[日本映画]予告犯


G(全年齢対象)

よこくはん / Yokokuhan
RSS
注意: これは日本映画版。その他メディアのページ: 漫画:予告犯 / ドラマ:予告犯 -THE PAIN-
日本映画総合点=平均点x評価数908位2,701作品中総合点2 / 偏差値50.18
2015年日本映画総合点17位72作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.00(良い)1
音楽1.00(良い)1
声優・俳優1.00(良い)1
映像0.00(普通)1
ストーリー0.00(普通)1
道徳心&モラル100%1人/1人中
びっくり100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
監督:中村義洋
原作:筒井哲也
脚本:林民夫
音楽:大間々昴

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2015/06/06(土)
公式サイト
1. 映画『予告犯』公式サイト
70522
最近の閲覧数
1111101011
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/05/02 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/01/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5965(88%) 普通:464(7%) 悪い:366(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:21946 ブラウザ: 1975(携帯)
マンガ版やドラマ版もあるみたいで、本作とは関連性があるのかなといった感じでしたが、いかにも情報化社会の進んだ現代ならではの題材を扱った作品といった印象でしたね。

ネットのニコニコ動画の生放送みたいなのを通して怪しい被り物をした男が不吉なことを予告していたりと、なんかこうSNSの掲示板に有名な芸能人の殺害予告だったり、コンサート会場への爆弾予告に通ずるものがありましたね。

そんなときに、とある不幸な事件に対して動画にコメントしてた人が事件の被害者について、「そんなのはホイホイついていく奴が悪いんだよ。自業自得だな」とのたまっていましたが、そのコメントを読んだ予告犯が手回しをしたのか。それから間もなくして、そのコメントを動画に書き込んだ若者は弁護士と名乗る人に連れていかれた挙げ句に服を脱がされて、身動きの出来ない状態にさせられた挙げ句に文字通りの元気玉を食らわされてしまったのには良い面の皮だったといいますか、しかし、一緒にいたグループの中で向かい側に座っていた女性は臆面もなく、下ネタを言っていたのにはある意味たまげたものでしたね。そして自覚のない若者に対して自業自得だと言っていたのはまさにこれ以上ない痛烈な一言だったと思います。

2016/08/09 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1187(49%) 普通:0(0%) 悪い:1244(51%)] / プロバイダ: 23003 ホスト:23078 ブラウザ: 4721
色々おかしなところとか都合のいい点とかはあるし、表面的なネタしかない安っぽさっていうのはどうしてもあるんだけど、安っぽいなりに引き込ませる上手さがあって言いたい事が詰まった作品だったかなって思う。

正直ネタからして今時なネタで嫌な予感しかしなかったし、ネタがネタなだけに相当中身が凝ってたり工夫がないと、それがやりたいだけの見切り発射で終わってしまう。
個人的にはサスペンス部分というのか、復讐だったり仕返しだったり予告だったり、どうやって犯罪を犯して行くのかっていうところの中身は薄くてしょうもなさしかなかったんだけど、違うところがめちゃくちゃ凝っていたのでそこにしてやられた感じだった。

途中説教臭い部分(女刑事が犯人を追いかけるシーン)もあったりして、邦画ならではのテンポを止めたり寒い空気が漂ってきたりもしたんだけど、その台詞というのもちゃんと意味があって最後に繋がってくるから、最後を観て理解することが出来た。

この作品がやりたかった事は、表面的な安っぽい復讐だったり社会に対する批判だったりネットへの皮肉だと思っていたけどそうじゃなかった。

予告犯罪も社会への復讐もすべてミスリードでそれを今時のネタのネットを使って良いように利用し、裏にある本当に言いたかったことやりたかった事を隠していた。
そこが素晴らしかったし、都合が良かった点とかもすべて吹き飛んだ感じだった。

ずっと隠して引きを作っていたからこそ、最後のメッセージってのが生きてくるし、死ぬ前に派手なことをしたかった訳でもなくそういったことのくだらなさを訴えかけている。

復讐とか注目を浴びたいとかだけで人を動かす事は出来ないけど、誰かのためにやってると知ればしかもそれがそんな些細なことでこれ程壮大なことをしていると知れば人を動かす力になる。
それを見せたのがネットカフェの店員だった。

客観的に見れば赤の他人にそこまでする動機というのは分からないんだけど、分からないからこそ余計に(本人たちだけに通じ合ってるような)見えないエネルギーを感じる。
女刑事が犯人を追っかけてるシーンで犯人が言った、あなたには分からないっていう台詞が観てる人に問い掛けてくる。

復讐のためとか正義のつもりでカッコつけてやってるだけじゃないのかとか、思っていた視聴者や女刑事にとっては思いもよらないオチだった。

最後晴々となってる女刑事の表情も印象的だったし、上司との関係や立場も描いてるように見えてそうじゃなく、そんな小さな事で悩んでても仕方ないような終わってみれば清々しい気持ちにさせてくれる。
もし復讐(仕返し)だけを描いていたら答えはなかっただろうし、メッセージ性も残らなかったのかなって思う。

この評価板に投稿する



2017/01/10 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 21970 ホスト:21947 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事びっくり/道徳心&モラル 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

1. NEW GAME! 感想#02 by エスパー
... あんまり変わってないよね。 社内チーム編成や新人歓迎会など、1話よりも社会人らしさが増してきた内容でした。 それでも相変わらずぬるいですけどね。もうね、本当に優しい世界以外の何者でもないだろうとw ホワイトよりも眩いホワイトだよ! この先何十年続くか知らんけど誰もが羨ましめる理想郷だよ! 謎ホリエモンが勤めている予告の世界とは ...
記事日時:2016/07/14 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは日本映画版。その他メディアのページ: 漫画:予告犯 / ドラマ:予告犯 -THE PAIN-
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声