[日本映画]ALWAYS 三丁目の夕日


おーるうぇいずさんちょうめのゆうひ / ALWAYS -Sanchome no Yuhi-
RSS
注意: これは日本映画版。その他メディアのページ: 海外映画:ただ君だけ
日本映画総合点=平均点x評価数3位3,050作品中総合点88 / 偏差値128.73
日本映画平均点51位381作品中平均点1.63=とても良い/54評価
2005年日本映画総合点1位113作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優0.45(普通)11
映像0.27(普通)11
音楽0.00(普通)11
ストーリー-0.36(普通)11
キャラ・設定-0.45(普通)11
ロマンチックな気分36%4人/11人中
道徳心&モラル36%4人/11人中
感動36%4人/11人中
楽しい27%3人/11人中
面白い27%3人/11人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

東京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真紀)が住み込むことになる。また鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主(吉岡秀隆)も、見ず知らずの少年の面倒を見ることに……。
監督:山崎貴

原作:西岸良平
脚本:山崎貴古沢良太
日本 公開開始日:2005/11/05(土)
公式サイト
1. http://www.always3.jp/05/
48,1145454
最近の閲覧数
2412260113
5人の方がこの作品が日本映画として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2008/09/09 / 最終変更者:雪霞 / その他更新者: TCC / 羽幌炭鉱 / あっき / 提案者:まつ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/11/17 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:494(78%) 普通:88(14%) 悪い:53(8%)] / プロバイダ: 4405 ホスト:4425 ブラウザ: 5171
【良い点】
昭和感あって良かったです。堀北さんも、初々しい・・・吉岡君と子供との関係、愛情関係が、出来ていて、子供に
お迎え来たのは、1部だったでしょうか・・・親の所に帰ったんだっけ・・・吉岡君と残ったんだっけ・・・
ちょっと、覚えてないのですが・・・なんか、切ない所も良かった・・・小雪との関係も素敵でした。
堤さんと薬師丸さんご夫婦も、昭和の人情感出てて良かったです。

【悪い点】
特別、無し

【総合評価】
懐かしい・・・これも実写化成功だと思うのですが・・・思い出と重なるので最高評価でしょうか・・

2014/02/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:617(59%) 普通:265(25%) 悪い:169(16%)] / プロバイダ: 20665 ホスト:20594 ブラウザ: 7902
【良い点】
・昭和30年代のレトロな雰囲気
・人情味溢れる人たちの交流
・クスリと笑えるギャグ

【悪い点】
特になし

【総合評価】
この映画の後、昭和30年代ブームがしばらく続いていたと思う。
当時の時代に生きていたわけではないが、懐かしさを感じる街並みとそこに暮らす人たちの
心温まる交流。特に堀北真希が演じる六子は初々しく、純朴さがきれいに出ていた。
また、堤真一も良い意味でキレていて、映画の良いアクセントになっていた。
多少デフォルメされた表現もあるのだと思うが、あまり深く考えずに観れば、ほろりとする
シーンもあって良い映画だと思う。

2012/02/22 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(67%) 普通:0(0%) 悪い:2(33%)] / プロバイダ: 9209 ホスト:9406 ブラウザ: 10409
映画は娯楽としては楽しめましたがざんねんながらテーマにかんしては賛同できませんでした。昔はよかったなんて懐古的なメッセージはいつの時代にもあるのはあたりまえなのです。当然いまという時代にだって何十年もたてば昔は良かったになります。変に感動的なドラマを盛り込もうとせずに当時の劣悪だった部分もだして欲しかった。良いところばかり見せ付けられても誰も共感しません。それは簡単に例えると勉強が得意でスポーツ万能の模範生とおなじです。僕は出来のいいヒトは好きではない。彼らはたいていプライドが高くて親しみをもてない。この映画はまさにそれ、脚本そのものが変に昭和の古き良き時代というプライドが高いせいであまり共感がもてなかった。非常に現代に対して仲良くなろうという心の広さを残念ながらかんじられませんでした。

2012/02/16 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2202(58%) 普通:766(20%) 悪い:853(22%)] / プロバイダ: 20089 ホスト:20180 ブラウザ: 7541
ストーリー自体が感動的で、時に笑える。
なんだか温かい雰囲気の作品で、見ていると「三丁目ワールド」の中に溶け込んでしまうような魅力がある。
背景はほぼ特撮ながら、リアルで実際の街並みのような感じだし、キャラクターの衣装やセットも全然違和感がない。メイクや髪型ですら当時を意識していて、本当に良い映画だと思う。
「擬似家族」の姿が描かれ、最初は淳之介を疎ましく思いながらも、だんだん彼との生活を楽しむ茶川が本当に良いキャラクターとして描かれていたと思う。
指輪のシーンや、万年筆のシーンなど、彼らの生活がいちいち感動的で優しく描かれるのも魅力。
脇役でも宅間先生などの人生が短いながらもしっかり描かれていて、1シーン1シーンが凄くよく映った。

2012/01/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1535(64%) 普通:456(19%) 悪い:397(17%)] / プロバイダ: 12744 ホスト:12668 ブラウザ: 9670
【良い点】
キャストが豪華
話し

【悪い点】
若者には、観たいなぁ〜〜と思えない事かな・・個人的には・・。

【総合評価】

5年ぐらい前観た時は、速攻挫折したけど頻繁に金曜ロードショーでしてるから一昨日観たけど、案外面白かったです。

[推薦数:3] 2011/09/26 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7601(87%) 普通:644(7%) 悪い:464(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:21978 ブラウザ: 2413(携帯)
原作を読んだ上で映画を観ました。この作品は過去が未来(現在の私たち)に期待とエールを送っている。それがこの作品を観て私が真っ先に感じたことです。まず、原作と比べて設定はだいぶ変わっています。
例えば茶川さんは原作よりも若々しいですし、六さんなんて映画では堀北さんが演じる田舎から働きに来た健気な少女ですが原作では天然パーマのモジャモジャ頭の兄ちゃんでした。 映画のシナリオ自体もほとんどオリジナルの話ですがまた原作とは違った良さがあります。
映画では登場人物のいろんな思いが交錯しながらも未来に対する希望が感じられて良かったですね。
特にラストでみんながそれぞれの場所で夕陽を眺めるシーンはまさにそれを象徴しています。
昔の古き良き時代の素晴らしさを全面に出したメッセージというよりもいつの時代も人間はいいものなんだよというのが伝えたかったのかも知れません。
今の時代が悪いとか昔は良かったとかそういうことじゃなくてこの時代の人々が今と比べて不便でも団結して力強くたくましく生きている。今という時代に生きてる俺たちだって団結してこの日本をまた発展させるために頑張らなくちゃいけないんだという現代人が便利になった世の中のぬるま湯体質に浸かり続けたことによって忘れかけてた闘争本能を呼び起こして頑張れ!というメッセージが込められていると思います。それを昔を美化しすぎだとかそれがなんか鼻について説教くさいメッセージだったねとかそういうとらえ方をしてしまっている人たちがいるという悲しい現実が今という世の中なんだ。
人間は今という時代でも昔という時代でも悪いやつがいればいいやつもいる。みなさんだって過ちを犯して誰かに叱られたこともあればつらい思いをした時に誰かに慰められたりしたこともあるでしょう。
この作品はそういう当たり前の部分を伝えたかったと思います。
久しぶりに心温まる話に勇気を与えられた作品でしたので評価は最高がふさわしいです。
[共感]
2012/01/03 言われてみれば、この映画、この時代の人達の姿には、今の人達にも頑張って欲しいというメッセージが込められているのかもしれませんね。 by KAMIKAZE

[推薦数:1] 2010/07/26 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:105(70%) 普通:20(13%) 悪い:25(17%)] / プロバイダ: 11196 ホスト:11401 ブラウザ: 8365
細かい点まで気を配り、当時を体感していない人にすら、まるでその時代を知っているかのような錯覚を起こさせるほど、作品の舞台作りは成功していたと思います。しかし、本作において前面に押し出された「旧き良き時代」というメッセージには正直賛同しかねます。

まず、この手の作品にかならず見られる「今の時代には無い心豊かな人たち」というメッセージが私はとても嫌いです。冗談じゃない、馬鹿にするなと言いたい。私自身、隣近所との付き合いを疎かにしているつもりはありませんし、困っている人がいたら進んで手を差しのべることができるという自負もあります。優しい人や意地悪な人、けちな人や太っ腹な人、思いやりがある人や自分勝手な人などの様々な性格の人達で社会が構成されているのは、今も昔も一緒でしょう。それを、今の時代は昔の時代に比べ人間性が劣っていると卑屈になる必要はまったく無いと思います。
又、もっと賛同しかねるのは「子供は今よりも健やかだった」というメッセージ。子供が健やかに育つかどうかは、時代がどうこうというより、親の育て方次第でしょう。現在や過去の心血を注いで子供を育てている大多数の親御さんたちに対して、あまりに失礼なメッセージではないでしょうか。

そもそも「旧き良き時代」という言葉は過去の良い点、現代の悪い点「のみ」を見ているからこそ出ている言葉に思えてなりません。例えば、本作で街頭テレビのシーンがありましたが、今はどの家庭にも当たり前にテレビがあります。確かに、街頭テレビに比べ、周りとのつながりは弱いかもしれない。しかし、家にテレビがあれば、ソファーに寝転び、飲み食いしながら好きな時間に見ることが出来ます。便利になることは悪いことでしょうか?決してそんなことは無いでしょう。隣の芝生は青く見えるものです。もう戻れない過去を羨むより、自分達が生きる現在やまだ見ぬ未来を思い描いている方がはるかに建設的だと思います。

評価は「普通」とさせていただきます。
[共感]
2010/07/26 その通り、「あの時代は心が豊かでよかった、子供たちも健やかだった」というメッセージと共に、「それに比べて今の時代は…」というあざとさがにじみ出ているんですよね。 by 青いエビータ

2010/04/22 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:365(55%) 普通:0(0%) 悪い:295(45%)] / プロバイダ: 53383 ホスト:53196 ブラウザ: 6770
【良い点】
昭和レトロの懐かしい雰囲気、人情が作中から感じられる。
感動できる部分も随所に見られる。

【悪い点】
当時が少々美化され過ぎている感じもいささか目立ったかも…?
(当時は当時の苦労もあっただろうと思えますが、それがあまり感じられなかったので・・・・)

【総合評価】

この作品は、当時、昭和の一昔前の物語。

作中における、風鈴、野球盤、三輪のトラック、手動で扉を閉める路面電車・・・
それらを見ていて、私自身もその時代へとタイムスリップしたような気持ちになれました。

そして、今ではあって当たり前とも言えるテレビが珍しくて皆でテレビのある家に行ってその中継を見に行ったり、又冷蔵庫がとても新しいものだったり、と当時の人達の「大いなる好奇心」が微笑ましく感じられました。

又、この作品は、人情味にも溢れ、離れて暮らす娘を手紙にて思う親の心、そしてお金等の「物質的な裕福さ」よりも「心の裕福さ」を選んだ少年の心も感じ取る事が出来、温かみと微笑ましさのみならず、その人情に大きく感動する事も出来ました。

当時は現在に比べて、不自由な部分も多かったでしょうが、現代では忘れかけているかもしれない何かを、思い起こさせてくれるような、心温まる作品でした。

当時は当時、今は今で、良い所も悪い所も、必ずあるとは思いますが。

ですが、それでも、当時の「懐かしさ」や人々の「温かみ」というものを十分に感じられる作品でした。
又、久々に「良い日本映画を見ることが出来た」とも、思う事が出来ました。

戦後間もない昭和の時代はこんなものだったんだな、と思える「レトロ感」と人情ゆえの「感動」をこの作品からは十分に感じられたと思います。

[推薦数:1] 2010/04/18 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:74(57%) 普通:0(0%) 悪い:55(43%)] / プロバイダ: 19847 ホスト:19732 ブラウザ: 7772(携帯)
はっきり言ってクレヨンしんちゃんの映画である『オトナ帝国』を見たあとこれを見ると不快感が出て来る。なんというか腹が立つ。
ベタベタな内容に同じ音楽の多用。同じ音楽がしかもそれほど重要な、というかさして感動的でもない場面で何回も使われている点がダメ。
そしてなにより「昔は良かったね〜」と懐かしむ感じが嫌で嫌でしょうがなかったです。
現代社会で生きることを否定しているような感じがしました(あくまで自分の意見ですが)。
「昔は良かったけど、今を生きる事が大事」だと伝えた『オトナ帝国』とは、あまりに考え方が真逆だと思った。

[推薦数:1] 2010/04/16 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:56(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 7988 ホスト:7951 ブラウザ: 6405
【良い点】
あたたかい作風。当時の情景の再現。演出、キャスト、ストーリー、すべてにおいて
素晴らしいと思います。
見ていて切なくなったり、笑ったり、あたたかい気持ちになったり、映画のジャンル
すべてが上手に組み込まれた作品だと思います。
涙なしでは見られない作品です。

【悪い点】
思いつきません。

【総合評価】
とにかくあったかくて、優しくて、昭和の方々の心の広さが現れている良い作品だな、という印象を受けました。
登場人物一人一人があたたかい心の持ち主で、見ているこっちまで優しい気持ちになれました。
近所同士での付き合いも今なんかよりずっと親密で、遠慮してばかりの今では考えられない光景だなと思ってみていました。
「シュークリーム」が珍しい、「冷蔵庫」が珍しい、「テレビ」が珍しい、
すべてが新しく変わっていくこの時代、純粋な気持ちを忘れずに人と接することが出来る登場人物たちが、一人一人とても愛おしく感じられました。
特に印象に残ったシーンは、吉岡さん演じる茶川と、須賀さん演じる淳之介が
引き離されそうになるシーンです。
すべてがお金の権力で決まってしまうこの世界で、最後まで抵抗して最終的に一緒に暮らせるようになったのを見て、こちらまで嬉しくなり、涙が止まりませんでした。
この時代の方々は、いつ見てもきれいで、幸せな気持ちになれる夕日を見て育ったからこそ良い人ばかりなのだと感じました。
評価は文句なしの「最高!」です。
日本の昭和を象徴するといっても過言ではないくらいの、素晴らしい作品だと思います。
[共感]
2010/04/22 本当に仰る通り、温かみがあり、優しさが感じられ、そして感動も出来る作品でしたね。私もこの映画を見てそう思いました。 by KAMIKAZE

2010/04/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2263(50%) 普通:1136(25%) 悪い:1136(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 6425
ノスタルジックな雰囲気を醸し出す古き良き昭和といった感じの作品。
(リアルタイムの作品に比べて若干、小奇麗過ぎるきらいはあるが)

中でも町工場の主人はいかにも昭和のオヤジといった感じ。
頭ごなしに怒鳴りつけてくるわ、自分を棚に上げて逆上するわ、
実際にいたらあまり近づきたくないタイプ(そりゃ、雇い人も辞めるだろ)。
しかし自分の勘違いで雇ってしまった六子を家族のように受け入れる姿、
また文学野郎も押し付けられた淳之介の事を本気で心配するようになるのは好感。

日頃は罵り合っていながら根底には失われていない暖かさがあり、
現代では希薄になってしまった人同士の繋がりが描かれるのは、ベタではあるものの良い感じ。
「昔は良かった」的な雰囲気を強調しすぎなきらいはあるが…。

2009/11/02 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:494(44%) 普通:197(18%) 悪い:428(38%)] / プロバイダ: 7763 ホスト:7450 ブラウザ: 8718
あの時代、私は生きていませんが、昭和の空気を感じることができました
貧しいからこそ、小さなことでみんなが喜び、また、協力し合える
物には満たされてるけど、あの時代が羨ましいと思えた

2009/07/08 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:154(60%) 普通:49(19%) 悪い:52(20%)] / プロバイダ: 1803 ホスト:1690 ブラウザ: 7368
昭和30年代の風景が見事に再現され、本当にこういう街が存在するんじゃないかと思う程のCGの技術の高さに驚かされます。
町並みや、家の中のセットは、やや劣っている印象があり、どうも新横浜ラーメン博物館を思い出してしまいました。

ストーリー全体で、ほのぼのとした雰囲気があるものの、日本人が好むお涙頂戴的な話しもちゃんと組み込まれて、茶川竜之介と古行淳之介の話しは、泣かそうとしている事が判っていても泣いてしまう程に感動しました。

古行淳之介役の須賀健太の演技にやられます。
子供と言うだけで感動の要素が何倍にも感じられるのに、彼の演技はその域を超えていた感じがします。
寂しい時や、嬉しい時の表情は、見ているこちらを釘付けにしてしまいます。

CG技術によって再現された懐かしい風景、豪華俳優人によって繰り広げられる人情味あふれる出来事など、今の日本とは違う世界が繰り広げられている様に思いますが、
今も存在する東京タワーがバックにある事によって、こういう時代が存在し、彼らが本当にいたかの様に映るのだと思います。

[推薦数:3] 2009/05/26 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:281(73%) 普通:26(7%) 悪い:78(20%)] / プロバイダ: 21846 ホスト:21783 ブラウザ: 2060(携帯)
泣ける、つまり感動的な映画のはずなのに、いざ見終わった後考えてみると複雑な気分になる、そんな映画でした。

リアルタイムで観たときは高校生でしたが、私みたいな現代っ子がこれを観ても、この映画の時代の様子についてはテレビや映画でしか見たことがないのですから、「感情移入」という点では、団塊の世代と比べると間違いなく不利。
だからといって、全く感慨もないかというとそういうわけではないです。昔の人たちの暮らしや文化を忠実に再現しているという点だけでも、十分に価値があると思います。

しかし、原作は読んだことがないのですが、観てるとどうしても強い違和感を感じてしまいます。
例えば、これ見よがしに押しつけられる、「ほら、この時代は素敵だろう?」というあざといメッセージ。
貧しい時代だったけれど、心は今より豊かだった?とんでもない。まだ公害規制法がなくて、工場は煤煙や廃液を垂れ流していたし、少年犯罪は今の何倍も多かった時代ですよ?
しかもエアコンも洗濯機もテレビゲームもインターネットも無い、私だったらきっと、「今の時代の方がいい」と答えます。
何より、この時代に生まれ、生きているわけですからね。

そして、この映画には泣かせどころも多いのですが、何も考えずに観れば泣けます。
しかし、これもまた押し付けがましいというか、心にいつまでも残る類いのものではなく、あくまでも生理的なもので、泣いてもしばらくしたらすぐに忘れてしまう…という感じです。
淳之介の父の描き方も、典型的な「嫌な人」そのままで、面白みに欠けました。

ちなみに、一緒に観ていた父はちょうど団塊の世代なのですが、「あの頃は鼻をたらしている子が必ずいたのに、この映画はきれいすぎる」と言ってました。
やはりフィクションの話なんですね、これ。
[共感]
2010/04/25 「きれいすぎる」という意見は同感です。 by 十傑集
2010/04/19 「「ほら、この時代は素敵だろう?」というあざといメッセージ。貧しい時代だったけれど、心は今より豊かだった?とんでもない。まだ公害規制法がなくて、工場は煤煙や廃液を垂れ流していたし、少年犯罪は今の何倍も多かった時代ですよ?しかもエアコンも洗濯機もテレビゲームもインターネットも無い、私だったらきっと、「今の時代の方がいい」と答えます。何より、この時代に生まれ、生きている」・・・このあたり、まったく同感です!! by カイネル・ドゥ・ラファティ
2009/10/25 「 煤煙や廃液を垂れ流し 」 「 少年犯罪は今の何倍も多 」 。将に昭和。遵法意識が著しく欠如した時代を、尊重報恩的価値観のみが折り目正しいとして歪曲化した脚本が垣間見れます。 by カトル

2009/03/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2869(60%) 普通:805(17%) 悪い:1130(24%)] / プロバイダ: 27451 ホスト:27380 ブラウザ: 5599
原作と違う箇所が目立つ。
これが、この作品を視聴して最初に気になった事です。

作品のジャンルは、鈴木オート、茶川竜之介の駄菓子屋の人々を中心に展開される人情喜劇。

話は、六が上京するシーンから始まり、子供達が駄菓子屋で屯する、新しいテレビで近所の人たちと力道山の試合を見る等、
昭和30年代当時の風景が展開され、次第に鈴木家、茶川竜之介にスポットライトが絞られます。

六の一言で怒りを爆発させた則文が自分の間違いに気付いて六に詫びる、淳之介が成金丸出しの父親の所から竜之介の所に戻ってくる等、
この作品では、竜之介や鈴木家の人々を通して心温まるシーンを見せる事に力を入れていました。

それらは、現代人が失ったものを見事に浮き彫りにしていました。

もっと読む

「テンポも良く、ギャグも面白く、出てくる人物の描写も魅力的。よくある展開だけど、それだから気を抜きなが...」 by そらそうよ


次のページを読む

この評価板に投稿する



2016/08/30 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 3696 ホスト:3704 ブラウザ: 10602 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー最悪(-3 pnt)
キャラ・設定最悪(-3 pnt)
映像最悪(-3 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽最悪(-3 pnt)

もっと見る
1. アルキメデス大戦 by OYJAR40
... 写真を見ると、鼻大きいルックスも手伝って、なかなか山本五十六している印象。主演が菅田将暉、ほかにも上手い人達が出演するということで、興味が湧いてきたですが・・・ 朝テレビでも菅田将暉演じている姿と共にニュースが流され、さらに興味が強まったも束の間、続いて「監督は『Always 丁目夕日・・ ...
記事日時:2018/09/25
2. 日記拍手7000個突破・質問企画 by KAMIKAZE
... ・「ひとには、言えない。」 http://sakuhindb.com/anime/comment.asp?file=Hitoniha%20Ienai%60manga&user_name=KAMIKAZE ③既に私が評価している作品で、同じ立場意見評価で共感出来た評価に推薦します。又推薦は私自身意見補強意味も込めて行う事が多いです。 ④「ALWAYS丁目夕日」で私が ...
記事日時:2017/01/17 [表示省略記事有(読む)]
3. 実写化して成功した作品 by アニメ猫
... /2015061802.html >つい6月17日には、大ヒットアニメ『あの日見た花名前を僕達はまだ知らない。』テレビドラマ化が発表され、 >今まさにネット上では賛否両論入り乱れている状態です。 ▼「#実写化して成功した作品」に投稿された作品 ・るろうに剣心 ・だめカンタービレ ・ALWAYS 丁目夕日 ・Dr. ...
記事日時:2015/06/20 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは日本映画版。その他メディアのページ: 海外映画:ただ君だけ
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ