1(4%) 悪い:9(36%)] / プロバイダ: 12577 ホスト:12489 ブラウザ: 8445
【良い点】
ギャグのキレ
キャラクターの個性が際立っていた

【悪い点】
一般人にはほとんど受けなそうな作風
やや序盤に下ネタが多い

【総合評価】
読み手を選びますね・・このマンガは。
しかし久米田氏の漫画の中で、自分は一番面白いと感じます。
私はギャグマンガはっちゃけるほど面白いと思うので、
絶望先生にはないノリのよさがこの漫画にはあります。
しかし、それゆえ拒否感を示す人も多いでしょうし、
誰にも自信を持って薦められるマンガでは、残念ながらないので
評価は「良い」とします。

[推薦数:1] 2009/03/26 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:94(82%) 普通:15(13%) 悪い:5(4%)] / プロバイダ: 26738 ホスト:27044 ブラウザ: 7913
【良い点】

よもやこの神の作品を評価し忘れるとは、一生の不覚です。
もう、面白いとか面白くないとかそういうのを超越した作品だと思います。人生のバイ
ブルですよ。これを読めば、痛々しい空気というものが解ります。今ここに私が書いて
いる内容がそうです(笑)まあ、このサイトは痛い発言も許されるでしょう。
【悪い点】

もう少しだけ早くこの作品に出会いたかった。
【総合評価】

早く出会えば出会うほど、いわゆる黒歴史というものが無くなると思います。
今こうして書いていることが黒歴史になりそうですが(笑)
この作品がどれ程人生のプラスになったことか。
ギャグは、絶望先生よりワンランク上のレベル。最終回の全伏線一斉回収は、打ち切り
が決定した作家の一世一代の大反撃です。取って付けた設定でそれまでの全てを覆し、
しかも伏線も回収し、編集部にも一矢報いる。完璧です。これ以上の最終回は見たこと
が有りません。評価はもちろん"最高"なのですが、私は全作品の評価を7段階で区別
できる訳が無いという考え方なので、点数も一緒に付けます。満点を付けたい所です
が、仮にこれ以上の作品が出てきた時の為に49点にしておきます。

2009/03/18 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:14(67%) 普通:0(0%) 悪い:7(33%)] / プロバイダ: 9283 ホスト:9071 ブラウザ: 8455
【良い点】
・独特の作風と絵柄
・今までにないキャラクターの性格
・最終話(と大蛇足)
【悪い点】
・ネタの対象を非難しすぎて、反感を買いそうなところ、この点は後の作品である「さよなら絶望先生」では大分改善されている
・地丹の扱いがときどきヒドい
・改蔵が女たらし
【総合評価】
地丹や羽美など、他の漫画では見られないキャラクターの個性や、キーワードにそっていろんな例を連発したりするギャグセンスが自分にはとても合い、ものすごい勢いで読みました。
話の流れは平行線でしたが、最終話ではとても感動的且つ綺麗にまとめていたので、積み重なった話の分だけ重みを感じました。
ただとても好き嫌いの差が分かれる漫画だと思います(自分は「さよなら絶望先生」からポロロッカしてきて読んだので、毒のあるギャグに慣れていましたが…)。
世間を斜めに構えて見るという作風が嫌いな人もいるかもしれませんが、あくまでギャグ漫画のネタで、実際に社会問題を論じようとしている訳ではないので、そういう部分は流していけばいいと思います。

2009/02/19 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:58(57%) 普通:0(0%) 悪い:44(43%)] / プロバイダ: 29583 ホスト:29357 ブラウザ: 7395
【良い点】
絵がきれいで、女子キャラはかわいく、男子キャラはかっこよく、
ギャグ要素のキャラはかなり個性的に描かれている。
また、さまざまなアングル、ポーズ、服装の絵が描けている。

日常的に感じていることを独特な表現で面白おかしく風刺している。

細かいところにある背景ネタが分かる人にはかなり面白い。

【悪い点】
中盤以降ほぼ毎回出てくる猟奇ネタは面白いがときどき本気で怖くなる。

出てくるネタが人によってはイラッと来ることも。

背景ネタが分からない人には全く分からないor気づかれない。

絵柄の変化が激しすぎる!(作者本人がネタにしてるほどです。)。

序盤は下ネタのオンパレード(絵柄も含めて別の漫画と見たほうがいいでしょう。)。

賞味期限切れの時事ネタも出てきます。

【総合評価】
羽美ちゃん・部長のキャラがツボにはまりました。
好きな人はとことん好きな漫画だと思います。
最後の締めくくり方は若干強引でしたが(諸説アリ)、
いちおう一貫したストーリーもあります。
ただ、万人受けしない漫画ではあるので評価は「とても良い」で。

2008/11/20 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:328(45%) 普通:169(23%) 悪い:226(31%)] / プロバイダ: 30269 ホスト:30458 ブラウザ: 7505
読んでいる時期に本作で用いられる所謂ソッチ系の知識が潤沢にありましたし、本作は非常に楽しんで読めました。

時事ネタを用いるのは今でも変わらないが、キャラのせいか未だにこちらの方が良かったと思う。寧ろキャラに力を入れているのは向こうの方なのに、、その人数故、作品コンセプト自体がオマージュでインスパイアのみで構成された作品が向こうであるからこその感想なのかもしれない。

2008/08/27 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:40(45%) 普通:39(44%) 悪い:10(11%)] / プロバイダ: 12206 ホスト:11924 ブラウザ: 4184
【良い点】
絵が可愛い。アニメの影響を受けてる。

【悪い点】
アニメやゲームに詳しくないと笑えない
うみちゃんグロすぎ
【総合評価】
ギャグ漫画だけど、幅が狭い。万人受けする漫画を目指して
ほしかった

もっと読む

「シュール系まったりギャグマンガとして有名な作品。絶望先生のほうではいろいろと酷評した自分ですが、この...」 by pom


次のページを読む

この評価板に投稿する



2016/08/30 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 3696 ホスト:3704 ブラウザ: 10602 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事可笑しく笑える/面白い 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
画力普通(+0 pnt)

もっと見る
1. 2017年ジャンプ47号感想(『フルドライブ』新連載号) by エスパー
... 豊満なバストと添えているとケツも比例するようふっくらして見えるのがうるかちゃんと違う点だろうか。 …我ながらおっさんくさい感想で自己嫌悪パネェです。 あととろろおろしおろしのナチュラルすぎる謎擬音は素直面白かったですw 最近Dr.STONEでコハクちゃんがゴーリラゴーリラ謎擬音出していたのと通じるものがあります。 元をたどればかってのメール打つとき ...
記事日時:2017/10/23
2. 週刊少年サンデー by 羽幌炭鉱
... プロパガンダ漫画。 で、少年サンデーなんだけど、発行部数40万部を切ったとか。 マガジンダブルスコアで負けている、ジャンプのライバルなんて『3年奇面組』でネタされてたのが大昔とはいえ、あんまりもあんまり。 そりゃ『コナン』『犬夜叉』『MAJOR』老害化とか、『旋風の橘』とか生み出した快挙とか、『かって』への理不尽 ...
記事日時:2015/05/05
3. 絶望は先生 ある意味 ラララ 意外 by CTU
... CTUは 無職なっていた。 どうも、今のところは無職ではないCTUです。 昨日発売の週刊少年マガジンて「さよなら絶望先生」が301話して遂に最終回を迎えました。 この作品を知ってからはや四年。アニメからポロロッカして原作は言う及ばず、ついには前作「かって」まで読んじゃった。まぁそれ以前の南国とかは読んで ...
記事日時:2012/06/14 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:かってに改蔵
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ