[日本映画]アナライフ


Analife
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数2,710位3,059作品中総合点-3 / 偏差値45.59
2005年日本映画総合点86位113作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
監督・脚本・撮影・製作:合田健二
製作:野村卓也
音楽:レイ・ハラカミ 鈴木勝

日本 公開開始日:2005/03/19(土)
3,44611
最近の閲覧数
1010000102
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2008/10/11 / 最終変更者:どうか Kappa と発音してください。 / 提案者:どうか Kappa と発音してください。 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2007/08/30 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:326(30%) 普通:448(42%) 悪い:303(28%)] / プロバイダ: 7683 ホスト:7691 ブラウザ: 5979
学生の自主制作並のチープな出来。これを劇場公開できたことがもっとも驚くべきだ。
しかも生きることに実感ができない者たちの倒錯世界。しかもまがいものだ。
レイプ、殺人、ごみ漁りといった偏執の糧は「無感覚」というキーワードで出来上がっている。そのつながりがあまりにも腹立たしい。この無感覚は生きることに対する無感覚ではなく、ただ他者に対する無感覚が引き起こす暴走に過ぎない。
再生への道も超自然の力を借りようとする。これもイメージによる救済で、救いようがないという逆説を生み出している。

だが、不快、不可解が織りなす不思議な吸引力を持ちうるところが、人間の本能の悲しい性なのであろうか。

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ