[漫画]花田少年史


はなだしょうねんし / History of Hanada (Hanada shounenshi)
  • 可笑しく笑える
  • 感動
  • 涙流した
  • 楽しい
  • 面白い
  • 悲しい
RSS
注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:花田少年史 / 日本映画:花田少年史 幽霊と秘密のトンネル
漫画総合点=平均点x評価数345位8,764作品中総合点33 / 偏差値58.32
漫画平均点10位1,326作品中平均点2.54=最高/13評価
1993年漫画総合点6位164作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
ストーリー2.80(最高)5
キャラ・設定2.60(最高)5
画力2.20(とても良い)5
可笑しく笑える100%5人/5人中
感動80%4人/5人中
涙流した60%3人/5人中
楽しい60%3人/5人中
面白い60%3人/5人中
もっと見る
属性投票する
作者:一色まこと
出版社:講談社

単行本:全4巻(ミスターKC、講談社漫画文庫)、全5巻(アッパーズKC)*
日本 開始日:1993/11 ミスターマガジン / 終了日:1995/10
15,3001413
最近の閲覧数
1331020123
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/05/28 / 最終変更者:クロン / その他更新者: 永田 / 暁に吠え猛る獅子 / 提案者:羽幌炭鉱 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/02/12 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:57(77%) 普通:6(8%) 悪い:11(15%)] / プロバイダ: 27019 ホスト:27127 ブラウザ: 10317
【良い点】
登場人物が個性的で面白い。
一人一人のキャラが明確で終始ブレずに立っていたところ。
等身大の大人と子供を丁寧に描かれていた。

幽霊や妖怪も一筋縄ではいかないキャラが多かったですね。
はだかのじいさんや織田、マダムカトリーヌなどいいキャラしてましたね。じいさんに限っては幽霊のリーダー格になってましたし、カトリーヌは物語の重要なところでよく出てましたし。最終回直前では物語に出てきた幽霊たちが一路に成仏してもらった恩返しで彼のために一生懸命頑張る所が良かったです。

主人公の一路は手に負えない悪ガキ。ですが純粋で人情深いところがあって憎めないヤツでしたね。気が進まないながらも成仏させるために一生懸命頑張っていた姿に心打たれました。
幽霊との交流を通じて多くのことを学んでいく中で成長していくシーンは感動ものです。
物語が進むにつれてほんのちょっとだけ大人になったんだなと思いました。

ギャグ要素が強いところとシリアスで泣けるシーンとのメリハリが上手くつけており、物語のバランスがうまくとれていた。

話の中では、小学生同士によくあるいざこざや日常風景などが丁寧に描かれており、子供の気持ち、感情などの心情表現がわかりやすく描かれていました。
一路と桂子のケンカ、一路の初恋が印象に残りました。
とりわけ壮太の新しい父親に対しての複雑な感情、そしてそれを乗り越えて運動会の借り物競争で父と認めるシーンがグッときました。

【悪い点】
下品な表現がまれにあったところ
乱暴なシーンが目立った。

【総合評価】
笑えるマンガだなぁと思ったら、話が進むにつれてシリアスで悲しく切ない場面が度々出ていたので抑揚が上手くつけられていたところが秀逸でした。
子供が主人公でありながら幽霊騒動に巻き込まれるといった怪奇現象ものとしてホラー要素が強い部分がありますが、そこから展開されるヒューマンドラマはまさに感動もの。

2016/07/02 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1548(52%) 普通:747(25%) 悪い:664(22%)] / プロバイダ: 3991 ホスト:4011 ブラウザ: 8636
九死に一生を得てオバケがみえるようになってしまった花田少年の物語で
わんぱくに走り回っている花田少年と一緒にわくわくしながら読むことができ
どこか童心に返ってしまう懐かしさを含んでいました

いたずら小僧で色んな人に迷惑をかけているヤンチャっこが幽霊のために行動してあげて
幽霊のお願いで人助けの精神を学んでいくことで大人へと成長していくっていう流れを
とても上手に描けているわけですが、なにが良いって、子供のときにしか感じることのできない
子供にしかない感性を漫画にすることに成功していることじゃないでしょうか

そういうのって読者も大人だし、作者も大人だから凄く難しいとおもうんですけど
そんな花田少年の不思議な体験記を、おもしろおかしく、そして感動的に書ききっているんです

家の、親子の歴史が受け継がれていく。いや、紡がれていく。といういいかたのほうが正しいでしょうか
そんな終わらせ方もまた良し!でしょう。評価は【とても良い】とさせていただきます

2015/08/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7043(87%) 普通:602(7%) 悪い:443(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:21984 ブラウザ: 1975(携帯)
少し前に映画版も観たことがありますが、やはり原作の方が遥かに面白かったかなといった印象でしたね。

冒頭で母親にどやされて、家を飛び出してそのときに交通事故に遭ってなんとか一命こそとりとめるものの、その代わりに幽霊が見えるようになってしまい、以後、さまざまな不可思議な事件と関わっていくといった内容でしたが、幽霊も登場するものの、やはり人と人とのかかわり合いを主眼に置いたものが多かったですね。

それからその登場人物も主人公をはじめ、その家族等もなかなか濃ゆい面々ばかりで毎回読んでいて飽きさせないものがありました。

特に絵柄がまた良いですよね。主人公は交通事故による手術で頭に9針縫うケガを負った影響もありますが、いつ見ても印象的な丸坊主(今風にいえばスキンヘッドかな)だったことに加え、母親もいわゆる肝っ玉母ちゃんみたいな風貌で、なんだか不思議と懐かしいようなそうしたノスタルジックな気分にさせられるものがありましたね。

ゲラゲラ笑える話があるかと思いきやときおりしんみりさせられる話もあったりとそのバランスも絶妙だったなと思います。

最後に評価になりますが、「最高」とさせていただきます。

2015/05/28 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:9(47%) 普通:1(5%) 悪い:9(47%)] / プロバイダ: 51898 ホスト:51865 ブラウザ: 4895
笑えたり、感動したりとストーリーに幅があっていい。
キャラクターも皆一人一人魅力的。
個人的には受験生の幽霊の話がベスト。

2015/01/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:882(66%) 普通:353(27%) 悪い:93(7%)] / プロバイダ: 9817 ホスト:9812 ブラウザ: 7872
少年と幽霊の交流を描く作品。
エピソード自体はそれほど際立ったものはないですが、キャラクターとギャグが面白いですね。
感動的なエピソードが多いのですが、個人的には受験生の幽霊の話が好きですね。
それとゴンパチ先生のエピソードの序盤は面白かった。はみ出してる姿で発見されたくはないですよね笑。

2009/08/09 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(80%) 普通:1(20%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 12575 ホスト:12755 ブラウザ: 9412
【良い点】
泣かしてくれる

【悪い点】
本が涙でよごれる

【総合評価】
ちょっと下品なネタ多いけど昔の作品だから・・・
それに懐かしい。平成っ子が読んでも感動するはず。
絵が綺麗なうえに物語も最高・・・
自分にとっては完璧な漫画。

2008/02/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:792(58%) 普通:431(31%) 悪い:147(11%)] / プロバイダ: 18384 ホスト:18446 ブラウザ: 6287
全部は読んでいませんが、良作と思います。

【良い点】
ホンワカした雰囲気とストーリーですね。
最初の方で犬が死んだ場面など、感動しました。

【イマイチな点】
( 1 ) 絵が好みでないためもありますが、やや粗く見えてしまいます。
( 2 ) タイトルが平凡というか、インパクトを感じません。

【総合評価】
主人公に好感を持てたのは ( 子供ですが ) 良かったと思います。

2007/09/28 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:363(80%) 普通:53(12%) 悪い:35(8%)] / プロバイダ: 49951 ホスト:50069 ブラウザ: 5234
この作品はコメディと感動を上手に使い分けていて凄いと思います。笑わせる所で笑わせて、泣かせる所で泣かせる場面をそれぞれ丁寧に作っているなと思います。

特に最終巻である5巻目が一番泣きました。メロン、貴人どちらもとても良かったです。

登場キャラも皆濃過ぎです!・・・ただ、ジロには死んで欲しくなかったです(涙)

2007/05/10 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:17(77%) 普通:2(9%) 悪い:3(14%)] / プロバイダ: 21748 ホスト:21543 ブラウザ: 4184
最高ですね、この作品は。
漫画だから音楽がないのは惜しいですが、それでもかまわない、この漫画は間違いなく最高レベルのものです。最高に売れる、流行れる作品ではないが。

2006/09/12 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:14(64%) 普通:1(5%) 悪い:7(32%)] / プロバイダ: 873 ホスト:733 ブラウザ: 5726
涙涙涙ですよ、ホントに。
全五巻の中に、泣ける作品は5〜6個ありますかね。
一番泣けたのは貴人のグローブの回です。

こんなに泣ける漫画に出合ったのは
これが最初で最後かもしれません。
花田少年のような元気で勉強が不得意で
毎日遊んでばっかりの元気な子は
みてておもしろいです。

あえて欠点をいうならば、人霊と妖怪を一緒にしていることと、
占いと霊視を一緒にしていることと、たまに下品になるころですね。
やはり、妖怪というのは実際に存在しないもので、
幽霊というのは実際存在するものです。
そして、マダム・カトリーヌは生前いんちき占いで
人を困らせてきたが、死んでから霊感がばっちりになった。
というところです。占いは占い、霊視は霊視です。
そこを一緒にしているのはどうかと。
そして、おっぱい織田やちんちんじじいなど、
下品なネタがたまに出てきます。花田少年史は大人も子供もこんなに感動できるのに、
こんな下らないことをやっていたら大人が子供に花田少年史を見せなくなってしまいます。

まあ欠点もありますが良い部分でカバーできてる
ので評価はとても良いで。

2006/07/23 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:70(66%) 普通:0(0%) 悪い:36(34%)] / プロバイダ: 18939 ホスト:18793 ブラウザ: 4483
2年ぐらい前にアニメを視聴して、この夏に実写化するというので
つい勢いにまかせて購入して読んでみたところアニメと同様内容は
すごく良いものでした。

車に轢かれて一命をとりとめた主人公の花田一路がその事故がきっ
かけで霊が見える体質になってしまってその後色々な霊からしつこ
く頼まれて無理矢理用件を引き受けさせられ様々な困難を越えて目
的を果たしていくストーリーは最初は面白くて笑えて最後には感動
して泣けるというとても温かみのある作品でした。
中にはおっぱい織田やちんちんじじい等の下品で下ネタがほとんど
を占める話もありますが特に嫌悪感は感じずむしろ笑えました。感
動する話はけっこうありましたがその中で私が1番良いと思ったの
はりん子の話です。この話では日本に実際あった遊郭のことが描か
れていてこの話に出てきたりん子がその日本の暗い過去の被害にあ
って母親と引き離されてしまいすごく寂しい思いをしていてそのり
ん子の前に一路が現れりん子が一路を連れてあの世に逝こうとした
話で、私はこの話の解決の理由が一路と一路の母親との親子の絆を
よく表してしたのがすごく心をうたれました。この話は是非ともた
くさんの人に読んで欲しいと思います。

キャラクターは花田家の人がいい味出してました。父の大路郎と祖
父の徳路郎は馬鹿だがいたら面白いと思えるキャラで母の寿枝は一
路の悪事に手を焼いているところはありきたりだが温かみがあり姉
の徳子はブサイクだが美人ぶっているのは憎たらしいが一路みたい
な悪ガキの姉にはぴったりだと思います。

この作品には現代の漫画界が忘れつつある温かい話を見事に描けて
いますし↑でも述べたとおりにたくさんの人に読んで欲しい作品な
ので評価は「最高」にします。

2006/02/22 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:787(45%) 普通:474(27%) 悪い:488(28%)] / プロバイダ: 38923 ホスト:38906 ブラウザ: 5234
この作品は、表向きこそ「下品なところはあるのだが、ノスタルジックで温かみのある幽霊との交渉能力を得てしまった悪ガキ花田一路が繰り広げる騒動を描いた作品」なのだが、実は「霊との交流することによって大人の社会のあらゆる現実を目の当たりにしていく一路が"少年"から"男"へと成長していく話を描いた作品」でもある。

考えてみれば、幼馴染の村上壮太の父親の霊との話では壮太やその母の再婚相手となる人の娘にして女の子でありながら一路と同格の喧嘩の強さを誇る市村桂のそれぞれの家庭環境における差異を出すことによる、他人の家庭の事情についてを描き、俵崎財閥の跡取り息子やゴンパチ先生の話では個人の力ではどうとでもできない"家"というものの存在を描いている。俵崎の跡取り息子の話でこそ、結果的に自分の意思によって家を捨てて恋人と子供の元に行く話で終わるが、ゴンパチ先生の話では若い頃のどうしようもできない話という辺りで悲劇性を出している。

それだけでなく、あまのじゃくの絡む話や倫子の話なんかでは、子供が絶対に触れられない"大人の領分"的なところに触れるものであり、それがこの作品をアニメ化した際に「深夜行き」にさせた理由なのであろう。しかしそれらを描くことが「下品」といわれながらも曲がりなりにもできたからこそ、この作品は高い評価を得る事ができたのであろう。

最後、一路が成長することによって霊との交渉能力とそれに関する記憶を失っていく辺りが、子供から大人への成長する過程において失ってしまう何か、という印象がある。

最終回に出てきた一路と桂の子供である千路と桃子はこの最終回一話だけでは勿体無いキャラだったが、それ故に「また話が続いていくわけか」と思わせたりもする。特に桃子の「無口だが噛み付き癖がある」という辺りはかなり強烈だった。

2006/02/14 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:70(96%) 普通:1(1%) 悪い:2(3%)] / プロバイダ: 28582 ホスト:28396 ブラウザ: 4184
大好きです。この作品。なんか感動できるんですよね!
花田少年のワンパクっぷりと実は持ってる優しさに引き込まれてしまいました。

なんか読者を感動させようっていう意識が伝わってくるんですよね。
自分が特に好きだったのはそろばんのセンセの話とリンコの話ですかね。
あ、あと番外編の話は全部名作です!クリスマスと子猫のお話。つか、もう全部オススメしときます。

でも、最初の方は微妙かなって思ってたんですよ。でも、ハムカツあたりからキャラもたってきて、すんごく面白くなりました。だから、最後まで読むのをオススメしときます。

このマンガを名作ト言わず、なにを名作というか?いや、言わない(反語)。ってくらいです。
心温まりますよ。うるみますよ!

2006/01/25 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:787(45%) 普通:474(27%) 悪い:488(28%)] / プロバイダ: 16436 ホスト:16327 ブラウザ: 4487
ふとしたことから霊と会話できるようになった腕白小僧の花田一路が、様々な事情を抱えた成仏できない状態の
霊たちの頼みを聞く羽目になってしまったという系統から始まり、その霊たちからの頼みも多々ありという感じ
のものだった。

青年誌連載の作品ゆえか、どこか下品な感じの話もあったが、基本的にはほのぼのとしたノスタルジックな雰囲
気と一路たちの繰り広げる騒動、そして哀愁の漂う雰囲気などが見事に混じり合わさった作品になっていた。

アニメでは途中の倫子との話で終了していたが、これは原作の終わり方とアニメオリジナルの展開を挟んだ話で
のつじつまが合わないためである。

倫子との話が終わった後、成仏できない霊たちが一路の元を訪れるようになり、やはり一路の体にも無理が祟る
ようになっていく。そこで一路に救われた過去をもつ霊たちが一路を影ながら助けようとする場面があるのだが、
このあたりでアニメオリジナルの登場人物が絡むとおかしくなるのが「倫子」での終了の一因でもあろう。そし
て最終的には一路は愛犬にして弟分でも或る二路との別離を経て、ついには霊との会話能力を失っていくという
もので、それと同時に髪が伸びていく描写があった。そして中学生高高校生に成長した一路は上級生を押しのけ
て野球の試合のマウンドに立つくらいになっていた…というのが最終回一歩手前の話。

そして最終回では大人になった一路が登場し、学校でよく張り合った桂と間に腕白小僧な息子の千路と娘がおり、
さらに桂のおなかの中には三人目の子供が、という話になっている。桂との結婚が「出来ちゃった結婚」という
のが或る意味残念なのだが…。そして父にも負けない腕白小僧の千路(妹は妹で無口ながらも噛み付き癖がある
という危険な奴)も、やはり霊が見える能力と共につるっぱげになってしまうという話だった。

個人的にはこのエピローグもアニメで見てみたかった気がするのだが、まああのアニメのままでも悪くはないと
いえる。しかし一路は親父とちがって嫁さんはかなり美人なあたりに何気に恵まれているような…。

この評価板に投稿する



2017/08/08 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 2137 ホスト:1850 ブラウザ: 10214 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/涙流した/可笑しく笑える 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. 『逆転裁判1・2・3』希望キャスト表 by みずたでぜんまい
... 中井さんは普段は荒々しい青年が多いので、模木さん役には驚いた上 「これなら荷星さんも行ける」と思って、希望キャストに組み込みました。 衣袋 武志→若本 規夫さん→『戦国BASARA』織田 信長 ※衣袋というよりは、アクダイカーン役なのを重視しての人選です。 大滝 九太 →くまい もとこさん→『花田少年花田 一路 ...
記事日時:2018/04/04
2. 海外 > 関西 は果たして自然の流れなのか by Barnirun
... 普及して、いろんな視聴方法が出てきて。 10年前は放送されないってだけで、涙を飲んでいたものさ。 雪使いシュガーに始まり、ラストエグザイルの1期やガドガード、L/R、ななか6/17、R.O.D、テクノライズ、フルメタル・パニック? ふもっふ…… それだけに、灰羽連盟やWitch Hunter ROBIN、花田少年みたいに人気が ...
記事日時:2014/10/01
3. 同じく今日はくまいもとこさんのお誕生日です by Mr.KN
... 旅行」の星渡ゴローや、「カードキャプターさくら」の李小狼、「機動新世紀ガンダムX」のキッド・サルサミル、「学級王ヤマザキ」のヤマザキ、「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」のこひろまこと、「救命戦士ナノセイバー」の強志、「ドクタースランプ(第2作)」のオボッチャマン、「烈火の炎」の小金井薫、「アリスSOS」の嵯峨野タカシ、「花田少年」の花田一路 ...
記事日時:2014/09/08
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:花田少年史 / 日本映画:花田少年史 幽霊と秘密のトンネル
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ