[日本映画]繕い裁つ人


つくろいたつひと / Tsukuroitatsuhito
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数1,290位2,678作品中総合点1 / 偏差値49.32
2015年日本映画総合点31位71作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.00(良い)1
声優・俳優1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
映像0.00(普通)1
音楽0.00(普通)1
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
涙流した0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
【スタッフ】

監督:三島有紀子
脚本:林民夫

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2015/01/31(土)
公式サイト
1. 映画「繕い裁つ人」公式サイト
24611
最近の閲覧数
3040433411
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/09/27 / 最終変更者:TCC / 提案者:TCC (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/12/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5830(88%) 普通:451(7%) 悪い:360(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:21979 ブラウザ: 1975(携帯)
タイトルだけ目にしてもあんまりピンとくるものがありませんでしたが、知る人ぞ知る一軒の洋裁店を舞台にしたヒューマンドラマといったところでしょうか。

洋服の仕立て屋にスポットライトを当てた作品というと、あんまりないなというイメージで、そもそもそういったものを欲しかったら、デパートに行くか、洋服の青山みたいに専門のチェーン店を利用するのがベターかといった感じでしたけれども、そんな知る人ぞ知る店ながら即日完売してしまうほどの評判の店の女性店主でしたが、やはりというべきかかなりの頑固者でしたね。個人店の二代目で初代からの伝統的な技を守る腕前や技術は超一流であるものの、その一方で家事全般はまともにこなすことができず、母親に任せっきりというギャップもありましたが、対人関係においては不器用だったのでしょう。

それでも主人公である藤井とのやりとりのなかで偉大すぎる先代への思いや、二代目の仕事は一代目の仕事を全うすることと語ったりしていましたが、熱心に足繁く店に通い続ける藤井に徐々にではありますが、心を開いていくさまが印象的でしたね。

俳優陣も実力派揃いで派手さはないものの、堅実な作品に仕上がっていたと思います。

この評価板に投稿する



2016/12/12 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 21970 ホスト:21979 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

結果が得られませんでした。

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声