[漫画]ギャンブルフィッシュ


Gamble Fish
  • セクシー
  • 面白い
  • 怖い
  • 考えさせられた
  • びっくり
  • 可笑しく笑える
RSS
漫画総合点=平均点x評価数662位9,068作品中総合点17 / 偏差値53.71
漫画平均点405位1,323作品中平均点1.42=良い/12評価
2007年漫画総合点33位394作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.80(とても良い)5
ストーリー1.40(良い)5
画力1.20(良い)5
セクシー80%4人/5人中
面白い80%4人/5人中
怖い60%3人/5人中
考えさせられた60%3人/5人中
びっくり40%2人/5人中
もっと見る
属性投票する
原作:青山広美
漫画:山根和俊
掲載:週刊少年チャンピオン2007年10号〜
版元:秋田書店
日本 開始日:2007/02/01(木) 週刊少年チャンピオン 2007年10号 / 終了日:2010/07/15 2010年33号
23,8231312
最近の閲覧数
1212111603
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/06/27 / 最終変更者:みゆきちいいいいい / 提案者:羽幌炭鉱 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/05/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:870(59%) 普通:230(16%) 悪い:367(25%)] / プロバイダ: 17052 ホスト:17144 ブラウザ: 10158
【良い点】
・チャンピオン的な癖はあるが、絵の上手さは二の次になりがちなギャンブル系では尚更光る画力
・濃いキャラクター陣、ハッタリの効いた熱い演出、絵を活かしたお色気
・肝心な頭脳戦もそれに甘えず、なかなか練られている。特に前半
【悪い点】
・後半は会場から動かないトーナメント大会が続く
・その頃はお色気が前提や過剰になったり、単に運頼みでしかないようなゲームが増える。終盤の麻雀については本作に限らない話だが、専門作品ではないのにいきなりルールを既知なものとして始まるのはどうかと。トランプに比べると実際マイナー。仮にやるなら打たない人にも分かるように説明しながらなど工夫が必要では
・それなりに話は畳んだとは思うが、主人公の父親が理由なく平然と生きていたのは意味不明
【総合評価】
学園で倍々勝負をしている頃が良い意味でなんでもありの全盛で、マカオトーナメントが始まった辺りからは失速や滑りも否めなかったが、それを考慮してもギャンブル系統では一見の価値ある個性的で印象深い作品。評価は「とても良い」か迷った「良い」。

2018/02/04 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:46(66%) 普通:4(6%) 悪い:20(29%)] / プロバイダ: 9352 ホスト:9395 ブラウザ: 8279
少年チャンピオンで連載していた、ギャンブルフィッシュ。これは自分の中ではかなりの名作です。埋もれさせてはならない作品!

簡単にいえば、主人公がギャンブル勝負で戦っていくだけの話ですが。展開もかなりムチャクチャで大統領が出てきたりします。
漫画らしいアクの強さと少年漫画の王道的魅力が良いバランスで融合し、娯楽作として非常に読み応えのある作品に仕上がっている。

エクストリームギャンブル漫画です。

既存のゲーム(ブラックジャック、ビリヤード、麻雀etc.)を利用して勝負しているというところです。ですから読者にも分かりやすく、タネがわかったときはあっと驚きます。

戦いも徐々に苛烈を極め、舞台がマカオでのギャンブラー世界一決定戦になるともっとありえない展開に!
確実にこれ一歩間違えば死人が出るだろ的なギャンブルファイトばかりです。

絶対に読む価値アリです。

2015/12/21 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:238(61%) 普通:65(17%) 悪い:86(22%)] / プロバイダ: 45568 ホスト:45618 ブラウザ: 10196
格ゲーの「ザ・ランブルフィッシュ」とは、似て非なるモノ。

今思い返せば、ヤンキーや腕ずくの脳筋モノとは対極にして真逆のコンセプトが、雑誌の作風に一石を投じていたのかもしれません。

作画を担当した山根kazは、かつて集英社で幅を利かせていた?うえに主役が大抵はオレ様系だったのにも関わらず、打って変わって一人称が「ボク」のインテリ派というのが新鮮かつ驚きでした。

当初は相手が学園成績トップや恐るべき動体視力を持つ者であろうと、相手の長所を利用しては手玉に取ったり、
(↑打ち負かしては天狗の鼻をへし折ってそこからカタルシスとも感じられる)
一つの専門家ゆえに培ってきたキャリアで真っ向勝負を挑んでくる挑戦者たちに対し、
ギャンブラーとして裏もしくは闇の道を通って己の全てを最大限に駆使して勝負に挑んだ杜夢クンを初めとする、水原キノコ、なっちゃん(下述)達が繰り広げた一つ一つの戦いには、なかなか見応えがあり、そして色々と考えさせられました。
それにしても月夜野以降、なぜ相手が美少女ばかりなのかは……………おそらく偶然の産物でしょう (笑)

個人的に一番のお気に入りは、なっちゃん。(樹村 菜摘)
まず最初に目を引くツインテールに萌え〜というよりは、普通に可愛くて癒し系を感じ、一癖二癖は当たり前のメンツの中で唯一マトモと言っても過言ではありませんでした。
(敢えて難を挙げれば、杜夢クンに少々ゾッコンなところくらいかな?)
彼女だったら、仮に他の学園モノに移っても、民衆からマドンナ(←死語か?)として受け入れてもらえるかもしれません ( 笑 )

この漫画のターゲットは、(多分)80年代から90年代初期のジャンプ読者辺りが主だと思います ( 笑 )

そうそう、裏の主役とも言うべく阿鼻谷 零侍(アビダニ レイジ)も欠かせません。
これから初めて読まれる方々には、先ずと言っても良い程、その奇抜さや存在感に目が止まります(苦笑)
彼の設立した「反省室」や「〜ゼミ」も、「男塾」でいう「獄悔房(ごくかいぼう)」や「ギロチン」に勝るとも劣らずのインパクトがございます ( 笑 )
(↑これらの詳細については、ネットの検索にてご覧くださいませ。)

「最高」に一歩届かずの難点は、二つ在ります。

一つは、マカオ編以降で見られた種目ごとに第三者の生命をも賭け事にしたゆえにギャンブルの範囲を越えてしまったこと。やり過ぎ。
劇中で杜夢クンが学園長へ「ギャンブルとは己の魂を賭けるものであって、人の命を賭けるものではない」と言い放ったことも頷けます。

もう一つは、当時の雑誌の中では間違いなくトップクラスの絵の巧さにして丁寧であったにも関わらず、
(↑ジャンプの頃の比ではない)指切りや電気椅子など時折ばら蒔く過激かつドギツい描写や毒を漏らして、読む気力を度々萎えさせたことです。

最後に筆者からの提案ですが、「 獅子堂学園VS男塾 」 なんてどうでしょうかね?原作者様。
両校舎のスローガンが、ほぼおんなじなんですわ、これが。「世界に通用する人間を育てる」と「将来日本を引っ張るエリートを育てる」とか。
それと、学園長と塾長の名乗り合いも見てみたいもんですね (笑)

これは、あくまで余談であり妄想です。忘れてくださいまし。( 笑 )

[推薦数:1] 2011/11/07 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:10(71%) 普通:1(7%) 悪い:3(21%)] / プロバイダ: 18421 ホスト:18506 ブラウザ: 5711
【良い点】
ストーリー
キャラクター同士に駆け引き
画力

【悪い点】
過激な描写

【総合評価】
1巻しか読んでないが、個性的なキャラと設定がおもしろい。
けど、好きか嫌いかで分かれる作品だと思う。(所々、ひっかかるところなどがあるため)
ギャンブル系や心理戦が好きな人(特に嘘食いなど)にはオススメしたい作品
絵もこのストーリー・キャラクターにも合っている

2010/07/16 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 5397 ホスト:5091 ブラウザ: 13734
【良い点】
・優美かつ癖のある、非常に濃い画風。
普通に描けば、万人受けする上手い絵が描けるのに、敢えてドキツイ印象を与える絵を描いている感じです。ギャンブルや色気の魔性を絵で語るためでしょうか。

・キャラの個性
敵味方ともに個性が強く、魅かれるものがあります。読者によってはドンビキですが。
自分が気に入っているのは、ショボい見た目に隠されたポテンシャルを持つ毒キノコ、水町くん。勝負内容に色気が絡んでくれば、主人公より余程手ごわそうだ。

【悪い点】
・電気椅子、指切断など、過激な描写。
アビタニと理事長のイカレた処罰に、ドン引きする読者も多いかと。

・サービスシーンの数々
この漫画に出てくる少女はやたらめったら、下着姿になります。
とくに、理事長(校長だったかも)の孫娘に対する行いは、若干ひきました。

【総合評価】
福本信行のギャンブルマンガとはまた違った、過激さを持つギャンブル漫画です。
主人公のクレイジーとも思える潔さと行動力には脱帽だし、取り巻きも非常にいい味だしてます。

2010/03/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1535(64%) 普通:456(19%) 悪い:397(17%)] / プロバイダ: 6894 ホスト:6776 ブラウザ: 9671
女の絵と言うかスタイルも良いけど、男の絵とかは癖あって微妙かな。 でもまぁお色気シーンは女性キャラがスタイル良いので良いかなと思うかな。

2009/11/24 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:93(76%) 普通:11(9%) 悪い:18(15%)] / プロバイダ: 13611 ホスト:13603 ブラウザ: 10588
【良い点】
実は現在のチャンピオンの3番バッター

【悪い点】
敢えて原作者がB級に徹している風に感じる

【総合評価】
現在のチャンピオンの4番バッターはバキなんでしょうが(個人的にはみつどもえ)、ぶっちゃけこっちのが10倍面白い(笑
あれぇ、範馬勇次郎よりもアヴィのが「男がカマ掘られたいラスボスNo.1」だしぃ。

アヴィってマジに可愛いしぃ。

バキに出てきたオズマよりも、本作品に登場するキング・オマハのが10000倍カッえしぃ。

トムの存在感の薄さはバキといい勝負だけどぉ。

板垣恵介って女描くの宮下あきら並に下手糞だしぃ。でも、山根ちゃんの描く女は普通にエロくて最高だしぃ。

・・・B級漫画って良いよね、つくづくさあ。
確固たる実力がなかったらば、間違ってもB級は描けないもの。
精々D級、最悪Z級レベルだもんさ(苦笑
B級が描けるのは、職人的技術を持った作家だけです、悪しからず。

[推薦数:1] 2009/04/29 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2393(50%) 普通:1199(25%) 悪い:1196(25%)] / プロバイダ: 11009 ホスト:11078 ブラウザ: 4926
お色気描写とかキャラが癖があり過ぎるとか、とにかく濃いというか
読み手を選ぶというか、チャンピオンらしい作品ですね。
世界に通用する人材を育成する学校に転校してきた天才的ギャンブラーの主人公。
このスタンスだけで相当、無茶苦茶だが「男塾」なんかに比べたら、まだ真っ当かな(笑。
敵のカードマジックを封じるために、故意に罰ゲームを受けて自分の指を切られるとか、
そりゃ口先だけの覚悟しかないキャラより、ずっといいけど、やっぱり引く読者はいるだろう…。
「良い」よりの「普通」で。
[共感]
2014/06/26 教育方針といい、(中身は違えど)メチャクチャな所といい、確かに「男塾」と通じる所が有ります。( 笑 ) by 塩キャラメル

[推薦数:1] 2008/06/29 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 45571 ホスト:45665 ブラウザ: 6342
【良い点】
運や流れだけじゃなく戦略がしかっりしている。
キャラの個性がいい。
巨乳が多い(笑)
【悪い点】
チェンソーで指を切ったところ。あれはやりすぎだった。
よく服をぬぐ。
【総合評価】
チャンピオンの中では一番面白い漫画。

[推薦数:1] 2008/06/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:43(64%) 普通:8(12%) 悪い:16(24%)] / プロバイダ: 10711 ホスト:10426 ブラウザ: 6342
今チャンピオンでもっとも面白い漫画です。
ギャンブル漫画なのになぜか戦う相手は女の子ばかり。
作者が巨乳好きなので中学生とはおもえないようなスタイルの女の子ばかりです。
戦う相手もかなりいかれた連中しかいません。
この漫画の最大の敵であるアビィはもはや人間というかナメック星人というかよくわかんないハゲです。チェーンソーで主人公の指ぶったぎるなどやりたい放題です。
あとこの漫画で一番おもしろいキャラは月夜野さんです。最初カード勝負で
主人公と戦ったのですがなぜか勝負の最中よく服を脱ぐ人でした。
次に登場したときは主人公の仲間になったと思ったら敵に下剤飲まされてあっさり退場
巻頭カラーの最初のページでトイレシーン書かれたりとかなり悲惨なあつかいでした。
現在連載中の雪山でのサバイバル勝負でもやっぱりかませになっていました。なんかいつもあわれだなあ。
ギャンブル勝負も毎回テンションを落とすことなく最初から全速力で飛ばす感じで毎回楽しませてもらっています。

2008/06/11 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(56%) 普通:109(12%) 悪い:293(32%)] / プロバイダ: 17022 ホスト:17073 ブラウザ: 8090
おやおや、「ジハード」や「ジャスティス」の山根和俊氏はチャンピオンでご活躍されていたんですね。

ビリヤード対決までは、指をチェンソーで切り落とすなど凄まじく無茶な展開ながらもそれなりに説得力があったのですが、
「阿鼻谷ゼミ」登場からはトンデモパワー全開になり「これの一体どこが学園漫画やねん」になってしまいました。
それにしてもジャンプやマガジンではネタにしかならないであろう作品もチャンピオンならOKって言うのは…。

サービスシーン満載ですが、この作者の絵柄はどう頑張っても「萌え」にはならない気がします。

もっともっと超絶展開を突き進め!
評価:とても良い

2008/06/04 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3069(60%) 普通:877(17%) 悪い:1201(23%)] / プロバイダ: 45440 ホスト:45391 ブラウザ: 5234
作中の萌え、エロ描写が消し飛んでしまうほど強烈なネタ作品。
これが、この作品に抱く自分の印象です。

転入直後の白鷺杜夢が寮長達を賭けで負かした事で阿鼻谷に目を付けられ、月夜野、朝比奈等、
阿鼻谷の放った刺客を相手にカード、ビリヤードなど、相手のフィールドで勝負する内容で、
月夜野とのカード勝負で負けながらいかさまを暴き、阿鼻谷に指を切り落とされて血が止まらない手でカードを切って勝利した様に
阿鼻谷ゼミとのサイコロ勝負までは駆け引きが強調された見ごたえのあるギャンブル勝負でしたが、
現在展開されているエミリーとの勝負で、ギャンブルの枠を超えてしまいました。

特に目を引くのは、阿鼻谷を筆頭に次々と披露される登場人物の奇行の数々です。
中でも、蛭子のフェロモン攻撃を妻の下着のにおいを嗅ぐ事で克服したレイノルズの勝ちっぷりは、桁外れのインパクトを持っていました。

「笑える」と言う意味では最高の作品だと思いますが、ギャンブルの枠を突き抜けてしまった為、「良い」以上の評価は出来ません。

2007/05/14 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:110(44%) 普通:14(6%) 悪い:125(50%)] / プロバイダ: 16175 ホスト:16154 ブラウザ: 8090
集英社を拠点に活動していた山根氏の新作ですな・・・・。

【良い点】
・某大魔王に瓜二つの阿鼻谷先生のイカレ具合
【悪い点】
・露骨すぎるお色気描写(大ゴマの時は高確率でパンチラ描写を盛り込むのはどうかと・・・)
・上記の理由からギャンブルは正直二の次になりがちな点

現時点では評価は下せませんが、現在のチャンピオンの路線(不良、萌)に流されずに、試行錯誤を繰り返せば面白くなるかな。

この評価板に投稿する



2019/05/29 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 20576 ホスト:20533 ブラウザ: 5519 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/面白い/格好良い/セクシー/怖い/びっくり/考えさせられた 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. 二次元・三次元を問わず、フィクションの中で「一つの分野に関しては言うこと無しの専門家だけれど、人としては最低・最悪・最凶 by 塩キャラメル
... は‥‥‥‥‥‥‥ ・阿鼻谷 零侍(ギャンブルフィッシュ) 分野:元・数式学者→ギャンブル、真性のサディストにして奇行の極み。 ・鷹村 守(はじめの一歩) 分野:ボクシング、世界チャンプだが、公然セクハラ、下ネタ(オ●●●とか)、完全に上から目線(ただし鴨川会長や伊達 英二など一部の人物は除く)、デリカシーゼロ、些細 ...
記事日時:2016/09/02
2. 昔ジャンプ感想::1994年ジャンプ50号感想(『みどりのマキバオー』新連載号) by エスパー
... & this.width>window_width*0.75){this.width=window_width*0.75;}"> こういうジャンプNEXTの前身に位置するような増刊誌は案外貴重ですねー。 だって今となっては結構名に覚えのある作家さんが多いんだもん。 打ち切り漫画の常連だが現在も他誌で活躍中の野口賢先生、 極上だぜとかジハードとかギャンブルフィッシュでお馴染み山根 ...
記事日時:2014/11/26 [表示省略記事有(読む)]
3. "『週刊少年チャンピオン〜掲載作品〜』史ⅩⅨ" by 陣兵
... (やまさき拓味先生著) 「鉄鍋のジャン!R 頂上作戦」(西条真二先生著) 「私は加護女」(高橋葉介・近藤豪志先生著) 「アイホシモドキ」(森繁拓真先生著) 「かるた」(竹下けんじろう先生著) 「王様のオーパーツ」(西川淳先生著) 「不安の種+」(中山昌亮先生著) 「ギャンブルフィッシュ」(青山広美 ...
記事日時:2011/08/14
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ