[日本映画]陰陽師II


おんみょうじつー / Onmyojitwo
  • 悲しい
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数2,831位3,048作品中総合点-5 / 偏差値43.73
日本映画平均点290位381作品中平均点-0.42=普通/12評価
2003年日本映画総合点68位79作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像1.25(良い)4
声優・俳優0.50(良い)4
音楽0.00(普通)4
キャラ・設定-0.25(普通)4
ストーリー-0.75(悪い)4
悲しい50%2人/4人中
ロマンチックな気分25%1人/4人中
道徳心&モラル25%1人/4人中
怖い25%1人/4人中
友情25%1人/4人中
もっと見る
属性投票する
監督:滝田洋二郎 製作:瀬崎巖 近藤邦勝 気賀純夫 江川信也 島谷能成 門川博美
プロデューサー:林哲次 濱名一哉 遠谷信幸 製作総指揮:植村伴次郎 企画:近藤晋
原作:夢枕獏 (文藝春秋刊行)脚本:夢枕獏 滝田洋二郎 江良至 撮影:浜田毅
特撮監督:尾上克郎 特殊メイク:原口智生 美術:部谷京子 編集:冨田伸子
日本 公開開始日:2003/10/04(土)
7,1861212
最近の閲覧数
1001001100
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2008/10/10 / 最終変更者:どうか Kappa と発音してください。 / 提案者:TCC (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/08/12 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:494(78%) 普通:88(14%) 悪い:53(8%)] / プロバイダ: 32587 ホスト:32564 ブラウザ: 5171
そんなに覚えてませんが、私は、面白く見させていただきました。これで、市原君、初めて見たのかな・・・
元荒ぶる神、須佐能の尊と天照大御神の話を絡めた話でしたね。晴明と博雅との友情も良かったです。
萬斎さんに見た事ないけど晴明がぴったりと思いました。
晴明の式神、今井えりこさんが、演じた蜜虫、蝶の精みたいな・・・も可愛かったですね・・・

【総合評価】

とても良いでお願いします。

2014/02/18 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7588(87%) 普通:644(7%) 悪い:464(5%)] / プロバイダ: 21846 ホスト:21786 ブラウザ: 1975(携帯)
主要登場人物は別として若手俳優陣の大根ぶりが致命的でした。

一応、晴明と博雅との関係等、前作の流れを踏襲しているのは評価できますが、ストーリーもあまりよろしいものとはいえません。

平安時代を舞台に古事記の神話を絡めた内容となっておりましたが、どうも薄っぺらい上に説明不足な部分ばかりが目立ちました。

例えば須佐がスサノオに変身するのは分かるのですが、なんで日美子までアマテラスになるのはどういうことか?ということや出雲族の国は18年も前に滅ぼされたのになぜ死体をそのまま放置しているのかということなど大抵の作品は見ているうちに伏線が回収させられていくものですが、本作の場合はストーリーが進むうちに疑問点ばかりが出て置いてきぼりをくらいそうになります。

極めつけはラストでの晴明が生き返ったあとで琵琶を弾いていた幻角が死んだことについてで、この幻角にしても須佐を使って散々悪行を尽くし、挙げ句に日美子の育ての父親を容赦なく須佐に惨殺させたりしているだけに終盤で博雅が「日美子と須佐の分まで生きてほしい」と言っていましたが、この事実を知っていたらどう思うのだろう。

とりあえず、この手の作品で過度なお涙頂戴や悪人の美化のために死を軽んじるのはいかがなものかなと思います。

評価は厳しいですが「最悪」とさせていただきます。

2013/03/14 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2202(58%) 普通:766(20%) 悪い:853(22%)] / プロバイダ: 36042 ホスト:36054 ブラウザ: 5345
まあ、前作ほどではないにしろ面白かったと思うのですが、目を向けるべきは晴明と博雅のコンビでしょうか。
時代モノの邦画としては、かなりまっすぐで純粋な友情ですよね。
こういうストーリーは、だいたい人が死にまくるような少しモラルを外した作風のものが多いのですが、相変わらず直球王道なヒロイックストーリーで凄く良かったと思います。

深キョンとかイッチーとか、見覚えのある方々がゲストで出てましたが、若干違和感あった感じがしますね。
特に市原隼人は、彼のイメージと全く違う人物を演じていたので、なんだかぎこちなさが目立ちました。
深キョンは、大サービスカットがあったけど、あれは吹き替えでしょうね…。
まあ、吹き替えでも何でも凄くエロいシーンでしたが。

敵はあんまり印象に残りませんでした。
というか、まあ前作と比べるとなんか違うんですね。いかにも「2」のボスって感じで「1」と比べると魅力が落ちる感じがします。

物凄く悪いってほどではないと思う…っていうか、「1」と比べると劣るっていうだけで、別に何の魅力もない作品というわけじゃないんですよね。
有名な俳優がいっぱい出る邦画にしては特撮が素晴らしいし、友情とかもかなり感じ取れます。
まあ、前作よりホモっぽいというか、「ベタベタしすぎじゃね?」と思うことがありましたが…。

個人的な評価は、「良い」に近い「普通」です。

2013/03/14 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1535(64%) 普通:456(19%) 悪い:397(17%)] / プロバイダ: 12744 ホスト:12668 ブラウザ: 9672
【良い点】
キャスト豪華
壮大な設定??

【悪い点】
話しは、壮大そうな感じなのに、特別ライバルの中井貴一のんとも具体的な対決無く終わった

【総合評価】

一期は好きでしたが、二期は映像のクオリティは上がったかもしれないけど、話しは一期の方がそれなりに熱くて楽しめたので今回は残念かな。

2012/07/24 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:409(55%) 普通:50(7%) 悪い:286(38%)] / プロバイダ: 1772 ホスト:1788 ブラウザ: 9615
今作は清明も黒幕の幻角もまともに戦わないだけではなく、自分の命と引き換えに幻角が清明を助けてしまう始末...
本当にマジでつまらないです...前作は良かったのですがこれは1回見てもう飽きました
前半はともかく後半がマジで酷いです

2011/05/09 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2261(50%) 普通:1135(25%) 悪い:1136(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 6425
【良い点】
人の悪い安倍晴明と国宝級に人の良い源博雅の名コンビが健在。
特に博雅は伊藤英明の演技力が上がって考えている事がすぐ顔に出る様が上手く表現できていました。

中井貴一の演じる幻角のキャラ。
理性的な態度の裏で復讐心をたぎらせている様が前作で真田広之が演じた道尊とは別の形で人間味のある悪役といったところ。
彼を安易に殺さなかった結末も好感が持てました。

【悪い点】
幻角の過去にもう少し尺を取って描写欲しい。
故郷と一族を滅ぼされ、優しい父親であった男が我が子を道具にする復讐鬼に変貌するにしてはインパクトが弱い。
後、娘役の深田恭子&息子役の市原隼人の演技が今一つ。

【総合評価】
「陰陽師」の続編ですね。
二番煎じな内容では無かったと思いますが、終盤の纏め方がちょっと強引で肩透かし気味の印象も。
(後、出雲が滅ぼされたのが18年前というのもイマイチ、重みが無いような…)
そこそこの出来ではあったと思います。「普通」で。

2009/04/28 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:105(56%) 普通:42(22%) 悪い:42(22%)] / プロバイダ: 3954 ホスト:3905 ブラウザ: 7395
前作がそれなりに面白かったので期待していたのですが
期待度を遥かに下回られた気がします。とても残念。

【良い点】
…なんだろう、だいぶ前に視聴したこともあってパッとは思いつかないな。

【悪い点】
内容が薄い、というか無い。
「陰陽師」シリーズと名前が付いていなければ、B級以下の扱いだったと思う。

【総合評価】
「悪い」にします。

2008/07/25 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:37(49%) 普通:12(16%) 悪い:27(36%)] / プロバイダ: 847 ホスト:833 ブラウザ: 5237
2は作らなくても良かったと思いました。

伊藤くんの演技は前よりはマシになってましたね。
内容も前回よりスケールがでかくて、驚きました。

・・・しかし今回は野村さんがちょっと・・・。
野村さんはかなり昔の日本的な顔立ちなので、いくら必要だったとしても、女装させるのは間違いだった気がします。
気持ち悪かった。

深田恭子もミスだと思います。

天岩戸の話が出てきますが、よく知らなかったので少し理解できませんでしたね。
従って、印象度は前作よりも薄いです。

評価は悪いで。

2007/09/08 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:326(30%) 普通:448(42%) 悪い:303(28%)] / プロバイダ: 7683 ホスト:7691 ブラウザ: 5979
やっぱり続編ってのは少々出来が良くてもだめで、この作品も同じくよくできているのだが、それだけなのだ。しかも、あっさりとした終わり方。ちょっとつまらないのだ。

すでに野村萬斎への免疫はついてしまったので、彼に対する衝撃はない。展開も似たようなもので、式神がいくら出てこようがどうしようが、基本的に人間対人間のドラマなのだ。
中井貴一の存在もそうだ。渋い演技をしてくれるのだが、華がないのだ。深田恭子も浮いている。今井絵理子も浮いている。二人とも不思議少女っぽいだけで、奥深い妖しさがない。
全般的に妖しさが足りないのだ。

この作品、ほんとうに原作でもそうなのだが、晴明と博雅の掛け合いがいいのだ。特に奇をてらったものはないのだが、お互いが語らずして認め合っている様が心地よい。

2007/03/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:82(73%) 普通:7(6%) 悪い:24(21%)] / プロバイダ: 15331 ホスト:15288 ブラウザ: 5234
前作と同じく、劇場にて視聴。

前作より(おそらくは。天皇&近臣が代替わりしてた事を考えると)数年後に起こった大事件を描いた作品。と言う事になるでしょうか。

前作が史実に残っている出来事を話の中心にすえていたのに対し、今作では、史実に隠されている、いわば陰の部分…朝廷に滅ぼされた『まつろわぬ民』出雲の民、そして日本神話が絡み合い、これまた壮大でした。

が。壮大すぎたんでしょうか今回は。ちょっと描写不足に感じました。相変わらずキャスティングは絶妙だし小道具類や特撮も世界観等を壊すようなものではなく、ちゃんと融合できてる。全体としてのクオリティは低下してないんですが、やはり前作の印象が強いせいもあり、今ひとつパンチに欠ける面があるという印象です。

しかし、それも前作と比べたら、であり、本作自体は良い映画です。1を観てなくても本作だけで十分楽しめるのもプラス要素ですね。前作もそうでしたが、2回劇場に足を運んで観た作品なので、私としては満足です。評価は『良い』で。

2006/08/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3331(33%) 普通:3514(35%) 悪い:3275(32%)] / プロバイダ: 50544 ホスト:50633 ブラウザ: 4184
此間地上波放送されてましたが、悪くはない佳作といった所でしたかな。2は。
近年のブームで一躍時の人となった、安部清明と醍醐源氏・源博雅
の友情には相変わらず訴えかけられるものがあり、人を小ばかにしたような
前者とやや不器用ながらも、やる所はやる後者のキャラクターも光ってましたけど、
ストーリー的には前作に比べ、盛り上がらなかった印象でした。悪役というよりは
敵役と言った方が正確かもしれない、中井貴一氏も決してミスキャストでは
なかったけど、「おのれ、せーめー!!!」等の名言を残した、前作の道明役・
真田広之氏の印象が強すぎて、最後あっさり改心してしまった事も相まって、
今一つ物足りなかったですな。スサのキャラクター
描写も中途半端な印象で、イマイチ活かして切れてなかったのが惜しいですな。

1は最近の邦画作品の中では当たり作だったけど、2は甘く見ても、
評価は「良い」が精一杯でしたかな。

2006/07/25 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2036(50%) 普通:791(19%) 悪い:1253(31%)] / プロバイダ: 20475 ホスト:20590 ブラウザ: 5234
前作の桓武帝から、更に時代を思い切り遡り、今度は日本初期の時代を入れ、日本書紀の天照大神とスサノオ、そして八岐大蛇にツクヨミの神を登場させるというものになりました。
大和によって、出雲を滅ぼされた王が怨念で、息子を八岐大蛇とスサノオの化身とさせ、日本を滅ぼそうとするのですが、それに立ち向かう晴明と晴雅の組み合わせが再登場しました。

中井貴一の幻角の悪役振りと、呪文の唱え方には迫力があったのですが、ラストのカタルシスが拍子抜けし、そういった意味では迫力があり、盛り上がったのは中盤で、後半は迫力不足で、幻角が家族の愛によって改心する所には「オイオイ・・・」という具合でした。
しかし、こういった部分は賛否があるとはいえ、ラストバトルをやって、敵を倒して・・・という決まりきった作風から離れたものであり、そういった点では考えさせてくれます。只、黄泉の国から帰還してくるのには「な〜んかな〜」という感じがしないこともないのですが。(しかも、生きろ!と伝えておいて、幻角の命と引き換えに晴明が生き返るのには説明が付かんし。)

本作では日本書紀が扱われているだけあって、それに因んだ神々が登場しますが、ツクヨミ神が善役で出るという珍しい例です。
「ヤマトタケル」の例を問わず、アマテラスが太陽神なのに対し、ツクヨミは暗黒神であり、黄泉の国に落ちたイザナミが邪心で変化した神とも言われていますが、一方で日本の農業と漁業を支える豊饒神という部分もあるので、その点ではバビロニアの豊饒神、バアルや、女神イシュタルと共通点があり、バアルが暗黒神となると醜き魔王バエルや蝿の王ベルゼブブ、イシュタルが暗黒面に取り憑かれると、冷血魔王アスタロトになるのと似ていて、興味深いです。

八岐大蛇がヤマトタケル以来復活し、CGでそれなりに説得力のある描写が現れましたが、その大蛇やスサノオと化して・・という期待した部分は残念ながら本作にはありませんでした。
しかし、日本書紀に限らず、神様の家庭崩壊が人間社会と似通ったり、その為に・・・という神話の側面性を、幻角一家を通じて描いたような点も注目できると言えます。

とはいえ、前半と中盤で引っぱっておいて、後半の展開には・・・と思うので、その辺りを考えると、後半のクライマックスが惜しいという気がしてなりません。
役者さん達も豪華だったのですが、ラストのカタルシス不足と、呆気ない展開にはちょっと、点数を付けられないイメージがあります。

この評価板に投稿する



2018/08/12 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 32587 ホスト:32564 ブラウザ: 5171 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/ロマンチックな気分/格好良い/悲しい/怖い 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ