[漫画]星のカービィ デデデでプププなものがたり


ほしのかーびぃででででぷぷぷなものがたり / Hoshi no Kirby Dedede de Pupupu na Monogatari
  • 面白い
  • 楽しい
  • 可愛い
  • 可笑しく笑える
RSS
漫画総合点=平均点x評価数92位8,668作品中総合点102 / 偏差値78.46
漫画平均点747位1,322作品中平均点0.71=良い/143評価
1994年漫画総合点3位191作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
画力1.58(とても良い)24
キャラ・設定1.54(とても良い)24
ストーリー1.38(良い)24
面白い79%19人/24人中
楽しい67%16人/24人中
可愛い58%14人/24人中
可笑しく笑える50%12人/24人中
勉強になった25%6人/24人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

ごぞんじ星のカービィが活躍する漫画
いろいろな事件に関わって行く
はちゃめちゃな冒険が炸裂する
原作:ひかわ博一
掲載誌:月刊コロコロコミック,別冊コロコロコミック(小学館)
※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:1994/04/15(金) 月刊コロコロコミック / 終了日:2006/10
107,226163143
最近の閲覧数
323111312119148
2人の方がこの作品が漫画として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2010/08/01 / 最終変更者:シューゴ / その他更新者: kunku / 鉄銀 / 羽幌炭鉱 / 提案者:スターシャイン (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/02/20 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:1(100%)] / プロバイダ: 6727 ホスト:6581 ブラウザ: 8325
【良い点】
特になし

【悪い点】
言われるほどの凄さがわからない。

少なくとも自分の好みではなかった。

【総合評価】
読もうと思ったのは、今作が特にネット界隈では他のカービィのメディア作品を引き合いに出されたうえで持ち上げられる風潮があるのを見たのがきっかけ(というのも当方は世代的にもアニメや今作の後続であるも〜れつプププアワーを先に見ていたから、今作がどれほどすごい作品なのだろうととても気になっていた)。

実際読んでみたら言われるほどの作品でもなかった。
例えば他の作品があのキャラがいないこのキャラがいないとか言われるけど、それを言うなら今作も当時出せたはずなのに出さなかったキャラ(例を挙げるならゼロやマルクなど)はたくさんいるし、キャラの設定(喋り方など)をあれこれ言うけど、それについても今作も同じこと(そもそも公式で口癖なんて決まってたか?)が言えたり、その他挙げればきりがない。世界観の再現度?どういう基準?

やたらと「忠実な原作ファン」を自称する輩の間で持ち上げられているけど、そもそも原作に忠実って何なのか?
ファンの基準もガバガバで一貫性なし。これ以外の作品を好きになってはいけないことが納得させられるくらいの何かがあるのかと思ったらそうでもなく、連載時期などから考えても、カービィのゲームのシリーズが始まって2作目のときにはじまった作品ということもあるし、結局今作も原作ファン(特に古参)でこれを読んで育ったという世代の思い入れ補正なんじゃないの?と思ってしまう(話が原作に忠実かなんて論外。今作も主要キャラが全員出ているわけではない時点でお察し)。今作は全然完璧な作品でも何でもない。

作品自体の評価は普通くらいですが、個人的な趣向には合わなかったのでこの評価。ツボに合わなかったのか、絶賛されているギャグも個人的にはあまり面白いとは思えなかった。

2018/11/24 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:1(50%) 悪い:1(50%)] / プロバイダ: 18869 ホスト:18948 ブラウザ: 10172
【良い点】
ネタが万人向けであること。
カービィのゲームをやっていない人でもファンは多いみたいだし、原作の知名度と合わせて人気作となった要因だと思う。

【悪い点】
せっかく原作はゲームなのに、それに関連した話が全然ない。
作者が途中で放棄したこと。

【総合評価】
昨年とあるインタビューで作者自ら途中からアシスタントに代筆させていたことを明かし、衝撃が走った作品だが…。作者の無責任さは論外として、連載当時からこの作品を微妙に思っていた立場としては、案の定だとしか思えなかった。

12年続いたとはいえ、これよりも前から連載して今も続いているマリオくんを思えば短命に終わった作品だし、あれと同じようにもっとゲームの話もネタにして両立していたら、長く続いていたんだろうなと思う。何よりギャグ漫画としてのネタはいくらでも思い浮かんだわけなんだし。

持論に過ぎないが、今作に対して思うのは以上の通り。ファンの一部では原作ファンなら好きであって当然のように言われる作品のようですが、どうやらそれ相応にこの作品の良さが理解できない私はカービィファンに向いていないようです。これでも当時のゲームは好きでやってきた立場ですが。

2018/10/16 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(33%) 普通:0(0%) 悪い:4(67%)] / プロバイダ: 8077 ホスト:7735 ブラウザ: 11397
【良い点】
個人的にはないと思う
【悪い点】
カービィ 何かあったら他人様のものをふんだくったりぶっ壊したりで傍若無人

デデデ大王 些細な事で感情的になったりナイーブになったり喜怒哀楽の波が激しい

よく分からない事情で登場しなくなったキャラクター達

作画の変わり様
【総合評価】
悪すぎる

2018/07/13 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:1(100%)] / プロバイダ: 7982 ホスト:7941 ブラウザ: 10173
【良い点】
普通のギャグ漫画として見るなら、評判相応に扱うネタの質は悪くないのかなと思う。

【悪い点】
はっきし言ってゲームキャラを扱った作品としては愚作。原作の要素が全然活かせてない。

能力とかそういうのがたまにうまくギャグに活かせている程度で、話はゲームとは関係のない別にカービィでやらなくてもいいのではないかというものばかり。そういうことではただオリキャラが原作キャラに置き換わっただけで、悪い意味でアニメカービィと変わらない。

その上カービィはただの理不尽な暴走キャラになってるから尚更。せめてもう少しゲームの話題を引き出して、ギャグ絡みで勧善懲悪のエピソードも作っていれば、まだやる意味はあったと思う。特にSDXとかなんかは、素材がたくさんあったにもかかわらず、ほとんどネタにしてなかった。

ギャグ漫画としても、いくら扱うネタの質が良くても、カービィが原因で周りが理不尽な目に遭うオチばかりで、ストーリー全体としては胸ク○悪かった。たまにカービィがその報いを受けるオチがあるのはまだ救いだが。

他の方も仰る通り、後半になると、扱うネタもほぼワンパターンになり始め、画力も落ちていき、最終回もそれらしからぬ中途半端な内容で終わってしまう。これに関しては、昨年の6月にルポ漫画家のカメントツ氏によるインタビューでのひかわ氏本人の回答によって、なぜこうなったのか真相が明かされた。

話によれば、ひかわ氏は10巻の付近からイラストを中心に次第にアシスタントに仕事の大半を投げるようになり、やがて我慢の限界に達したアシスタントが辞めて自力で再開するも、ブランク故に精神が続かず、自ら降板する運びになったという。尚、仕事を投げていた間、ひかわ氏は株にはまっていたらしいが、そこでの儲けはリーマンショック時に焦げ付いてしまったらしい。

これが寛大なファンであれば、単にネタを考えるのに疲れてしまったんだろうと思うのかもしれないが、はっきし言ってこの漫画は素材の豊富な原作があったにも関わらず、上にも書いた通りそれをろくに活かさなかったようでは話にならないと思った。そういうことでは終盤はゲームのストーリーをネタにしたエピソードはあったが、作者の精神的にも手遅れだったのであろう。

完全に初期からの積み重ねの浅さ。漫画自体は売れて人気なのは確かで、作者にある程度のギャグセンスがあるのかもしれないが、それだけでうまくいきすぎてしまい、本来問題である点が盲点になっていたのが、この漫画の終盤の破綻を招いた原因なのではないだろうか。

あとカービィの口癖「ペポ」だったり、その他キャラの喋り方などの設定についてだが、原作には定められてないようなオリジナルに近い設定も多く、これに関しては原作通りかというよりは、それぞれのイメージに合っているかとか可愛いと思うかという程度にしか判断できず、これに良し悪しをつけることはできない。強いていうならば、この後に連載されたものに比べれば無難かという程度。特に思うことはない。

【総合評価】
人気なだけで原作ファンになる上で好きになるべきほどの重要性を一切感じない。風刺やパロディがたくさんあるギャグ漫画ならカービィでなくてもいくらでもあるし、これを読むくらいならゲームをやったほうがいい。

最近コロコロアニキで復帰したらしいが、果たしてどこまで続くのか?

2018/05/05 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:69(64%) 普通:10(9%) 悪い:28(26%)] / プロバイダ: 17075 ホスト:17086 ブラウザ: 10176
漫画版の「星のカービィ 」といえば、代表的なのは
やはりこの作品と言えるでしょう。しかし・・・
【良い点】
絵が綺麗で可愛らしい。

アニメ版と同じ、所謂「風刺ネタ」もあり、中々
為になる話もある。

基本はギャグ漫画ですが、いい話も(ほんの一部ですが)ある。

ギャグに中々捻りのあるものもある。
漫画版のカービィの中では一番笑える作品でしょう。

児童誌の漫画にしては下ネタがほぼ無いに等しい。

キャラにしっかり個性をつけている。

【悪い点】
漫画版のカービィの中では一番クオリティも知名度も高い作品かもしれません。
ですが、個人的に不満に思う部分が多かったのです。

初期(前半)の頃は中々ギャグにキレがあり、お腹を
抱える程笑った所もあります。しかし、徐々に話が進むに連れ、どんどん其れもクオリティが低くなっていきました。

使い捨てのキャラが多い。この部分は、この漫画の
一番の「ワンパターン」な所です。

仲間キャラも、さくま良子版よりかは遥かに出番が
ありましたが、それでもやはり話が進むに連れ、空気になってる。
(特にピッチは一番影が薄くなり、グーイに至っては
まともな言葉を話せなくなってしまう。)

チービィの退場。

絵が中盤は綺麗でキラキラしていたのですが、終盤に入ってから雑になってる。

デデデ大王が悲惨な目にあいすぎ。
前半の頃は、ややグロテスクな姿になるほど。

前半は、やたらキャラの見た目を
(面白くする為なのでしょうが)気持ち悪く描く事が多かった。

何よりも、さくま良子版のカービィと同じく、
カービィが「ピンクの悪魔」として描かれまくっている所ですね。初期の頃は、原作の内容に従って、
「悪い事をしたデデデをカービィが懲らしめる」
というスタンスでしたが、それも無くなると、
カービィがめちゃくちゃやらかして、プププランドのみんな(主にデデデ大王)に迷惑をかけまくる。それで追いかけ回される。(これもお決まりのパターン)。中には犯罪行為でさえやらかした事もあります。

漫画版のカービィの共通点は、カービィの天真爛漫な所をこういう風に「めちゃくちゃやらかして人々
(主にデデデ大王)に迷惑をこれでもかという程かけまくる」。というスタンスとして起用するので、私が今ひとつ漫画版のカービィに好感を抱けない要因の1つです。

勿論良い所が全く無いわけではなく、原作やアニメと同じく正義感もありますが、こういう悪い所の印象が強いので、それも打ち消してしまっている感じがします。

【総合評価】
子供の頃に気に入って読んでましたが、ある程度大人になって読んでみると、こういう悪い所ばかりに目がいきますね。しかし、それでも漫画版のカービィの
作品では、やはりこの作品が一番面白い作品であるのも事実。
評価は「普通」とします。

2016/11/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:149(82%) 普通:4(2%) 悪い:28(15%)] / プロバイダ: 2548 ホスト:2633 ブラウザ: 10216
【良い点】
・原作の雰囲気がよく出ている
・カービィとデデデの漫才の様なやりとり
・消しゴムバブル等、タメになる話もある。
【悪い点】
・作者が株云々でやる気がなくなった為か、段々雑になってきた。
【総合評価】
作者の事を考慮しても、『最高』で!

2016/10/29 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 31063 ホスト:31251 ブラウザ: 9081
【良い点】カービィが可愛い。特にデデデと絡むのが凄い好き!

【悪い点】デデデが最後に酷い目に遭うところとか

【総合評価】マリオくんと同じくらい、漫画を集めて読んでいました。とても面白いので一度は読むべき。

2015/11/01 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 2263 ホスト:2309 ブラウザ: 9209
再評価します。

さて、前回「とても悪い」で評価しましたが、その時点では自分の
持っていた15巻以降を既読しての評価でした(前回の評価に書き忘れて
いました、すいません)。デデププは、前半の巻が面白いと聞いていた
ので、最近全巻コンプリートしていた方にお借りして読ませていただき、
評価を見直してみることにしました。

しかし………………、改めて全巻読んでみると、キャラの管理が本当に
雑な漫画でしたね………。初期設定を薄めてでも笑いを取ろうとしている
印象。これが本当に「作者のカービィに対する愛が強く感じられる漫画」
だと断言しても良いのでしょうか……?

前回の評価の引用も合わせて、書いていきます。

まずはカービィ。

最初はスターロッドを盗んだデデデを倒しに行くという、このゲームキャラ
として正当な理由がはっきりしていたからこそ、多少やり過ぎでもまだ
許容範囲内でした。

しかし、社会風刺や当時の時事問題などをネタにし始めた辺りから、
カービィは無闇に自身の持つ能力を使って、周りに危害を加えたり、
食い逃げや責任転嫁をしたりするような奴になっていました。

最初はゲーム通りのヒーロー的設定付けだったのに、話が進むにつれ、
最終的にカービィは凶暴で自己中心的な、まさに「ピンクの悪魔」に
成り下がってしまいました。

確かに多少の自覚はあるのか、反省するような発言も見られますが、
過ちを犯したら反省するなど、そんなのはできて当然のこと。僅かながら
さくま版でも谷口版でもできていることです。まぁひかわ版に限らず、
ギャグ漫画版カービィの最大の問題点は、迷惑をかけて反省するような
発言をしても、それが次に生かされていないことなんですがねぇ。しかし
カービィの漫画三作品の中では、この漫画のカービィのしでかすことが
一番惨たらしかったです。

大王らしくないデデデもデデデです。一番の被害者で、最初はかわいそう
だとは思っていましたが、これはあまりにも弱体化させすぎです。

ゲームではボスキャラは最終的にカービィに倒される、それが秩序です。
しかしそれはそのボスキャラが悪事を犯したからこその始末であり、
この漫画のデデデは最初以外はそのような罪は全く犯していません。
デデデは最初は原作のボスキャラとしての仕事をしていたのに、なぜか
急に常識人的なキャラになってしまいました。カービィの理不尽さ極まり
ないのもいいところです。

反撃回もありましたが、もっと増やしてあげるべきだったと思います。
まぁ性格がこれではどんなに増やしても無駄だと思いますが。正直
読んでいるうちに、大王としてのやる気があるのかと、こちらにも怒りを
覚えてしまいました。

そもそもひかわ先生のデデデの作画からしても、貧弱に感じるところは
ありましたが、これも性格次第でどうにかなったのでは?まあまあかわいい
絵柄なのに、カービィもデデデも性格ゆえに非常に勿体ないです。

では、肝心のギャグはどうかといいますと、楽しむことができなかったです。
勿論カービィの性格ゆえというのもありますが、それ相当の理由がもう一つ
あります。それはキャラの位置付けの酷さです。

この漫画は、カービィをボケ、他のキャラをツッコミ役として扱う、漫才の
ようなタイプのギャグが特徴ですが、脇役キャラのほとんどが個人回を
終えた後にただ純粋なツッコミ役としてしか出されなくなるのは良くない
ですね。特に、カービィ3での初登場キャラの扱いには腹が立ちました。

ナゴとチュチュはそれぞれの個人回を終えた後はツッコミ役にまわされ、
ピッチなどツッコミ役になることすらなく、存在を消されてしまいました。

他に、ポピーは最初はツッコミ役だったが、カービィ2のキャラが新たな
ツッコミ役として登場した辺りから存在感を薄くされてしまっていたし、
所詮はこの漫画のデデデの側近でした。チービィは最初カービィの保護者
的存在として存在していたのに、カービィの相手にされなくなって消滅、
結局彼も平凡なツッコミ役の一人に過ぎませんでした。

だから脇役キャラのほとんどは個性が無いに等しいし、魅力も感じられない。
そして自分の場合はこの漫画のカービィもデデデも好きになれなかったため、
好感が持てるキャラが誰一人いなかった、これが最も致命的でした。そして
今回評価を引き下げる要因にもなりました。

使い捨てキャラは他の漫画でもありますが、この漫画は笑いをとるために
古いキャラを捨て、新しいキャラを借りだしているという印象が非常に強く、
これは許せませんでした。

まぁこれはあくまでカービィが主人公の漫画なので、脇役がどうとかよりも、
カービィの性格が好きになれるかどうかが、この漫画を楽しめるかどうかが
一番の鍵なのだと思います。でも自分はゆるいカービィが一番好きです。

評価は「最悪」で。

ただ、この漫画を基準にカービィを考えるようなファンも有するほどの、
ひかわ先生のギャグセンス、そしてカリスマ性には拍手を送っても良い作品
なのかもしれません。

ファンからは「連載復活」と合わせて、「アニメ化」希望の声も上がって
いますが、この漫画がカービィの原作だと勘違いしている人も少なくない
模様ですし、カービィに対する誤解を防ぐためにも、自分としては放送して
ほしくないです。

放送するとしても、ゲームに忠実な内容のカービィのアニメの後番組として
やるのが妥当だと思います。

※前回の8月19日の投稿に推薦を入れてくれた非論客さん、本当に
ありがとうございます。今回の再評価に伴い、前回の評価は削除させて
いただきました。申し訳ありません。

2015/10/07 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:133(74%) 普通:6(3%) 悪い:40(22%)] / プロバイダ: 45565 ホスト:45339 ブラウザ: 5139
【良い点】
ギャグが面白い
カービィが可愛い

【悪い点】
稀にあるキャラ崩壊が目立つ

【総合評価】
カービィの漫画も好きですが、ゲーム版の方が個人的には好きでした。

2015/03/28 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:26(72%) 普通:3(8%) 悪い:7(19%)] / プロバイダ: 1059 ホスト:1144 ブラウザ: 4694
【良い点】
とにかく話がおもしろい!
ついひらがなで書いて協調したくなるほど明るく楽しいお話が多いのです。
悲しい時や落ち込んだ時でも、この単行本を読むとクスッと笑って元気になれて、前を向けます。
途中から絵が荒くなったというご指摘がありますが、私がその辺りの単行本を持っていない為か
そこが気になることはありませんでした。
実際、後半にかけては雑さが目立つようになってはいたみたいですが、キラキラした明るい雰囲気の表紙はとても華やかで好きでした。

カービィもデデデ大王も憎げがなく、愛着の持てる言動をとります。
意地悪したらやり返され、「もうしません」と泣くような、子供のような可愛さがあってとてもいい!
ストレートすぎるギャグ、パロディなどもその勢いにどうしても笑いが出てきてしまいます。
少年向けの漫画であったからかもしれませんが、この作品の笑いには「勢い」がありますね。
真顔でボーっとしている人にドン!と突きだしたら、その人も笑いだしてしまう……。
そんな明るい雰囲気を持った作品です。

【悪い点】
やはりと言っては難ですが、勢いのある作品であれど好みは分かれるでしょう。
牧歌的でアニメ調の可愛らしい世界観に現実的なパロディネタが挿入されると、子供でも萎える可能性はあります。
シンプルなゲーム版での絵と異なり、目がクリクリとした漫画的な表現のカービィたちも
受け入れがたいという方がいても仕方がありません。
それ自体に魅力があっても、ゲームをプレイされた方が抱く違和感は払拭のしようがありませんから……。

【総合評価】
とにかく笑える!だから「最高!」
あくまで個人の主観ですが、下ネタなどを使わずここまで勢いのある笑いを出せる方、少ないのではないでしょうか。
パロディの無い、少ない話でも勢いが衰えません。
カービィ漫画が全体的にそのような傾向なので、私はカービィ漫画全般が好きです。

原作のストーリーを殆ど入れなくても批判されずに続けられるコミック版、少ないですよね。
それだけ元のカービィ、プププランドと言った設定が優秀で魅力的ということでしょう。
この作品の中で動き回るキャラクターはカービィだけでなく敵であるデデデ大王たちも含まれています。
ゲームの世界に生きるキャラクター達を敵味方区別、差別なく生き生きと描いているところが
この作品の優秀なところではないでしょうか。

個人的な一言。妙に庶民的なデデデ大王がお茶目でなんだか嫌いになれません。

2015/02/09 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 1280 ホスト:1247 ブラウザ: 9629
【良い点】
絵柄が可愛い♪
基本的に皆仲がいい。カービィとデデデすら仲がいい
カービィが無邪気なのとデデデが元々悪役なので、デデデを酷い目にあわせてても見苦しくない

【悪い点】
目がキラキラしすぎ
脇役の動物達の個性が足りない

【総合評価】
子供の頃よく読んでました。子供向けとして普通にデキがよかったと思います

2013/09/30 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(62%) 普通:0(0%) 悪い:3(38%)] / プロバイダ: 4218 ホスト:4221 ブラウザ: 5138
【良い点】
・コロコロの作品の中では、下ネタが少なく、下ネタ嫌いな人にも楽しめる作品となっている。
・絵が綺麗であること。
・「通りすがりのジョニーです」「2ページ続けて見苦しい顔のドアップ」など、なかなか忘れられないギャグが多い。

【悪い点】
・「〜ペポ」という口癖はなんかカンにさわる
・一部デデデに対するいじめとしか思えない描写もある。
・後半になるとギャグのレベルも絵のレベルも急激に落ちる。

【総合評価】
小さいころから慣れ親しんだ漫画の一つであり、コロコロの中でも特に楽しみにしていた作品だっただけに、突然の打ち切りは残念に思った。
この作品を描いたひかわ先生に感謝の言葉を贈りたいほどの作品であった。

2013/01/08 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:919(59%) 普通:346(22%) 悪い:289(19%)] / プロバイダ: 23122 ホスト:23164 ブラウザ: 5345
【良い点】
・コピー技やキャラの特徴にあわせたギャグが面白い
・ゲームの方をやったことのなかった自分でもなじみやすかった

【悪い点】
・特になし

【総合評価】

僕はカービィはゲームはやってなかったのですがこの漫画は大好きで小学生の頃よく読んでいました。

評価は良いで!

2013/01/02 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:166(74%) 普通:14(6%) 悪い:45(20%)] / プロバイダ: 13186 ホスト:13156 ブラウザ: 7400
【良い点】
・絵柄が可愛い
・登場人物に好感が持てる
・面白い、楽しい

【悪い点】
・第23巻以降の画力の酷さ。事情があるとはいえ残念

【総合評価】
コロコロコミックの中ではなかなか良質な漫画作品。終わってしまったのは残念でした。

2012/11/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:27(50%) 普通:9(17%) 悪い:18(33%)] / プロバイダ: 6021 ホスト:5939 ブラウザ: 13619
【良い点】
下ネタが無いから子供も安心して見れる。

カービィとデデデとポピーの3人トリオの漫才。

5巻からの作風。

ゲストの濃いキャラクター設定。
【悪い点】
一部回のカービィの行動がムカつく(まぁ、本人は良かれと思ってやっているけど)

デデデの酷い扱い。

カービィ3の仲間組の出番が少ない。
【総合評価】
カービィの漫画シリーズで一番おすすめできる作品です!評価は78%

もっと読む

「なぜか突然連載が中止になってしまい、その次の号からは違う作者さんが書いたカービィの漫画が連載されてい...」 by 将刃


次のページを読む

この評価板に投稿する


2011/08/02 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 3731 ホスト:3601 ブラウザ: 4894
なんで、ひかわ先生はかかないんだ。やめさせたやつを、許さない。

もっと読む

「皆は分からないみたいだね。この漫画が嫌いって人に聞くけどカービィ好きの人にはわかるんだよ。このまんが...」 by mc


次のページを読む
2019/02/20 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 6727 ホスト:6581 ブラウザ: 8325 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事考えさせられた 
ストーリー悪い(-1 pnt)
キャラ・設定悪い(-1 pnt)
画力普通(+0 pnt)

もっと見る
1. ぽよぽよマギアファンタジア by オルタフォース
... デデデプププものがたり作者として知られるひかわ博一先生現在姿が話題となっている。 詳しい事例は伏魔剣さん日記に譲るとして、小学館と間に何かあったわけはないようだが、精神的に辛かったというは本当だそうだ。 今はただ、ひかわ氏安寧を願うだけです。 それはそうと今年ひな祭りにカービィシリーズ ...
記事日時:2017/06/28 [表示省略記事有(読む)]
2. "『コロコロコミック 掲載作品』Ⅱ" by 陣兵
... 」(Moo.念平先生著) 「ヤマトタケル」(三村渉・たかや健二先生著) 「かげきベイビー バーブー赤ちん」(のむらしんぼ先生著) 「正しい!?UFO仮面ヤキソバン」(天越え〜すけ先生著) 「みらくるドラクル」(前田えみ先生著) 「ワールドヒーローズ激闘英雄伝」(かとうひろし先生著) 「カービィ デデデプププものがたり」(ひかわ ...
記事日時:2011/08/26 [表示省略記事有(読む)]
3. が受ける推薦評価傾向 by 中氏
... ・矛盾しない程度に総合評価とは逆事柄を語れている評価 総合評価が好評なら、その作品短所、 不評ならその作品長所を語れている評価、ということです。 「良い」系と「悪い」系評価に集中する傾向が強いですね。 例 ・増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和(漫画) ・カービィ デデデプププものがたり ・聖闘士 ...
記事日時:2009/02/03
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ