[漫画]GREEN BLOOD


ぐりーんぶらっど / GREEN BLOOD
  • 熱血
  • 格好良い
  • 面白い
RSS
漫画総合点=平均点x評価数7,268位8,711作品中総合点-1 / 偏差値48.29
2011年漫画総合点251位324作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
画力3.00(最高)2
ストーリー1.50(とても良い)2
キャラ・設定1.00(良い)2
熱血100%2人/2人中
格好良い100%2人/2人中
面白い100%2人/2人中
友情50%1人/2人中
考えさせられた50%1人/2人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

19世紀半ば、世界最悪のスラム街といわれたニューヨーク・ファイブポインツ地区。アイルランドギャングが支配する堕落しきった街で生まれ育った2人の男がいた。ギャングの暗殺者とギャングに憎悪を抱く少年。決して交わることのない2人が手を取り合い、明日すら見えない世界を生き抜く!! 柿崎正澄熱筆の19世紀新大陸浪漫活劇!!
著者:柿崎正澄
出版:講談社
※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:2011/06/13(月) 週刊ヤングマガジン 2011年28号 / 終了日:2013/05/13 2013年24号
公式サイト
1. http://kc.kodansha.co.jp/content/top.php/1000005709
Twitter公式
1. http://twitter.com/GREEN_BLOOD
1,97722
最近の閲覧数
1001101000
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/06/26 / 最終変更者:伏魔の剣 / 提案者:シューゴ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/10/29 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2283(50%) 普通:1143(25%) 悪い:1145(25%)] / プロバイダ: 16051 ホスト:16074 ブラウザ: 5173
【良い点】
移民問題、ネイティブアメリカン、奴隷制度廃止後も残る人種差別といった
19世紀のアメリカが抱えた社会問題を描いた事。

【悪い点】
画力と雰囲気、言いかえれば表層的性格だけにキャラの個性が留まっている。
内面が掘り下げられたのは主人公兄弟の弟であるルークぐらいで
兄のブラッドはひたすらにカッコ良く、敵はひたすら外道とテンプレキャラの範疇を出ない。
それでもニューヨークに定住していた前半はまだ良かったが、各地を旅していく後半には
黒人少年ネッドやインディアンのブラック・ホースは主人公達との関わりも弱いまま無理に見せ場を用意した様が画力だけという印象を逆に強めてしまう。
ラスボスのエドワードキングも貫禄はあるが逆に言えばそれだけ
憎いのに憎み切れない父親ならではの懐の深さなどはなく、そういう敵を描けない所が作者の限界。

同時期に執筆した「闘獣士」では各章ごとに主人公を変え、個々の敵キャラはイマイチでも
組織としての強敵を用意する事で払拭されていた作者の弱点が本作では顕在化した。

【総合評価】
作者が「続・荒野の用心棒」を観て自分も描いてみたいと取り組んだらしい作品。実際、西部劇映画のコミカライズのような印象を受けるし、
逆に同じ内容を力量のある役者を揃えた洋画として描けば前半のニューヨーク編はそれなりの作品になりそうな感じ。
ただ、各キャラを掘り下げられないまま各地を転々としてく後半の展開は三作品ぐらいの洋画を無理に一つに纏めたような駆け足展開で
場面、場面は派手でも登場人物に殆ど感上意移入出来ない。
特にラスバトは父を殺した業の深さや十余年に渡る宿願を果たした感慨を噛みしめるでも無いアッサリとした描写で
(これなら最後の敵=父親設定は意味が無い)竜頭蛇尾もいい所。
これならニューヨーク編までの内容だけで纏めてくれた方が良かったか…。画力と雰囲気で何とか「普通」で。

[推薦数:1] 2017/10/05 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1622(52%) 普通:810(26%) 悪い:704(22%)] / プロバイダ: 31359 ホスト:31358 ブラウザ: 8590
19世紀のアメリカを舞台に、その時代を生き抜こうとするバーンズ兄弟の復讐劇です。
母を殺した父へ復讐するために暗殺者として生きる兄と、それを知らずに真っ直ぐに育った弟は
真実を知ったときにどうするのか、、、という一見のドラマ性こそ高いものの根底の行動理由の
説得力が弱く、芯のない物語になってしまっているのを感じました

父親が母に手を掛けた理由をやることもなく、ただ殺されたという恨みだけで動くし、ラスボスの
エドワードキングにしても、悪党としての大業のある目的や意志力。というものがなければ物語が
引き締まりません。これじゃあ小悪党がいいところですよ

作画の迫力だけはあるものの、良い意味でも悪い意味でもソレが全てで、兄弟の絆、復讐への意志
自由の渇望、という作品の根底部分が練りこみ不足なため見掛け倒しの物語になってしまっていました

しかし言ってしまえば漫画の物語なんて別にふわっふわでもいいんです。しかし重いシリアスっぽく
しているだけの軽い作品は私は好きではありませんし、ココは作画の良さが裏目に出てしまう形に
なってしまっていました。評価はとても悪いよりの【悪い】とさせていただきます

この評価板に投稿する



2013/07/01 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 11293 ホスト:11250 ブラウザ: 10245 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/面白い/格好良い/考えさせられた 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 2012年::週刊少年サンデー51号感想(ジャンプ+センゴク一統記) by 伏魔の剣
... 最大の嫌がらせは初チューを奪う事さ!!→舌を使って逆襲。このくだらなさが好き。 ●モンタージュ 黒幕は泰成さんか…。下劣っぷりを毎度提供してくれた鈴木さん、お疲れ様でした。 ●彼岸島 最後の47日間 大グソ赤子の母親も登場…って母乳モンスターかい(汗) ライト付けちゃう亮介君は注意力散漫だよ…。 ●GREENBLOOD グリーンブラッド 題材 ...
記事日時:2012/11/25
2. "人気漫画家の作品特集[SEASON6]" by 陣兵
... 勝彦先生】 「ナガイカワ」、「何なら俺に話してみろ」、「吉里吉里わかめ劇場」、 「グミ・チョコレートロパイン」他。 953.【茶崎白湯先生】 「スパルタ教育番組いろは鳥」(デビュー作)、「でかぶっ!〜良子の事件で日誌〜」、 「洋食屋兄妹」他。 954.【佐々木淳子先生】 「ブレーメン5」、「ダークグリーン」、「スタート ...
記事日時:2010/10/29 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ