[漫画]銀の三角


ぎんのさんかく / Gin no Sankaku
RSS
漫画総合点=平均点x評価数1,510位8,898作品中総合点7 / 偏差値50.65
1980年漫画総合点17位63作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.00(とても良い)1
画力2.00(とても良い)1
ストーリー2.00(とても良い)1
美しい100%1人/1人中
考えさせられた100%1人/1人中
格好良い100%1人/1人中
感動100%1人/1人中
面白い100%1人/1人中
もっと見る
属性投票する
著者: 萩尾望都
掲載誌: SFマガジン
出版社: 早川書房 白泉社
日本 開始日:1980 SFマガジン 1980年12月号 / 終了日:1982 1982年6月号
6,22633
最近の閲覧数
1101000000
1人の方がこの作品が漫画として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/06/30 / 最終変更者:みゆきちいいいいい / 提案者:JJM (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/08/19 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7563(87%) 普通:639(7%) 悪い:462(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:21976 ブラウザ: 1975(携帯)
この作者の作品では以前、トーマの心臓を読んだことがありますが、あちらは寄宿学校で生活している思春期の少年たちの人間模様等を描いていたのに対して本作はもっと壮大でかつスケールの高い内容でありましたが、登場人物を繊細かつ丁寧に描いている点では共通していたかなと思います。

おそらく旧約聖書で書かれるであろうぐらいの時代から始まり、やがて近未来へと舞台を移したりと、まさに時空を越えて移動することができるからこそ可能なシチュエーションだったと言いますか非常に読みごたえのあるものでしたね。

最初読んだときは主人公であるマーリーが番号扱いみたいになっていて、あたかも何人もいるのかとか面食らってしまう部分もありましたが、二回、三回と読み返していくうちに新たな発見も増えてきて、全3部構成でありましたが、一つ一つの場面が決して不必要ではないほどに計算され尽くされているんだなということにも気づかされます。

雰囲気も非常に良くて似たような作品だとだいぶ前に観たアニメでしたが、「スペースファンタジア2001夜物語」に近かったかなと思います。

最後に、この作品の評価になりますが、「とても良い」とさせていただきます。

2006/01/31 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 5146 ホスト:4825 ブラウザ: 5234
難解な展開、目的の不明瞭さ、核となる人物の移り変わりなど、読むのは大変ですが、
非常に美しい描画と台詞回しです。萩尾漫画の頂点だと思っています。

2005/05/25 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:68(52%) 普通:18(14%) 悪い:46(35%)] / プロバイダ: 10940 ホスト:10918 ブラウザ: 7037
本格的なハード S.F 漫画。とにかく S.F 的な要素が凝縮された作品であり、少なからず私が知っ
ている S.F 漫画の中では最高峰の作品の一つだと思います。

大まかなストーリーの方はというと、銀の三角人の伝説とそれに関わるラグトーリンという正体不
明の美女とマーリーという男の物語です。
第一印象としてはとても読みづらい漫画だと思いました。萩尾望月の圧倒的な画力がなければ途中
で読むのをやめたかもしれないです。絵はホントすばらしいです。ストーリーラインは超緻密かつ
複雑に構成されていてます。(マーリーの能力とラグトーリンの能力の為) 2-3回読んだだけではか
なり意味不明に近く、とにかく時間的なトリックがストーリーラインにあるのでじっくり考えなが
ら何ページ目から〜何ページ目がいつの話なのかとか.. 頭の中で整理して読んでいく必要がある
かと思います。何度読んでも解ったようで解らないような謎の多い作品。

「11人いる!」と似た世界観をより一層深めた感じで、「11人いる!」で出てきたような短命種や
独特の言葉や名前といった文化人類学っぽい要素。長命技術やクローン技術といったもの、時空人
や安定指数といった概念←[ストーリーの重要な要素?]、そして非科学的な宗教や音楽。ラグトー
リンという不思議な魅力のあるキャラクターとこの作品が持つ圧倒的な世界観を楽しむことができ
ました。

(この作品は凄く硬派なS.F作品なんで、S.F 慣れしていない人にはもっと読みやすい「11人いる!」
とか、萩尾望都作品としては「ポーの一族」がお勧め。)

この評価板に投稿する



2015/08/19 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 21970 ホスト:21976 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/面白い/格好良い/美しい/考えさせられた 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)

1. 週刊少年サンデー22・23合併号感想(最上明医 完結) by 伏魔の剣
... 、まずは二人話を聞こう。 ●湯神くんには友達がいない 試合続編。一応南田そのものは封じたけど、守備力低さと打線不調により完封負け。 投手として負けた気がしない湯神にはなんか納得。 南田自分と同じ匂い発言はライバル視ではなく「ぼっち」を意味していたは笑った。 ●匙 特に仕事 ...
記事日時:2014/05/13
2. 冬アニメ感想。 by S・N
... た。 今所視聴してる作品中間感想を述べたいと思います。 ・うりん(4話まで) 今週で原作1巻分が終了ですが。このペースで進むなら3巻までで完結ですかね。 個人的には4巻で完結がベストだと思うですが。 同じ農業校ということで、どうしても同時期に放送されている「匙」と比べ ...
記事日時:2014/02/07

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ