[日本映画]感染


PG-12(12才歳未満指導・助言必要)

かんせん / Infection
  • 悲しい
  • 怖い
  • びっくり
RSS
注意: これは日本映画版。その他メディアのページ: 漫画:インフェクション
日本映画総合点=平均点x評価数2,611位2,820作品中総合点-6 / 偏差値43.34
日本映画平均点276位367作品中平均点-0.33=普通/18評価
2004年日本映画総合点81位89作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.50(とても良い)2
映像0.50(良い)2
音楽0.50(良い)2
ストーリー0.00(普通)2
キャラ・設定-0.50(普通)2
悲しい100%2人/2人中
怖い100%2人/2人中
びっくり100%2人/2人中
道徳心&モラル50%1人/2人中
考えさせられた50%1人/2人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

とある古い病院。予算が少なく国からの援助に見放され、過酷な状況下にあるここではスタッフ達が疲弊し切っていた。
或る夜、全身に火傷を負った患者の容体が急変し、秋葉外科医の措置も虚しく医療ミスによって患者を死なせてしまう。
極限状態にある自分の身を案じた秋葉と魚住内科医はミスの隠蔽を決めるが、そこへ未知のウイルスに感染した患者が運ばれてくる…。

※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
●スタッフ
原案:君塚良一
プロデューサー:一瀬隆重
監督:落合正幸

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2004/10/02(土)
プロモーションビデオ (1個)
感染(Infection) 予告感染(Infection) 予告
16,2191818
最近の閲覧数
2101000011
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/11/20 / 最終変更者:霧の童話 / その他更新者: kunku / 雪霞 / 提案者:馬王 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/09/16 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:319(51%) 普通:91(15%) 悪い:215(34%)] / プロバイダ: 2496 ホスト:2428 ブラウザ: 8847
【総合評価】
感染というタイトルからゾンビのような徐々に症状が広がっていくパニックホラーを想像したが、心理的に作用するサスペンスホラーでした
緑の液体の正体やそれを隠蔽しつつ謎を解いていくストーリーなのですが、ところどころ素人目に見ても「えっ?」ということが多く散見された
特に飛沫感染だ!って話をしているのに誰一人としてマスクを着用しないシーンは違和感まみれ
その後も隔離しなくては!と言いつつ見張りも立てずに空いている部屋に押し込むだけで感染者を警戒しているようには見えない。
もちろん部屋数が少ないって設定はありましたけど、だとしてももうちょっとなんとかならんのか?と疑問に思う
それに飛沫感染の話に戻すと、飛沫なのに感染者がいた部屋で着ていた白衣を捨てるぐらいしないと十分警戒してるとは言えないかな

結果的には飛沫感染ではなく、心の隙間に入り込む心理的異常であることが明かされましたが、だとしても医者であることの説得力が無いので感染症対策がガバガバなのはNG

赤いはずのものが緑に見えてしまう視覚異常から始まり、認識が狂っていく。
この設定は好きだけど認識のズレを第三者視点で見ているわけだから、結局何が一番正しい出来事だったのかはあやふやですね。
火傷の男は赤井先生で確定だと思うけど、それも患者の名前が分かっていなかったのはどうなんだ?という疑問が残る
そういうことすら頭に入らないぐらい関係者が疲弊していたからこそ、こういった集団ヒステリー的な事件になったと解釈出来なくもないが…
であるならば、物語冒頭で疲れからぼーっとしている。ふと気が抜けるみたいな描写があったほうが分かりやすいのでは…?

まあパニックモノとしてはそこそこ好きだけど、オチを含めて考えると私は「えー…」って感じでした。

2018/08/14 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 8653 ホスト:8272 ブラウザ: 10602
どちらかといえば内容以上に「冒頭、星野真理さん演じる新米看護師・安積まどかが患者に注射をしようとしている場面の背後に女性の幽霊が映り混んでいる」と、サスペリアなどと共に心霊系番組で取り上げられたイメージが強い作品。
ならばその場面をこの目で見てみようという訳の分からない動機でレンタル視聴、なのでネタバレ含みます。

【良い点】

・全体的に殺伐とした雰囲気。
援助が打ち切られた病院内が舞台な為、疲れ果てた医師・「受け入れ拒否するならこの病院の事を報告しなければならない」と半ば脅しをかけた挙げ句急患を置き去りにする救急隊員・何が新人に対して明らかにイジメとしか思えない行為を行う先輩看護師とギスギスしており、何が起きてもおかしくない状況というのは嫌でも伝わって来ました。

・序盤から中盤にかけての展開。
特に医療ミスで患者を死なせてから医師・看護師が徐々に狂気に囚われていき、そこに運び込まれて来た患者から未知のウィルスが襲ってくるくだりは引き込まれました。

・全体的な描写の仕方。
ウィルス感染の患者を見せずに緑色の血液だけで表現したため不気味さが倍増していたし、ウィルスに侵された医師や看護師が秋葉医師に迫るシーンは軽くトラウマになりそうでした。

【悪い点】

・凄まじいまでのオチのやっつけ感。
赤井医師が突然「意識に感染するウィルス」と言い出した辺りからどうも訳が分からなくなりました。
ウィルスの正体は分からずじまい・最終的にどうして翌朝出勤してきた女性医師も感染の兆候が出たのか・そもそもウィルス騒動自体が現実の出来事なのか秋葉医師の妄想だったのか、色々投げっぱなしで終わってしまったのはね。
秋葉医師達が医療ミスで死なせてしまった患者こそが赤井医師であるかのような描写もありましたが結局うやむや・外科医と研修医の二人が物語に全く関わらずじまい(しかも一日中縫合の練習をしていた研修医がウィルスに感染した様子が無い)・患者の行動も半数近く意味不明のまま。
最後に子供の患者が何かから逃げてましたがあれはなんだったんでしょう?

【総合評価】
雰囲気は良かったのですがいろんな意味で「もう少し何とかならなかったのか」と思わざるを得なかった作品、評価はラストの尻すぼみを差し引いて【普通】とします。

【余談】
件の幽霊の女性ですが、思い切り共演者の方でしたね。
問題の場面からそれほど時間がたたない内に当の幽霊とされた女性本人が画面に出てきた時には「なーんだ」と思ってしまいました。

2016/11/20 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:768(51%) 普通:424(28%) 悪い:316(21%)] / プロバイダ: 11708 ホスト:11730 ブラウザ: 5171
一瀬隆重プロデュース・東宝配給による新ブランド『Jホラーシアター』の第1弾として、キャスティングに豪華な顔触れを揃えて制作されたサスペンス色の強いホラー映画ですが、舞台と成る病院内のみで物語が進行する為、多分に「密室劇」としての面白さも狙っていた事が窺えます。
結構ボロクソにコキ下ろしてる評価も見受けられるので不安を抱きつつ鑑賞へと臨みましたが、思いのほか悪くは無かったです。まぁここ最近、本作をはるかに下回る低レベルなJホラーばかり立て続けに観てきたので、相対的に見映え良く映っているだけなのかも知れませんが。

院長の杜撰な経営体質で国からの援助を打ち切られ、その皺寄せが必然的に末端の医療スタッフを苦しめる(なんせ給料の支払いすら滞る程)という構図には面白味を感じるし、いつ医療事故が起きても不思議じゃない程に慌しい現場の混乱振りをねちっこく描写する事で、後々の惨劇へとスムーズに繋げてゆく構成の巧みさにも感心させられました。少なくとも導入部に関しては相応に見応えが有ったんですが、この面白さって「ホラー映画」のそれでは無く飽くまで「医療サスペンス」としての性質に因るものなんですよね。

人間の体組織を短時間で壊疽させる未知の「ウィルス」と、続発する異常事態にも動ずる事無くウィルスの研究を優先させる赤井医師が登場してから、映画の雰囲気がホラー寄りへとシフトする事に成りますが、細菌と言うよりも『ゴケミドロ』の亜流にしか見えないウィルスの描写や、院長でも無いのにやたらと強権を振り翳す赤井の「全てを見透かしているかのような佇まい」が、却って「ホラー」としての面白味を阻害しているように感じられました。
夜勤スタッフの「感染」シーンも些かエキセントリックに描き過ぎたきらいが有り、取り分け新人看護師・まどかの「さあ、練習の時間だよッ ! 」ちゅー台詞はコントじみていて失笑を禁じ得ませんでしたね。怖がらせるべきシーンで笑いを取りに来てどーするよw
ウィルスの正体が「夢(というか、罪悪感 ? )」を媒介にヒトの意識を侵食する、という観念的なモノで処理されている点にも興醒めさせられました。振り返ってみれば諸々の感染描写より、ホントに狂ってるのかどうか判然としない鏡ババア( 仮名 )の存在感の方が怖かったです。

マトモに芝居の出来る俳優で固めている事も有って、凡百のJホラーに比べれば最後まで観られる方だとは思いますが、流石に「普通」以上の評価を与えるのは厳しいですね。個人的にはアイドル並みの支持を得ていた時代を知っているだけに、南果歩女史のオバハン化が悲しかったですw

2011/02/22 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2298(50%) 普通:1149(25%) 悪い:1151(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 6425
【良い点】
切迫した医療現場において医療従事者が精神的に疲弊し
医療ミスに対する罪悪感の果てに狂気に走っていくという着眼点は面白かったです。
認知症が進んで奇怪な行動をとる老婆や、
「救急患者を受け入れないと、この病院訴えますよ」と迫ってくる救急隊員が
何気に怖く医師達が追い込まれていく感じが上手く出ています。

【悪い点】
それだけに恐怖の元凶、物語の核となる部分の見せ方が残念でした。
緑色の物体は怖いというより気持ち悪いというだけでしたし、
佐野史郎、もとい精神科医・赤井が「夢で感染」と説明してしまうのも安易な印象。

高圧的な外科の指導医と気弱な研修医のエピソードが話の本筋に関わっていない。

【総合評価】
着眼点は中々、面白いだけに脚本と演出にもう少しパワーがあれば「リング」並みの深みが出たように思えて残念。
経営者たる医院長が全く姿を見せずに現場は人員も器具も一月持たないなど殆ど医療難民キャンプ、
薬剤指示は商品名で行うのが普通(これは「ゴットハンド輝」等を読んでいれば分かる)で医療ミスの内容がリアリティ不足、
小奇麗な外来に比べてやたらと古くて暗い病棟、しかも日本の病院で4号室はありえない等、
設定面でツッコミどころが多いのは夢オチ又はシチュエーション重視の作品という事なのでしょうね。
このあたりは「呪怨」以降の和製ホラーの悪い部分が出てしまったように思いました。

観れない作品ではなかったと思います。「良い」よりの「普通」で。

2009/11/03 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:16(59%) 普通:0(0%) 悪い:11(41%)] / プロバイダ: 10382 ホスト:10636 ブラウザ: 7637
【良い点】
怖がらせようという意図はみえました

【悪い点】
そもそもホラーで「感染」というわりと現実的なことはどうよ?
その感染内容は電波だけどwww
「呪い」とかいう非現実的なものにしましょうぜ?
どういう気持ちで鑑賞すればいいかわからなくなるからさ!

【総合評価】
Jホラーシアターが凍結されているのも納得w
豪華なキャストだからどんだけな内容なんだろうと思って見てみたら…

今日久し振りに見直したんだけど、やっぱり意味不明

観る価値はないと思われる

2008/12/12 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:52(70%) 普通:12(16%) 悪い:10(14%)] / プロバイダ: 29382 ホスト:29416 ブラウザ: 6791(携帯)
わりかし観て良かった気がするが意識を通しての感染というのは評価が別れそうな設定だと思う。

意識の問題だから免れえない恐怖はすごいが身体にすさまじい変調を起こし殺すわりに単なる精神的な感染という設定は物質的な見方をした人の場合ただこの設定を馬鹿にして終わるだろう。

俺も正直あほらしく思うが悪霊や呪いに比べて意識の感染は物質主義と精神主義の間にありそうなグロテスクな印象を持つ嫌な設定だ。

何度か見直す必要があるがその気を破壊する映画であり、いつまでも理解できないままなんだろうなぁ・・。

グロさはたいしたものであるが恐くはないからちょっと残念。下手するとゾンビ映画にになったかもしれないからこれで良かったんかな。

2008/04/22 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:396(79%) 普通:63(12%) 悪い:45(9%)] / プロバイダ: 29382 ホスト:29405 ブラウザ: 7783(携帯)
病院に救急患者が搬送されてくる場面から話は始まりますが訳の分からない恐怖はそれなりにありましたね。

やはり意識を通じて色んな方が次々と感染していっておかしな状態になっていく場面は見所はありますね。

しかしそんなに怖いという話ではなく微妙なラストが後に残ってしまった残念な作品でした。

評価は普通で。

2007/09/08 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:1(100%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 17639 ホスト:17699 ブラウザ: 7510
内容は結構しっかりしていてよかったと思う。しかし怖くない。
悪い点とよくわからなかった点をいくつかあげる
1.無駄が多い。細かいところで怖がらせようと序盤にいろいろちりばめすぎ。子供は何の意味があったんだ?子供が怖がっている描写があったが・・・。意味がないとこは省いてほしい
2.魚住(高島)が死ぬ直後、主人公に感染のヒントを与えるのは何の意味があったのか?そこから主人公が謎を解決していく物語を期待したが・・・

あといろいろあるけどほとんど不満になるから書くのやめる。
ただ前半は面白かったです。もっと後半の時間を長くしたらおもしろかったかもしれない。

2006/05/25 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:88(56%) 普通:0(0%) 悪い:68(44%)] / プロバイダ: 45557 ホスト:45658 ブラウザ: 5234
全然怖くないです。どっちかというとグロいです。肝臓は取り出すし、注射器で自分の体を傷つける痛々しくて意味不明な行動をとってたりしてて、グロテスクな印象しか残りません。

しかも最後主人公の手が緑色なってて、ロッカーから手を出した後、手がちぎれて・・・もう気持ち悪すぎ。

そしてEDになる前にいきなり大音量で悲鳴が・・・(画面に人間の眼から血を流して、その血が緑色だったような・・・)何がしたいのかよく分かりません。評価は最悪です。

2006/02/27 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1423(72%) 普通:258(13%) 悪い:300(15%)] / プロバイダ: 6119 ホスト:6143 ブラウザ: 4184
★★ネタバレ注意★★

キャストが中々良かったです、特に佐野史郎と佐藤浩市。
後半で、夢を絡めてやや表現・演出が抽象的になった箇所が解りづらさの原因なのかな?
中盤までは単純に飛沫感染で謎の感染症が広まっていく恐怖で押していただけに
後半いきなり「夢で心に感染する」なんて方向に行っちゃったのは果たして正解だったのか?
ラストのロッカーからの手を見せて、結局秋葉医師も感染した事で一応のまとめをするのなら
あの夢だとか心だとか、鏡の向こう側に見える世界だとかの抽象的な演出はいらなかったと思う。
謎は謎のまま曖昧に終わるタイプのホラーも、それはそれでいいし
ある解釈を見せて、謎をまとめて終わるのもいいが
この作品のような どっち付かずな形はどうもいただけない。

飛沫感染だと思わせておいた感染方法が、実はそうでは無かったと最後に判明させて
そのまま解決せずに、感染症が病院外にまで広がる
と言う部分まで見せて終わればもっと良かったんじゃないかな?
それはそれで 在り来たりな展開にはなってしまうが・・・

2006/02/16 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:698(59%) 普通:230(20%) 悪い:248(21%)] / プロバイダ: 2855 ホスト:2880 ブラウザ: 3875
好きな方には申し訳ないのですが、私には不快感しか感じられませんでした。
エイリアンみたいな緑色の血がやけにグロかったりとか、
(最後主人公がロッカーに隠れていましたが、完全に緑色に染められていた手が腐っているみたいなのは・・・)
患者であるあのばあさんの存在意義が不明すぎて、最後余裕こいてタバコ吸っていたのは「何だよ!!」と思ってしまいました。
ストーリーはなかなか興味深かったのですが、中盤以降は電波入りすぎて理解できませんでした。

つっこみ部分がなかなか見られたので、ネタ映画としてはまあまあ。
しかし何度も見たいとは思えませんでしたが。つか視聴後は気分が悪くなって頭痛くなった・・・。

2006/01/21 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:322(63%) 普通:102(20%) 悪い:91(18%)] / プロバイダ: 21105 ホスト:20974 ブラウザ: 3875
雰囲気はかなり良かったと思う。役者の演技も悪くない。多少わざとらしく演技してるような
人もいるが、これはあえてそうしたんだろう。そのせいか不気味さが際立っていたので・・・

面白かったとは思うが、ジャパニーズホラーにありがちな意味の分からん展開があるので減点します。

2006/01/08 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:69(75%) 普通:8(9%) 悪い:15(16%)] / プロバイダ: 12376 ホスト:12544 ブラウザ: 7385
見ていてどんどん引き込まれて行きました。
次はどうなんだろうって言う気持ちが強く、どきどきして鑑賞できました。
最初は怖いというよりも気持ち悪いの印象でしたが、最後のオチを見て自分なりに推測した結果、恐ろしかったです。
ただ怖がらせるだけの映画(呪怨とか)より、見ている人が考えて推理するホラーの方が好きなのでこの映画は見ていて飽きなかった。

ネタばれ有りッス。
感染の意味を知れば怖くなる。
「罪の意識」や「罪悪感」が感染していったのでしょうね。
赤井の復讐も入っているのでしょうか。
自分が医療ミスで死んだ事に対しては「人はいずれ死ぬ」と言っていました。
「その後の事だよ」と言って医者達が隠蔽しようとした事を話しだした。
まぁ、納得。だって、注射の実験台にされたあげく、医療ミスで死んでしまった。
その後は暑い部屋で自分の身体を腐敗されるなんて,,,,死者への冒涜だなと思いました。
運び込まれた急患がキッカケでみんな緑色に腐敗して行く。
最初の色の認識の説明も重要なポイントだったんですね。
飛沫感染ではなく夢での感染っていうのがすごいなぁ〜と思いました。
夢を見た時、知らない人でも知っている感覚って、いつも不思議だなぁ〜と思っているので、この映画には関心しました。
ただの夢オチではないところが素晴らしい。

ただ、この監督さんの他の映画は2、3本見ましたが、内容がよく似ていますね。
催眠にしろ、世にも奇妙な物語ー雪山にしろ精神面の恐怖とか。
催眠に関しては、脳の中の認識設定や、自分の昔犯した罪の意識などそのまんま。
オチもいろんな考え方ができるように作られているんだろうけど、詰め込みすぎている印象。
それでも自分なりに解釈して面白かったのでこの評価です。
それにしても、俳優さんたちの演技すごかったー!!

2006/01/07 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:789(60%) 普通:344(26%) 悪い:182(14%)] / プロバイダ: 9174 ホスト:9155 ブラウザ: 3846
怖くないです。気持ち悪いぐらい
ストーリーも意味不明。
最初はまだ見れましたが、ラストは訳がわからない展開になり、どこまでが現実で
どこまでが感染による幻想なのか判別に悩みます。

それがハッキリわからないから怖さ倍増狙いだとしたら、
個人的には理論的に納得の行くオチをつけて終わらせて
スッキリさせて欲しかったなぁと思いました。

2006/01/07 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:62(48%) 普通:2(2%) 悪い:66(51%)] / プロバイダ: 205 ホスト:364 ブラウザ: 5444
この作品オチが素晴らしいですよ!かなり意外性があり、良かったです。伏線の張られ方は見事です。多少分かりにくさは否めませんが、理解出来ると驚きますよw「あの管理のずさんさはそういうわけか!」とか、「あー、前半の意味分かんないアレは伏線だったんだぁ」、とか。まぁ、ウチの教授はあの管理のずさんさにはぶちキレてましたね・・・wつーか、この作品は意味不明な部分をたいていうやむやにして終わらすホラーが多いにも関わらず、物語を見て理解出来れば、きちんと説明出来るホラー映画である所も称賛出来る点です。この作品の意味不明なシーンにはたいてい意味がありますよ?wあとホラー映画なのにその演出過多故に爆笑出来るシーンがありますw
んー、ただマイナス面は純粋にホラー映画としてはあまりいただけません。恐くないです。ただ気味が悪いだけですね。しかし、映画としてそのシナリオは評価出来ます。あと設定は突飛で、話のオチの分かりにくさはあまり大衆向けではありませんねー。
んで、評価は「とても良い」で。結構自分の趣向に合った映画でした♪

もっと読む

「※2007年10月訂正。医療ミスで患者を死なせた医者と看護婦達がその罪の意識で感染していく・・・・・・・・...」 by TCC


次のページを読む

この評価板に投稿する



2018/08/14 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 8653 ホスト:8272 ブラウザ: 10602 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事悲しい/怖い/びっくり 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. ゴールデンカムイ 感想#18 by エスパー
... た。 視力は奪われ目の前にいる者が谷垣さんだと知る由もなく遺言を伝える彼。 案の定悪意があって殺したのではなく妹さんが疱瘡にかかってしまった、予想通りのオチでした。 いや予想通りだと侮ること勿れ、疱瘡はやはり視覚的に痛々しいし哀しくなれてしまう病。 知人には疱瘡だとバラしてはいけない、感染を広めては ...
記事日時:2018/11/14 [表示省略記事有(読む)]
2. 今、巷で流行るモノ by 美代子
... かかった記憶がない男女全てに言います。 ワクチン打て!! 幸い私は幼少時に罹患済みです。 何故打たないといけないのか? それこそこのサイトでも登録されている名作があるじゃないですか!! コメントが少ないという事は読んだ事がある方は少ないと言う事か(-_-;) かつて風疹にかかった母親からの胎内感染で産まれた ...
記事日時:2018/10/20
3. 本日は「献血の日」です by 667
... 輸血用血液を献血によって確保することが閣議決定されました。これを記念して、毎年8月21日は『献血の日』とされています。 1960年代初頭には、まだ感染症の検査が不十分だったことに加え、売血者はそのほとんどが低所得の肉体労働者でした。この層では覚醒剤の静脈注射が蔓延しており、注射針による肝炎ウイルス感染が広がってい ...
記事日時:2018/08/21
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは日本映画版。その他メディアのページ: 漫画:インフェクション
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ