[日本映画]ミスミソウ: 2019/10/01 怪盗乱馬


R15+(15才以上対象表現有)

Misumisou
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数977位2,793作品中総合点2 / 偏差値50.47
2018年日本映画総合点16位53作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/10/01 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1398(50%) 普通:0(0%) 悪い:1414(50%)] / プロバイダ: 13373 ホスト:13260 ブラウザ: 4721
素晴らしすぎた。
これぞ最高峰のスプラッターホラーっ感じ。
日本でもよく無名のアイドルとかが出てるグロ系のホラーやらアクションやらは大量に作られてたりなんかするけど、ほとんどが映画とも呼べないような作品ばかりだったりするけどようやく邦画でちゃんとしたスプラッターホラーを観たかなって思う。
久々に観終わったあとちょっと間放心状態だったというか、それは内容が重かったからとか気持ち悪かったからとかではなく、何も考えたくないぐらい余韻を楽しみたかった。
個人的にはこういう作品こそ日本アカデミー賞を取るべきかなって思うし、この作品が作られた時点ではほとんどが無名の役者さんばかりでこんなにも素晴らしい作品が作れるんだなと、はっきり言って有名な作品や役者を圧倒的に凌駕してしまってるぐらいの作品の圧力と役者陣の存在感だった。

自分的にもいつか観ようとずっと思ってた作品だったけど、ここまでほったらかしにしてきたのが勿体無いというか悔しさすらある。

内容的にはいじめにあってた少女が家族まで殺されて、いじめっ子達に復讐していくという単純なもので凝った設定とかストーリーとかはある訳じゃないし、サスペンスみたいなハラハラドキドキするような展開があったり謎解きがあったりする訳でもなく、あっさり自分から犯行を打ち明けたり都合の良い部分も多々あったりする。
結局のところ家族が殺される重い内容といじめっ子を斬殺していくっていう、ある意味では爽快さがやりたいだけの作品なので警察は何してんねんとか、計画性が無さすぎるだろとかそういうのはどうでも良くなってくる。

あと原作がそうみたいなんだけど、中学生ってのはちょっと無理があり過ぎる。
特に男性陣はおっさんしかいない。

ところどころ安っぽい部分はあったりコメディチックな要素を盛り込んでたりするけど、それもあまりリアルになり過ぎないように息抜きじゃないけどあえてそうしてるのかなって気はした。

もっと殺し方にも工夫があるのかなって思ったけど拷問したりとか精神的に追い込んだりとか、でも逆にこの単純さが普通の少女って感じもして良かった。
ただただ憎しみを晴らすだけ。
そこに一点の曇りもなく迷いもなく余計な計算もないから直に感情が伝わってくる。
ある意味での中学生らしい純粋な少女で純粋だからこそキレたら恐ろしい。

個人的には色々な道具を雪の下から取り出すのが面白かった。
これも恐らくミスミソウとかけてるのかなって思う。

この作品の素晴らしいところは何と言っても演出と役者陣の圧巻の演技。
カメラの構図とか色合いとかちゃんと考えて作られてる作品って日本ではなかなかないし、一つ一つのカットが本当に印象に残る。
これなんかは原作の影響も大きいのかもしれないけど、ただのスプラッターにならずに映画としてアクションとして見応えがあった。

殴られてドンドン顔が変形して行ったり暴力に容赦ないところとかグロ要素もバッチリだった。

そして役者陣は文句の付け所がないぐらい引き込まれた。
演技指導も演出の力が大きいところだしこれがしっかり出来てないと、一瞬にして作品の雰囲気がぶっ壊れてしまう。

体を張ってるレベルじゃなかったしもし有名女優や売り出し中の女優とか使ってたら気を使って、日本の場合は無理だったろうなって思う。

主演の山田杏奈さんとか半端なかったし、無表情に殺していくところとかまるでそれこそ幽霊かと思うぐらいの圧倒されるものがあったし、だけど最後のシーンなんかはちょっと感情がこもってたり微妙なさじ加減が見事だった。
まさしく美少女と狂気が一体化してるかのような魅了されるものがある。

いじめっ子の主犯格の子も良かったし、もう一人のいじめられてたけど主人公が転校してきたことによって主人公がいじめの対象になって一旦は解放されてたけど、主人公が学校に来なくなったことによりまた自分がいじめの対象になってその恨みから主人公の家に火を付けると言い出した子なんかも最高だった。
ルックスといい演技といいまさに打ってつけの子って感じだった。

少し不満を挙げるならお爺ちゃんと主人公の大火傷をおった幼い妹が置き去りになっていて、お爺ちゃんは死んでいたとしても例えば最後に意識を戻した妹が笑みを浮かべながら終わって行ったりなんかしてホラー要素を残しても良かったんじゃないかなって思う。

予告編にも流れてるテーマソングもまた合っていて、グロさや重さだけではないこれぞエンターテイメント。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ