[日本映画]子ぎつねヘレン


こぎつねへれん / Kogituneheren
  • 悲しい
  • 考えさせられた
  • 友情
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数1,954位2,888作品中総合点-1 / 偏差値47.79
2006年日本映画総合点70位127作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.20(良い)5
映像1.20(良い)5
音楽1.20(良い)5
声優・俳優1.20(良い)5
ストーリー0.80(良い)5
悲しい60%3人/5人中
考えさせられた60%3人/5人中
友情40%2人/5人中
可愛い20%1人/5人中
涙流した20%1人/5人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

少年・太一は、ある日、道端にうずくまる一匹の子ぎつねに出会った。母親によって、たったひとりで北海道の動物診療所に預けられた太一は、ひとりぼっちの子ぎつねに自分の姿を重ね合わせる。実は太一が預けられた動物診療所の獣医・矢島は、母親の恋人で、太一の未来の父親でもあった。だが、口が悪くて不器用な矢島は、太一にどう接したらいいのか分からない。そんななか、その子ぎつねが、目も耳も不自由だとわかり…。
原作:竹田津実「子ぎつねヘレンがのこしたもの」
監督:河野圭太
脚本:今井雅子
音楽:西村由紀江
日本 公開開始日:2006/03/18(土)
公式サイト
1. http://www.helen-movie.jp/
9,11788
最近の閲覧数
1122011010
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2006/09/16 / 最終変更者:SHUNIA / その他更新者: TCC / 提案者:あっき (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/09/22 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:495(78%) 普通:88(14%) 悪い:53(8%)] / プロバイダ: 4650 ホスト:4682 ブラウザ: 5171
【良い点】
目が、見えないんだよね・・・かわいそうだけど、すごく良かったよ。随分、前に見た映画で、前売り買ったら、へれんのマスコットが、ついてきた。野生動物は、大変だよね・・・

【悪い点】
得にありません。こうゆう映画に、悪いは、あまり言えないし、とにかくないです。

【総合評価】
可愛いけど、ちょっと、悲しい映画でした。

2016/01/04 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3709(33%) 普通:3945(35%) 悪い:3576(32%)] / プロバイダ: 2134 ホスト:1926 ブラウザ: 5213
終盤のあのシーンとか「感動煽り」こそまだ許容範囲だったかなあでしたが、
人間サイドに感情移入できない「微妙」な動物もの映画でしたね。

ヘレンはともかくとして、サリバンは名前負けだったよねでもありましたが、
特に主人公の太一でしたね。彼なりにヘレンが大好きで、ヘレンと少しでも
長く幸せな時を過ごしたくて一生懸命だったのは分かります。しかし、良く言えば
「真っ直ぐ」、悪く言えば「周りが見えなくて突っ走り過ぎ」でしたね。実際
獣医だった幸次にも「都合のいい時だけ先生コールするな」というような事も
言われてましたが、彼だけでなく、上原の所に乗り込んで掴みかかったのも
「やり過ぎ」だったでしょう。「周りの大人達ももっと注意しろよ。目上に対する
礼儀とか教育しろよ」というのは野暮なツッコミというものだったのですかね?

本職の獣医としてだけでなく、その他色々今まで経験してきたであろう、
現実主義者だった幸次との対比も、手術をめぐるやり取りも通してどの様に
ぶつかり合い、軟着陸していったかと思いきや。三重苦に見舞われていたヘレンの
苦しみを身をもって知らせてもいたと思いきや、終盤は「自分は太一に押し付けようと
していたのかもしれない」とか律子(彼女もさあ、幸次に対するキレっぷりとか
感情的で、喧嘩シーンとか好印象は抱けませんでしたが)に言っていて、彼なりに
職業倫理観故の「葛藤」もあったという事だったのでしょうが、結局なし崩し的に太一の、
前述通り他の目上の大人(上原)にも無礼な振る舞いもした突っ走り振りとか肯定
されちゃったもんね。「動物に対する『限りない愛』」とかとも言っても聞こえが
いいのでしょうが、それも尤もらしい免罪符として。

「太一がヘレンを育てたけど、ヘレンも太一を育てた」とも言われていたけど、
説得力は皆無でしたね。ヘレンの死は確かに悲しい出来事だったし、森山直太朗氏
風に言えば生きとし生ける全ての物への愛情が大事なのも分かるけど、ヘレンの死も
乗り越えて、太一が他人の立場も理解し、その立場にも立ってコミュニケーション
等取っていけるような、角が取れた大人として成長出来るとはとてもじゃないけど、
思えないもの。「太一補正」のあざとさには終始違和感が拭えなかったと言うか、
そういう愛を免罪符としていただけに一層性質が悪い「子供騙し」みたいな映画でした。
評価は「とても悪い」です。

2009/01/11 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2361(50%) 普通:1183(25%) 悪い:1186(25%)] / プロバイダ: 11009 ホスト:11078 ブラウザ: 4926
【良い点】
大沢たかおが演じた獣医師・矢島が良かった。
太一ぐらいの年齢の子供なら動物を見て「可愛い」「可哀想」という感情を抱くのは普通だし、そういう気持ち自体は大切にするべきだと思う。問題は周囲の大人が、感情には責任が伴わないといけないことを教えてやるという事。「ラスカル」が駄目なのはスターリングの両親が息子に野生動物を飼う事の難しさを諭すどころか一緒にアライグマの愛らしさに見入って家政婦さんの苦情は「元から動物が嫌いな人だから」でスルーする傾向にあった点。

本作では、拾ってきた狐を医者だから何とかしてと懇願し、自分は牛乳が嫌いなのに飲まないヘレンを叱り、行き当たりばったりにヘレンを連れ出したり(この点は最後まで直らなかったが)と子供ならではの行動をとり続ける太一を、動物に対する知識と経験を持つ矢島が容赦なく突き放す。
「動物を育てるには金がかかる」「無理にでも飲まさないと死ぬ」「お前に何が出来る」
こういう台詞が出るたびに、もっと言ってやれ!と思ったし太一も終盤にはヘレンのために自分がしてやれることを真剣に考えるようになっていた。

しかし「星の金貨」と比べると大沢たかおが柄が悪くなったように見えて笑える。竹ノ内豊も去年あたり久方ぶりに医者を演じていたが、こっちは年相応に落ち着いたキャラになっていた…。後、大学教授が「DEATH NOTE」のワタリだったので、ちょっとビックリ。

【悪い点】
太一の苦労の描写が弱い。
ヘレンがミルクを飲んだり肉を食べたりするのがアッサリしすぎたし、ヘレンに会うために大学に向かうのに簡単にヒッチハイクできてしまうのもご都合主義。矢島にとって金蔓の犬を連れ出しちゃう辺りはネタとして笑わせてもらったが。

【総合評価】
出だしは、こんなに大人しい野生動物いるかー?と思ってたが途中で納得。
実話を元にしている以上は都合よく狐が助かってハッピーエンドになったりしないのも解るが・・・。
作品の本質は奇病、難病のために若くして死んでしまった人の闘病生活を描いたドキュベンタリー映画に近いと思う。
しかし「子供と動物」を前面に立てる以上はターゲットは太一と年の近い子供及び親御さんになっているため、
そういった根底にあるハードさをちゃんと描写できていなかったように感じた。
太一の成長の物語としても、いささか中途半端でパンチに欠けた印象。評価は「普通」で。

2008/09/13 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:59(62%) 普通:2(2%) 悪い:34(36%)] / プロバイダ: 24194 ホスト:24195 ブラウザ: 4184
【良い点】
・ヘレンがめちゃくちゃかわいい!!!!!
・太一がヘレンのために結構頑張っている。
・ヘレンパンかわいい!・・てか食べるのもったいない。
・ヘレンの全盲・耳が聞こえないという設定が良い。

【悪い点】
・ヘレンが嫌がってるのに無理やり、乱暴にヘレンに餌を与えるのは嫌な光景でした。ヘレンかわいそう・・・・。
・CGいらない。

【総合評価】
「良い」に。ヘレンがかわいいです!動物好きにはたまらない1作でしょう!!!

2008/03/18 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:363(80%) 普通:53(12%) 悪い:35(8%)] / プロバイダ: 49951 ホスト:50069 ブラウザ: 5234
【良い点】
へレンが可愛くて癒されました。その他の動物達も愉快で面白かったです。
自然がいっぱいの背景が素晴らしかったです。
太一と幸次のやりとりは良い意味でかなり見物でした。細かい感情の流れを感じました。
美鈴手作りのパンが好きです。特にヘレンパンが良かったです。美味しそうです。



【悪い点】
全体的に人間関係や話の過程を端折っている気がしました。なので見ていていつの間に!?な所が目立ってしまいました。
太一がヘレンにミルクとか生肉を与えようとする場面の太一の与え方が乱暴過ぎな気がしました。へレンが可哀相でした・・・。
へレンが死ぬ瞬間があまりにも唐突過ぎてしまった気がしました。
CGや太一の妄想の場面が余分な気がしました。


【総合評価】
ヘレンを始めとする動物達は非常に素晴らしかったです。しかし感動したかという意味では裏切られました。かなり惜しいです!!

2007/06/08 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:117(46%) 普通:75(29%) 悪い:64(25%)] / プロバイダ: 458 ホスト:387 ブラウザ: 5234
動物モノに弱いので絶対泣くなぁ、と思ったのだが意外とそうでもなかった。

前半の主人公の少年の行動にかなりイライラする。キツネのためにやっているのではなく、自分自身がこうしたい
から・したくないからという理由での行動を起こしたり、妄想に逃げ込む描写があるからだ。小学生相手に大人気
ない感想だが、感じてしまったものはしょうがない。でもそういった行動も後半で見られなくなるので良い方に
解釈すれば主人公の成長とも見られるかもしれない。

実話をもとにしているせいか展開が少々平凡になっている。

2007/03/23 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:121(44%) 普通:60(22%) 悪い:94(34%)] / プロバイダ: 55216 ホスト:55182 ブラウザ: 4184
主人公の少年・太一と目も耳も不自由な子ギツネ・ヘレンとのふれあいを描いた感動作、という触れ込みでしたが、
私自身は全くと言っていいほど感動しませんでした。

感動しなかった最大の理由として、内容が非常に薄かったことが挙げられます。
「お子様向け」としか言い様がないほど過剰な演出の太一の妄想、
ほとんど本編に影響を与えなかった太一のスケートボードの特訓など、無駄な部分が多く目立った一方で、
太一とヘレンの絆が「ただの飼い主とペット」以上のものだと判るような描写やそこに至るまでのエピソード、
またキャラクター同士の関係の説明など、重要な部分の描写が大きく不足していました。
また、展開も在り来たりすぎて盛り上がりに欠けるものでした。
特に終盤はあまりにも私が予想した通りに進みすぎ、より一層興醒めしてしまいました。

加えて、ヘレンのためと言って行った太一が行動の多くが、ただの太一の自己満足にしか感じられなかったことも減点材料でした。
上で挙げたスケートボードの特訓も勿論ですが、怯えるヘレンに無理矢理ミルクや餌を与えていた場面は、
特に観ていて気持ちのいいものではありませんでした(その後何故か普通に飲んだり食べたりしていましたが)。

以上より、本作品に対する評価は最初に掲げた通りと致します。
この出来では「子ギツネや主人公役の少年を売り込むためだけの作品」と思われても仕方ありません。
(実際、私はそのように解釈しました)

[推薦数:2] 2006/03/23 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:179(57%) 普通:16(5%) 悪い:119(38%)] / プロバイダ: 13471 ホスト:13265 ブラウザ: 4483
「動物はかわいい」という偏見からできたとしか思えない作品。
そもそも、何の考えもないのに
動物の不幸や死を基に作った話を売り込む自体おこがましいと考える。
動物が報われず死ねば、悲しい気持ちになるのは当然だ。
児童書の「イルカのKちゃん」は死んだイルカだけでなく、過ちを犯した人間や読者に向けての
メッセージが語られている。
こちらは『病気の狐=可哀想』という考えだけ。
(少なくとも、私にはこれしか伝わってこなかった)
強いメッセージがないのだ。
「クイール」同様。下手なドキュメンタリーを映画という場を借りて上映しただけに過ぎない。
[共感]
2007/05/19 オリジナルや小説版のほうでは大人の目線で書かれている為に,無駄なシーンも無く太一達の心の成長が読み取れるのですが,本作品は完全に太一の妄想でテーマ性にもかけていました by ロロ

この評価板に投稿する



2016/09/23 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 11538 ホスト:11347 ブラウザ: 10602 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/悲しい/考えさせられた 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ