[漫画]ドラゴンボール(DRAGON BALL)


Dragon Ball
  • 面白い
  • 格好良い
  • 熱血
  • 楽しい
  • 友情
  • 可笑しく笑える
  • 勇気貰った
RSS
注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:ドラゴンボール (無印) / ゲーム:ドラゴンボール - 大魔王復活 - / 特撮/人形劇:ドラゴンボール
漫画総合点=平均点x評価数2位8,668作品中総合点650 / 偏差値239.97
漫画平均点345位1,322作品中平均点1.54=とても良い/422評価
1984年漫画総合点1位94作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
画力2.15(とても良い)75
キャラ・設定2.08(とても良い)75
ストーリー1.49(良い)75
面白い81%61人/75人中
格好良い69%52人/75人中
熱血67%50人/75人中
楽しい59%44人/75人中
友情55%41人/75人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

山奥で1人暮らしていた少年、孫悟空の前に突然ブルマという女の子が現れた。
ブルマは7個揃えると願いが叶うというドラゴンボールを求めてやってきたのだ。

悟空のじいちゃんが遺した玉がまさにそのドラゴンボールであったことから、二人の不思議な旅が始まった。
著者:鳥山明
出版社:集英社
単行本:全42巻(ジャンプコミックス)、全34巻(完全版)
日本 開始日:1984 週刊少年ジャンプ 1984年51号 / 終了日:1995 1995年25号
公式サイト
1. ドラゴンボールオフィシャルサイト
Twitter公式
1. ドラゴンボールオフィシャルサイト (@DB30th) on Twitter
447,155618422
最近の閲覧数
611091339811151916
12人の方がこの作品が漫画として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/02/23 / 最終変更者:オルタフォース / その他更新者: 永田 / 管理人さん / 羽幌炭鉱 / 孔明 / ケイ素 / myu / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/04/18 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6(75%) 普通:1(12%) 悪い:1(12%)] / プロバイダ: 43979 ホスト:44037 ブラウザ: 9311
【良い点】
全体的にかっこいいです。
男の子のツボを抑えています。

【悪い点】
ストーリー自体は普通だと思います。

【総合評価】
やはり男の子は無条件に好きになりますね。
すごいパワーのある作品です。

2019/02/20 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(40%) 普通:2(40%) 悪い:1(20%)] / プロバイダ: 2274 ホスト:2223 ブラウザ: 11311
【良い点】
大人になって読むと、シンプルな台詞や展開ですがそこに熱さをとても感じる。説教臭さが一切ないのが逆に何かを考えさせられる
可愛くもかっこいいキャラたち。主人公から脇役まで覚えてないキャラはいないんじゃないかと思うくらい個性がある 嫌いなキャラは1人もいない
画力の高さは言わずもがな

【悪い点】
特にないですが強いてあげれば人気がある故の最近の映画化やアニメ展開

【総合評価】
全てにおいてセンスがあるとしか言い様がないです。アニメは引き伸ばしや無駄な台詞や展開を追加していて余り好きではないですが
原作はもう手放しで賞賛出来ます。子どもの頃はバトルやスーパーサイヤ人のかっこよさにハマりましたが大人になって読むと初期の頃の冒険物も面白いなと感じます。他にも面白いマンガは沢山ありますがこのマンガが自分の中での頂点です

2019/02/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 8846 ホスト:8699 ブラウザ: 10317
【良い点】
・画力
あそこまで嫌味なく独特な、かつリアル、ポップ、コミカルで精密な表現ができることが信じられない。特に動物、機械、そしてオリジナルの生き物。王道の天才。一枚絵が上手すぎる。躍動感ハンパない。

・バトル表現
少年篇〜ラストまで、格闘におけるアイデアが増していく。
ジャッキーチェン好きな鳥山明らしく格闘描写も素晴らしく、空中戦やかめはめ波などの非現実的な技は非常に魅力的でテンポよくわかりやすい。
その後どのバトル漫画見ても二番煎じに見えてしまう。夢に出てくる。
ベジータ戦やフリーザ戦の迫力超える漫画まだない。ほんとにあったのではと錯覚するリアリティある迫力。
ベジータVS悟空がついに対峙した時の構えとかどうしたらあそこまで憧れる独特な演出ができるのか。夢に出てくる。
岩を破壊し吹っ飛ぶ爽快さ、背後に回り連続で叩き込むアイデアはオリジナル過ぎて輝き過ぎている。以降他の漫画家も自然と書いてしまう中毒性。かめはめ波子ども真似する。夢に出てくる。

・いい加減さ
作者がいい意味の適当な性格だからこそできた、ストーリー性やキャラ名。野菜の一族サイヤ人、それを統括する冷蔵庫フリーザ。その手下の乳製品。長期連載になるほど登場キャラも増えるがカテゴリ別になっていて覚えやすすぎる。
余談、映画版にはなるがエビフリャーやミソカッツン、キシーメという作者の出身地名古屋キャラとかもはや心地いい。
加えてストーリーのこじつけ方あんなにうまい人見たことない。
尻尾が生え大猿に変身する一巻の設定をサイヤ人篇で一気に持ち出し消化する設定力。
読者も忘れかけてた尻尾や大猿変身の謎を、マジュニア篇で終了予定だった作者がそこから新たに付け加えたにしては驚きしかない。色々ケチつける人いるかもしれないが自分だったら作れます?私は作れない。

・想像力、発想力
とにかく豊かな発想が自然と作中に溢れる。読みながらワクワクや絶望感やかっこよさが次々押し寄せる。
超サイヤ人の変身とか当時の少年は完全に虜になって見てたでしょう。それが作者的には黒髪がめんどくさくてとか 笑
照れ隠しもあるとは思うがそういう語り方するのも好感。
ピンチでやっと登場する悟空や、
もう書ききれない。

【悪い点】
・戦闘力が全てになってしまった所。これだけが悲しい。
個人的にはマジュニアVSクリリンがベストバトルなので、戦闘力だけでない闘いを後半でも見たかった。

【総合評価】
世界の全てでもう認められてしまっている、世界で一番夢に溢れた漫画。バトル漫画としては女性向けではないかもしれないが、漫画読みたいなら誰にでもオススメできるポップさ。後のナルトやワンピースも素晴らしいがどうしてもここからインスパイアされている感が見て取れてしまうほど、全ての漫画家と全ての少年にどこかしらで影響を与えてしまったのではといえる最高な作品。
寄生獣のように連載開始から終了まで作品として一貫しておらず、後付け後付けでここまで読者を虜にしてきた漫画を他に知らない。
とにかく少年に夢を持たせたワクワクに最高点。

2018/07/08 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:23(79%) 普通:2(7%) 悪い:4(14%)] / プロバイダ: 5766 ホスト:5760 ブラウザ: 9177
【良い点】

・単純明快なストーリー
誰が見ても誤解しようのないストーリー。
ただ強くありたいと願う純真無垢な主人公が悪者と戦って勝つ、それだけの話なのに何故か夢中になって読んでしまう。

・ギャグ
シリアスやってる時でもキレッキレっのギャグが入ります。
ギニュー特戦隊とかミスターサタンとかめちゃくちゃ面白かったです。
ブウ編では真面目な中にもどんどんギャグがはいってきて大変に笑わせてもらいました。
真面目な悟飯がグレートサイヤマンとかやりだすのも面白かったですし、
フュージョンの練習やブウvsゴテンクスの戦いもアホらしくて爆笑しました。

・スッキリしてわかりやすい画
少年漫画には多いですが私はゴチャゴチャした絵があまり好きではありません。
だけどドラゴンボールの絵はすっきりしていて大変に見やすい。何がどうなっているのか、誰がどうしているのかが一目でわかる。
のちに他のバトル漫画を見て本作品の絵が大変見やすかったということを実感しました。長時間読んでも疲れない。
実家に帰った時に今でもたまに読み返したりするのですが一気に読んでしまえるんですよね。
ただその分週刊漫画として読んでいた時は物足りない気分になっていましたが。
バトル時は1週15ページが1分ぐらいで読めてしまうので「ああっ!もう終わり!?」と毎週思っていました。

・魅力的なキャラ達
どのキャラも魅力的でしたね。基本強くなることしか考えてない悟空。
ぶっちゃけ性格はあまりよろしくないけど愛嬌あって憎めないブルマ。カッコつけるわりにいつもあっさり負けるヤムチャ。
あっさりしてるようで悟空との友情に厚いクリリン。基本は自分が1番可愛いけどなかなかいい働きをするヤジロベーなどなど。
まあ長期連載になりましたので餃子とかランチとか途中で完全に空気化したりしたキャラはいましたけど
それでも出番があるときはどのキャラも魅力的に描かれていました。
またピッコロやべジータなど敵だったキャラが段々ギャグ化していったのも面白かったです。
ゴテンクスの相手をするピッコロとかめちゃくちゃおかしかったですし。
ピッコロでいえばセル編で悟飯を戦わせる悟空に厳しいことを言ってたのも良かったですね。あれを言えたのは悟飯の師匠ならでは。

・常に先が気になるストーリー展開
物語の引っ張り方が秀逸でしたね。毎週毎週最高にいいところで終わる。
ピッコロ大魔王編から主人公がぐうの音も出ないような強敵がどんどん現れる。
ピッコロ大魔王編での最初の圧倒的な敗北。亀仙人の死やドラゴンボールの喪失で完全に望みを絶たれてからの超神水でのパワーアップ。
ギリギリのところで打ち勝って悟空が男泣きするシーンでは一緒に泣いてしまいました。
vsヘジータ編では何度も勝ったか!?というシーンが訪れるのにその度にゾンビのように復活するベジータに何度もガッカリさせられました。
フリーザ編でのドラゴンボールの争奪戦はヒヤヒヤものでしたし、
フリーザの「私の戦闘力は530000ですよ。」というセリフや3段階の変身があるという設定もインパクトがあって良かったです。
また、フリーザに関してはやたら丁寧な言葉遣いがなおさら不気味さを感じさせてくれました。
このように次々に現れる圧倒的な敵たちに何度もハラハラさせられました。でもそれを絶対になんとかしてくれる主人公たち。
サイヤ人編から悟空はいつも大事な戦いに遅れてくる役回りになります。ワンパターンといえばワンパターン。
それでも毎回やきもきしてしまう。クリリンの「悟空!早くきてくれー!」とか一緒に叫びたくなるレベルです。
そしてブルマが言うように必ずなんとかしてくれるのが良い。
悟空が初めてスーパーサイヤ人になった時は鳥肌立ちましたね。そこからの圧倒的な形勢逆転。ほんとにカタルシスがすごかったです。
セル編やブウ編はネットなんかの感想見ると評価低かったりするのですが個人的には両方とも面白かったです。
セルが一般人からエネルギーを吸収していた時のピッコロとの対峙、セルの完全体を防ぐための駆け引きややりとり、
セルゲームからの悟飯覚醒、ブウ編でのベジータの再黒化、悟飯の敗北、サタンとブウの奇妙な関係、ゴテンクスやベジットの誕生、
目まぐるしく変わる状況に夢中でページをめくりました。そして最後はやっぱり元気玉で締める。
ベジータを運んでいくサタンを見て
「おめぇはほんとに世界の救世主かもな!」と最後までヒーローぶらない悟空はらしいし、実にドラゴンボールらしい締め方でとても良かったです。

【悪い点】

・矛盾がある
セル編には矛盾点がありますね。
トランクスが初めに未来にやってきた時、間違いなく人造人間19号、20号と言っているのに
3年後に再会したときはなぜか17号18号ということになっている。
他にもピラフの部下の名前が変わっていたりコミックの背表紙にヤジロベーが二人いたり。
でも作風でいちいち突っ込むのは野暮と思わせてくれるのがまたすごい。

【総合評価】
とても素晴らしい。
非常にエンターテイメント性に優れている作品だと思います。
いまだにこのコンテンツがかなりのお金を生み出しているというのも納得。
評価はもちろん文句なしの最高で。

2018/07/06 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:42(58%) 普通:14(19%) 悪い:16(22%)] / プロバイダ: 2341 ホスト:2506 ブラウザ: 8293
【良い点】
最上級に絵がうまい
アクションも見やすい

【悪い点】
セルぐらいからそうなんだけど
ふつうの攻撃が効かなくなってくるので
アクション自体が不毛になる

それプラス途中から実質バトル漫画じゃなくなる
どういうことかというと
戦う前の段階でどっちが強いかわかってしまうので
どっちが勝つかわからないバトルじゃなくて
どっちが勝つか分かり切っている弱いもんイジメになってる
パワーアップとかで強さがひっくり返ってもやることは同じ
戦う前に優劣が決まっちゃって終わり
酷い時は戦う前に降参したりするからタチが悪い

この2点はほんとダメ

【総合評価】
冷静になって振り返って見ると
評価できるのはピッコロからフリーザ辺りまで

人造人間セル編は迷走してるけど絵だけはうまい
ブウ編はただただ酷い

2018/07/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:651(69%) 普通:114(12%) 悪い:176(19%)] / プロバイダ: 31789 ホスト:31776 ブラウザ: 5507
【良い点】
・やはり絵。絵柄の良さ(最近の鳥山絵をみるとこちらにもリアルタイムの凄さがあったのか)は言うまでもなく、バトルの迫力と見やすさは当時は普通に読んでいたけど、他作を多く見ると至高ではないかと思うほど。何をやってるのか全く考えずに流れるように読める
・後付けとか言われて事実でもあるだろうが、行き詰ったと思っても切り抜けや展開させて行くのが上手い。悟空やピッコロの出自はそれまでを上手く説明出来たりしてライブ感覚が冴えていた
・〇〇編と呼ばれるように話に区切りがあって、それぞれの悟空を中心とした人間関係が構築や変化したり、個性ある敵とのインフレあれど戦いには引き付けられる。時間がどんどん経過するので少年から父親となる(大人になった時、子供が出来た時の衝撃は忘れられない)一代記としても読める。コミカルな冒険からシリアスなバトルまでそれぞれの編の内容を考えると全42巻は間延び話が少なく中身が詰まっていた
【悪い点】
どの編も安定していたと思いつつ最後のブウ編は流石に苦心が濃い。だから終わったのだろうがこれ以上引っ張らなくて良かった(アニメで何か引っ張ってるが…)。一時消え失せていたコミカルさが戻ったり、初めて元気玉でボスを倒したという意義を感じて綺麗に終わった感はある
【総合評価】
思い出補正抜きでは語りにくいがそれを抑えて考えてもやはり売上、国民的知名度に相応の作品。自分の中で漫画と言えば本作がまずは浮かんで来る。評価は「最高」

2018/06/12 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:21(75%) 普通:4(14%) 悪い:3(11%)] / プロバイダ: 5191 ホスト:4981 ブラウザ: 10168
【良い点】
強い敵登場→倒す→さらに強い敵登場→倒す→さらに強い敵登場→倒す→さらに強い敵登場……
これの繰り返しなのに飽きない

【悪い点】
悪い点と言うほどでもないけど
アニメと比べると色々あっさりしすぎな気がする
まあアニメみたいに引き伸ばされても嫌だが

【総合評価】
夢中になって読んだ漫画
評価は最高

2018/05/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:104(79%) 普通:2(2%) 悪い:25(19%)] / プロバイダ: 11185 ホスト:11238 ブラウザ: 10214
説明不要で今も語り継がれ人気がある本作
途中からパワーインフレとマンネリが激しいのは否定出来ないが面白いと思うし鳥山明の画風も親しみやすい

各編評価

少年期〜悟空天下一武道会優勝まで 少年誌らしい王道的な作風で細かい事を考えずに楽しめるので 最高

サイヤ人〜フリーザ編 シリアスで今まで以上の強敵が現れ良くも悪くも勢いがあり黄金期ジャンプに相応しい出来だと思う 最高

人造人間〜セル編 パワーインフレのバーゲンセール ここから限界も見えましたが悪くはない とても良い

ブウ編 マンネリ感がしましたがなんだかんだ楽しめました 良い

【総合評価】
幅広い世代と世界中に愛され連載とアニメが終わっても様々な展開がされ後から見た世代にも通用する作品だと思います

作者が設定を忘れてしまったりするのは気にしませんし作者も人間だからミスは仕方ない

総合で「とても良い」にします

2018/01/04 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(67%) 普通:0(0%) 悪い:1(33%)] / プロバイダ: 85 ホスト:56 ブラウザ: 11593
【良い点】ジャンプマンガとしても大成功、TVアニメとしても大成功。連載当時のテレビゴールデン時間帯はアニメで埋まっていたと記憶しています。
当時小学生だった私は毎週ダッシュでジャンプを買いに行き、水曜19時は必ずテレビにかぶりついていました。

【悪い点】マンガの内容としては特に悪い点はなし。強いていえばフリーザ編で終わっておけば今以上の高評価だったんじゃないかというくらいでしょうか。

【総合評価】内容はシンプルなバトル物で絶対的正義である主人公が次々に現れる悪役(強敵)を倒していきます。少年期はギャグ漫画の要素も多かったですが、青年期(マジュニア編)辺りからはギャグ要素はほとんどなくなっていきます。
ヤムチャ初登場時はイケメンなのに女が苦手でブルマに照れまくる。敵なのにどこか憎めない。
女好きの亀仙人は子供心に大人はみんなエロいんだと理解するには十分すぎるキャラでした。
こういった魅力溢れるキャラに囲まれた孫悟空は幸せ者です。
登場人物1人1人のキャラが立っているのでドラゴンボールの人気が高かったんでしょうね。
最高のマンガでした。

2017/10/08 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:36(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 26039 ホスト:26034 ブラウザ: 5213
【良い点】キャラクターが大人になるところ。子供はやがて大人になる。それを漫画でさりげなく教えてくれていた。人生の流れというものを知らず知らず子供の中に刷り込んでいた。「3年後」とあるが、子供の頃は長いと思っていた。大人になった今は、それがあっという間の時間の流れだと感じる。人生はドラゴンボールのように思い出されるような気がする。

【悪い点】フリーザ戦以降、戦闘力がわからなくなってしまったところ。

【総合評価】子供の頃、夢中になって読んだ漫画がドラゴンボールでした。コミックのカバーを外して読んでいたので、表紙がボロボロになっていました。未来のブルマが悟空を評したセリフ「どんなにとんでもないことが起こっても、必ずなんとかしてくれそうな、そんな不思議な気持ちにさせてくれる人なの」が心に残っています。あるべきヒーロー像をこんなに的確に表現しているセリフは他にないと思います。

2017/09/12 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:9(47%) 普通:8(42%) 悪い:2(11%)] / プロバイダ: 5675 ホスト:5780 ブラウザ: 5171
【良い点】
大人になって改めて読み返してみると
本当に無駄な要素がないっていうか、売れて当然な漫画だったんだと改めて思いました。

みんな読んでて当然でしょうし内容などわざわざ語るまでも無いんでしょうが

先ず主人公の性格ですが
どんな願いも敵うドラゴンボール、で様々な人間が世界征服など己の欲望のために行動している中で
劇中で主人公が最初に叶える願いが「赤の他人のインディアン風の少年の父親を生き返らせる」でした
これは渋いです。子供の頃はあまり凄いことだと思わなかったのですが、大人になって理解しました。

何の見返りも無く、いわゆる「正しい」ことを自然な流れでやってしまいます。
主人公の性格は爽やかで、読んでいて嫌らしさを感じず安心して読めます。

最近のマンガの主人公は特別な才能と主人公補正だけで簡単に何かの頂点に立ってしまう感じがありますが
主人公が天下一武道会で、なかなか優勝できない点も良かったです。
そこには1位を取れば自惚れるから駄目という考え方があり、これも大人になって大事さを理解できます。

そして、武術の腕を競うという目的で出た大会では万年2位で終わるものの
神から依頼されて世界を救うという目的が入った大一番で初めて優勝します。
これ最初から狙って描いてたなら凄いですね。

バトル描写も、
「避けられるなら避けて見ろ、貴様は助かっても地球は粉々だ!!」のセリフなどのように
敵の必殺技を避けずに受けるしかない。失敗すれば全てが終わる。
その状況を1コマで説明してしまいます。

戦闘の内容が単純だからこそなのでしょうが、展開がスピーディーです。

敵の強大な暴力に対して、師匠から会得した技や仲間の協力も使って跳ね返すシーンが
多くの戦闘で見せ場になります。友情、努力、勝利の全てが入ったシーンですね。これも印象に残ります。

ストーリー面は、強い敵が現れてそれを倒すというのが基本展開なのですが、そういった中で、

小さい少年悟空が、いきなり大きく成長する。

試合中、いきなり結婚する。

フリーザ瞬殺。

ヒロインであったブルマが、敵と結婚する。
そして未来の地球を一人で守ってるのは、2個前のストーリーで地球を滅ぼしに来たやつの子。

など突拍子も無い展開が急にきて、最初に驚きがあり
後で読み直して良く考えると面白い。といった印象に残るシーンが結構あります。
ベジータとブルマが結婚するのなんて今では当たり前に皆知ってますが、
当時は本当に驚いたんですよ。

一見すると、ただ戦ってるだけのマンガに見えて
こういう驚きのシーンや、ギャグシーン、などが随所に登場し、読んでて退屈しません。

【悪い点】
特にないのですが、
作者の前作、ドクタースランプを先に読んでた場合は、

結構似たようなキャラや敵が出てくるので
焼き直し感を感じてしまうかもしれません。

【総合評価】
最高に近い、とても良いです。

上に大人になってから読むと・・・など書きましたが
子供にも安心して読ませられる内容です

大人が読んでも面白く、子供に読ませて安心なので、
自分にも男の子が出来たら、買い与えてしまうでしょうね。

2017/08/28 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 37742 ホスト:37733 ブラウザ: 10115
【良い点】

最高の傑作です。
【悪い点】
無いです

【総合評価】

最高の傑作です

2017/07/20 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:46(69%) 普通:6(9%) 悪い:15(22%)] / プロバイダ: 7677 ホスト:7763 ブラウザ: 5213
【良い点】
ド派手なバトル漫画の先駆けとなった点。ドラゴンボールを探すために冒険してた頃は文句なしに面白い。地味に最も評価したいのは、今なお珍しい『主人公が途中で入れ替わる』という点。最近ではテラフォーマーズ等がその手法を取っているが、やはりドラゴンボール並みのシンプルなストーリー展開でこそ活かせる手法だとしみじみ思う。

【悪い点】
ジャンプのバトル漫画に『パワーインフレ』『ご都合主義パワーアップ』という負の遺産を定着させたのは間違いなくこの作品。超序盤であっさり月が破壊されたことを考えれば、終盤ならワンパンで地球真っ二つだと思うがそこはギャグ漫画ってことで目を瞑ったほうがいいんだろうなあ。

【総合評価】
バトル漫画の決定版!今なお人気の衰えない不朽の名作!!…と言いたいところだが、やってることは『敵たおす→強敵現る→パワーアップ→敵たおす』の無限ループ。作者いわくギャグ漫画(なので1話あたりのページ数が少ないのは有名なお話)だが、ギャグが面白いかと言うとそうでもないし、バトルは序盤こそ燃えるが途中からほぼおふざけだし、『ジャンプの黄金期をけん引した』『一大ブームを巻き起こした』『バトル漫画を王道に定着させた』等、漫画史においては多大なる貢献をした名作と言えるが、単純に漫画の面白さで考えると評価は普通で。

2017/03/30 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:223(61%) 普通:61(17%) 悪い:83(23%)] / プロバイダ: 7894 ホスト:7661 ブラウザ: 10196
セル編で悟飯がサイヤ人2に目覚めて、セルジュニアの群れを片っ端から潰していく姿を見てピッコロは震えながらも呟いてたけれど、驚愕というよりはショックだったんだろうなぁ‥‥‥‥‥‥と。

(悟空にとっては)セルを追い払う苦肉の策だったとはいえ、実の父親以上に自分の息子のように可愛がっていた弟子の豹変ぶりを見せられちゃあねぇ‥‥‥‥‥‥

その前にも、セルへ一度「説得」という形で平和的解決を図ったにも関わらず、突っぱねられてしまったという残念な結果に終わってしまったのも印象的でした。
(しかしこの流れが、後にサタン→ブウへの説得に活きてくる)

しかしその後、セルが18号抜きで復活した際に放った「 一度この手で葬りたかった 」的な発言を聞かされた際には、ショックで開いた口が塞がらなかった。

2017/03/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:25(74%) 普通:1(3%) 悪い:8(24%)] / プロバイダ: 4518 ホスト:4503 ブラウザ: 7918
【良い点】

・インパクトのある作画&戦闘描写

・魅力的な登場人物達

・初期のストーリー

・これのおかげで海外で日本のメディアが広まった事

【悪い点】

・後付け設定がややこしい
一回しか甦らせないはずがブウ編ではそのリミットを超える
このせいで話のスリルがあんまり感じられない

・全体的にパワーインフレ物なので途中で飽きる人は飽きると思う

・最後があっさり。感動の欠片も無かった。。
セル編で終わってくれたら評価変わってたかも

【総合評価】

理由など要らなくハマる人はものすごくハマると思います
細かい事を気にせず純粋に読むのががベストだと思いますこの漫画は。

もっと読む

「【良い点】・キャラクターが可愛い・たまにくるギャグが面白い。・後が気になるような楽しいストーリー・ピ...」 by そうキング


次のページを読む

この評価板に投稿する


2017/01/02 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 1389 ホスト:1596 ブラウザ: 9973
サイア人襲来から帝王フリーザまでが本作のハイライトでしたが、人造人間セルと魔神ブゥ編は蛇足展開で、セルでの悟空が「オラ、生き返らなくて良いや」は作者の編集部への精一杯の抵抗に思え、原作最終エピソード・魔神ブゥ編での満身創痍ぶりは未だ涙を誘います。
追伸 アニメオリジナルのGTで青年悟天のヘタレぶりにも泣けて来ました。

もっと読む

「何度読んでもワクワクする最高の漫画です!...」 by mantoru9


次のページを読む
2019/04/18 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 43979 ホスト:44037 ブラウザ: 9311 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/可笑しく笑える/楽しい/面白い/格好良い 
ストーリー悪い(-1 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
画力最高(+3 pnt)

もっと見る
1. バンダイナムコ::ルパパト、ルパンレンジャー贔屓に散る by 無限堂
... ・TVアニメ版無印星矢のオリジナルキャラクター・鋼鉄聖闘士投入 ・セーラームーンのシリーズ化延命、これはバンダイ、テレ朝、講談社の利害が一致した側面もあり、東映アニメーションも量産形児童アニメの悪しき前例とフォーマットを築いてしまう。 ・ムカムカパラダイスでバンダイが玩具を売りたいばかりに、下町人情モノから強引に異世界ドタバタモノに路線変更し、番組の致命傷になった ・ドラゴンボールの無理矢理延命及び ...
記事日時:2018/11/15
2. 【活動1000日記念】自己満アニソンランキング ベスト300 by 545
... 明治剣客浪漫譚-』ED3) 20位:私のなかの銀河(『ドラえもん のび太と銀河超特急』主題歌) 21位:ルージュになりたい(『赤ちゃんと僕』ED2) 22位:LEVEL5-judgelight-(『とある科学の超電磁砲』OP2) 23位:優しさの理由(『氷菓』OP1) 24位:僕達は天使だった(『ドラゴンボールZ』ED2 ...
記事日時:2018/01/19
3. さんまの功績。 by bit
... 見たり熱く語ったりという事は世間から迫害される危険性がマジであったのですが、明石屋さんまはトークのネタとしてそれをやり、番組のゲストに声優の日高のり子を招いたり(声優をバラエティ番組に招く事も当時は無かった)、当時の明石屋さんまのギャグのひとつにまでなりました。 まぁ当時も世間的にはアニメを迫害し蔑みつつ、ファミリーアニメや「ドラゴンボール」「YAWARA! ...
記事日時:2018/10/15
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:ドラゴンボール (無印) / ゲーム:ドラゴンボール - 大魔王復活 - / 特撮/人形劇:ドラゴンボール
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ