[日本映画]横道世之介


G(全年齢対象)

よこみち よのすけ / Yokomichi Yonosuke
RSS
日本映画総合点=平均点x評価数2,657位3,049作品中総合点-3 / 偏差値45.60
2013年日本映画総合点94位114作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像-0.50(普通)2
音楽-0.50(普通)2
声優・俳優-0.50(普通)2
ストーリー-1.50(悪い)2
キャラ・設定-2.00(とても悪い)2
道徳心&モラル50%1人/2人中
考えさせられた50%1人/2人中
セクシー0%0人/2人中
可愛い0%0人/2人中
熱血0%0人/2人中
もっと見る
属性投票する
監督:沖田修一
脚本:沖田修一前田司郎
主題歌:ASIAN KUNG-FU GENERATION「今を生きて」
音楽:高田漣

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2013/02/23(土)
公式サイト
1. http://yonosuke-movie.com/
2,11622
最近の閲覧数
1210000000
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/02/16 / 最終変更者:アセチルサリチル酸 / 提案者:アセチルサリチル酸 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/11/29 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7601(87%) 普通:644(7%) 悪い:464(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:21940 ブラウザ: 1975(携帯)
確かに横道世之介という古風な名前からして、時代劇なのかなと思いきや普通に現代劇でしたが、今から30年近く前の1987年を舞台にしていたとすると、18歳だったわけですから1969年生まれだったんですかね。

主人公の横道世之介でしたが、長崎県の港町で育ったわけだけれども、他人からの頼まれ事をことわれなかったりと、いわば生まれながらのお人好しだったのでしょう。

また、ヒロインの与謝野洋子といい、主人公も主人公でしたが、これまた古風な名前で明治時代っぽさを感じさせるものがありましたが、ここまでくると、確信犯的なものがありましたね。

原作は読んだことはありませんが、主人公の横道世之介は前述の頼み事を断りきれないお人好しなところといい、それによって横道にそれてしまうわけですから、まさに名は人を体しているとはこのことだったのでしょうね。

その他の登場人物も個性的な面々で、主人公のそうした人柄に惹かれていくのですが、どうも第三者の視点からしたら、その魅力とかがあんまり伝わってこない感じで、内輪での範囲でとどまってしまっている感が否めなかったのが残念だったかなと。

評価ですが、「普通」とさせていただきます。

2015/01/17 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3333(33%) 普通:3524(35%) 悪い:3281(32%)] / プロバイダ: 2134 ホスト:1944 ブラウザ: 7420
横道世之介って、何だかお侍さんみたいな(?)名前でしたが、実際は色々そうした
名前通り横道にそれて、サンバや恋愛等一味違った青春模様をお楽しみくださいな
感じの映画でしたね。しかし・・・・・・・・・

特に中盤までは色んなところでその主人公が食べ物食していたシーンがしばしば
見られたのも印象的でしたが、まあそれはまだまだ育ち盛りだったからという事も
あったのでしょう。風呂で野郎2人組で体洗っていたBLシーンもまあ100歩譲って
不問として(苦笑)でです。この世之介って、自分がほぼ一方的に縁を結んだ同じ大学の
兄ちゃん、加藤に対するアプローチ等何だか図々しい性格の持ち主でもありましたね。
(苦笑)

彼との付き合いから、やがて与謝野翔子というヒロインと出会っていく事になって、
一般的な評価は高いようですが、世之介役の高良健吾氏もです。流石九州男児だけ
あって、地方の訛り喋りはキレはあったし、高いハードルで見てしまったのかも
しれませんが、何だか変人なのか普通の兄ちゃんなのか良くハッキリしない、中途半端
な演技に見えましたね。氏の特性から見て、もっと個性派らしく突き抜けて欲しかった
と思いますが、翔子役の吉高由里子氏共々見ていて物足りなかったです。途中世之介
がヒロインの家にお邪魔になって、國村隼氏演ずる親父から色々質問もされたシーン
も見られましたが、なんで彼らがそこまで愛していたか等の説得付けも不十分で納得
がいかないものがありました。終盤のあたり一面雪が降ったシーンも普通にクサかったですしね。

自分がひねくれてるのは自覚した上で言っているけど、1980年代当時の時代を
見て何か一種のノスタルジアを思い起こされたわけでもないし、ちょっと奇をてらった
のがタマタマ受けてしまいましたな感じで伝わるものはなかったです。評価は
厳しいですが、世之介のキャラも良い点よりも悪い点の方が目立ったし「最悪」で。

この評価板に投稿する



2016/11/29 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 21970 ホスト:21941 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー悪い(-1 pnt)
キャラ・設定悪い(-1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. 友情実話伝説-Part2〓陣兵の専学生活編〓-第1324話(1974話)「専学生活ラストスパート!! 〓アニメ祭inアクトホール〓準備編[その2 by 陣兵
... 第 2位 テッド 第 3位 劇場版とある魔術の禁書目録―エンデュミオンの奇蹟― 第 4位 脳男 第 5位 レ・ミゼラブル 第 6位 ストロベリーナイト 第 7位 草原の椅子 第 8位 ゼロ・ダーク・サーティ 第 9位 ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 第10位 横道 "11年 ...
記事日時:2013/02/28 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ