[漫画]キルミーベイベー


Baby, please kill me.
  • 可愛い
  • 楽しい
  • 可笑しく笑える
  • 面白い
RSS
注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:キルミーベイベー
漫画総合点=平均点x評価数485位8,915作品中総合点23 / 偏差値55.42
漫画平均点384位1,333作品中平均点1.44=良い/16評価
2007年漫画総合点27位391作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.62(とても良い)13
画力1.15(良い)13
ストーリー1.15(良い)13
可愛い92%12人/13人中
楽しい85%11人/13人中
可笑しく笑える77%10人/13人中
面白い62%8人/13人中
友情31%4人/13人中
もっと見る
属性投票する
著者:カヅホ
出版:芳文社
※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:2007/11/28(鐃緒申) まんがタイムきららCarat 2008年1月号で初めてフレッシュゲストとして掲載された後、同年7月号から同誌にて連載
11,0971716
最近の閲覧数
1230100111
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2009/05/17 / 最終変更者:管理人さん / 提案者:管理人さん (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/09/17 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:61(42%) 普通:35(24%) 悪い:50(34%)] / プロバイダ: 12243 ホスト:12616 ブラウザ: 8288
1巻を読みました。

不条理ギャグ漫画という分類でしょうか?ソーニャという人が殺し屋なので、やすなを殴る蹴るしていたり、やすなもやすなで何か暴走している感じで、あまりまとまりはないです。キャラクター以上にお話は全くまとまっていません。なんとなくコロコロコミックのノリをもう少し不安定にしたような印象を受けました。作品として何か致命的な問題を抱えているわけではありませんが、単純にあまり面白くないです。お勧めしません。

2017/03/16 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:376(36%) 普通:206(20%) 悪い:474(45%)] / プロバイダ: 40655 ホスト:40559 ブラウザ: 10902
【良い点】
やすなが可愛いくておもろい。
【悪い点】
ソーニャが陰険で凶暴すぎる。
【総合評価】
「普通」。

2016/11/06 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2202(58%) 普通:766(20%) 悪い:853(22%)] / プロバイダ: 24962 ホスト:24925 ブラウザ: 9081
おそらく『あずまんが大王』のフォロワーであるカヅホという漫画家が描いたカオス系日常4コマです。確か「大阪万博」にも寄稿していたので、やっぱり『あずまんが』世代なんでしょうか。
OVAの評価でも書きましたが、コレっていわば、「『あずまんが大王』のキャラクターの中で、ともとよみのやり取りのみに話を集中させた漫画」で、そのともにあたるキャラクターがともの数倍ウザく感じるっていうせいもあって読んでてしんどかったです。友達の家で何気なく3巻くらいまで読みましたけど…。

今作より少し前にあったギャグ作品で、『あずまんが大王』ともう一つ、『フルメタル・パニック!』がありましたが、そのあたりも今作に影響を与えた感じなんでしょうか。
『フルメタ』は傭兵が普通の高校に通っていてトラブルを起こす設定ですが、こちらではソーニャという殺し屋が学校に通っている設定でした。
ただ、もっと決定的に違っていたのは、いきなり「設定を無駄遣いしている事自体をネタにしている(漫画自体の設定に粗を作っていく事で「ツッコミ待ち」をする)」というような雰囲気でした。あんまり殺し屋方面のブラックさとか殺し屋ならではの性格を押し出さずに、単に「この作品はなんでもアリですよ」という説明の為にソーニャを殺し屋にしたかのような振り切れなさがありましたね。
途中から少しずつ殺し屋としてのエピソードや、その最初に提示した「なんでもアリ」性を押し出してくるシュールなエピソードとかも増えましたけど、それも別に面白くなかった感じです。

あとは、OVA版の評価でも書いた通り、折部やすなは「可愛さ」よりも「ウザさ」が目立つキャラクターでした。アニメだと声優のお陰が比較的マイルドに感じるけど、漫画だとあっちの数倍はウザく感じます。
基本的に、最初の4コマで提示されたネタを最後のコマまで持っていってその回の掲載を終える構成なんですけど、基本的にやすなのソーニャへのちょっかいや挑発で4コマをいくつか使うので「だいたい同じような流れの4コマが何回かある」っていう感じも強いんですよね。その辺も安心感があって良しと感じる人もいるでしょうけど。
そういえば、『あずまんが大王』のとも、『けいおん!』の律、『ゆるゆり』の京子みたいなウザキャラって、大抵はああしたちょっかいを出す相手を「幼馴染」に限定しているし、年長者として後輩や年下の相手になんだかんだと優しいキャラ付けでもあるんですよね。そうした「許し」がほとんどなく、行動のしっぺ返しを受けても「不死身同然」とか「無反省」とかのせいで余計に腹立たしいままのポジションになってるタイプなのかもしれません。いつの間にか、顔見るとウザいと思うレベルになりました。設定を幼稚園児に変えればまだ見られたかもしれませんが、高校生っていう設定が失敗なのかもしれませんね。
まあ、その「ウザさ」はカヅホさんは他の漫画家に肩を並ばせないレベルみたいで、今作のコマは他人を煽るのに使えそうというか、これを送られたら腹立つだろうなぁという一枚がやっぱり多かったです(笑)。『ポプテピピック』だと煽られた側もあんまり腹が立たないくらいにシュールに振られ過ぎているんで、こっちの方が使いやすいのかも。
好ましい使い方ではないかもしれませんが、シチュエーションによりますけど、そういう使われ方も含めて微笑ましくもあるかもしれません。

評価は「最悪」です。
しかしこれも10年くらい続いているんですね…。

2016/10/15 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3334(33%) 普通:3527(35%) 悪い:3286(32%)] / プロバイダ: 2899 ホスト:2666 ブラウザ: 7961
原作は四コマの形態を採っている様ですが、現在も安定の(?)長期連載中な、日常系漫才ギャグ漫画
と言った所ですか。

やすながソーニャをおちょくろうとして色々暴走して、その度時には容赦ない反撃を
食らうも、懲りずに・・・・・・・なパターンが大半な感じで、まあ実際ソーニャの
立場だったら迷惑この上ない事も多々あったのでしょうが、天然なやすなはソーニャに
とにかく構ってもらいたくてしょうがないほど大好きなのでしょうね。反撃を受けた
だけでなく、自爆してしまった話も見られましたが、まあバイオレンス描写もあまり
どぎつくならない様適正範囲も守っている感じなので、そういう意味でもバランスが
取れているでしょうね。

特にソーニャが下山しようとして、やすなと遭遇してキャンプにつき合わされて、
結局どうやって帰るか分からなくなってしまった話や、やすなが特大のキノコを
見つけて、弁当を持参し忘れたソーニャに食べさせようとした話が印象に残って、
前者は途中ソーニャが寝袋でちゃっかり寝たシーンも見られましたが、流石殺し屋だけ
あって(?)なかなかの図太さも見せてましたね。後者は、いつの間にやすなの頭に
何本もキノコが生えていて、抜けたと思ったら・・・・・・ですが、あそこでの
キノコの生命力は並外れていた様ですね。

彼女らコンビ以外の登場キャラは少ないけど、変わり身の術等あぎりもつかみどころ
がなくて、面白い姉ちゃんでしょうね。動きに反応して対象を攻撃するセンサーみたいな
話とかで絡んできたけど、この話のオチも、彼女にとってはしてやったりだったでしょうね。

TVアニメ版はその後第2期はやってないあたり、円盤売り上げはあまり芳しくなかった
のかなあですが、変にドン引きさせられたとかもなく、まあどちらも笑えますね。
評価は「とても良い」で。

2016/08/25 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 10661 ホスト:10506 ブラウザ: 5171
【良い点】
登場人物約3名 ( + 落選約1名 ) だけで勝負というのは、
日常系とはいえ、なんとも漢らしい設定ですね。
4コマを1話として読むというより、数作を連続して読む漫画、つまり、実質普通のストーリー物と変わらない形態。
だから、アニメ化もスムーズで無理なく制作されてました。

面白いかどうかは個人差は有るでしょうけど、ネタは特にシュールさは無い。よって、とっつき易い。

【悪い点】
少々酷ですが、さすがに最初は、帰宅途中公園で熊と遭遇辺りは、まだ展開がタルい。
それでも、1巻からでも、台風の話ぐらいからは勢いが乗ってきてる。

2015/08/17 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 15810 ホスト:15857 ブラウザ: 9155
【良い点】
4コマというありがちな漫画だけどテンポが良くおもしろい

【総合評価】

2014/03/25 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 2888 ホスト:2684 ブラウザ: 5930
【良い点】
巻数が進むにつれてどんどん面白くなっていること
作者の成長を感じる

【悪い点】
ペースが遅い
きららだから仕方ないですが、1年に1巻は待ち遠しすぎる

【総合評価】
とても好きです
いつまでも続いてほしい!

2014/02/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:17(85%) 普通:0(0%) 悪い:3(15%)] / プロバイダ: 45203 ホスト:45025 ブラウザ: 10478
【良い点】
よく笑える漫才(コント)といった作風のギャグ
何気に高い画力
「なんでもあり」をうまく落とし込んだ、自由度の高い世界観

【悪い点】
本編とは関係ないが作者の書き文字が汚い

【総合評価】
ギャグを放棄したような4コマ漫画が溢れる雑誌の中でもブレないギャグ漫画。
原作はアニメよりも殺伐としたギャグ色が強く、時折洒落にならない感じの危なさを感じますね。
主人公の片割れが殺し屋なのでギャグバトルの展開もあるのですが、これがまた個性的な敵と味方ばかりで面白い。
敵は熊や幽霊どころか、増える人形、レーザー発射装置、爆弾魔、コタツなど刃牙でもあり得ないような対戦カードが切られます。ええもう大好きです。

2013/02/13 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 15278 ホスト:15465 ブラウザ: 9875
【良い点】
・やすなとソーニャの掛け合い漫才
どつき漫才ともいう

・愛らしいイラスト

・ユニークなおまけ

【悪い点】
・あえて言うなら、キャラが少ないことくらい

【総合評価】
ソーニャの設定は殺伐としてるはずなのに、妙にコミカルでくすくす笑えてしまう漫画。
ほかの4コマ漫画に埋もれてしまいそうだが、なかなか面白い。

[推薦数:1] 2012/11/27 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:511(70%) 普通:0(0%) 悪い:215(30%)] / プロバイダ: 4436 ホスト:4322 ブラウザ: 5345
とある組織に属する殺し屋・ソーニャと、怖いもの知らずでたくましい一般生徒・やすなの2人が織りなす遠慮無用の体当たりのボケツッコミが印象に残る作品です。
主要登場人物が、上記の二人の他に忍者・あぎりを含めて3人しかいないにも拘らず、安易に萌え・お色気路線に走らず、徹底したボケツッコミを売りにした作風が非常に印象的です。
作画も安定していると思います。
4コマ形式で各話が比較的短く完結し、その中で起承転結・メリハリがしっかりしていて好感が持てました。
話の中心に位置付けられた、ソーニャとやすなによる、時にバイオレンスさを伴うボケとツッコミの勢いは、どつき漫才を想起させます。
やすながソーニャを何らかの手段で怒らせてそれを笑いの方向に持っていく、という手法はほぼパターン化されていて毎回の定例ですが、不思議なことに飽きや物足りなさを感じることはなく、それが大きな面白さ・魅力につながっていると思います。
キャラクターの表情や動作も実に多彩で、結末がパターン化されている中でも読んでいて飽きがきません。
ボケツッコミを前面に押し出し、キャラクターの魅力を十二分に引き出していると思います。
また、カバー裏の漫画やおまけなど、単行本のサービス精神が旺盛な点も魅力です。

2人のキャラクターの魅力と、テンポよく爽快な(ややバイオレンスさはありますが)ボケツッコミを前面に押し出して勝負している印象があり、安易なお色気に頼ったネタが無いのも好印象です。
やすながひたすらに元気でハイテンションな印象を受けるのに対し、ソーニャはクールで少し冷めた感じですが、意外と抜けたところがあったりして、普段の姿とのギャップが感じられる点も魅力です。
あぎりさんも掴み所が無い独特の雰囲気を醸し出しており、胡散臭い忍術も印象的です。
また、ソーニャがある組織の殺し屋であるという設定上、たびたび刺客が登場しますが、彼・彼女たちもどことなく抜けていて作品の空気感に上手く馴染んでいると思います。
やすなのたくましさと元気さで、作品が牽引されており、非常にテンションが高く、楽しめる作品になっていると思います。
力感と勢いのあるギャグ描写でガンガン押してくるタイプの作品であり、読んでいて痛快な面白さを感じました。
特に不満無く楽しく読めているので、評価は「最高!」にします。

2012/04/08 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7601(87%) 普通:644(7%) 悪い:464(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:22106 ブラウザ: 2413(携帯)
日常系マンガにおいてテンプレ化された愛らしい絵柄とちょっとバイオレンスなドタバタギャグが魅力的な作品です。
殺し屋で短気な性格のソーニャとおバカで元気な性格のやすなのコンビは少々のアクの強さを感じはすれども、4コママンガ特有のテンポの良さで見事に中和されており、何よりも基本的に二人だけの漫才のような掛け合いで様々なレパートリーのネタを繰り広げられる作者のユーモアへの技術の高さには脱帽させられます。
ただ、非常にもったいないことはアニメでは改善していたけれども食べ物を粗末にするネタが笑うに笑えなかった点でしょう。有名な例を挙げますと学校の屋上でのヌンチャクのネタでふざけすぎて太巻きを台無しにしてしまうオチ(アニメではカラスが美味しく召し上がってすっきりとした仕上がりになっていたため、良かったです)は食べ物を上手く描いていたのがアダとなってしまった印象があります。
ただ、それを差し引いても飽きさせないテンポの良さは特筆すべきです。読み物とは映像と違い、音の出せない欠点がありますが本作品は場面ごとに独特の間を作り出しており、文字を強調させず、静寂の雰囲気を作り出してその中に笑いを込められるゆるーいほのぼのとしたマンガ特有の長所を最大限に発揮させております。設定から一見すると過激なイメージを感じてしまいますが内容はいわば王道の日常系マンガです。素材の良さを生かした本作品はちょっとしたつかの間のひとときを有意義に過ごすのに最適でしょう。

評価はとても良い寄りの「良い」とさせていただきます。

[推薦数:1] 2012/03/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:365(55%) 普通:0(0%) 悪い:295(45%)] / プロバイダ: 24232 ホスト:24153 ブラウザ: 5829
【良い点】
やすなとソーニャの二人の「漫才」がしっかり成立している。
画力も良い方で、作品と合っている。
双六や将棋といった単行本のオマケがあるのも良い。

【悪い点】
登場人物が少ないので、願わくばあと一人か二人欲しい。

【総合評価】
組織から来て学校に通っているクールな「殺し屋」ソーニャと、ハイテンションで天然ボケが入った普通の女子高生、やすなの二人を中心に繰り広げられる
「漫才」タイプの四コマ。

ソーニャが「殺し屋」であると知ってか知らぬか(知っているかな)、持ち前の元気の良さと天然ボケぶりで彼女に色々と絡んでは叩かれたりする等の手痛いツッコミを受け、これまたある意味持ち前の頑丈さでそれでもめげずに彼女に絡むやすなとソーニャの二人はある意味「名コンビ」でもあるかと思えます。

又、時々登場して胡散臭い忍法を披露し、時には本物の忍法らしいものも見せる忍者のあぎりも、普段は温和だけど時には大胆とも言える行動を起こす等、良い意味でつかみ難い感じのキャラなので、良いと思います。

ただ、登場人物は皆良いと思いますが、三人だけだとちょっと寂しい気もするので、出来れば彼女たちを支えるキャラクターがあと一人か二人いてもいいかな、とも思えますが、連載が続いている作品なので、今後(作者)に期待したいと思います。

これからも、人気の「けいおん」と共に「きららキャラット」を支えて欲しいな、と思える作品です。
[共感]
2012/03/27 本作の特長を明確にした上での良評価。レビューとしてだけでなく、どういった作品かも簡潔ながらも分かりやすい説明であります。 by 墨汁一滴

2012/02/16 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:86(79%) 普通:19(17%) 悪い:4(4%)] / プロバイダ: 12872 ホスト:12825 ブラウザ: 5345
【良い点】
・絵がかわいい
・キャラデザ
・作画
・毎回表紙がかわいい
【悪い点】
・正直あまり笑えない・・・とこ・・・???(好きな方ごめんなさい!!)
【総合評価】
アニメ版で語った通り絵と作画は好きなので
「普通」で。

2012/01/29 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:213(89%) 普通:2(1%) 悪い:23(10%)] / プロバイダ: 29382 ホスト:29414 ブラウザ: 6652(携帯)
こちらの漫画は今年すでにアニメ化されている人気漫画。キャラクターの要素は可愛い。でも、裏では漫画のキルミーは人気は急上昇する。

2010/06/20 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:23(53%) 普通:7(16%) 悪い:13(30%)] / プロバイダ: 19545 ホスト:19643 ブラウザ: 7336
【良い点】
キャラがたっている
ギャグが面白い

【悪い点】
特になし

【総合評価】
二巻の表紙が面白く、思わず表紙買いしてしまった一冊。
今まで読んだ四コマでもトップクラスの面白さです。
登場人物が三人ととても少ないにもかかわらず、その少ない登場人物を見事に生かしきっています。
アニメ化してくれないかなあ…

もっと読む

「【良い点】・キャラクターが少なくてわかりやすい、また個性が立ってる・テンポが非常に良い・一般人のほう...」 by えひ


次のページを読む

この評価板に投稿する


2017/03/16 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 40655 ホスト:40559 ブラウザ: 10902
やすな可愛い。

2017/03/16 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 40655 ホスト:40559 ブラウザ: 10902 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事可笑しく笑える/楽しい/可愛い 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)

もっと見る
1. きらファンに「あんハピ♪」が来る! by カシオペア
... から、きらファンに「あんハピ♪」が参戦します。 あの当時の桜トリックやキルミーベイベーのように一部キャラの先行参戦になりそうですが、2人確定しています。 ☆5はシルエットが出ていますが、まあほぼ間違い主人公の「はなこ」「チモシー」でしょうね! でまあ無難に考えると☆4はヒバリでしょうか? 共にナイトみたいです。 ナイトで言うと ...
記事日時:2018/06/28
2. きらら系アニメランク付け。 by S・N
... ない。 ・ハナヤマタ ・うらら迷路帖 ・ブレンド・S ・スロウスタート 「Cランク」・・嫌いではないが特別好きでもない、可も不可もない作品。 ・ひだまりスケッチ ・夢喰いメリー ・ゆゆ式 ・桜Trick ・がっこうぐらし! 「Dランク」・・作風が肌に合わない作品。 ・けいおん! ・あっちこっち ・キルミーベイベー ・三者三葉 ...
記事日時:2018/06/02
3. Nice boat.とか人生とか2007年下半期アニメチェキ by エスパー
... あったの? A.オプーナを購入する権利書が発行される、ノーモアヒーローズ、ロストオデッセイ、DS版ドラクエ4、 DS版FF4(リメイク)、四八(仮)、シーマン2、実写版魔法先生ネギま放送開始、 ハンターハンターが1年7か月の時を経て連載再開し祭りとなった(但し10週のみ掲載)、 ジャンプSQ創刊、金剛番長連載開始、ベイビーステップ連載開始、キルミーベイベー連載開始、 ...
記事日時:2017/09/18
video
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは漫画版。その他メディアのページ: アニメ:キルミーベイベー
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ