[日本映画]釣りバカ日誌8


G(全年齢対象)

つりばかにっし8 / Tsuri baka nisshi 8
RSS
この作品は「釣りバカ日誌(シリーズ)」のシリーズに所属します。
日本映画総合点=平均点x評価数1,186位2,855作品中総合点1 / 偏差値49.57
1996年日本映画総合点14位34作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優2.00(とても良い)1
キャラ・設定1.00(良い)1
映像1.00(良い)1
音楽1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
友情100%1人/1人中
楽しい100%1人/1人中
可笑しく笑える100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

一之助の亡き親友の娘で外科医の和美(室井滋)によって、大腸がん検診を受けた一之助は、その御礼に和美を釣りに誘う。伝助の釣りの弟子で変わり者の学者・省平(柄本明)とともに、福島県いわき市で釣りを楽しむ四人。省平は和美に一目惚れ。和美もまた省平に心惹かれる。変わり者同士で意気投合、ついにゴールインをすることに。

二人の想い出のいわき市で行われた結婚式に出席した伝助と一之助は、待望の渓流釣りに出かけるが、折しも悪天候となり、山中で遭難してしまう!
監督:栗山富夫
プロデューサー:瀬島光雄中川滋弘
原作:やまさき十三北見けんいち
脚色:山田洋次関根俊夫荒井雅樹
日本 公開開始日:1996/08/10(土)
公式サイト
1. http://www.tsuribaka-movie.jp/database/number_09.html
1,82922
最近の閲覧数
1020211010
この作品を日本映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/10/08 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/03/28 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2320(50%) 普通:1165(25%) 悪い:1166(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 5173
【良い点】
ゲスト俳優の相応の存在感。
このシリーズにおいて若者の恋愛がサブストーリーとなった作品は今までもありましたが
本作の柄本明&室井滋は若々しいというレベルではない(笑)。が、限られた出番の中で個性を発揮しています。
特に室井滋が演じた和美は、ややアクの強い肉食系という感じですが看護婦ならともかく女だてらに外科医をやるぐらいなら
丁度良いと思えるし父が亡くなっているので同世代なスーさんの健康を心配する意識が強いのも説得力があります。

また俳優ネタも面白い。三国廉太郎が「ビルマで行軍したのを思い出す」、加藤武が「よし!分った!!」。

【悪い点】
省平と和美の色恋沙汰を描いた前半と、遭難イベントとなる後半を
「結婚式にかこつけて福島で渓流釣り」というポイントだけで繋いでおり、ぶっつ切り感が強い。
前後編のTVスペシャルでもいいのではないか?

【総合評価】
釣りの基本は自然を理解する事。
しかし川釣りの経験はあっても海釣りに比べれば圧倒的に少ない釣りバカコンビ(特にスーさん)が自然に逆襲される話。
岩魚目線で二人の顔を映すカットなどもあり魚の祟りっぽい演出が笑えます。
スーさんと捜索隊に加わった人事部長が岩肌のコケで足を滑らせて怪我をするなど良くある話。
暗い山小屋で二人一夜を過ごすのが本作メインイベントですが外でとどろく雷鳴、薄暗い中の蝋燭の灯りといった演出に
三国廉太郎&西田敏行の好演が加わりユーモア溢れる密度の高いシーンとなっています。
翌朝、捜索隊の到着を知ると「苦しかったけど何だか楽しかったね」と自然の厳しさの中で友情を再確認した二人。
ラストは平穏なシーンで仲良く御昼寝で幕引き。構成の弱さが残念でしたが全体的に楽しめたので「良い」で。

2014/01/09 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2968(60%) 普通:835(17%) 悪い:1159(23%)] / プロバイダ: 42404 ホスト:42435 ブラウザ: 9932
ゲストヒロインが、あまり話に絡まない。
これが、この作品最大のネックだと思います。

話は、スーさんが針を八郎に引っ掛けてしまう所から始まります。

課長の節約令のおかげでコーヒーが飲めないハマちゃん、ハマちゃんの転勤がなしになってニンマリする課長、渓流釣りに行って遭難した上
ヤバいキノコを食ってしまうハマちゃん&スーさん、遭難騒ぎで会社をさぼった事がバレて懲罰問題になるハマちゃん、来客の接待(釣り)で汚名を潅ぐ等、
作品自体は、ハマちゃんの中心でおころトラブルに周囲が右往左往する内容でパターン化した箇所が多い。

その反面、湯川がハマちゃんの家に上がり込んで合体を妨害するようなパターン破り等で娯楽性を引き上がる工夫も、所々で見られました。

冒頭で指摘した点が響いた為、評価は「普通」です。

この評価板に投稿する



2019/11/07 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 27323 ホスト:27380 ブラウザ: 10415 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/可笑しく笑える/楽しい 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ