[日本映画]宇宙人東京に現る


うちゅうじんとうきょうにあらわる / Uchuu Jin Tokyo ni Arawaru
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数2,401位2,947作品中総合点-2 / 偏差値46.85
1956年日本映画総合点16位16作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像1.00(良い)1
声優・俳優1.00(良い)1
キャラ・設定0.00(普通)1
音楽0.00(普通)1
ストーリー-1.00(悪い)1
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
涙流した0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
製作:大映(東京撮影所)
企画:中代富士男
監督:島耕二
脚本 :小国英雄
日本 公開開始日:1956/01/29(日)
4,86044
最近の閲覧数
420033522311
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2010/06/03 / 最終変更者:kunku / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2020/10/17 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3839(33%) 普通:4122(35%) 悪い:3715(32%)] / プロバイダ: 24906 ホスト:25118 ブラウザ: 8277
後に公開50年を記念してかDVDも発売されたらしいですが・・・・・・

カラー映画としてはかなり古い方だったかと思われますが、映像は綺麗でしたね。今から見ても、年代ほどの古臭さとか感じられなかったのはまあ普通に凄いとは思います。友好的な宇宙人とも交流しながら天体衝突の危機に対応していく話で、その宇宙人が監禁された松田博士を助けたくだりとかはGJ!!(実際、この人の方程式のおかげで危機を切り抜けられたのだし)でしたが、さすがにあのヒトデの姿をした宇宙人の造形はちょっとチープで苦笑させられましたかね。人間の女性に化けていた宇宙人(銀子)が瞬間移動(?)みたいに部屋に来たのも、普通にノックなりして入ろうよは野暮なツッコミだったかもしれないですが・・・・・・・・・・・

最後も、美しい自然とのどかな歌をバックに平和になったのは結構な事ではありましたが、原水爆や核兵器使用とか被爆国らしい、時事的なテーマも中途半端なまま終わってしまった様に見えました。宇宙人が地球人の姿をして地球に潜伏して・・・・・・等斬新な設定もありましたが、そうしたテーマの中途半端さや当時の技術上の限界とか手放しで絶賛できるほどの映画ではなかったです。評価は「普通」で。

2011/07/18 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(80%) 普通:1(20%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 19331 ホスト:19467 ブラウザ: 4591
川崎市民ミュージアムで親に連れられ見ました。

最初のシーンが退屈で即寝てた人がいましたw

パイラ星人について
パイラ星人を見て異常に驚く人々がおかしくて笑いそうになった。
材質に光沢(?)があればもうちょっと宇宙人らしくなったと思います。
あんな布切れかぶったようなものじゃなあ・・・
パイラ聖人が対話しているシーンは面白かったです。

核兵器等強エネルギー兵器を賛成してるか反対してるかあいまいです。
賛成:もし隕石が接近してきたときに、核エネルギー見たいな大きな力が役に立つ。
反対:地球にいる全ての人の身が危ない。地球が核で汚染したら・・・
こんなかんじだと思いますね。なんかもうちょっと内容が整理されていたらよかったかもしれないですね。

2007/11/10 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(56%) 普通:109(12%) 悪い:293(32%)] / プロバイダ: 13658 ホスト:13730 ブラウザ: 8090
最初の内は地球の原水爆がどうの、という目的で地球にやってきたパイラ人が
いつの間にか地球を救う話になってしまったのは、一体どういうわけなんですかねぇ…
テーマは大量破壊兵器の平和的活用って事なのかな?

評価:悪い

2006/06/04 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2402(50%) 普通:1204(25%) 悪い:1201(25%)] / プロバイダ: 11009 ホスト:11078 ブラウザ: 5234
この容姿で友好的宇宙人という発想はある意味、凄い。
しかし、どうせなら外観だけから凶悪な侵略者として勘違いして
地球の危機を伝えるパイラ星人に人々は耳を貸さないとかいう展開の方が面白いと思う。
東宝の「妖星ゴラス」は地球が救われた瞬間、出演者が万歳しまくっていたのに対して
本作はえらく、ほのぼのとしていて自然を写してのどかな歌も流して最後は亀が出ていたような。
これがガメラの発端だったとしたらあまり笑えません。

この評価板に投稿する



2020/10/17 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 24906 ホスト:25118 ブラウザ: 8277 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー悪い(-1 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

1. 海の生物怪獣 by 634
... や、海の生物怪獣を挙げてみます。 節足動物モチーフという点では、前回の昆虫や蛛形類などもなのですが、それだけではなく、海の生き物ってこと(ラゴンや、ゲスラ、ヘドラのような海いても、現実生物モチーフでないのは除外)で、いろいろ出してみると・・・。 1パイラ星(宇宙東京) 2鯨 ...
記事日時:2017/04/30

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合、又は「最悪」の比率が一定評価総数(20-30)超えても8割以上ある場合、非適切にバランスを欠いた評価者とみなして全評価削除の対象になり得ます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ