[漫画]かみさまのいる景色: 2019/04/04 mosukuwa


かみさまのいるけしき / Kamisama no iru keshiki
RSS
漫画総合点=平均点x評価数6,813位8,856作品中総合点0 / 偏差値48.58
2017年漫画総合点113位226作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/04/04 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2204(58%) 普通:769(20%) 悪い:858(22%)] / プロバイダ: 44288 ホスト:44207 ブラウザ: 9177
サイコミで連載していた、ほのぼの神様漫画。
透き通るような絵柄、『不思議の国のアリス』的な少女童話っぽいキャラデザ、ほのぼのしつつも一定のテンションが保たれた内容など、毒っ気は抑えめな「子供でも読める」ような内容の作品になってます。
ただ、そこが弱点でもあり、最後まで読んでもごく普通の話として収束していくような、安心感や安定感がウリの漫画なのでしょうね。

まあ、印象としては勿体なさもいきなり受けてしまうのは、「キャラクターが薄味かな」というところ。
主人公も悪いキャラではないのですが、なんだか印象に残るポイントというのがちょっと少なくて、良くも悪くも「良い子」止まりなキャラクターに感じたままでした。
キャラクターが一律に「かわいらしい絵柄のかわいい子」になっているのもあってか、主人公が「アリスっぽい」というところでわかっても、他の面々がちょっと個性を薄めに感じてしまいましたし、全体的にもうちょっと特殊な設定やキレのあるエピソード、ハイテンションなギャグなどが欲しかったかなというようには思います。
逆に全体を通して、「何もない」ような安定感を保ち続けたのは一種の狙いだったかもしれませんし、そこは裏を返せば評価点の一つと言えるかもしれませんが、本作の「良さ」が他の連載作品の強みに負けて心に残って行かないのはちょっと残念です。

評価は「普通」です。
まあ、あくまで「ほのぼのファンタジー神様日常漫画」というコンセプト通りな作品であり、最終回も「ちょっと大きな事が起きる」くらいの気持ちで見られればと思います。
漫画で見るよりむしろアニメの方が映える題材なのかなといった印象もありますが、悪印象はなかったですね。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ