[漫画]ふたりモノローグ


Futari monologue
RSS
注意: これは漫画版。その他メディアのページ: ドラマ:ふたりモノローグ
漫画総合点=平均点x評価数3,388位8,856作品中総合点2 / 偏差値49.17
2016年漫画総合点35位192作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
画力0.00(普通)1
可愛い100%1人/1人中
友情100%1人/1人中
びっくり100%1人/1人中
感動100%1人/1人中
可笑しく笑える100%1人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

ある日の授業中、ネクラなオタク・麻積村ひなたは、隣の席のクールなギャル・御厨みかげが、10年前の友人であることに気付いてしまった。
再びみかげと友達になりたい引っ込み思案なひなたの想いとは裏腹に、みかげの心の内は……?
二人の想いがすれ違い続けるネクラとギャルのJKライフ、開幕!!
著者:ツナミノユウ
出版社:講談社
日本 開始日:2016/10/15(土) サイコミ / 終了日:2018/12/01
公式サイト
1. ふたりモノローグ|サイコミ
1,15222
最近の閲覧数
2102000001
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/12/15 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:1] 2018/12/23 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:962(58%) 普通:372(22%) 悪い:320(19%)] / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 9177
変わった人多めの友情と恋愛の物語。
といっても登場人物のほとんどは女の子なのでいわゆる百合系です。

最終的には二人とも結ばれますが、
そこに至るまでの過程は十分に描かれていたので素直に嬉しかったです。

みかげのひなた溺愛っぷりが凄いので、いちいち絶賛するコメントが続くので
くどく感じることもあったけど佐呂間がまた違った形で長々と一人で悶えているので
いいバランスになってたんじゃないかな。

僕は暴走っぷりが面白い佐呂間ちゃんが好きですね。あと洸。この二人の組み合わせ一番好き!

微笑ましく見れる作品だけど最初はなかなかページが進みませんでした。
理由は内容じゃなくてみかげとか佐呂間の変顔が怖かったからw
特に目ハートにしながらとけてる佐呂間ちゃんとか見た時は思わずページを閉じましたw

2018/12/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2204(58%) 普通:769(20%) 悪い:858(22%)] / プロバイダ: 36627 ホスト:36493 ブラウザ: 9177
【宣伝】今月いっぱいは『サイコミ』にて全話掲載中です。

無料漫画アプリ『サイコミ』連載の「ガチレズ系百合漫画」。
幼い頃になんとなく離れ離れになった友人と高校で再会したら、高身長のギャルになっていた……という第一話から、てっきりノスタルジックでほのぼのした友情モノになるのかと思いきや、始まったのはハイテンションでおどろおどろしいとさえ言える異様な百合漫画。
第一話の「面白い」とそれ以後の展開で感じた「面白い」が全く別種のモノで、時折ついていけないながらも時折はかなりツボに来る話になるという「独特のセンス」に満ちた作品だったでしょうね。

まあ、良かったと思うのは、一種の「振り向いてくれない相手」「ノンケ」だったひなたが逆にみかげを想うようになっていく終盤の展開でしたね。
みかげがかなりハードレズみたいな独白を繰り返していた事に対して、ひなたは一切関知してないというか「親友」「かっこいい」というスタンスを貫いていたのが、終盤でまたその前提が崩れてきてみかげを好きになる。そこから、「自分っておかしいのかな」と切実に悩み始めてから、みかげに答えるようになっていく。
読者はそこからどうすれば互いのベストになるのか悟っているのに、踏み切れない。その伏線はしっかりとみかげのこれまでの心情の中に確かにあって、すごく納得のいくものに仕上がっていたのが面白かったです。
恋愛モノ・ラブコメモノとしては、終えるタイミングが見事なので、そのまま余韻に浸れるという面白さを感じました。「現状の関係が永続する」でもなく「告白以後ダラダラとノロケ話を見せる」でもなく、ここをクライマックスにして「その後は今までと違う関係が築かれて続いていく事を提示する」と終えてしまうのは見事です。

あとは、あまり本筋ではないのですけれど、クラスメイトの男同士の会話が妙にリアルだったり、同人誌を描いているギャルに笑わされたりと、脇を固めているのは名キャラクターも多かった感じがありますね。
佐呂間は少しハートマークだらけの台詞が読みづらいというか、「エロ漫画みたい」というイメージが先行しすぎてどうもイマイチでしたけれど……(このくらいテンションが振り切るとついていけなくなり始めるところも)。
非常に軽妙な会話や、どうでもよすぎる独白の長さなど、そのあたりは面白かったです。

まあ、ドラマがあると聞いた時は「正気か!?」と思いましたけれど、漫画という媒体こそが最も面白くなる「独白」「モノローグ」というテーマで魅せた作品だったかと思います。
評価は「良い」です。

この評価板に投稿する



2018/12/23 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 9177 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/友情/可笑しく笑える/可愛い/びっくり 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像普通(+0 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは漫画版。その他メディアのページ: ドラマ:ふたりモノローグ
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ