[漫画]BITTER VIRGIN: 2010/04/16 みゆきちいいいいい


びたーばーじん / BITTER VIRGIN
RSS
漫画総合点=平均点x評価数7,957位8,765作品中総合点-3 / 偏差値47.70
2005年漫画総合点337位368作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2010/04/16 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:48(52%) 普通:24(26%) 悪い:21(23%)] / プロバイダ: 17243 ホスト:17088 ブラウザ: 7336
【良い点】
・結末
・あえてこの題材を扱おうとした作者の心意気

【悪い点】
・ヒロインの悲劇設定
・主人公の対応
・男嫌いの基準

【総合評価】
久々に「これは無い」と強く感じた作品。
まず、レ○プ(不適切な語らしいので伏字で)・妊娠・中絶・出産というヒロインの過去が重すぎる。
レ○プや妊娠といった性的タブーをヒロインの設定として加える際は生半可な気持ちでやってはいけないと思う。
もし描くなら確実に物語にとって意味あるものにしなければならないし、アフターケアーの部分も長い時間かけて読者を納得させるような丁寧な説明を入れなければならない。
ましてやヒロインが物語を左右すると言っても過言ではない恋愛ものでこういう設定を取り入れるなどハイリスク・ローリターン以外の何物でもない。
そして、この作品の場合は作者の止むを得ない事情も関係しているんだと思いますが作品自体が短命でした。それが響いて上記の部分にも多くのページを割けずに終わってしまった。
男嫌いという設定を強烈に印象付けたいが為にあえてあの設定にしたんじゃないかと推測するが、それだったら義父にセクハラされたぐらいで留めてほしかった。
実際、あんな境遇にあった女性がたった1年でイケメンに少し優しくされたからと言って男に心を開くとは思えない。恋愛対象に入ってないからと易々と切り替えられるものでもないだろう。
もしそうだとしたらその時点でヒロインのキャライメージが瓦解してしまう。

いつもハサミを常備している恋敵や他にもいろいろツッコミたい部分はあるけれど、その中でも死産の問題が特に納得いかない。
作者自身が連載中に体験したこととあって深い思い入れがあったと思う。その辛さはまさしく他人にはわからない相当なものだっただろうと自分には想像することくらいしかできない。
そんな作者であるからこそ、やはり描くんだったらあの問題も徹底して深く掘り下げるべきだったと思う。
結局のところ、お姉さんの立ち直りのきっかけとなったのはヒロインの不幸話を聞いたからというのが大きい。悪い言い方をすれば他人の不幸は蜜の味といったところか。
人間にはそういう醜い部分があり、それが立ち直るきっかけの一因となってしまうのも仕様の無いことだと思うが、それだけであの話を幕引きにしてはいけないと思う。
作者からのメッセージとして同じ境遇にあった女性たちにエールを送りたいなら、あそこの部分だけでもきちんとするべきだった。

総評として
作者が言わんとしたい事は何となくわかります。女性特有の辛さや幸せを味わった作者自身の経験を反映させ、「人間万事塞翁が馬」という諺のようにそのひとつひとつが人生の一部でしかなく全てでは無いと同じ女性たちに伝えたかったのではないだろうか。
そういうことからすると単にハッピーエンドという形で締めくくるわけではなく、何かふくみを持たせる終わらせ方をすることであの幸せの瞬間も長い人生の通過点の一つでしかないんだという意図を感じ、作品のテーマに沿った終わらせ方だったと思う。
しかし、やはりどの問題に対しても詰めの部分が甘いと思う。この題材で描こうとした作者の心意気は評価したいが、結果としてはレディコミや携帯小説の悲劇系とあまり変わらない出来となってしまったのがとても残念です。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ