[日本映画]その男、凶暴につき: 2006/10/21 TCC


そのおとこきょうぼうにつき / Sono Otoko Kyoubou ni Tsuki
  • 怖い
  • びっくり
  • 面白い
  • 道徳心&モラル
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数235位3,059作品中総合点11 / 偏差値58.37
1989年日本映画総合点3位28作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2006/10/21 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3367(33%) 普通:3561(35%) 悪い:3314(32%)] / プロバイダ: 15047 ホスト:15277 ブラウザ: 4184
たけしの初監督作品でしたが、暴力的なキャラを
演じさせれば、彼の右に出る役者はいないですな。
序盤、浮浪者を虐めていた某少年の家に押しかけて、
無理やり自白させてましたけど、この少年はまさに
自業自得でしたな。やはり悪い事は出来ないものです。
中盤は、バットで相手の男を殴り殺した(頭から血が
噴き出す様は見ていて非常に生々しいものがありましたが)
男を何処までも追っかけて、ガラスをバットに割られる
反撃を受けたかと思いきや、引き倒して蹴りの応酬を
お見舞いしたのも、ある意味爽快でしたな。

物語の核は殺し屋との争いで、途中麻薬を横流しに
していた同僚の刑事が口封じの為に殺されてしまいましたが、
指をナイフで切られたシーンも、実に残酷で強烈でした。
最後はその親玉を追って、射殺するも、自らも
また殺されてしまいましたが、銃弾も構わず前進しながら、
発砲したその姿は圧巻で、並々ならぬ執念がひしひしと
感じられましたな。小生はべつにたけし信者じゃないけど、
それなりに楽しめたのは確かなので、「良い」評価は
つけられますかな。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ