[漫画]1ポンドの福音


いちぽんどのふくいん / One Pound Gospel ( Ichi Pound no Fukuin )
RSS
注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:1ポンドの福音 / ドラマ:1ポンドの福音
漫画総合点=平均点x評価数1,332位8,712作品中総合点8 / 偏差値50.93
漫画平均点846位1,329作品中平均点0.47=普通/17評価
1987年漫画総合点25位132作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定0.00(普通)2
画力0.00(普通)2
ストーリー-1.00(悪い)2
可愛い50%1人/2人中
楽しい50%1人/2人中
面白い50%1人/2人中
セクシー0%0人/2人中
熱血0%0人/2人中
もっと見る
属性投票する
著者:高橋留美子
出版社:小学館
日本 開始日:1987 週刊ヤングサンデー
14,9791817
最近の閲覧数
1130361210
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/01/16 / 最終変更者:永田 / その他更新者: DONP / TCC / 提案者:K Sato (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/10/11 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2206(58%) 普通:772(20%) 悪い:858(22%)] / プロバイダ: 24962 ホスト:24925 ブラウザ: 9081
高橋留美子が『めぞん一刻』に次いで描いた青年向け漫画ですね。
ヤングサンデーで不定期連載される形で、完結まで20年もかかったらしいです。
ただ、まあ正直「高橋留美子が20年もかけて完結させた作品」としてはあまりにも内容薄すぎというか、良くも悪くも「異色」の微妙さです。
ぶっちゃけ、高橋留美子の作品から尖っている所を全部抜き取ったら生まれる作品というか。らんまの微妙な回から勢いをなくし、めぞん一刻から深みのあるドラマや主人公の魅力を削るとこうなるんでしょうか…。

今作は、意思が弱いけどパワーが強いボクサーの話なんですが、まずコイツが好きになれないっていうのが根本的な問題として存在しました。
正直、パワーと前向きさくらいしか良いところがないし、どれだけ言われても「減量中に飯を食う」という悪癖が治らず、無反省で何度でもそれを繰り返して終盤すらも改善されないという有様で、コイツの魅力を感じろという方が無理です。これまでの主人公にあった「なんだかんだで実は優しい」という側面があるようにも見えますが、言っちゃえば単なる知恵遅れというか…(問題集の「問」の字が読めないほど頭が悪いらしいっていう…)。
周囲にどれだけ迷惑をかけてもそれに気づかず、周囲が愛想を尽かした後もヘラヘラしているような性格なので、徹頭徹尾イライラしました。
ボクシングに対する情熱、ジムの人々への態度がアレってうえに、一途とか純情とかそういうキャラなのかと思えば、シスター以外をナンパしようとしたり、別の女の子にうつつを抜かしたり、諸星あたる、早乙女乱馬、五代裕作がどれだけ悪い面を見せてもブレなかった「性根にあるヒロインへのやさしさ」みたいなのは皆無でした。

また、ヒロインのシスターもシスターで、主人公についてきてくれる都合の良い女性くらいのポジションにしかならなかったのが残念です。
これは短さの弊害だと思うんですが、主人公に惹かれる経緯みたいなのも「言い寄られまくってたから自然と」とか、あるいは「あまりにも面倒をかけられているので構っているうちにいつの間にか」くらいの描写で、そのせいか二人の関係が縮まってもそんなに感動するって事がなかったです。
これまでのラブコメ路線にあった、「誤解展開と解決を通して関係が強固になる」や「口が悪い一方で実は持っている性根の優しさを知る」とかそういったものが両方ないので、面白さと説得力が同時に抜け落ちちゃったんですよね。
言い寄られているうちに…っていうのはリアルですけど、それがあんまりドラマになって来ないし、やっぱり他と比べて微妙な印象は強いんですよね。

まあ、ギャグ路線としてやっていくつもりもないわりに、明らかに主人公の性格はギャグでしか通用しないキャラクターっていうのがいけないんでしょうね。
主人公に必要な個性を強くしておこうと思ったんでしょうけど、そこから成長していって「男」になっていけば凄く面白いドラマになると期待できただろうに、こうまで変わらずにいたのも残念でした。
めぞんのようなまともなドラマをやろうとしているのに、主人公があたる以下のバカで、尚且つバカすぎて成長や反省すら出来ず、個性豊かなキャラも周囲にいないっていう各作品の一番かみ合わせが悪い要素ばっかり寄せ集めた一作になっちゃった感じです。

あとは、各回のドラマも、あらかじめ「勝ったら○○」とか「負けたら○○」とかいう条件が出て来るせいで、その時点で試合の勝敗がわかりきっているというか、全体的に緊迫感のある試合を演出するのが下手だなと思いました。
たとえば、「負けたら引退」、「負けたら借金」、「勝たなきゃ誤解が解けない」みたいな。ちなみに、主人公が絶対勝つ事が保証されている『らんま1/2』の場合は、敵が特異な格闘方法を使ってきて、乱馬に対抗策がないところから始まって、実際に予測不能のバトルが繰り広げられる事もあるんですけど、『1ポンドの福音』の場合は主人公の精神に問題がある場合が多いのでやっぱり試合自体は「主人公が本気出せば勝てちゃう」ような状況しかないのがしんどいですわ。名ライバルと呼べるほどのキャラもいないんで…。

評価は「悪い」です。
高橋留美子の漫画の中でもかなり微妙な部類に入る一作だと思います。
短いわりにこれといって面白いところもなく、最後まで最初と同じような調子で進んでしまうので、これより『めぞん一刻』の方が読みやすいかと…。
[共感]
2016/10/12 テーマ性の薄さ、キャラの魅力の欠如、ストーリーの単調さいずれも同意です。私もコミックスで読んだ際に同じようなことを感じました。本作は、「連載」というには程遠いペースで回を重ねていたため、稀に掲載されるとそれだけで大ニュースでした。そのため、毎回同じような話であっても、すでに前回を忘れているため、さほどの不満も感じられず、「読めただけで満足」であったのかと思います。連載時とコミックス読みでの印象が大きく違う作品の一例と思いました。 by ねぎ麻雀

2015/08/07 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3425(33%) 普通:3580(35%) 悪い:3333(32%)] / プロバイダ: 15166 ホスト:15498 ブラウザ: 7904
連載開始から終了まで20年もかかったらしいけど、ボクシングと宗教を掛け合わせた
異色の青春ラブコメでしたね。本作は。

主人公の耕作は、素質は十分にありながらも、減量にしばしば失敗してきて、そうした
減量の過酷さ及びなかなかそれを乗り越えられなかった心の弱さも笑いを取るつもり
だったのでしょう。ジムの会長だった向田(OVA版では高橋作品の常連でもあった
故・永井一郎氏が中の人だったけど、緒方賢一氏でもイメージ通りかなあともふと思った)は、
試合開始してもなかなかセコンドにつかなかった事もあったけど、彼にとっては
「可愛い『出来の悪い息子』」だったのでしょう。やはり。そうした耕作の減量苦は、
アンジェラの彼に対する恋愛の情と良くリンク付けられていたとも思いますが、
描き方がややくどくて、ゲラゲラ笑えたわけではなかったです。

そんな彼らカップルの葛藤を主軸としながら、耕作と対戦していったライバル面々
との人間模様も重要なキーポイントだった様ですが、怖そうな顔して気弱だった
来栖(実家は明光商会と言う電気屋だったけど、何処かで聞いた様な)や、仕事と
プライベートでは言葉遣いが全く違っていた松坂、料理下手な設定は後のストリート
ファイターⅣシリーズのエル・フォルテの設定の参考にされたのか?なタコス八郎
等中にはやや型通りな面々もいて、もっと良い意味で突き抜けた個性が欲しかったかなあ
です。(他の高橋作品のライバルキャラほど変に自意識過剰だった手合いこそいなかった
けど)夜叉丸ヒロシの話も、ヒロシもそんな病気(神経性胃炎)抱えるようなタマには
見えず、女に手をあげた彼も悪かったけど、周囲の面々を中途半端に振り回した可菜
もつくづく罪な姉ちゃんでしたね。「おいおい、今度は三角関係かよ」とも突っ込み
そうにもなりましたが。

ボクシングの試合シーンも、まあ正直高橋氏の画風ではそういう題材を取り上げている
他の漫画の様な迫力感とか臨場感とか求めるのも少々酷かなあでもありましたが、
画風と言えば、修院長の婆さんがミョーに締めっぽい風貌に描かれていたのも何気に
違和感ありました。化学反応の付け所は大御所らしく非凡でも、その方向性にはズレ
を感じ、耕作らに惹かれたわけではなかったです。実写ドラマ版では向田が女性に
されてしまった(小林聡美氏も確かにいい女優さんだとは思いますが)等そういう他の
漫画原作もの同様変にいじられてしまった(しかも、そういうのに限ってマトモな出来
にならない。あくまで自分が見た限りではですが)点も見られましたが、原作も評価は「とても悪い」です。

2015/07/21 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1622(52%) 普通:810(26%) 悪い:704(22%)] / プロバイダ: 3188 ホスト:3248 ブラウザ: 8624
だらだらと書き続けることの多い高橋留美子ですが本作はわずか四冊。
ほんのもう少しだけ2人を見守りたかったという絶妙なタイミングでの完結っぷりで
ボクサーと修道女の恋を書ききりました

中畑はあきらかにボクサーには向いていない大食漢ボクサーですが
男にとって太古から受け継がれる最大の行動原理「女のために頑張る」を一身に
根性を発揮してリングに立ち続け、そんな真っ直ぐな想いにシスターの心も徐々に傾いていきます

最大の敵は自分自身だ!。と書くとなんだかカッコいいですけど
その正体は食事の誘惑に勝てない駄目ボクサーであり、練習風景よりも飯を食っている
シーンのほうがよっぽど多くて、またシスターも男(中畑)のことばかりを考えてしまっていて
「お前らなんでその仕事を選んだんや!」コンビによる軽快なラブコメに仕上がっています。
(こう書くとめっちゃお似合いの2人ですね)

つまりいつもの高橋留美子ですよ、ってことなんですが、お笑いが重視されているぶん作者の良い部分も
特に目立った作品でした。ガチのボクシングを期待してはいけませんので、そこだけは注意してください。

2014/06/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1206(76%) 普通:264(17%) 悪い:113(7%)] / プロバイダ: 47133 ホスト:47215 ブラウザ: 10714
87〜07年まで週刊ヤングサンデーで連載された高橋留美子先生のボクシング漫画。減量中なのに食欲に負ける駆け出しボクサーの青年“畑中耕作"と若い修道女を中心にした人間模様を描いた作品。耕作が対戦相手やその周辺の人物と触れ合ったり自分と戦ったりしながら、試合が終わるまでを1ストーリーとしている。

80年代後半にスポ根ものを取り入れていたサンデーで、新たにボクシングものとして描かれたのが本作品で、人間の触れ合いと恋愛を描いた作品である。。ストーリーは試合ごとに区切られ、耕作が対戦相手やその周辺の人物と触れ合ったり自分と戦ったりしながら、試合が終わるまでを1ストーリーとしてそのストーリーが何度か続いていく形式である。高橋留美子作品で定番の独特なラブコメの雰囲気にボグシングを合わせた感じですが、ストーリーがシュールだったのか、あまり盛り上りに欠けていた感じがしましたね。それぞれの想いが交差し、彼らの周囲で起こる出来事やライバルたちを絡めたストーリー展開ですが、萌え的な要素はありません。色恋で惑わすような萌え要素がないため、ラブコメとしては地味な感がしますが、思春期の男女の青春物語と言った感じでしょうか。

本作品は高橋留美子作品で定番の独特なラブコメの雰囲気にボグシングを合わせた感じですが、話としてはよく纏まっていると思いますし、畑中やシスターの純なキャラもよかったと思いますので評価は【良い】。本作品は1つの作品としてきれいにまとまっており、「1ポンドの福音」というタイトルと、ラストの「フェザー級(-1ポンド)」という部分の対応など、作りとして非常にうまさが発揮されています。この時期の安定ぶりがこの作品からも伺えます。

2013/02/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:363(71%) 普通:78(15%) 悪い:73(14%)] / プロバイダ: 17361 ホスト:17537 ブラウザ: 5387
【良い点】
・めぞん一刻と似てるようでまた違った男女の関係。
・ギャグ。ボクサーだから節制しないとならないのに
「おやじ、ラーメン一丁!」「へいおまち!」は腹抱えて笑った。
・主人公の耕作が五代君と違って積極的なため、イライラしない。
その代わりヒロインがシスターという縛りがあるため
二人の関係はちゃんと?wすんなりとはいかない。
・敵キャラの背景がしっかり描かれてる。

【悪い点】
・それなりに調べて描いてあるが、試合の駆け引きや戦術的なものがなく
ボクシング漫画として見ない方がいい。
耕作はパンチ力がある・・という設定だけ。
そりゃプロボクサーはみんなあるよ。
・駆け足で終わる最終話エピソード。
放置されるよりマシだが・・なんかあわてて終わらせた感が。
・ラスボス?は終わりにふさわしくない小物。
もっと最強の敵が立ちふさがって欲しかった。
・シスターに職業以外の特徴がない。
一応酒を飲むと豹変っていうのがあるが・・弱いなあ。

【総合評価】
物凄く時間をかけて放置と執筆を繰り返したが
なんとか完結した作品。
完結させたのはいいんだけど
これならまだ続きが見たくなってしまった。

2011/05/08 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 12331 ホスト:12029 ブラウザ: 10254
【良い点】
・欲に弱い天才児(主人公)のダメっぷりや人間味
自分に正直というのも考えもの

・敵キャラもそこそこ面白い

【悪い点】
・ドタバタ感や強烈なギャグが少ない
最近の高橋さんは、クスリとくる笑いを求めてるのだろうか

【総合評価】
ボクシングの大変さをコミカルに描いた漫画…だと思う。
それなりに面白い。

2011/01/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:767(65%) 普通:166(14%) 悪い:246(21%)] / プロバイダ: 9954 ホスト:9795 ブラウザ: 9580
【良い点】
・めぞん一刻的な高橋作品の良さが出ている

・シスターの恋愛と信仰の葛藤、主人公のボクシング
をそれに絡めてなど題材的には興味を引いた

・全4巻で綺麗に完結しており纏まっている
【悪い点】
・ヒロインのキャラがめぞんの響子さんそのものに近い。二番煎じ的な

・ギャグもシリアスもキャラ個性もめぞんほど突き抜けたものはない
【総合評価】
めぞん一刻の二番煎じ的作品と悪く言えばなる作品だけど(人気が
出なかった理由はこの辺か)、それ故に長所もそのままなので、
読んでいてそれなりには楽しめた。短く纏まっているので、めぞん的な高橋
作品がさらに読みたい人、高橋留美子作品と相性確認のため短い話から読みたい
という人にはおすすめの作品。評価はギリギリだが「良い」で。

2008/09/19 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:149(84%) 普通:22(12%) 悪い:7(4%)] / プロバイダ: 26426 ホスト:26614 ブラウザ: 6303
つまらなくは無い・・・が何と言うかこれといったものが無い。
本当に無難な内容。ラストもあっさり。
特にドラマチックな展開があるわけでもなし・・・まあ読んでて退屈ってわけじゃないんですが。

総入れ歯になった人は何気に可哀相だなと思ったり。

2008/02/10 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:781(41%) 普通:454(24%) 悪い:655(35%)] / プロバイダ: 2744 ホスト:2791 ブラウザ: 5234
【良い点】
表面的には無難に安定している。

【悪い点】
これと言って優れた部分が無い。が、悪い点は多々ある。
ドラマ化を聞いて「そんなに脚本に困ってるのか」という感想。
例えば、ダメ主人公と美人シスターの恋愛は、過去の作品「めぞん一刻」
と酷似。いささかの進歩も無い、どころか退歩ばかり。また、本作で主人公が
ダメ、な点は多々あるが、最も前面に出ているのは「ボクサーの癖に体重維持が
できない」と言う現実のボクサーには大変失礼な内容。実力が発揮されるのは
女絡みだけ。主人公に共感を覚えるのは難しい。こんな奴は負けて当然だし、
ボコボコにしてやれ、と思う。
これが実は、いつもヘラヘラしている主人公に壮絶な過去とトラウマがあって、
ダメ人間に神の慈悲を説くつもりのシスターが打ちのめされる、なんて
展開なら、作者も新境地を開いたかもしれない。だが、所詮読み切り形式
でスタートしたためか、その辺の描写はテキトー。
連載期間が読み難いのもあったろうが、中途半端なコメディに始まり、終わった。
ドラマ(と登場人物の心の動き)が凄い雑に見える。「神に仕える」はずのシスターが、
主人公への情にほだされる過程は納得し難い。寄りきられたら、それでくっついちゃうの?
て感じ。
これまた、「ボクサー」と「シスター」と言う禁欲的な立場を強制される人物の
人間性回復、という描写なら傑作足りえたかも知れない。だが、最初から最期まで
軽い作品で、個人的には「最初から(最期まで)堕落していたカップルの自己再認識」
にしか見えない。

【総合評価】
「悪い」。ストーリー自体は無難なコメディ、と何も考えずに読めば「普通」
程度だが、本作は現実の「ボクサー」「シスター」に非常に失礼。作者には
そうした職業への敬意が足りない。また、敬意を求めるのはムリとしても、
主人公とヒロインがダメ人間で、その甘えを肯定する展開なのは問題だろう。
「駄作」である。

2007/04/07 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1535(64%) 普通:456(19%) 悪い:397(17%)] / プロバイダ: 8516 ホスト:8589 ブラウザ: 4928
最初は興味なかったけど、高橋留美子先生の作品なので、まぁ読んだけど個人的にはそんなに面白くはまかったです。

2007/03/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:16(80%) 普通:2(10%) 悪い:2(10%)] / プロバイダ: 5999 ホスト:6007 ブラウザ: 5234
先日1〜4巻購入し、読破しました。
ボクシングの要素もありますが、試合中は技術や駆け引き、と言うよりは勢いで進んでいる感があり、それよりも畑中とシスターの恋や、対戦相手の心情に重きが置かれている感じです。
絵は巻を追うごとにスマートになっていくようでした。1巻の時のものが勢いがあり好きです。
登場人物は人間味に溢れていて、こんな風に描ける作者はさすが漫画界の重鎮だと思いました。
でも1つ引っかかったのが、シスターの性格でした。どちらも人当たりが良いところや、キリストに身を奉げているシスター、片や死んだ夫に操を立てているめぞん一刻の音無響子とが、どうしても酷似して見え、物足りなく思いました。

なので評価は「良い」です。

2006/11/23 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:792(58%) 普通:431(31%) 悪い:147(11%)] / プロバイダ: 18384 ホスト:18446 ブラウザ: 6287
ヤングサンデー掲載の最終章を読みましたが、やはり明るくて面白いですね。
絵はどちらかというと、始まった頃の方が何故か好きですが ( 漫画そのものをあまり読まなくなったせいもある ? ) 、
2人の決着がどうなるか、注目です。

追記、最終章は結局、最初とあと最終回だけ読みました。
間を読んでいないので何ともいえませんが、 「 めぞん一刻 」 の完成度の高い終わり方と比較すると、
普通のエンディングとしか私の目には映りませんでした。
相手がシスターですからね。あれ以上のドラマティックなものを望むのは、少し難しいのかもしれません。
それにしても、絵がどうも始まったころよりも若干雑な気がします。
またまた比較してしまいますが、
「 めぞん 」 完結の頃の高橋さんの絵は最高でしたね。

2006/07/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 33652 ホスト:33520 ブラウザ: 4184
個人的にはこの作品に関しては高橋留美子作品の中でも密かに影の名作かなと思っていたりするけど、如何せん「とても良い」以上の評価をするにはエピソードが少なすぎる。まあ、元からメインで描いている訳では無いから仕方が無いけど、素材としてはかなり良いだけに何だか勿体無い様に思える。是非とも長期連載で見てみたい作品だと思っているのだが。

この作品の事を簡単に述べれば高橋留美子作品で定番の独特なラブコメの雰囲気にボグシングを合わせた感じだが、この二つの要素が絶妙なバランスで噛み合ってる所に作者のセンスを感じさせるし、またボクシングの知識が無くてもボクシングの事を簡単にだが丁寧に説明されてるし、特に読者を選ぶという様な事も無い。個人的には高橋留美子作品の中でも薦めてみたい作品の一つ何だか。

評価は「良い」で。

2006/04/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2283(50%) 普通:1143(25%) 悪い:1145(25%)] / プロバイダ: 11009 ホスト:11078 ブラウザ: 5234
第一話でいきなり主人公とヒロインのキスシーンがあるという高橋ラブコメ作品としては、かなりフェイントの印象。主人公は減量苦にまけて才能をなかなか生かせなかったり、ちゃらんぽらんな一面がありながらも基本的にシスターに一途だったりで割りと好感。対戦相手も色々と人間味がありますし同じ格闘系の「らんま1/2」よりは落ち着いて良い印象があります。

2006/02/26 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:338(64%) 普通:161(31%) 悪い:27(5%)] / プロバイダ: 42181 ホスト:42029 ブラウザ: 6812
作者にとって、肩休め的な作品なんでしょうか。
一つ大きな連載が終わると、ちょこちょこっと連載して、それきり。何年もほったらかし。
そう言う印象があります。
で、中身ですが、短編を読んでいるような印象があります。
悪くはないですが、読んでいる方も、肩休め的な作品です。

もっと読む

「明るい話なのがイイですね。主人公が戦う相手にもドラマがあって、なんか両方応援したくなるっていうか……...」 by 夙夜健


次のページを読む

この評価板に投稿する



2019/08/05 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 20576 ホスト:20533 ブラウザ: 5521 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事楽しい/面白い/可愛い 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)

もっと見る
1. everyday、漫画Life#138「連載作品が全て映像化(実写含む)している漫画家」 by 陣兵
... 先生がこれまで連載した作品(読切作品除く)はすべて映像化されております。 連載作品 ・うる星やつら ・めぞん一刻 ・らんま1/2 ・1ポンド福音 ・犬夜叉 ・境界RINNE アニメ化は5作品、実写化したは3作品。 6作品中、唯一アニメ化されていないは「1ポンド福音」です! ...
記事日時:2014/12/26 [表示省略記事有(読む)]
2. ま〜た、漫画実写化よ・・・・・・ by 634
http://websunday.net/ranma/ 次はうる星や、犬夜叉ってか?(『1ポンド福音』は確かなってるし) まあ、せいぜいお茶濁してくれや・・・・・・。
記事日時:2011/11/15
3. 2008年ドラマ視聴率平均ランキング by かなめ
... ドラマでもある。どちらも平均二桁と、有終の美を飾った作品と言える。 41.七人女弁護士 10.96 42.陽炎辻2〜居眠り磐音 江戸双紙〜 10.94 43.佐々木夫妻仁義なき戦い 10.90 43.幻十郎必殺剣 10.90 45.ゴンゾウ〜伝説刑事〜 10.74 46.1ポンド福音 10.60 ...
記事日時:2009/01/13
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:1ポンドの福音 / ドラマ:1ポンドの福音
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ