[日本映画]映画 ビリギャル 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話


えいが びりぎゃる がくねんびりのぎゃるがいちねんでへんさちをよんじゅうあげてけいおうだいがくにげんえきごうかくしたはなし / Birigyaru
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数415位2,683作品中総合点5 / 偏差値52.83
2015年日本映画総合点3位71作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定3.00(最高)1
声優・俳優3.00(最高)1
映像2.00(とても良い)1
ストーリー2.00(とても良い)1
音楽1.00(良い)1
勇気貰った100%1人/1人中
涙流した100%1人/1人中
友情100%1人/1人中
格好良い100%1人/1人中
勉強になった100%1人/1人中
もっと見る
属性投票する
原作:坪田信貴『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊)
監督:土井裕泰
脚本:橋本裕志
劇中歌:Saku「START ME UP」

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2015/05/01(金)
プロモーションビデオ (1個)
95333
最近の閲覧数
1100002000
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/12/29 / 最終変更者:霧の童話 / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/01/11 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:21(58%) 普通:8(22%) 悪い:7(19%)] / プロバイダ: 20692 ホスト:20673 ブラウザ: 9135
【良い点】
坪田先生のやり方や教え方。常に生徒のやる気を引き出してくれるとてもいい先生だと思った。
【悪い点】
さやかちゃんに関して一般論から外れている点が多すぎること。
たとえば、朝まで勉強して学校では寝るとか普通だったらまず許されない。それに、さやかちゃんはそもそも「頭良い私立高校の中でのビリ」なんだから地頭は悪くなかったはずで、日本史や英語はそれまでまったく勉強していなかったからできなかっただけにすぎない。つまり、世の中の本当の底辺とは訳が違う。
【総合評価】
悪くはないが、受験生がさやかちゃんと同じようなやり方で勉強することはほぼ不可能に近いから勉強のやり方の参考にはならない。ただ、坪田先生の言葉には夢や目標をかなえるヒントがたくさん詰まっているので、そういう参考にはなるだろう。よって、良い点と悪い点の間を取って「普通」。

2016/12/26 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:282(83%) 普通:38(11%) 悪い:18(5%)] / プロバイダ: 4405 ホスト:4425 ブラウザ: 5171
【良い点】
ビリギヤルさやかちゃん役のかすみちゃん、金髪とても似あってる。お母さん役の吉田さんも、娘が、無期停学なのに、どーんと構えてかっこいいお母さん・・・・お父さんは、お母さんと違って子供に対して理解がない・・・

この後、いい塾の先生に巡り合う・・・出会いは、大事・・・素敵な先生・・・楽しく勉強を教えてくれる・・

学校の先生にくず呼ばわりされ、慶応合格を、クラスのみんなの前で、宣言するさやか・・・
そうゆう、素直な所が、夢をかなえるコツなんだろう・・・生徒をくず呼ばわりする先生の方が、くずだ・・・

お母さんも、一生懸命働いて、お金を工面してくれる。友達も応援してくれる。
みんなが、慶応行きを支えてくれる。幸せな事だ・・・

塾代って、ほんとにかかる。うちの子も私立高校に入学してしまったので、たった、2か月程の大学入試の個別塾代30万程、全部本人がためたバイト代で、払ってもらってしまった事があった・・・

みんなが、どんなに応援してくれても、結局は、自分との闘い・・・でも、お母さんの強い愛が、さやかちゃんの見えない大きな力になってるのが、良くわかる。
そして、家族一人一人の演技が、良くて最初は、お父さんだけ理解がなかったが、お父さんも子供達を理解し、すごくいい家族になった・・・
さやかが、頑張る事で、家族が一つになった・・・
そして、慶応合格・・・

感動と言うよりも、一緒に頑張った感じで、体に力が入っていました。
評価は、最高でお願いします。

2016/09/22 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:230(53%) 普通:107(25%) 悪い:95(22%)] / プロバイダ: 1767 ホスト:1695 ブラウザ: 5171
まず、前半部分は有村架純かわいいで終わりますねw

そんな感じで油断していたら、
母親がお金を集めてさやかを塾に毎日通わせる時、伊藤淳史の
「このお金の重みをわかるな?」
でジーンときました。
勉強させるという目的ではなく、さやかが楽しく生きているという事を願う所が大いなる愛なんでしょうね。

それからの挫折。
雨の中での佐川急便ホームでの
「あーちゃん、ごめん」
には目頭が熱くなりました。

そしてラスト
結果は分かってはいるのだけど、やはりドキドキします。
合格が分かった瞬間、もう号泣です。

坪田がさやかにあてた手紙がすべてを物語っています。
どん底だけど、それに腐ることなく、明るく、楽しく、前を見て頑張るさやかの姿に感動するのだと思います。

ときどき耳に付く挿入歌もカッコ良かったですよね。

作品として、とても良かった!

この評価板に投稿する



2017/01/06 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 6422 ホスト:6188 ブラウザ: 5819 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/涙流した/友情/格好良い/勉強になった/勇気貰った 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

結果が得られませんでした。

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声