[漫画]名探偵コナン ゼロの日常(ティータイム)


めいたんていこなん ぜろのてぃーたいむ / Detective Conan ZERO's Tea Time
RSS
漫画総合点=平均点x評価数6,160位8,709作品中総合点0 / 偏差値48.58
2018年漫画総合点47位129作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定-3.00(最悪)1
画力-3.00(最悪)1
ストーリー-3.00(最悪)1
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
涙流した0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作画:新井隆広
原作・監修:青山剛昌
出版社:小学館
日本 開始日:2018/05/09(水) 週刊少年サンデー 24号
57111
最近の閲覧数
1100111100
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/05/05 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/01/17 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2282(50%) 普通:1143(25%) 悪い:1144(25%)] / プロバイダ: 49093 ホスト:49178 ブラウザ: 5173
【良い点】
新井隆広の画力。
オリジナリティを殺して青山剛昌のタッチに酷似させられるのもプロの技と言えるかも。

【悪い点】
逆を言えば新井画の無駄遣い。ただでさえ作画は生モノでありピークの時期がある。
月刊誌ゲッサン連載の「レ・ミゼラブル」で繊細さと力強さを兼ね備えた劇画タッチまで上り詰めたのに
少年誌に呼び戻して青山画のコピーをさせているのは同氏の才能の浪費に思える。

【総合評価】
「名探偵コナン」の脇キャラであるゼロを主人公にしたスピンオフ作品。
「コナン」のメインストーリーとリンクさせる意図は無いようで
彼の部下との掛け合いや普段の業務、喫茶店のシーンなどを淡々と描いていく様は
バタバタと人が死ぬ「コナン」的な殺伐さとは無縁な清涼剤的。
それでいて「コナン」との世界観の繋がりを感じさせるのは青山画に似せた新井氏の画力であり
同時にコマごとのテンポや間が本編と異なり独立した作品らしさも感じさせてくれる。
むしろ本家たる青山氏には、こういった作品は描けないのではないかと。

ただ、新井氏にオリジナル新作より優先させて取り組ませるほどの内容とも思えない。
ゲッサンに戻って今度は「巌窟王」にでも挑戦してくれないだろうか…。
本作の評価は「普通」で。

この評価板に投稿する



2019/06/11 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 20068 ホスト:19873 ブラウザ: 10414 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー最悪(-3 pnt)
キャラ・設定最悪(-3 pnt)
映像最悪(-3 pnt)

1. 2018年::週刊少年サンデー28号感想(特別読切『少年Aとナイショ7日間』他) by 伏魔の剣
... >window_width*0.75){this.width=window_width*0.75;}"> 交通事故で死んだり、死球から頭蓋内血腫で亡くなったり、階段落ちでゴールデンエイジを棒に振ったり、網膜剥離でボクサーを引退したり、サンデースポーツ漫画は割と過酷な展開になりますよね…。 ジャンプからやって来た波切先生も例外に非ず。 ●探偵コナン 工藤さんち ...
記事日時:2018/06/21 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ